シャルケがハンブルガーSVからFWテローデを獲得! 今季は2部で21ゴールをマーク

2021.05.03 07:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケは2日、ハンブルガーSVに所属するドイツ人FWシモン・テローデ(33)が来季から加入することを発表した。契約期間は2022年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随しているという。

これまでケルンやウニオン・ベルリン、ボーフム、シュツットガルトを渡り歩いてきたテローデは、過去に2部の得点王を3度受賞。昨夏に加入したハンブルガーSVでもここまでリーグ戦30試合に出場し、リーグトップタイの21ゴールを記録している。

シャルケのスポーツ部門取締役を務めるペーター・クネーベル氏は、「シモン(・テローデ)の獲得に成功したことを非常に嬉しく思う。シモンはゴール前のスペースを狙う感覚と、その決定力によって我々のオフェンスをより豊かなものにしてくれることだろう」とコメントしている。

今季開幕から低迷したシャルケは、先月20日に行われたブンデスリーガ第30節のアルミニア・ビーレフェルト戦に敗れたことで、30年ぶりのブンデス2部降格が決まっていた。

なお、シャルケは3月にドイツ人MFダニー・ラツァの獲得を発表しており、来シーズンに向けた2人目の補強となった。

関連ニュース
thumb

シャルケ退団のスタンブリがバロテッリ加入で話題のアダナ・デミルスポルに加入!

トルコのアダナ・デミルスポルは26日、シャルケを退団したフランス人DFバンジャマン・スタンブリ(30)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。 スタンブリは2010年にモンペリエでプロデビュー後、トッテナム、パリ・サンジェルマン(PSG)を渡り歩き、2016年からシャルケでプレー。守備的MFや右サイドバック、センターバックと複数のポジションをカバーする守備のマルチロールとして公式戦133試合に出場していた。 シャルケとの現行契約は2023年までとなっていたが、クラブの2部降格に伴う契約解除条項を行使する形で今夏に退団を選択していた。 今夏の去就に関しては古巣モンペリエへの復帰の可能性が取り沙汰されていたが、クラブの財政難という事情もあり交渉はまとまらず。 そして、新天地は元イタリア代表FWマリオ・バロテッリやモンペリエの元同僚であるモロッコ代表MFユネス・ベルアンダを今夏に獲得していたアダナ・デミルスポルとなった。 2021.07.26 19:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルト、シャルケ退団のシェプフが加入!

アルミニア・ビーレフェルトは19日、シャルケを退団したオーストリア代表MFアレッサンドロ・シェプフ(27)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。 昨シーズンにブンデスリーガ2部に降格したシャルケを離れ、ビーレフェルトを新天地に選択した27歳の攻撃的MFは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「アルミニアとクラブ関係者との会談では、僕のために熱心に話してくれて、感銘を受けたよ。クラブとしての考え方は首尾一貫しているし、僕はここでの新しいタスクを本当に楽しみにしているんだ。シャルケ時代に対戦した際、シュコアレーナの雰囲気を感じることができたし、街とファンに会うことを本当に楽しみにしているよ」 バイエルンの下部組織出身のシェプフは2014年に加入したブンデスリーガ2部のニュルンベルクで台頭。2016年1月にシャルケにステップアップを果たすと、2列目の準主力としてブンデスリーガ通算112試合に出場し10ゴールの数字を残していた。 また、2016年にデビューを飾ったオーストリア代表では通算28試合に出場し5ゴールを記録。ユーロ2020では2試合に出場していた。 2021.07.20 15:48 Tue
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒト、シャルケから元ベルギー代表FWラマンを獲得

アンデルレヒトは15日、シャルケから元ベルギー代表FWベニト・ラマン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となっている。 シャルケでスポーツ・ディレクターを務めるルーベン・シュレーダー氏は、今回の移籍の経緯について説明。クラブの2部降格に伴い、ラマン側からの移籍希望を受け入れたものであることを明かした。 「ベニトは、シャルケでの将来を考えなくなったことを我々に率直に伝えてきた。だからこそ、アンデルレヒトへの移籍で賢明な解決策を見つけられたことは、双方にとってプラスになる。経済的条件には満足しているし、クラブを一歩前進させることができた」 母国のヘントでプロキャリアをスタートしたラマンは、2017年8月にスタンダール・リエージュからデュッセルドルフにレンタルで加入。移籍初年度にブンデスリーガ2部で28試合に出場して10ゴール3アシストと活躍し、クラブの1部昇格に貢献していた。そして、完全移籍に切り替わった翌シーズンも1部リーグで30試合に出場して10ゴール4アシストと印象的な活躍を見せていた。 その活躍が評価されて、2019年に加入したシャルケでは左右のウイングやセンターフォワードを主戦場に公式戦55試合に出場し、12ゴール4アシストを記録していた。 2021.07.16 14:29 Fri
twitterfacebook
thumb

元マンチェスター・シティのナスタシッチ、2部降格のシャルケからフィオレンティーナ復帰へ

シャルケのセルビア代表DFマティヤ・ナスタシッチ(28)のフィオレンティーナ復帰が近づいているようだ。移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。 母国パルチザン出身のナスタシッチは、2011年夏にフィオレンティーナに加入。その1年後にマンチェスター・シティへ大きくステップアップし、安定した出場機会を得ていたが、2014年2月に負ったヒザのケガの影響で居場所をなくし、2015年1月にシャルケへローン。半年後に完全移籍した。 シャルケでは公式戦通算157試合に出場し主力として活躍したものの、昨季のチームはリーグ戦でわずか3勝という不甲斐ない成績に終わり、30年ぶりに2部降格。すでにDFシュコドラン・ムスタフィやMFナビル・ベンタレブなど多くの選手が退団しており、この度ナスタシッチも移籍する見通しとなった。 ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、古巣のフィオレンティーナが獲得に興味を示し、推定200万から300万ユーロの移籍金で合意に至った模様。移籍が発表されれば9年ぶりの復帰となる。 一方でフィオレンティーナも、ナスタシッチ到着に伴い、センターバック1名が売却される見込みとなっている。 2021.07.15 18:51 Thu
twitterfacebook
thumb

オザン・カバクの新天地はレスターか? 保有元シャルケは移籍に向け1週間の特別休暇与える

トルコ代表DFオザン・カバク(21)の新天地はレスター・シティとなる見込みだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。 カバクは今年1月にリバプールへ買い取りオプション付きの短期レンタルで加入。公式戦13試合に出場し、出場機会を経るごとにチームへのフィットを見せていた。 そのため、シーズン終了後に2300万ユーロ(約30億1000万円)と言われる買い取りオプションの行使に踏み切る可能性も伝えられていたが、RBライプツィヒのU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得したリバプールはカバクの買い取りを見送った。 そして、現在カバクは保有元であるブンデスリーガ2部のシャルケにレンタルバックしているが、財政難のクラブは今夏のタイミングでトルコ代表DFを売却する見込みとなっている。 そういった中、クラブは12日、カバクに対して「自分の将来に集中するため」の1週間の休暇を与えたことを明かした。これにより、プレシーズンキャンプに不参加となった同選手は、この期間に新天地へ移籍する構えだ。 なお、ブンデスリーガに精通するイングランド人ジャーナリストのクリス・ウィリアムズ氏が伝えるところによれば、過去にRBライプツィヒ、ニューカッスルなども関心を寄せたカバクの新天地はレスターとなる可能性が高いという。 レスターは昨シーズン、度重なる負傷者の影響などもあり、一時本職ではないナイジェリア代表MFウィルフリード・エンディディやベルギー代表DFティモシー・カスターニュをセンターバックの一角で起用しており、センターバックの補強は今夏の優先事項のひとつだ。 チームにはトルコ代表の同僚でもあるDFチャグラル・ソユンクも在籍しており、リバプールでの半年間のプレミアリーグでの経験を含めて新天地への適応はスムーズに行くはずだ。 2021.07.13 15:21 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly