「タオルは投げない」チェルシーを祝福するジダン監督、CL決勝進出ならずもリーグ制覇にシフト「最高の形でシーズンを終えなければ」

2021.05.06 09:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、チェルシー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

マドリーは5日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでチェルシーと対戦した。

ホームでの1stレグで1-1のドローに終わっていたマドリー。突破にはゴールが必要となる中、序盤から攻め立てる。

しかし、チャンスを逸すると、チェルシーに先制される展開に。後半もゴールに迫るシーンがあった中、チェルシーの守備の前にゴールを奪えず。その後追加点を許し、2-0で敗戦。準決勝で敗退となった。

ジダン監督は試合を振り返り、良いプレーを見せたものの、チェルシーが上回っていたことを認め、決勝進出を祝福。一方で、残りシーズンでのリーグ制覇に意気込んだ。

「チェルシーは同点でも突破に値した。我々はチャレンジしたが、結局彼らが勝利し、突破することととなった。我々は準決勝でプレーし、選手は準備ができていた」

「自分の選手たちを誇りに思っている。彼らはチャレンジしていた。決勝まではあと1試合だったが、チェルシーも素晴らしい試合をした。突破したのはチェルシーであり、彼らを祝福しなければならない」

「我々は多くのことを欠いていたが、今はリーグ戦が4試合残っており、我々がしなければいけないことは戦いの中にいるのでしっかりと休むということだ。それはとても重要だ」

「とても良いチャンピオンズリーグで、決勝に進むために1つの試合を逃した。残り4試合ではタオルを投げるのではなう、最高の形でシーズンを終えなければならない」




1 2
関連ニュース
thumb

マドリー、ユーロで活躍中のラファエウ・ゲレイロに関心か

レアル・マドリーが、ドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(27)に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ジネディーヌ・ジダン監督が退任し、新たにカルロ・アンチェロッティ監督を招へいしたマドリー。イタリア人指揮官は同クラブでの二次政権発足に向けて、現在ユーロ2020で活躍中のポルトガル代表DFに注目しているという。 15日に行われたハンガリー代表戦では1ゴールを挙げて勝利に貢献したゲレイロ。2016年夏のドルトムント加入からここまで公式戦160試合に出場し、29ゴール32アシストを記録。今季もブンデスリーガで27試合5ゴール11アシストと上々の成績を残した。 左サイドバックとしては世界クラスに成長したゲレイロには、以前もバルセロナやパリ・サンジェルマンが関心。そして今回はアンチェロッティ監督が獲得を希望しているとの情報を『ビルト』が掴んだようだが、かつてその2クラブのオファーを蹴って契約延長したことから移籍の可能性は低いと推測している。 また、今年2月にはゲレイロ本人が「今後何年も黒と黄色のユニフォームを着ていたい」とコメントしたこともあり、2023年夏まで契約を残す左サイドバックが今夏に退団することは考えにくいようだ。 加えて移籍金も6000万ユーロ(約78億円)はくだらないとして、マドリーにとって難しい案件であることを同メディアは強調している。 2021.06.19 15:06 Sat
twitterfacebook
thumb

「練習も超一流の姿勢なら…」 アザールの欠点をモウリーニョが暴露

来季からローマを率いるジョゼ・モウリーニョ氏がかつて指導したレアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールの欠点を暴露した。 2人は2013年夏〜2015年12月までチェルシーで共闘。2014-15シーズンのプレミアリーグ制覇に共闘。個人としてもそのシーズンのリーグ年間最優秀選手賞に輝いたアザールは言うまでもなく攻撃陣の軸となり、2年間のモウリーニョ二次政権でも圧倒的な存在感を放った。 だが、ポルトガル人指揮官は練習も懸命に励めば、もっと良い選手になれたと話す。今オフを利用してユーロ2020の解説者を務めるなか、イギリス『talkSPORT』で元教え子であり、レアル・マドリーで燻るアザールについて、練習姿勢が「酷かった」と振り返った。 「真実は見ての通り、素晴らしい選手。だが、練習ぶりが酷い素晴らしい選手だ。練習も超一流な姿勢で取り組んでいれば、彼が今頃どうだったか想像できる。いずれにせよ、素晴らしい少年で、家族思いでもあるのだがね」 「彼は今の選手にしてみれば、とても穏やか。家族や子供、両親とも静かな生活を好む。しかし、毎朝のようにピッチに立つと、あまり頑張ろうとしない。試合に出たときは1週間の努力じゃなく、才能でプレーしている」 「だから、彼は素晴らしい選手。ただ、仮に彼がトップのプロだったら?とイメージしてみると良いだろう」 2021.06.19 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、再共演ならずのS・ラモスに「幸運を祈る、カピタン!」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が退団のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスにメッセージを送った。 2005年のレアル・マドリー入りから16年間で公式戦671試合に出場して、計22個ものチームタイトルに寄与したS・ラモス。今やカピタンの称号を欲しいままにするが、今季最終年の契約を巡る話し合いが長らく滞り、16日に退団が正式決定した。 そんなS・ラモスは17日、退団会見に登場。退団の経緯として、金銭的な部分の問題でなく、2年契約を求める自身に対してクラブから単年しか提示されなかった上、オファーを受け入れようとした段階で返答の期限切れだったことを明かしている。 レアル・マドリーのカピタンが望まぬ形で去ることになり、悲しむファンも多いだろうが、かつてラ・デシマ(10度目のチャンピオンズリーグ(CL)優勝)などをともに達成し、来季から6年ぶりに再びチームを率いるアンチェロッティ監督もその一人だ。 再共演が叶わなかったイタリア人指揮官は17日、S・ラモスが同日に会見を行った後に自身のSNSを更新。2013-14シーズンにリスボンで10度目のCL制覇を成し遂げ、ビッグイヤーを手に笑顔の2人が収まった写真などとともに、惜別と激励の言葉を送った。 「親愛なるセルヒオ、私はともに生きたことを決して忘れない。幸運を祈る、カピタン!」 2021.06.18 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

去就についてヒントを残すセルヒオ・ラモス「大事なのは家族の存在」

レアル・マドリーを退団したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが17日、メディアに対して去就に関するコメントを発した。『Get Spanish Football News』が伝えている。 16日に退団が発表され、マドリーでの輝かしい16年に終止符を打ったセルヒオ・ラモス。マドリーで全てを勝ち取ってきたカピタンの退団は一時代の終わりを感じさせるが、35歳の行き先は今夏の最注目事項となっている。 候補にはマンチェスターの両クラブにパリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣のセビージャが挙げられている状況だが、現段階では何も考えていないとセルヒオ・ラモスはコメント。鍵は家族の存在にあるようだ。 「今日は将来について話す日ではない。どのチームに行くかもわからないし、それがスペインかどうかも不明だ」 「まだ他のクラブのことは考えていない。私が市場に出された1月以降、何度か電話を受けたが、当時はマドリーを離れるなんて微塵も思っていなかった」 「大事なのは、どこにいるかではなく、誰といるかだ。電車に乗るのも飛行機に乗るのも同じだ。私の幸せは家族にかかっており、もちろん彼らに一緒に来てもらいたいと思っている。長くここにいたから辛いことだが、これがサヨナラではない。ラモスは戻ってくる」 2021.06.18 13:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「本当に特別な人」偉大なるカピタン、セルヒオ・ラモスにレアル会長が感謝の言葉

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、今シーズン限りで退団したスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)に向けた別れのメッセージを述べた。 2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらしていた。 偉大なるキャプテンとして、マドリーの象徴的な存在にもなったセルヒオ・ラモスは17日に退団セレモニー。ペレス会長も出席した。 16年にわたりチームを支え、キャプテンとしてもチームに多大なる貢献をしたセルヒオ・ラモスに対し、ペレス会長が感謝と別れのメッセージを述べた。 「あなたはクラブの歴史の中で、最も素晴らしいキャリアを築いてきました。何年もの間、我々のファンの参考となり、間違いなくレアル・マドリーの偉大なレジェンドの1人になりました」 「このクラブに与えてくれた全てのこと、そして我々のクレストとユニフォームを守り、各試合で魂を見せ、常に最後まで戦ってくれたことに感謝します」 「ここであなたは選手として成長し、このスポーツを愛する全ての人々の尊敬と称賛を得て、スタジアムでも何年もの間、我々の象徴的なキャプテンを務めてきました」 「マドリディスタは、いつもあなたのことを心に抱くでしょう。我々のファンは、レアル・マドリーで言われているように、決してあきらめない選手として、あなたのことを記憶に留めるでしょう」 「3連続を含む4度のチャンピオンズリーグ、4度のクラブ・ワールドカップ、3度のUEFAスーパーカップ、5度のラ・リーガ、2度のコパ・デル・レイ、4度のスペイン・スーパーカップ優勝。レアル・マドリーで達成した全てのことを達成するのは、非常に困難です」 「パートナーでもあるマルセロとともに、22のタイトルという、史上最も多くのタイトルを獲得したマドリーの選手となりました。名誉会長であるパコ・ヘントだけが上回っています」 「世界中にいるこのクラブを愛するマドリディスタにとって、あなたはいつだってデシマ(10度目)の男です。リスボンでの93分のの出来事は、常に象徴です」 「しかし、これらの数字を超えて、あなたは永遠に我々の偉大なキャプテンの1人であり、間違いなく最も愛される選手の1人です」 「あなたが表現してくれたこと、我々のクラブの伝説を作り、レアル・マドリーの名前が世界でさらに称賛されることに貢献したことに感謝します」 「今日は簡単な日ではありません。これまでずっと、あなたは私にとって本当に特別な人でした。それは、あなたと私がレアル・マドリーの近年のサクセスストーリーに苦しみ、戦い、楽しみ、そしてともに過ごしてきたからです」 「何より、どこにいても愛する人と幸せになり、ここがいつもあなたの家になることを知ってほしいと思います。我々はあなたのようなレジェンドが、常にレアル・マドリーの偉大な大使の1人になると確信しています」 <span class="paragraph-title">【動画】セルヒオ・ラモスが妻や子供とともに、獲得したカップとお別れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnOHdicFUzSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.18 12:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly