チェルシー戦で途中交代のレアルDFカルバハル、ハムストリングをまた負傷しシーズン終了へ

2021.04.29 21:32 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは29日、スペイン代表DFダニエル・カルバハルが再び負傷したことを発表した。クラブの発表によると、カルバハルは29日にクラブのメディカルチームによる検査を受けたとのこと。その結果、右足の半膜様筋(ハムストリング)の損傷と診断されたとのことだ。

カルバハルは、今シーズンは度重なる負傷に悩まされており、特に筋肉系の負傷で何度も戦線を離脱。今月に入り復帰を果たしていた。


復帰後はラ・リーガで2試合に出場すると、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのチェルシー戦にも出場。しかし、77分に交代していた。

オフを挟んだ29日、トレーニングにはカルバハルの姿はなし。上記の診断が下されることとなった。

右サイドバックの主軸としてプレーしてきたカルバハルだが、今シーズンはケガの影響もあり、公式戦15試合の出場に終わり4アシストを記録するに留まっていた。
関連ニュース
thumb

クロースがコロナ濃厚接触判定で次節アスレティック戦欠場…逆転優勝目指すマドリーに痛手…

レアル・マドリーは14日、ドイツ代表MFトニ・クロースが新型コロナウイルスの陽性反応が出た人物との濃厚接触によって自主隔離措置を取ったことを報告した。 なお、クロース自身はこれまで受けた全てのテストで陰性反応となっているという。 クロースは13日に行われた直近のラ・リーガ第36節のグラナダ戦(4-1で勝利)ではベンチ入りを果たすも、プレー機会はなかった。 そのため、ジネディーヌ・ジダン監督としては、16日に中2日で開催される第37節のアスレティック・ビルバオ戦でのスタメン起用を見込んでいたと思われるが、今回の隔離措置によってサン・マメスへの遠征メンバーから外れる大誤算となった。 残り2節となったリーグ戦で首位のアトレティコ・マドリーと2ポイント差で2位に位置するマドリーにとって、難敵とのアウェイゲームでのクロース不在は大きな痛手となりそうだ。 2021.05.14 22:46 Fri
twitterfacebook
thumb

グラナダに快勝で首位と2ポイント差のレアル、GKクルトワ「勝つために存在しているということを示す」

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワがグラナダ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ラ・リーガ3位のレアル・マドリーは13日、第36節でグラナダと対戦。MFルカ・モドリッチのゴールで17分に先制すると、終始ボールを支配しながら効果的に追加点を奪い、1-4で快勝した。 この勝利でリーグ2位に浮上したマドリー。試合後、クルトワはリーグ戦残り2試合に勝ち、2ポイント差で追う首位アトレティコ・マドリーが負けてはならない状況を作ることが重要だと語った。 「僕たちはアトレティコにプレッシャーをかけ続け、これから行われる2試合のどちらにも勝たなければならない。僕らが勝つために存在しているということを示すんだ。そして、彼らにミスが許されない状況を作らなければならない」 「昨日のアトレティコの試合は見ていない。自分たちの結果はみんな自分たち自身のものだし、彼らは勝ったから強いと感じているよ。僕たちは自分が何をしているのかを考えて、試合に勝たなければならない。今週末にもアスレティック(・ビルバオ)との重要な試合がある。また試合後にアトレティコの結果を見たいと思うよ」 また、試合内容についても言及。後半の試合運びに課題があったとしつつも、重要な勝利になったと振り返った。 「後半は良くなかった。開始直後、(フェデリコ・)バルベルデのチャンスで3-0にできたはずだ」 「パスをミスして点を取られ、2-1となってしまったが、その後、3点目、4点目をすぐに奪うことができた。しかし、最後の15分で、こんなに多くのミスを犯してはいけなかった。リラックスできず、ボールを失い、相手に何回もカウンターを許すことになるからね」 「この勝利は重要だ。もっと良くなるところは、日曜日に改善したい。準備する時間はあまりないけど、全力を尽くすしかないんだ」 2021.05.14 12:13 Fri
twitterfacebook
thumb

グラナダ退け2位浮上のレアル、逆転優勝を諦めないジダン「最後の最後まで…」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がグラナダ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ラ・リーガ3位のレアル・マドリーは13日、第36節でグラナダと対戦。MFルカ・モドリッチのゴールで17分に先制すると、終始ボールを支配しながら効果的に追加点。1-4で快勝し、リーグ2位に浮上した。 再び首位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追う状況となったマドリーだが、ジダン監督は「ゴールだけではなく、ディフェンス面においてもとても良いプレーができた」と試合後にコメント。内容に満足しつつ、残り2試合となった優勝争いに向けて意気込んだ。 「我々はとても良い状態で試合に臨むことができたし、完成度の高い試合ができた。2-0の状況から、1点を返された後、テンションを落とさず、またすぐに3-1にできたのがその表れだと思う。我々の強みを示せた」 「グラナダは今シーズン、驚異的な成績を残しているチームだ。難しいピッチで、強いチーム相手に勝利できたことはとても良かったと思う」 「これからこのフォームを続けていく。あと2試合となったが、最後の最後まで全力を出し切りたいと思っている」 また、この試合でトップチーム初先発ながら、先制点のアシストを記録したU-19スペイン代表DFミゲル・グティエレスについても言及。「今日は、マルセロとフェルラン(・メンディ)が欠場していたので、ミゲルが出番を得た。彼は我々の選手の1人であり、我々とともに、とてもよくやってくれている。それは彼のためにとっても、チームにとっても嬉しいことだ」と称賛した。 2021.05.14 10:58 Fri
twitterfacebook
thumb

グラナダに4発快勝のマドリーが首位アトレティコを追走!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは13日、ラ・リーガ第36節でグラナダとアウェイで対戦し、4-1で勝利した。 直近のセビージャ戦をアザールの劇的弾でドローに持ち込んだ3位マドリー(勝ち点75)は、その試合からスタメンを3人変更。クロースやマルセロ、オドリオソラに代えてロドリゴやマルビン、ミゲル・グティエレスの若手3選手をスタメンで起用した。 10位グラナダ(勝ち点45)に対し、立ち上がりからボールを支配するマドリーは13分に最初の決定機を迎える。カウンターから右サイドにボールを展開したベンゼマがゴール前に駆け上がると、ロドリゴからのクロスをヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKのセーブ阻まれた。 その後も攻勢を続けるマドリーは、直後にスコアを動かす。17分、左サイドでボールを受けたグティエレスが意表を突くループパスを供給すると、ボックス左深くまで駆け上がったモドリッチがダイレクトシュート。これが相手GKの股下を抜けゴールネットを揺らした。 先制点で主導権を握ったマドリーは、27分にバルベルデのスルーパスからボックス右まで抜け出したマルビンが決定機を迎えたが、やや力んだシュートは枠の左に逸れた。さらに45分にも、中盤でのボール奪取に成功したヴィニシウスがカウンターからシュートを放ったが、これはGKルイ・シウバの好セーブに防がれた。 このまま前半終了かと思われたが、マドリーは前半アディショナルタイムに追加点を奪う。46分、ミリトンの縦パスを中盤でマルビンがはたくと、右サイドで受けたロドリゴがボックス右までドリブルで運び、ゴール左隅にシュートを突き刺した。 迎えた後半、2点をリードするマドリーはマルビンを下げてオドリオソラを投入。さらに62分には、ヴィニシウス、ロドリゴ、バルベルデを下げてアザール、アセンシオ、イスコをピッチに送り出した。 膠着状態が続く中、マドリーは71分に失点する。ボックス右から侵入したアルベルト・ソロの折り返しからスアレスがシュートを放つと、GKクルトワがはじいたボールをモリーナに押し込まれた。 1点を返されたマドリーだが、すぐに反撃に転じる。すると75分、バイタルエリア右でパスを受けたモドリッチが絶妙な斜めのパスを供給すると、トラップの流れたアザールがボックス左深くから折り返すと、右から中央へ走り込んだオドリオソラがダイレクトシュートをゴールに突き刺した。 さらにマドリーは76分にも、カゼミロのロングフィードを処理しようと飛び出したGKルイ・シウバのクリアミスに反応したベンゼマが無人のゴールへシュートを流し込み、試合を決定づける4点目を奪った。 結局、試合はそのまま4-1でマドリーが快勝。リーグ戦無敗を「16」に伸ばしたマドリーが2位に浮上し、首位アトレティコを追走している。 2021.05.14 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがセルヒオ・ラモスに2年契約オファーか マドリーを“遥かに凌ぐ”年俸とも

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)に、パリ・サンジェルマン(PSG)からオファーが届いているようだ。『Fichajes.com』が伝えている。 2005年の加入から今夏で丸16年の在籍となるセルヒオ・ラモス。数え切れないほどのタイトルを獲得してきたレジェンドだが、それも今シーズン限りで終わりを迎えるかもしれない。 現行で6月30日までの契約となっているキャプテンは、クラブから延長の打診を受けているとの噂はあるものの、ここまで具体的な情報は出回っていない。一方でそのオファーに満足していないとも言われており、現状では退団の色が濃くなっている。 そんなセルヒオ・ラモスの移籍先として有力視されているのがPSGだ。先日にはFWネイマールをはじめ、GKケイロル・ナバス、DFティロ・ケーラー、MFラフィーニャといったPSG所属選手をインスタグラムで次々とフォローしたことが話題を集め、パリ行きの布石かと推測された。 そして、『Fichajes.com』によると、クラブ自体も具体的な動きを見せている模様。同選手の代理人である兄のレネ氏に、1年の延長オプションが付いた2年契約を申し出たという。加えて、800万ユーロ(約10億円)のボーナスを含む巨額年俸を用意しているとのこと。詳細は不明だが、マドリーが送ったとされるオファー額を“遥かに凌ぐ”ものとなっているようだ。 決断はシーズン終了後になるとのことだが、レジェンドの去就はいかに。 2021.05.13 21:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly