ハイパフォーマンスのカンテ、愛車のミニ・クーパーにサポーターから手荒い祝福を受ける

2021.05.06 12:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテがサポーターたちから手荒い祝福を受けた。イギリス『talksport』が伝えている。

5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦に先発フル出場したカンテは、1stレグに続くハイパフォーマンスでピッチを躍動し続け、9季ぶり3度目の決勝進出に大きな貢献をした。

その活躍はチェルシーのサポーターにも伝わっているようで、スタンフォード・ブリッジから愛車のミニ・クーパーで帰宅する際には、もみくちゃにされながら祝福された。

カンテが愛車を出そうとすると、多くの人々に囲まれ、一部のサポーターはシャンパンファイトを敢行。勝利の美酒を振り撒いた。

運転席から手を挙げてサポーターに反応していたカンテは、去り際にクラクションを連打してサポーターをさらに盛り上げることに。ピッチ内外でサポーターから愛され続けるカンテだが、この試合でさらに信頼を得たはずだ。



1 2
関連ニュース
thumb

「とても親切に写真を撮ってくれた」いつだって謙虚なカンテが大衆向けのスーパーでお買い物

プレミアリーグのトップクラスの選手となれば、高級車やディナーに金銭を費やすことも可能だろう。だが、チェルシーのフランス代表エンゴロ・カンテは異なるようだ。 その日、とあるファンは何の気なしにカジュアルなスーパーマーケット『アズダ』へと足を運んだ。一般大衆向けの店舗の1つだが、驚くべきことに、彼はそこで偶然チェルシーのスターに遭遇。そのうえ、プライベートな時間の中でも写真撮影に応じてくれたとして、カンテにいたく感銘を受けたようだ。 「カンテはすごい選手、なんて人間だ!とても親切に写真を撮ってくれてたし、とても丁寧だった」 「私が言わなければならないことに辛抱強く耳を傾けてくれる、とても謙虚な選手だった」 また、イギリス『サン』によれば、カンテはレスター時代の2015年に購入したミニ・クーパーを今でも愛用しているとのことだ。 カンテは2015年夏にカーンから560万ポンド(当時:約8億4600万円)でレスター・シティへと加入。一方で車の値段は2万ポンド(当時:約300万円)だ。相当なお気に入りのようで、フランスへ戻るたびに車を送って運転していると伝えられている。 昨季のチャンピオンズリーグ(CL)決勝でもマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた中盤のダイナモは、バロンドール候補の一角とも目されている。そんな華々しい活躍とは裏腹に謙虚さを示すカンテだからこそ、多くのファンから愛されるのだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】スーパーでファンとの写真撮影に応じたカンテ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Went out for some casual grocery shopping at Asda and look who I bumped in to . <a href="https://twitter.com/nglkante?ref_src=twsrc%5Etfw">@nglkante</a> what a player and what a human being! Very kindly took a picture with me and was so polite. Listened patiently to what I had to say, so humble for a player of such class! <a href="https://t.co/IvxV6mKDwT">pic.twitter.com/IvxV6mKDwT</a></p>&mdash; Sarfraz Ahmed (@Sarfraz_A10) <a href="https://twitter.com/Sarfraz_A10/status/1437759711395422211?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 06:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リース・ジェームズに悲劇…CL開催時に空き巣に入られ、CL優勝メダルなどが盗難…

チェルシーに所属するイングランド代表DFリース・ジェームズが14日に空き巣の被害に遭ったことを明かした。同選手が自身の公式『インスタグラム』で公表した。 ジェームズの説明によると、事件が発生したのは現地時間14日20時半過ぎ。当時、同選手はチェルシーの一員として、本拠地スタンフォード・ブリッジで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節のゼニト戦(1-0で勝利)に参加していた。 その中で、ジェームズの不在を確認していた数人の強盗グループは、ロンドン市内の自宅に侵入し、同選手の私物が入っていた金庫をそのまま車に乗せて走り去ったという。 その金庫の中には宝飾品や現金などは入っていなかったが、2020-21シーズンのCL優勝メダルやUEFAスーパーカップ優勝メダル、ユーロ2020の準優勝メダルといった同選手にとって何よりも代えがたい思い出の品が入っていた。 そして、空き巣被害から2日後に自身の公式SNSを更新したジェームズは、自宅の監視カメラによる強盗グループの犯行の様子を映した幾つかの動画と共に、今回の被害を公表した。 「2021年9月14日の夜、僕が所属するクラブのためにチャンピオンズリーグの復帰戦を戦っていたとき、卑怯な強盗グループが僕の家に侵入しました」 「彼らは、僕の私物が入った重い金庫をまとめて車に乗せてしまいました。僕は宝飾品を家に置いていないので、金庫に入っていたのは、チャンピオンズリーグ優勝メダル、スーパーカップ優勝メダル、ユーロ2020の準優勝メダルだけでした」 「これらのメダルは、チェルシーとイングランドを代表して獲得したもので、それを証明する物理的なメダルがあるかどうかにかかわらず、僕から決して奪うことのできない名誉です」 「しかし、僕はチェルシーとイングランドのファンの皆さんに、このような低俗な人物を特定し、告発するための協力を呼びかけています。恐らく、彼らにとって不利な証拠が次々と出てくるはずで、彼らは決して平穏に過ごすことはできないはずです。警察、アドバイザー、チェルシー(その他多くの人々)が僕を支援してくれています。なぜなら、犯人を特定する確かな手がかりがあるからです。僕らは彼らに迫っています」 「幸いなことに、侵入時に自宅には誰もいませんでしたが、皆さんには僕が安全で元気であることをお伝えしたいと思います。このような不幸な出来事に関して、皆さんにお伝えするプラットフォームを持っていることに今は感謝しています。そして、皆さんと一緒に犯人を逮捕し、正義を実現したいと思います」 今回の空き巣被害の公表によって多くの情報が提供され、一刻も早い犯人の逮捕と共に、ジェームズの思い出の品々が無事手元に戻ることを心から願いたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】犯行の一部始終を映した監視カメラの映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT4iUXDofd4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT4iUXDofd4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT4iUXDofd4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Reece James(@reecejames)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.09.16 23:36 Thu
twitterfacebook
thumb

CL初戦勝利の王者チェルシー、指揮官は決勝弾のルカク絶賛 「これほど質の高いストライカーはあまりいない」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 王者として今大会に臨むチェルシーは、14日に行われたCLグループH第1節でロシアのゼニトと対戦。試合は守備を固める相手をなかなか攻略できずに苦しんだものの、69分にここまでプレミアリーグで3試合3ゴールと絶好調のベルギー代表FWロメル・ルカクが先制点を記録。その後はピンチを凌ぎ切り、1-0で勝利した。 この結果、チェルシーは公式戦連勝を飾っており、CLのディフェンディングチャンピオンとしても幸先の良いスタートを切っている。 試合後のインタビューに応じたトゥヘル監督は、難敵相手に良いパフォーマンスを示せたと満足感を示し、特に守備の場面で、選手たちが高い集中力を保っていたことを誇った。 「全般的なパフォーマンスには満足している。強い相手とのタフな試合であり、前半はゲームを加速させるための小さなギャップを見つけたり、ボックス内で危険なプレーをしたり、ボールタッチの場面を作ったりするのが難しかった」 「それでも我々は高いインテンシティでプレーして、何度もボールを奪い返したと思う。ゼニトは前線に多くの選手を抱えており、自分たちの守備の際には集中力と意識を高める必要があったが、我々はそれをすべて実行できた」 「後半は、ライン間のスペースを見つけて加速することができていたと思う。チャンスを作り、ボールを持ち運ぶのが少し楽になった」 また、トゥヘル監督は今夏に加入して以降、活躍を続けるルカクに言及。選手としての能力だけでなく、そのキャラクター性もチームに大きく影響を与えていると称賛した。 「今日のロメルは簡単ではなかったと思う。我々は彼のため多くのチャンスを作ることができず、ボールを持ち運べなかった。それでも彼は自信と信念を失わなかったね。だからこそ彼はここにいて、ワールドクラスのストライカーになっているのだ」 「これほど質の高いストライカーはあまりいない。チームのため定期的に得点する選手は、とてもとても重要だ。ゴールを決めれば試合の流れは変わる。半分のチャンスやワンチャンスでも彼がゴールを決めれば、チーム全体が自信を持てるだろう」 「そして、彼がもたらしてくれるのは才能だけではない。信念を持ち、他の選手の肩にかかるプレッシャーを軽減し、焦ったり自信を失ったりしないキャラクターも持っている選手だ」 「彼は我々のチームに欠けていたタイプだ。プロフィールや才能だけでなく、その性格も含めてだ。彼は非常に謙虚で、フットボールやトレーニングを愛している男だ。ドレッシングルームでのコミュニケーション能力も高く、誰に対してもオープンで、それが彼やチームの周りにある雰囲気やエネルギーを生み出している」 2021.09.15 10:37 Wed
twitterfacebook
thumb

王者チェルシーが白星発進! ゼニトの堅守に苦戦もルカクが決勝弾!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループH第1節、チェルシーvsゼニトが14日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが1-0で勝利した。 ディフェンディングチャンピオンとして今大会に臨むチェルシーは、プレミアリーグの開幕4試合で3勝1分けの無敗と最高のスタートを飾った。今週末にトッテナムとのダービーを控える中、智将トゥヘルは3-0で快勝した直近のアストン・ビラ戦から先発5人を変更。 チアゴ・シウバとチャロバーに替わってクリステンセンとアスピリクエタが3バックに入り、ハドソン=オドイとサウール、ハヴァーツに替わってリース・ジェームズ、ジョルジーニョ、マウントが復帰した。 試合前に先日のUEFA年間表彰を実施するなど、良い雰囲気で臨んだホームのチェルシー。これに対してゼニトは本職中盤のバリオスを一列下げる[5-4-1]の守備的な布陣で入る奇策を見せた。 前線でボールを運べるマウコム、クラウジーニョ、アズムンという3選手の脅威もあり、リスクを冒して前に出るまでには至らないチェルシーは、最前線のルカクになかなか良い形でボールが入らない。 前半半ばから終盤にかけてはゼニトにカウンターチャンスを与えないチェルシーが相手陣内でハーフコートゲームを展開。しかし、マウントやルカクの仕掛けがことごとく相手の分厚い守備網に絡めとられてしまい、枠内シュート0で試合を折り返すことになった。 迎えた後半、トゥヘル監督の下で攻撃面の修正を施したチェルシーは、キックオフ直後にツィエクが最初の枠内シュートを放つと、50分には果敢に相手陣内左のハーフスペースで縦に持ち上がったリュディガーが枠のわずか右に外れる強烈な右足のミドルシュートでゼニトゴールを脅かす。 攻撃が機能し始めた一方、陣形が崩れ始めたことで、徐々にゼニトのカウンターを許すチェルシー。60分にはアズムンに馬力のある仕掛けでボックス内まで持ち込まれるが、ここはDFリュディガーの見事なカバーリングで事なきを得る。だが、以降しばらくはゼニトに押し返されてしまう。 そういった難しい流れの中、頼れるエースが魅せる。69分、相手陣内で細かく繋ぎ右のハーフスペースでボールを受けたアスピリクエタがボックス右のスペースへ浮き球のクロスを供給。これにハヴァーツと共に飛び込んだルカクが見事なヘディングシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 ようやく先制に成功したチェルシーだが、失点後に切り札のジューバを投入したゼニトの攻勢に晒される。80分にはボックス右に持ち込んだアズムンに決定的なクロスを入れられるが、ジューバのスライディングシュートはGKメンディが身体を張ったセーブで凌ぐ。 このピンチを何とか凌いだホームチームは、チアゴ・シウバやチルウェルとより守備的な交代カードを切って逃げ切りを図ると、試合終盤は冷静にボールを動かして時計を進めていき1-0のまま試合をクローズ。 ゼニトの堅守に手を焼いたものの、頼れるエースの公式戦2試合連続ゴールを守り切って連覇を目指すシーズンを白星で飾った。 2021.09.15 06:17 Wed
twitterfacebook
thumb

「18倍は優れている」ヴェルナーを酷評するファン・バステン「控えめに言ってもね」

チェルシーで未だうだつが上がらないドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに対し、オランダの伝説的ストライカーであるマルコ・ファン・バステン氏と、同胞のルート・フリット氏から厳しい意見が寄せられている。 ライプツィヒで159試合95ゴール40アシストという圧巻の成績を残して2020年夏にチェルシー移籍を果たしたヴェルナー。クラブも次なる主砲として期待を寄せ、5000万ポンド以上の大金を費やした。 ところが、蓋を開けてみるとここまで公式戦56試合で12ゴールと期待を大きく外れる数字に。もちろん、アシストやPK獲得で貢献もしているが、それ以上に決定的なシーンをしばしば外してしまう姿が印象を悪くしてしまっている。先のワールドカップ欧州予選でも、アイスランド代表戦で味方の折り返しをゴール目前で大きくふかしてしまうシーンが見られた。 また、今季はベルギー代表FWロメル・ルカクが新たに到着し、リーグ戦3試合で3ゴールと最高のパフォーマンスを披露。その3試合におけるヴェルナーの出場はわずか9分のみとなっている。 そんな中、ファン・バステン氏とルート・フリット氏がオランダのスポーツ番組『Rondo de Ziggo』に出演した際、MCを務めたジャーナリストのシエルト・デ・フォス氏が「ファン・バステンはヴェルナーの18倍優れている」と発言したところ、元オランダ代表ストライカーは「そうだろう。控えめに言っても」と肯定し、「トップレベルには達していない」と酷評した。 また、フリット氏も首を縦に振った上で「彼を見てると心が痛いよ。自信を失っているように見える」とコメント。それでも「だが監督として見た時、彼は常に正しい位置にいる。たった一度でもゴールを決められればね」と、温情も覗かせた。 ルカクが称賛を浴びる一方で、日増しに肩身の狭い思いを強めているヴェルナー。移籍市場ではFWロベルト・レヴァンドフスキの後釜を探すバイエルンが関心を持っていると噂されているが、今後のキャリアは果たして。 2021.09.14 18:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly