「次節もマルと共に」川崎F戦でOGの丸山祐市にクラブがツイート、名古屋サポーターも反応「最高のキャプテン」

2021.05.05 10:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスの1つのツイートがファン・サポーターの間で話題になっている。名古屋は4日、明治安田生命J1リーグ第12節で川崎フロンターレと対戦。首位攻防戦が連続で行われるという異例の日程となってしまった中、ホームで0-4と大敗を喫していた名古屋は、優勝の可能性を残すためにも必勝で臨んだ。

アウェイゲームに臨んだ名古屋だったが、この試合でもジェジエウ、山根視来とゴールを奪われ2点のビハインドに。さらに後半には思いもよらぬシーンが待っていた。

59分、最終ラインでボールを持ったキャプテンの丸山祐市が川崎Fのプレスを回避しようとバックパス。GKランゲラックが待っていると思われたが、いつものポジションを取っていなかったこともありパスがゴール方向へ。ランゲラックが必死に戻るも、ボールはラインを超え、まさかのオウンゴールで川崎Fに3点目を与えてしまった。

その後、名古屋は稲垣祥とマテウスのゴールで1点差に詰め寄るも、そのまま3-2で敗戦。オウンゴールが決勝点になってしまうという悲劇が起きていた。

その名古屋は試合後に丸山の写真をツイート。「次節もマルと共に」と綴り、ここまで14試合に全て出場しチームを支え続けた丸山を支えるメッセージを送った。

すると、この対応にファン・サポーターが反応。名古屋の対応を称賛する声が集まり、丸山と共に戦っていくというコメントに加え、ここまでフル出場を続けている丸山をねぎらう声も集まった。

「少し頑張りすぎちゃった感があるよね。やはり、少し疲れが見える。次は休ませてあげたい」

「このタイミングで、このtweetできるクラブが好きだ」

「気にするな。最高のキャプテン」

「苦しい時期に丸さんが来てくれたときから、ずっとついていくと決めてるんよ!!!!!」

「こんな事で負けるようなキャプテンじゃないし今までだって逆境を支えてくれたんだから、これからも応援します」

「キャプテンだってたまには休んでもええんやで」

「監督不在の中、マルちゃんはかなりの重責を担っていると思われます。スタッフのみなさんもマルちゃんのフォローをお願いしますね!」

「応援する気持ちに、寸分の変わりもありません」

川崎Fに連敗を喫した名古屋は8日には難敵であるセレッソ大阪と対戦。ホームでしっかりと勝利できるか、期待が寄せられている。

1 2
関連ニュース
thumb

ユンカー5戦連発ならず、エース不発の浦和が名古屋とホームでドロー【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、浦和レッズvs名古屋グランパスが30日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、2-2のドローに終わった浦和。4連勝を目前としていた中で、終盤にスーパーゴールを決められ、痛恨のドローとなった。対する名古屋は、前節はベガルタ仙台をホームに迎えたが、マルティノスの技ありゴールに沈み、0-1で敗戦。2試合白星なしとなっている。 そんな両チームの一戦は、立ち上がりは浦和がボールを保持。しかし、名古屋の組織された守備を前に全く縦パスを入れることができない。 計画通りに試合を進めるアウェイチームは、10分過ぎ辺りから徐々に攻勢に。14分の右CKでマテウスのクロスに米本がニアで合わせると、直後の15分には、左から入ったクロスを収めた柿谷が数回のタッチからボレーシュートに繋げる意外性のあるプレーでゴールに迫る。 さらに18分には、最終ラインの中谷のロングボールを山崎が頭で落とすと、柿谷とのワンツーでゴール前に侵攻。GKと一対一の絶好機を迎えるが、広島戦で痛恨の失点から名誉挽回を期すGK鈴木に止められてしまった。 一方、浦和は公式戦6戦6発のユンカーになかなかボールを集められないでいたが、20分のカウンターのシーンで右サイドに走りパスを呼び込んだユンカーは、カットインから左足を振り抜き初シュートを記録。43分には、上背を活かしたヘディングシュートを狙うも枠に収めることはできなかった。 そんな浦和は後半から武田を下げて伊藤を投入して中盤のテコ入れを図る。しかし、効果的な策にはならず、名古屋も前半ほど攻撃に転じることができないまま膠着状態が続く。 その中で浦和は、67分に速攻から関根がシュートへ。数少ないチャンスだったが、枠を捉えられなかった。 75分を挟んで両チームとも交代カードを切る。名古屋は山崎と相馬を下げて齋藤と長澤を、浦和は関根と小泉に代えて田中と武藤をピッチへ送り出す。 その直後、名古屋は齋藤の縦パスを柿谷がボックス左で受けると、相手に囲まれながらもトラップから無駄のないコンパクトなモーションでシュートへ。GKも完全にタイミングを外されていたが、ボールは無情にも右ポストに嫌われた。 浦和は87分に切り札としてユンカーに代わり興梠を投入。これでユンカーのJ1デビューから続いていた連続得点記録は4試合でストップすることになった。 しかし結局、試合は0-0で終了。1ポイントを分け合う結果となった。 浦和レッズ 0-0 名古屋グランパス 2021.05.30 19:57 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:浦和vs名古屋】ユンカーのゴールはどこまで続く? 名古屋はACL前最後のリーグ戦

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2021年5月30日(日) 18:00キックオフ 浦和レッズ(8位/27pt) vs 名古屋グランパス(2位/36pt) [埼玉スタジアム2002] 前節は終盤に追いつかれた浦和と、1点を守られ敗れた名古屋の一戦。 浦和のエースFWキャスパー・ユンカーの5戦連発は?! ◆ユンカーは堅守・名古屋もこじ開けるか【浦和レッズ】 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、2-2のドロー。最終盤にMF川辺駿に豪快なミドルシュートを決められ、勝ちきれなかった。 チームとしては4連勝目前での引き分けと、気落ちする結果に。とはいえ負けたわけではなく、上位に向かうにはここでしっかりと勝利を収めなければいけない。 何と言っても注目はFWキャスパー・ユンカー。リーグ戦4戦連発とスーパー助っ人であることを証明。入団時に「後悔はさせない」と語っていたが、ピッチ上で数字で証明している。 当然期待される5戦連発。チームの中で完全に中心選手となっており、ゴール以外の部分でも欠かせない存在となっている。 今節の相手は堅守の名古屋。一時ほどの勢いは無くなっているが、確立した戦い方があるのも事実。ここでもユンカーが火を吹けば、浦和は一気に上昇できるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:鈴木彩艶 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、明本考浩 MF:柴戸海、伊藤敦樹 MF:田中達也、小泉佳穂、汰木康也 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス ◆一旦リーグは中断、最後は勝って締められるか【名古屋グランパス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎えた一戦。マルティノスの技ありゴールの前に沈み、0-1で敗れた。 この1カ月5敗を喫し、チームは下降線。さらに主将であり、堅守を支えてきたDF丸山祐市がケガで離脱し、チームは一気に窮地に立たされてしまった。 やはり仙台戦でも問題となったのはフィニッシュ精度。相手GKの好セーブもあったが、多くのシュートを放ってネットを揺らせなかったことは、しばらく続いている大きな課題だ。 いち早くシーズンを折り返すこととなり、今節を終えればAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いが始まる。一旦リーグ戦の試合は無くなるだけに、最後は良い形で終えたいところ。名古屋らしさを取り戻し、“ウノゼロ”で勝利したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:森下龍矢、中谷進之介、木本恭生、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、柿谷曜一朗、相馬勇紀 FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.05.30 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋FW金崎夢生、リハビリ先の川崎で交通事故…先方にケガ

名古屋グランパスは29日、FW金崎夢生が交通事故を起こしていたことを報告した。 伝えられるところによると、金崎は28日、神奈川県川崎市で乗用車を運転していたところ、バイクに追突。先方は病院で治療を受けた後、帰宅したとのことだ。 事故発生後、クラブは速やかに警察や関係各所へ連絡し対応。ケガをした相手方には「一日も早いご回復を心からお祈り申し上げるとともに、関係の皆様には多大なご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます」と謝罪文を出している。 なお、金崎は右ヒザのリハビリのため、川崎市内の病院へ通院中だったようだ。クラブは厳重注意を行うと共に、再発防止に向けて全選手、関係者に向けて交通安全への取り組みを徹底していくと声明を発表している。 2021.05.29 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

GKヤクブ・スウォビィクが好セーブ連発! マルティノス弾で名古屋を下し今季初の連勝【明治安田J1第16節】

26日、明治安田生命J1リーグ第16節の名古屋グランパスvsベガルタ仙台が豊田スタジアムで行われ、0-1で仙台が勝利を収めた。 この1カ月で4敗を喫し、調子を落としている名古屋。一方で、前節は大分トリニータに勝利した仙台。 名古屋はスタメンを2名変更し、相馬勇紀とガブリエル・シャビエルに代えて、齋藤学、長澤和輝を起用した。 対する仙台は6名を変更。真瀬拓海、アピアタウィア久、加藤千尋、松下佳貴、マルティノス、皆川佑介を起用した。 共に決定力を欠いている中、順位どおりホームの名古屋が押し気味に試合を進める。 15分、ボックス手前で横パスを受けた柿谷が齋藤へパス。齋藤は左足でシュートを狙うがこれは枠を大きく外す。 攻め込む名古屋は17分、マテウスのパスに反応した成瀬がオーバーラップ。ボックス右からグラウンダーのクロスを上げると、ボックス中央で柿谷がトラップ。落としたボールを米本がミドルシュートで狙うが、アピアタウィア久が体でブロックする。 立ち上がりの名古屋の攻撃を凌いだ仙台。右サイドの加藤を中心に攻め込み、応戦する。 すると仙台は33分、右サイドを真瀬が仕掛けると、ボックス内右からグラウンダーのクロス。ボックス中央で待ち構えたマルティノスが右足でダイレクトシュート。枠を捉えるが、これはGKランゲラックがセーブする。 34分には今度は左サイドを石原が仕掛けると、ボックス左から浮き球のパス。マルティノスがファーサイドに走り込みボレーで合わせるが、これはミートしない。 徐々に自分たちの時間を作る仙台は42分、名古屋がビルドアップを試みると、マルティノスのプレスで長澤がボールロスト。これを石原、皆川とつないでマルティノスへ渡すと、ボックス手前で木本と一対一に。これを突破するとボックス内右から利き足ではない右足でシュート。これが吉田にあたり、少しコースが変わると、良いコースに飛び仙台が先制する。 仙台リードで迎えた後半。前半同様に名古屋が押し込む展開が続く。 すると63分、名古屋はボックス右を成瀬が仕掛けると、途中交代で入っていた前田がボックス内右から左足でシュート。GKヤクブ・スウォビィクが集中したセーブを見せる。 さらに64分、フィードに抜け出してボックス内右で受けた前田が左足でシュート。しかし、これもGKヤクブ・スウォビィクがセーブする。 飲水タイムが明け、仙台はマルティノスと皆川を下げて中原とフェリペ・カルドーゾを投入。すると78分、ハーフウェイライン付近でキープしたカルドーゾがスルーパス。西村が反応すると、スペースにカルドーゾが走り込み、西村の折り返しをダイレクトシュート。しかし、GKランゲラックがセーブする。 なかなか攻め手を見いだせていない名古屋は84分に最大のチャンス。吉田の浮き球のパスをDFがクリアするも、ボックス内で成瀬がトラップ。ボックス内右から浮き球のパスを送ると、ボックス内でフリーで待っていた森下がダイレクトボレー。しかし、これはミートせず枠を捉えられない。 86分にはパスを繋ぐと、前田がドリブルでカットイン。パスを受けたガブリエル・シャビエルがボックス手前で左足を振り抜くが、アウトにかかったボールは枠の外。88分には森下が持ち上がりボックス内にパス。これを相馬がダイレクトでシュートも、GKヤクブ・スウォビィクがまたしてもビッグセーブ。結局仙台が前半の1点を守り切り、0-1で勝利を収めた。 仙台は今季初の連勝。依然降格圏にいるが、残留争いから抜け出す大きな勝ち点3をつかんだ。 名古屋グランパス 0-1 ベガルタ仙台 【仙台】 マルティノス(前42) 2021.05.26 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋の堅守支えたDF丸山祐市が右ヒザじん帯損傷で全治最大8カ月、昨季からフルタイム出場

名古屋グランパスは24日、DF丸山祐市の負傷を発表した。 クラブの発表によると、15日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルスで負傷。右ヒザ前十字じん帯部分損傷および内側側副じん帯損傷の重傷を負った。 丸山はMRI検査、CT検査を行った結果、約6~8カ月と診断。今シーズン中の復帰は絶望的となった。 丸山は2018年にFC東京から名古屋へと完全移籍で加入。2020シーズンはJ1で全34試合にフルタイム出場を果たし、チームの堅守を支えていた。 今シーズンもここまでの16試合はフルタイム出場を果たし、キャプテンとしてチームを牽引してきたが、清水戦で途中交代。そのまま離脱となった。 2021.05.24 10:41 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly