大迫途中出場のブレーメン、粘りを見せるも延長後半追加タイム被弾に泣く… ライプツィヒが2年ぶり決勝進出《DFBポカール》

2021.05.01 06:19 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DFBポカール準決勝、ブレーメンvsライプツィヒが4月30日に行われ、0-0で迎えた延長戦を1-2で制したライプツィヒが決勝へ進出している。ブレーメンのFW大迫勇也は66分からプレーしている。準々決勝のレーゲンスブルク戦では大迫の決勝弾により勝ち上がったブレーメンは、大迫がベンチスタートとなった。

一方、ヴォルフスブルクに勝利して勝ち上がったライプツィヒはナーゲルスマン監督の来季バイエルン行きが発表された中、ベストメンバーで臨み、最前線にセルロート、2シャドーにダニ・オルモとザビッツァーを配置する[3-4-2-1]で挑んだ。


そのライプツィヒが立ち上がりから攻勢に出ると、4分に決定機。しかし、左クロスに合わせたセルロートのヘディングシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれた。

その後もライプツィヒが押し込む流れとなったものの枠内シュートには持ち込めず、チャンスを生み出しきれない状況が続く。

すると30分、ブレーメンにチャンス。ゼルケのバックヘッドパスに抜け出したサージェントがGKと一対一に。だが、シュートは枠を捉えきれなかった。

さらに43分、ブレーメンはPKを獲得しかける。ゼルケがボックス内でムキエレにユニフォームを引っ張られて倒された。しかしVARが入り、ファウルはなかったとしてPKは取り消しに、前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半、ハイダラに代えてエンクンクを投入したライプツィヒが前半同様に攻勢に出る中、65分にはショートコーナーの流れからオルバンのヘディングシュートがバーに直撃した。

助かったブレーメンは大迫を最前線に投入。すると70分、FKから大迫がヘディングシュートを放ったが、わずかに枠の左へ。

後半終盤にかけてもライプツィヒが攻勢をかけたが、78分のエンクンクのシュートは左ポストに直撃し、追加タイムのY・ポウルセンのヘディングシュートはGKパブレンカの好守に阻まれ、ゴールレスで延長戦に突入した。

それでも迎えた延長開始3分、ファン・ヒチャンが均衡を破る。Y・ポウルセンのダイレクトパスをボックス中央で受けたファン・ヒチャンが左足でゴールにねじ込んだ。

しかし、粘るブレーメンは延長前半追加タイム1分に追いつく。ルーズボールに反応したビッテンコートがボックス外に飛び出したGKグラーチの前で拾って無人のゴールに蹴り込んだ。

迎えた延長後半は互いに決め手を欠いていたが、PK戦間際の追加タイムにドラマ。5分前に投入されていたフォルスベリが大仕事を果たした。カンプルの浮き球パスをボックス左のファン・ヒチャンがヘッドで折り返し、ゴール前に詰めていたフォルスベリが右足で押し込んだ。

これが決勝点となってライプツィヒが勝利。準優勝に終わった2年前以来となる決勝進出を果たしている。
関連ニュース
thumb

「なんとも言えない気持ち」5度目のDFBポカール制覇のドルトムント、テルジッチ監督が歓喜「表彰台に立つことは素晴らしかった」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督がDFBポカール優勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは13日、DFBポカールの決勝でRBライプツィヒと対戦した。 リーグ戦でも上位を争う両クラブの対戦。ドルトムントは開始5分でジェイドン・サンチョがゴールを奪い先制すると、28分にはアーリング・ハーランドが追加点。前半アディショナルタイムの46分にもサンチョがゴールを奪い、0-3と前半でリードする。 71分にダニ・オルモにゴールを許したが、87分にハーランドが2点目を記録し勝負あり。1-4で勝利した。 クラブ史上5度目のDFBポカール優勝を果たしたドルトムント。テルジッチ監督は2016-17シーズン以来のカップ制覇を喜んだ。 「2020年からドルトムントのスタッフの一員だった。ここベルリンでは、カップ戦の決勝を見るために、このスタジアムのほぼ全ての場所に行ったことがある。授賞式を後ろから見たこともあるし、反対側から見たこともある」 「今日、自分で表彰台に立つことは素晴らしかった。なんとも言えない気持ちだ」 「ここ数週間、数カ月はとても良い道を歩んできた。だから、私はとても誇りに思っている。2月の時点では予見できなかった」 「5月になり、カップ戦の勝者としてチャンピオンズリーグの出場権を得られるようになるのは、私の誇りだ。我々はチームとして成し遂げた」 2021.05.14 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ハーランド&サンチョが2発、ライプツィヒに快勝のドルトムントが4季ぶり5度目の優勝《DFBポカール》

DFBポカール決勝、ライプツィヒvsドルトムントが13日に行われ、1-4でドルトムントが快勝し、4季ぶり5度目の優勝を飾っている。 準決勝でブレーメンを下したライプツィヒと、2部のキールを下したドルトムントの決勝。 ライプツィヒは[3-5-2]で臨み、2トップはファン・ヒチャンとセルロートが形成した。 一方のドルトムントは負傷明けのハーランドが先発。[4-3-3]で臨み、3トップは右からサンチョ、ハーランド、ロイスと並べた。 試合は開始5分に動く。ロイスがボールを奪った流れからショートカウンターに転じ、ハーランド、ダフードと繫いで最後はボックス左のサンチョがゴール右へコントロールシュートを決めきった。 先制したドルトムントが主導権を握る中、28分にリードを広げる。ハーランドがウパメカノとの競り合いを制してボックス内に進入。ウパメカノを弾き飛ばして最後はコントロールシュートを流し込んだ。 ハーランドの圧巻のゴールで加点したドルトムントが引き続きペースを掴む中、ライプツィヒは39分にようやくボックス右からセルロートがゴールの可能性を感じさせる際どいシュートを浴びせたが、前半終了間際に3失点目。 カウンターに転じた流れからロイスが抜け出し、最後はサンチョが決めた。ゴール直後はロイスのポジションがオフサイドと判定されたものの、VARの末にオンサイドと判定され、ドルトムントに3点目が生まれて前半を終えた。 迎えた後半、セルロートとファン・ヒチャンに代えてY・ポウルセンとエンクンクを投入したライプツィヒは開始20秒、エンクンクがバー直撃のシュートを浴びせる。 しかし、ライプツィヒの攻勢をドルトムントが集中した守備で対応していくと、66分にはT・アザールが4点目に迫った。 71分、ダニ・オルモのミドルシュートで1点を返されたドルトムントだったが、終盤にかけては危なげなく時間を消化。 88分にハーランドがこの試合2点目を決めて4-1としたドルトムントが4シーズンぶり5度目のDFBポカール優勝を飾っている。 2021.05.14 05:43 Fri
twitterfacebook
thumb

5発圧勝のドルトムントが4季ぶり決勝進出、ライプツィヒと対戦へ《DFBポカール》

ドルトムントは1日、DFBポカール準決勝でホルシュタイン・キールをホームに迎え、5-0で圧勝した。 準々決勝でボルシアMGを下したドルトムントと、エッセンを下した2部キールによるライプツィヒの待つ決勝進出を懸けた一戦。 ハーランドが負傷欠場となったドルトムントはT・アザールを最前線に、2列目に右からレイナ、ロイス、サンチョと並べる[4-2-3-1]で臨んだ。 そのドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると、16分に先制した。サンチョのパスを受けたボックス左のレイナがゴール右に正確なシュートを突き刺した。 さらに23分、ラファエウ・ゲレイロがボックス左ゴールライン際まで持ち上がってラストパスを送ると、再びレイナが押し込んでリードを広げる。 止まらないドルトムントは3分後、ジャンの浮き球パスを受けたボックス左のロイスが決めて3-0。 続く32分には相手のバックパスミスをカットしたT・アザールが4点目を決めたドルトムントは、42分にベリンガムのミドルシュートも決まって前半で勝負を決定付けた。 迎えた後半、2ゴールを挙げたレイナをお役御免としたドルトムントはブラントを投入。余裕の試合運びを見せる中、62分に3枚替えを敢行した。ロイス、ジャン、ピシュチェクらをベンチに下げた。 その後、71分にデラネイがヒザを負傷するアクシデントがあった中、終盤にかけても試合をコントロールしたドルトムントが5-0で圧勝。優勝した2016-17シーズン以来となる決勝に進出し、ライプツィヒとタイトルを懸けて激突することになった。 2021.05.02 05:23 Sun
twitterfacebook
thumb

1トップで決勝ゴール、大迫勇也のボレー弾にブレーメン監督も喜ぶ「美しいゴール」

ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、ヤーン・レーゲンスブルク(ドイツ2部)との一戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは7日、延期されていたDFBポカール準々決勝でレーゲンスブルクと対戦。アウェイでの戦いで0-1と勝利を収め、ベスト4に進出した。 この試合では日本代表FW大迫勇也が1トップで起用。ブレーメンが押し込む展開となる中、なかなかゴールが生まれない。 それでも52分、マルコ・フリードルがハーフウェイライン付近から前線にロングボールを送ると、ボックス内で大迫が胸トラップからボレー。これが決まり、0-1となりそのままブレーメンが勝利した。なお、大迫にとってはブレーメンでの今季初ゴールとなった。 準決勝に駒を進めたブレーメンのコーフェルト監督は試合を振り返り、上手くコントロールできたとコメント。大迫のゴールも称賛した。 「長い時間、試合を上手くコントロールでき、反撃もほとんど許さなかったが、得点を決めるチャンスもほとんどなかった。ハーフタイムで中央であまりプレーしないように、そしてゲームにより厚みを持たせた」 「その後、ニクラス・モイサンデルとセオドル・ゲブレ・セラシェにチャンスがあった。そのあと、マルコ・フリードルが大迫勇也に素晴らしいパスを送り、大迫が美しいゴールを決めた」 「チャンスが多かった局面では、もっと早くに試合を決めなければならなかった。ただ、相手が盛り返してきて、最後の10分間はとても厄介だった」 「それでも、最終的にはセミファイナリストとしてここにいる。それが唯一重要なことであり、我々にとってとても素晴らしい結果だ」 「今、ライプツィヒとの試合を楽しみにしている。これまでに何度も準決勝に進出してきた我々が、ようやく最後の一歩を踏み出せることを願っている」 <span class="paragraph-title">【動画】大迫勇也の華麗なボレー弾!(0:46~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="aAXMBCqW0os";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.04.08 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫決勝点のブレーメンが準決勝進出《DFBポカール》

ブレーメンは7日、延期されていたDFBポカール準々決勝でレーゲンスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 3月2日に開催予定だったものの、レーゲンスブルク陣営に新型コロナウイルスの感染者がいたことから延期となっていた今カード。 大迫が[4-3-3]の最前線で先発したブレーメンが押し込む展開で推移すると、52分に均衡を破った。フリードルのフィードでディフェンスライン裏を取った大迫が胸トラップからのボレーシュートでゴールネットを揺らした。 大迫の待望の今季初ゴールが決勝点となってブレーメンがベスト4に進出。準決勝は5月1日に行われ、ライプツィヒと対戦する。 2021.04.08 06:33 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly