C・ロナウドが難病患う赤ちゃんの治療のためユニを寄付! 投げ捨てた腕章がオークション出品となった縁…

2021.05.07 00:47 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドが、スーパースターたる所以を示した。セルビア『RTS』が伝えている。

C・ロナウドは、今年3月末にポルトガル代表として出場したカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節のセルビア代表戦(2-2のドロー)において物議を醸す行為を行った。

2-2の後半アディショナルタイムにC・ロナウドは劇的な決勝ゴールを決めるチャンスが訪れ、実際にシュートはゴールラインを完全に割っていたものの、ビデオアシスタント・レフェリー(VAR)やゴールライン・テクノロジー(GLT)不採用の中で審判団はノーゴールとの誤審を下した。

これに激高した同選手は猛抗議でイエローカードを科されるも、怒りは収まらず、腕章を投げ捨て、ホイッスルが鳴る前にピッチを去っていった。

そして、誤審に対する激高に対しては擁護の声があった一方、腕章を投げ捨てる主将らしからぬ行動に対しては多くの批判が殺到していた。

ただ、この物議を醸す行為は後に意外な形でスポットライトが当たることに。

同試合の会場に待機していた消防士のジョルジェ・ヴキチェビッチ氏は、C・ロナウドが投げ捨てた腕章をたまたま拾い、試合関係者の許可を得た後に現地メディアを通じて、この腕章をチャリティーオークションに出すアイデアを提供。そして、オークションの収益は脊髄性筋萎縮症(SAS)という難病を患う生後8カ月のガブリロ・ジュルジェビッチ君の治療費用に充てられることになった。

その後、行われたオークションの結果、C・ロナウドが投げ捨てた腕章は6万4000ユーロ(約840万円)で落札された。

この落札のニュースを伝え聞いたC・ロナウドは、さらに自身のサイン入りのユベントスのユニフォームをガブリロ君の治療費用に充てるために寄付。そのユニフォームには「ガブリロのために!ガブリロの勝利のために!」とのメッセージが綴られている。

なお、ガブリロ君の治療には、史上最高額の薬価で話題となった遺伝子治療薬“ゾルゲンスマ”が必要だという。そして、治療費の総額が250万ユーロ(約3億3000万円)と見積もられている中、現時点で寄付金は100万ユーロ(約1億3000万円)程度集まっているようだ。

関連ニュース
thumb

「ロナウドのプレッシャーは感じてない!」ケアン、ユーベ復帰の思いを語る

今夏にユベントスに復帰したイタリア代表FWモイぜ・ケアンだが、同時にクラブを去ったあの巨星の影に飲まれるようなことはないという。『フットボール・イタリア』がコメントを伝えている。 今夏の移籍市場の最終日にエバートンから2年レンタルで加入したケアン。元々ユベントスの下部組織出身で、2019年夏にエバートンに完全移籍して以来、2年ぶりの復帰となった。 ただ、移籍したタイミングがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのマンチェスター・ユナイテッド移籍発表直後だっただけに、ケアンはその後釜というイメージが強い。 しかし、本人はそのようなプレッシャーは感じていないと強調。古巣を助ける一心だったと話した。 「ロナウドの後釜というプレッシャーは微塵も感じていない。僕はただ、自分が育った思い入れのあるチームを助けたいという一心でここに来た」 「試合に出たい、プレッシャーはない。唯一、ユベントスのユニフォームを着るという責任を感じているよ」 2021.09.17 20:37 Fri
twitterfacebook
thumb

今季公式戦初勝利のユベントス、指揮官もチームに手応え 「ポジティブな要素があった」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)で今季公式戦初勝利を挙げたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは14日に行われたCLグループH第1節でマルメと対戦。チームはセリエA開幕からの3試合で未勝利と苦しい状況が続いているが、この日は23分にDFアレックス・サンドロのゴールで先制すると、前半だけで3点を奪取。後半は追加点を奪えなかったものの終始試合を支配し、3-0で勝利した。 この結果、ユベントスは今季の公式戦で初勝利。29日に行われる第2節チェルシー戦を前に、重要な白星となっている。 試合後のインタビューに臨んだアッレグリ監督は、選手たちのパフォーマンスを称賛。そのうえで、週末のセリエA第4節で行われるミランとのビッグマッチに備えたいと語った。 「CLの開幕戦は決して一筋縄ではいかないものだ。我々は決して楽ではない時期を経て、この試合に臨むことになった。今日もポゼッションという点では改善の余地があったが、ポジティブな要素もあったと思う」 「今夜はこれまで一緒にプレーしたことのない3人が中盤でプレーした。選手たちには、お互いをよく知るための時間が必要だ。(アドリアン・)ラビオについては、彼自身も自分がどれだけポテンシャルを持っているかわかっていないかもしれないね。彼は成長しており、いい試合をした。(ヴォイチェフ・)シュチェスニーもよくやった。先週の土曜の試合より難しいセーブをいくつか見せてくれたと思う。誰にでも、物事がうまくいかないときはある」 「今夜は結局最後まで失点を許さなかった。(パオロ・)ディバラや(アルバロ・)モラタもいいプレーをしていたと思う。ただ、今はあまり先走りせず日曜日の試合を考えているよ。ミランは好調であり、クラブを取り巻く環境は興奮に満ちているからね」 2021.09.15 13:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスがマルメに3発快勝、今季初勝利《CL》

ユベントスは14日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節でマルメとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 CL王者チェルシーとロシア王者ゼニトが同居するグループH。 昨季はポルトの前にベスト16敗退に終わり、アッレグリ監督を3季ぶりに呼び戻したユベントス。しかし、セリエAでは開幕から3試合で1分け2敗と大きく躓いた。そのユベントスは1-2で敗れた3日前のナポリ戦のスタメンから6選手を変更。南米予選帰りのディバラやアレックス・サンドロ、ダニーロらが先発に戻った。 スウェーデン王者マルメに対し、立ち上がりからポゼッションしたのはユベントスとなったが、開幕からの不調を象徴するように効果的な攻めを見せることはできない。 それでも23分、最初のチャンスをゴールに結びつける。右サイドからのクアドラードのクロスをアレックス・サンドロがダイビングヘッドで押し込んだ。 5バックで構えるマルメに対し、余裕を持ったポゼッションで時間を使っていたユベントスは43分、PKを獲得する。ダニーロのロングフィードでディフェンスライン裏を取ったモラタがボックス内でニールセンに倒された。 このPKをディバラが決めてリードを広げたユベントスは直後の1分後に3点目。ラビオのパスのルーズボールをボックス内のモラタがチップキックシュートでゴールへ流し込んだ。 迎えた後半、57分にモラタがヘディングシュートで、続く62分にはディバラのヒールパスからモラタがGK強襲のシュートを浴びせたユベントスが主導権を渡さない。 さらに70分には途中出場のケアンがネットを揺らすもわずかにオフサイドに阻まれた。後半には追加点を奪えなかったユベントスだったが、3-0で快勝。今季公式戦初勝利としている。 2021.09.15 06:02 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ戦低迷のユベントス、指揮官はCLでの奮起期待 「常に勝ちたいという気持ちがある」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)初戦へ向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは2014-15シーズンと2016-17シーズンにCL決勝へ進出しており、1995-96シーズン以来の優勝に王手をかけていたが、いずれもファイナルの舞台で敗れビッグイヤー獲得を逃す結果となった。 その後はマッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任したことで、チームの競争力は低下。ここ2シーズンはCLでベスト16止まりとなっている。今季からアッレグリ監督が再任し悲願のCL優勝を目指しているが、チームはセリエA開幕からの3試合でいまだ勝利がなく調子は上がっていない。 こうした状況のなか、チームは14日に行われるCLグループH第1節でマルメと対戦する予定になっているが、試合前の公式会見に出席したアッレグリ監督は勝利のため努力を尽くす必要があるとコメント。同時に、リーグ戦での成績はいったん忘れる必要があると語った。 「今の状況は、前回の2014-15シーズンに私がここで戦ったときとは比較にならない。正しい基礎を築き最高の形で立ち向かうためにも、勝つ必要がある。何が起こるか予測することは難しいが、正しいことが起こるよう努力する必要があるだろうね。リーグ戦では適切なプレーをしているにもかかわらず結果が出ていないが、明日のCLでは気にせず集中しなければならない」 「明日はテクニカルな試合をすることが重要だ。相手は非常にフィジカルなチームであり、セットプレーをあまり許さないようにする必要がある。穏やかな気持ちで試合に臨み、結果にかかわらず何を改善すべきかを理解しなければならないだろう」 「我々皆に責任があり、このような時はより一層の責任感が求められる。我々は多くを改善しなければならない。試合の管理だけでなく、違いを生みそうな小さなことにも注意を払う必要があるだろう。ユベントスは少なくともCLの準々決勝進出を果たすという目標を掲げ、そこからは常に全力でプレーすべきだ。もちろん、我々は常に勝ちたいという気持ちを持っている」 また、アッレグリ監督はここ最近低調なパフォーマンスで批判を集めているGKヴォイチェフ・シュチェスニーの起用を明言。一方で、FWフェデリコ・キエーザとFWフェデリコ・ベルナルデスキを招集外とした理由などについても語った。 「シュチェスニーはハイレベルなGKであり、明日もプレーするだろう。キエーザは100%の状態ではなく、長期離脱のリスクを避けたかった。ベルナルデスキは土曜日に打撲を負い、深刻ではないがやはり危険にさらしたくはない。(デヤン・)クルゼフスキは重要なクオリティを持っているが、ゲームマネジメントの面を改善しないとね。彼が試合に出るかどうかは、明日の朝に私が決める」 2021.09.14 17:46 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループH展望】チェルシーとユベントスの圧倒的2強、ロシアとスウェーデンの王者は牙城を崩せるか

2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月14日に開幕する。ディフェンディングチャンピオンであるチェルシーはこのグループGに割り振られた。対するは、昨季のセリエAで10連覇を逃したユベントスと、ロシア王者ゼニト、スウェーデン王者マルメだ。選手の質とチームの完成度ではチェルシーが頭一つ抜けており、以下は純粋な戦力差でユベントス、ゼニト、マルメという順位予想となった。 ◆編集部予想 ◎本命:チェルシー ○対抗:ユベントス △連下:ゼニト ☆大穴:マルメ ◆より洗練されたスカッドで優勝候補筆頭に~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今年1月に就任したーマス・トゥヘル監督がチームを一変させ、ほんの数カ月でビッグイヤーにまで至ったチェルシー。プレシーズンを挟んで本格始動となる今季は、さらなる練度でもってグループステージからの快進撃が予想される。 夏の移籍市場では、昨夏の超大型補強の影響もあってか、ヨーロッパを制したチームの現状維持かつ余剰戦力の整理に努めた。それでもプレミアリーグ開幕直前にインテルからクラブ史上最高額の移籍金をはたいてルカクを獲得。トゥヘル監督が待ち望んでいたという生粋のセンターFWとして選ばれたのは、かつてチェルシーで苦杯を嘗めた男だった。 2014年のチェルシー退団後はエバートンやマンチェスター・ユナイテッドを渡り歩き、2019年夏からはインテルでプレーしていたルカク。この2シーズンで公式戦95試合64ゴールと驚異の成績を残し、一皮も二皮もむけてチェルシーに戻ってきた。そのリデビュー戦となったアーセナル戦では1ゴールを挙げるだけでなく、強靭な体躯を生かしたポストプレーでチームをサポート。指揮官の期待に応える活躍を見せた。 また、移籍市場最終日にはアトレティコ・マドリーからサウール・ニゲスをレンタルで獲得し、手薄だったセントラルMFを補強。同時並行で交渉を続けていたクンデを取り逃すという一幕もあったものの、概ね狙い通りの夏を過ごし、連覇を狙えるスカッドを作り上げている。 ◆レジェンド指揮官復任も、絶対的エース退団の影響はいかに~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_100_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> そんなチェルシーに対抗するのが、今季からマッシミリアーノ・アッレグリ監督が復任し、イタリアでの王政復古を誓うユベントスだ。昨季は監督初挑戦のアンドレア・ピルロを指揮官に据えてリーグ10連覇を目指したものの、新米監督にその重役は担いきれず、最終節での逆転劇で何とか4位に滑り込み、CL出場権を獲得するにとどまった。 しかし、アッレグリ復任も今季のユベントスは再び低迷する可能性がある。絶対的エースであるクリスティアーノ・ロナウドがチームを去ったからだ。やや独善的なプレーも目立ち、ファンやサポーターから多少の懐疑的な目が向けられながらも、この3シーズンで101ゴールを積み上げた得点力で魅せてきたポルトガル代表FWの退団の影響は大きく、チームはセリエA開幕3試合で1分け2敗と、いきなりの不調に陥っている。 熾烈な争奪戦を制してサッスオーロから獲得したロカテッリはまだチームに馴染めておらず、C・ロナウドの退団で急遽レンタル獲得したモイゼ・ケアンは戦力として計算しづらい存在。チェルシーと比較して選手層よりもチームとして完成度が見劣りするため、2位通過でも良しといったところだろう。 ◆ロシア王者が新司令塔携えて8季ぶりの16強を目指す~ゼニト~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_100_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロシア・プレミアリーグ3連覇中のゼニトは今回で3季連続の出場となる。ただ、過去2シーズンはいずれもグループステージ敗退という悔しい結果に。チームは基本的に昨季からの現状維持だが、レッドブル・ブラガンチーノ(ブラジル)から1200万ユーロを投下してクラウジーニョを獲得している。 同選手は東京オリンピックで優勝したブラジルの主力として全6試合に出場しており、個での打開力と正確なラストパスを生かしたチャンスメークが特長。加入直後からリーグ戦2試合連続で先発出場しており、早くも新司令塔としての立場を築きつつある。 なお、史上初めてロシアから3クラブが参戦した昨シーズンとは異なり、今シーズンはゼニトのみ。国の期待を一身に背負って8シーズンぶりのベスト16を目指す。 ◆国内リーグの好調を持ち込めるか~マルメ~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_100_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> スウェーデン王者のマルメは予選1回戦からリガ(ラトビア)、HJKヘルシンキ(フィンランド)、レンジャーズ(スコットランド)、ルドゴレツ(ブルガリア)を退け、7シーズンぶりに本戦出場を果たした。最高成績は1978-79シーズンの決勝進出。名称がまだUEFAチャンピオンズカップだった当時、ノッティンガム・フォレストに敗れ栄冠を逃している。 今季のリーグ戦はすでに半分を終えており、全30節のうち第18節を終えた時点で首位と3ポイント差の3位に位置。その中で印象的な活躍をしているのが、今季開幕前の3月にPAOKからレンタル加入したクロアチア代表FWアントニオ・チョラクだ。ここまで15試合に出場し、チームトップの8ゴールをマーク。また、予選でも5ゴールを挙げており、レンジャーズとの2ndレグでは2得点の活躍でチームを本戦まで導いた。 ただ、このグループでは大穴という立ち位置であることは間違いない。チェルシーとユベントスの2強を前に、元ミランのトマソン監督の下で初のCLグループステージ突破となるか。 2021.09.14 17:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly