一時逆転呼び込む2ゴールも7連敗の大分MF町田也真人「自分たちのペースにできなかった」

2021.04.25 21:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
大分トリニータのMF町田也真人が、浦和レッズ戦後のオンライン取材に応じ、試合を振り返った。

大分は25日、明治安田生命J1リーグ第11節で浦和と対戦。開始3分でDF西大伍に先制ゴールを許す苦しい展開となったが、24分と41分に町田のゴールで前半のうちに逆転に成功する。

後半もしっかりと戦い続けていた大分だったが、75分にDF槙野智章にゴールを許し追いつかれると、82分には昨シーズンまで在籍したMF田中達也に逆転ゴールを許し、3-2で敗戦。リーグ戦7連敗となってしまった。

町田は試合を終え、「もったいないという一言ですね」とコメントし、逆転負けに落胆。後半の戦い方を悔やんだ。

「先に3点目が取れていれば違う展開になっていたと思います。後半はレッズが来ることはわかっていたんですが、それ以上に僕たちがもっと圧力をかけて、自分たちのペースにできなかったことが個人的には原因かなと思います」

75分まではリードを保てていたが、徐々に浦和の圧力に屈した大分。町田は決して守備的になった訳ではないとコメント。「そんな気持ちもなかったですし、レッズの圧力になかなか前から行けなかったというのは感じていました」と、浦和のプレッシャーに負けたと認めた。

この試合は前半に2ゴールを奪い逆転を呼び込んだ町田。しかし、後半はゴールが遠かった。「自分も含めて3点目が取れるチャンスはありましたし、そこが自分の弱さかなと認識しています」とコメント。後半1ゴールも奪えなかったことを悔やんだ。

これでリーグ戦7連敗。苦しい戦いが続くが「まずは2-1まで持って行けたことは凄くポジティブだと思います。そこから失点をしないことと、盛り返す力。今日の反省をしっかり活かしていきたいです」と語り、一時逆転できたことをポジティブに捉えたいとした。

また「まずは失点が多くなってしまっているので、守備陣がすごく頑張ってくれると思いますが、1点は入れられたとしても、攻撃陣が2点、3点取れないので」と、攻撃陣の一員として、よりゴールを目指す必要があると口にした。

それでも、ミッドウィークのFC東京都のYBCルヴァンカップは敗戦ながらも手応えがあったといい、「この前も敗戦はしましたけど、ルヴァンカップで良い感じがあったので継続してやりたかったので、継続できていたかなと思います」と語り、結果は出なかったものの、この試合でも良さを継続できたとコメントした。

また、1トップのFW伊佐耕平との関係については「彼は球際が強いですし、こぼれるところは狙っていました」とコメント。「チームとして少し背後を意識したというのは、自分の立ち位置も含めて、あまり寄りすぎずということを意識しました」と語り、勝利への手応えを少し感じているようだ。


関連ニュース
thumb

新潟が東京Vとの打ち合い制して首位浮上! 各地で後半AT弾のドラマが続出【明治安田J2第15節】

明治安田生命J2リーグ第15節の10試合が8日に各地で行われた。 今節は劇的な展開となった試合が多数。デンカビッグスワンスタジアムで行われた新潟vs東京Vでは壮絶な打ち合いが繰り広げられた。 まずは27分に右サイドの松田からボックス中央でパスを受けた高木が反転からシュートを決めて新潟が先制。ホームチームはさらにここから30分、35分と松田と舞行龍ジェームズが連続ゴールを決めて、前半だけで3点のリードを得る。 まさかの事態に東京Vは、ハーフタイムで一気に4人交代に打って出る。すると立ち上がりの50分、ボックス左角から放った新井のシュートが相手DFに当たってゴールイン。ループ気味の軌道となり、GKの頭上を上手く突く形となった。 続く58分には、再び新井が同じような角度から今度はクロスを選択すると、後半から投入されたバスケス・バイロンがゴール前で合わせて追加点。さらにその7分後、馬場の敵陣中央からの鋭い縦パスをワントラップで収めたバスケス・バイロンが最終ラインを突破し3点目。東京Vは絶望的な状況から生還して見せた。 しかし、7戦負けなしの新潟が底力を見せた。88分、途中出場の矢村がボックス手前から左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴールに突き刺さり、再び勝ち越し。合計7点の殴り合いを制した新潟は、横浜FCを抜いて首位に躍り出た。 NDソフトスタジアムでの山形vs大分も予想外の展開に。前半からチャンスを作ったのはホームの山形。20分に國分のFKが枠を捉えれば、42分にはデラトーレのミドルシュートが相手GKを強襲する。大分も後半に入って惜しいシーンを迎えるが、互いになかなか得点には結びつけないまま、試合は終盤を迎える。 アディショナルタイムに入り、ゴールレスのまま終わるかに思われた93分、山田のクロスを途中出場のチアゴ・アウベスが胸トラップで収めて、キックフェイントを入れつつ巧みにシュートを流し込んだ。 勝利を確信する山形。しかし、7分と長めにとられた追加タイムの中でドラマは二転する。98分、大分はGKのロングフィードから右サイドの高い位置を取ると、小林のクロスをペレイラが頭で合わせて同点に。後半アディショナルタイムでまさかの2点が生まれ、試合は劇的ドローとなった。 また、金沢vs山口、千葉vs岡山でも後半アディショナルタイムにゴールが生まれている。 金沢vs山口では、0-0で迎えた94分に相手のFKを跳ね返した金沢がカウンターを発動。杉浦がボックス右から放ったシュートはGKに止められたものの、こぼれ球を大石が押し込んで決勝点を挙げた。 もう一方の千葉vs岡山でも、ゴールレスで迎えた93分に歓喜が訪れた。千葉は途中投入の髙橋の縦パスから攻撃のスイッチが入ると、福満を経由して高木がボックス右の深いところからマイナスの折り返し。最後は高橋が飛び込み、劇的なゴールを決めた。 そのほかでは、長崎を下した仙台が、秋田に敗れた横浜FCを抜いて2位に浮上。最下位の琉球は熊本に勝利し、今季2勝目を挙げている。 なお、大宮vs岩手は、岩手で複数の新型コロナウイルス感染が報告されたため、中止となっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽5/8 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 横浜FC ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC琉球</span> モンテディオ山形 1-1 大分トリニータ 水戸ホーリーホック 0-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 4</span>-3 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 1</span>-0 レノファ山口 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ベガルタ仙台</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ファジアーノ岡山 栃木SC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ※中止 大宮アルディージャ vs いわてグルージャ盛岡 2022.05.08 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ敗退で大分のリーグ戦3試合に日程変更…町田、新潟、甲府に影響

Jリーグは25日、大分トリニータの試合開催に関して、3試合が日程変更となったことを発表した。 今回の日程変更に関しては、大分が23日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ第5節で鹿島アントラーズと対戦し3-0で敗戦。これにより大会敗退が決定したためとなる。 対象となるのはホームの3試合で、第20節のFC町田ゼルビア戦、第21節のアルビレックス新潟戦、第38節のヴァンフォーレ甲府戦となる。 町田戦は6月15日(水)の19時キックオフだったものが、5日(日)の14時からに変更。新潟戦は7月27日(水)の19時キックオフ予定が、6月11日(土)の19時キックオフへと変更された。 また、甲府戦は10月5日(水)から9月24日(土)に変更となった。なお、キックオフ時間は現時点で未定となっている。 昨シーズンは明治安田生命J1リーグで18位に沈み降格。今シーズンはここまで11試合を戦い、4勝3分け4敗の勝ち点15で9位につけている。 ◆日程変更 第20節 大分トリニータ vs FC町田ゼルビア [変更前] 6月15日(水) 19:00 ↓ [変更後] 6月5日(日) 14:00 第21節 大分トリニータ vs アルビレックス新潟 [変更前] 7月27日(水) 19:00 ↓ [変更後] 6月11日(土) 19:00 第38節 大分トリニータ vs ヴァンフォーレ甲府 [変更前] 10月5日(水) 未定 ↓ [変更後] 9月24日(土) 未定 2022.04.25 15:28 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪が大阪ダービー史初の0-0でGS突破! 鹿島も3発快勝の首位浮上で勝ち上がり【ルヴァンカップ・グループA第5節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第5節が23日に各地で行われ、A組も2試合が開催された。 勝ち点9で首位のセレッソ大阪は4ポイントで3位のガンバ大阪とホームで対戦。ダービーらしく局面でバチバチし合うが、シュート数は両軍ともに伸びず、タイトな守りが光る展開で進む。 そのなかで、引き分け以上で突破決定のC大阪が攻撃面の機能性で相手を上回ったが、山田の左足フィニッシュがゴールライン際でクォン・ギョンウォンのカバーに遭うなど、ゴールが遠い。 逆転突破の条件として負けられないG大阪は後半に入り、守勢が続くが、粘守で奮闘。もうひと押しが足らないC大阪が交代カードを駆使してこじ開けにかかってくるが、集中を切らさない。 そのG大阪も交代カードも切りながら1点が重みを増す終盤にひと刺しを狙うが、レアンドロ・ペレイラの決定的なヘッドはゴールライン際で松田がブロック。結局、0-0のドローで終了した。 セレッソ大阪 0-0 ガンバ大阪 2ポイント差でC大阪を追いかける2位の鹿島アントラーズは勝ち点2で最下位の大分トリニータとホームで対戦。他会場の結果も絡むが、突破の可能性がある鹿島が立ち上がりから攻勢に出る。 粘る大分だが、45分に常本のクロスをボックス内で受けた鈴木を羽田が倒して一発退場を命じられ、鹿島にPKのチャンスを献上。だが、GK西川が荒木のシュートを読み切り、ピンチを絶つ。 それでも、数的優位に立った鹿島は51分、バイタルエリア左から樋口が右足ミドルで移籍後初ゴールを突き刺して先制。続く58分には相手GKのブロックしたボールを鈴木が押し込んでいった。 畳みかける鹿島は途中出場のアルトゥール・カイキが67分にボックス左からゴール右隅に技ありの右足フィニッシュを決めて3-0。守りでも大分に反撃を許さず、3-0の快勝で3連勝とした。 鹿島アントラーズ 3-0 大分トリニータ 【鹿島】 樋口雄太(後6) 鈴木優磨(後13) アルトゥール・カイキ(後22) この結果、大阪ダービー通算56度目にして史上初のゴールレスドローで勝ち点を「10」に伸ばしたC大阪がグループ突破。快勝の鹿島は得失点差で首位に立ち、次のラウンド進出を決めている。 ◆順位表 1:鹿島アントラーズ 10pt/+7 2:セレッソ大阪 10pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-2 4:大分トリニータ 2pt/-10 2022.04.23 16:54 Sat
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表FW藤尾翔太がハット達成で徳島がホーム初勝利! 金沢はアウェイで大分を下す 【明治安田J2第11節】

20日、明治安田生命J2リーグ第11節の2試合が行われた。 徳島ヴォルティス(11pt/16位)vsいわてグルージャ盛岡(11pt/18位)が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、5-0で徳島が圧勝を収めた。 前節は水戸ホーリーホックと1-1のドローに終わった徳島と、現在3連敗中途苦しむ岩手の一戦。ポゼッションする徳島とハイプレスからのショートカウンターを狙う岩手の構図となった。 まずは6分、徳島は杉森が左サイドをドリブルで仕掛けてボックス内に侵入。ライン側でマイナスに戻すと、フリーの新井がシュートも、DFがブロックする。押し気味に進める徳島は15分、ボックス手前でパスを受けたムシャガ・バケンガがシュートも、枠を捉えられない。 それでも19分に徳島がスコアを動かす。安部が後方から左足でゴール前にクロス。これをボックス内で藤尾がヘッドで合わせると、これが決まり、徳島が先制する。 先制を許した岩手だったが26分、右サイドを仕掛けた和田がグラウンダーのクロス。ニアに入った中村充がヒールで合わせたが、GKホセ・アウレリオ・スアレスがセーブして凌ぐ。金沢はCKから空中戦でゴールを狙っていくが、なかなかゴールを奪えない。 すると45分、安部がボックス左から仕掛けると、加々美に倒され徳島がPKを獲得。これを藤尾が蹴ると、左隅に決めてリードを2点に広げる。 2点ビハインドの岩手は後半頭からブレンネル、オタボー、ビスマルクを投入。さらに57分にはモレラトを投入し、外国人4名を起用して流れを変えに行く。 それでも徳島がペースを握り続けると70分、ドリブルで持ち込んだ杉森がシュート。これがDFに当たって跳ね返ると、藤尾がダイレクトでシュート。これが決まり徳島が3点リード。藤尾はハットトリックを記録した。 さらに72分、GKスアレスのパントキックを受けた渡井がドリブルで持ち込むとボックス内からシュート。これがゴール左に決まり、リードを4点とする。さらに徳島は、76分には投入されて1分の西谷もゴール。岩手を寄せ付けず、今季最多5得点で2勝目、ホーム初勝利を挙げた。 また、大分トリニータ(15pt/7位)vsツエーゲン金沢(13pt/11位)が昭和電工ドーム大分で行われ、1-3で金沢が勝利した。 現在2連勝中の大分と前節6試合ぶりに敗れた金沢の一戦。キックオフ直前にゴールネットに穴が空いているというアクシデントがあり、キックオフが遅れる珍事もあった。 そんな中3分、大分の呉屋がドリブルで持ち込み、やや離れた位置から左足シュート。鋭いシュートが枠を捉えるがGK白井がキャッチ。大分は9分にも左サイドから人数をかけて仕掛けると、最後は野村がシュートも力なく、GK白井が僅かに触ってゴールを許さない。 大分は20分にもチャンス。右サイドから伊東がクロス。これがファーサイドの長沢に通るが、胸トラップからのシュートは浮いてしまいゴールとはならない。 なかなか攻撃がハマらない金沢は28分、大分のビルドアップのミスを拾った嶋田のパスを受けた林がボックス手前からシュート。しかし、これはGK高木がキャッチする。さらに34分にはカウンターからビッグチャンス。小野原のスルーパスに抜け出した藤村が右サイドからマイナスのクロス。これを嶋田がシュートも、枠を捉えられない。 すると44分に大分がチャンス。香川の左からのクロスに対してニアに飛び込んだ呉屋がヘッド。しかし、これは右ポストに嫌われてしまう。 攻めながらもゴールを決められなかった大分だが、53分に金沢がワンチャンスを生かす。ボックス内からのビルドアップから、松田が自陣からロングスルーパス。これに反応した杉浦が抜け出すと前に出たGK高木をかわして無人のゴールへ決め、金沢が先制する。 さらに59分、金沢は香川からボールを奪った小野原がアーリークロス。これを林が打点の高いヘッドで合わせると、ゴール右に決まり金沢がリードを2点に広げる。 2点を奪われた大分だったが68分に反撃。右サイドの伊東に展開すると、グラウンダーのクロスを野村がボックス中央でダイレクトシュート。これがゴール左に決まり、大分が1点を返す。 この勢いで追いつきたい大分だったが、金沢が突き放す。78分、大谷が持ち上がり倒れ込みながら力安にスルーパス。グラウンダーのクロスを、走り込んだ平松がしっかり蹴り込み、リードを再び2点に広げる。 大分は同点を目指して攻め込んだが、手数を少なく効果的に金沢もゴールに迫り寄せ付けず。1-3で金沢が勝利を収め勝利。大分は3連勝はならなかった。 ◆第11節 ▽4/20(水) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 5</span>-0 いわてグルージャ盛岡 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> ▽4/22(金) 《19:00》 ロアッソ熊本 vs ファジアーノ岡山 ▽4/23(土) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs FC琉球 モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ 東京ヴェルディ vs ジェフユナイテッド千葉 ヴァンフォーレ甲府 vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs V・ファーレン長崎 《16:00》 水戸ホーリーホック vs レノファ山口FC 栃木SC vs 横浜FC ▽4/24(日) 《17:00》 ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田 2022.04.20 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季J1対決は大分に軍配! 東京Vは大量5得点で琉球に逆転勝利【明治安田J2第7節】

明治安田生命J2リーグ第7節が、30日に各地で行われた。 ユアテックスタジアム仙台では、昨季J1で戦った仙台と大分が激闘。開始2分に仙台のゴールがオフサイドで認められないという、いきなり見せ場を迎えた一戦は、11分にアウェイの大分が先制する。 右サイドバックからのロングボールを最前線の長沢が収め、呉屋を経由して左サイドに展開。ボールを持った小林成豪はキレのあるフェイントでDFを一人かわし、左足のシュートをゴール左に突き刺した。 このゴールで主導権を握ったまま後半を迎えた大分は48分に追加点。左サイドから小気味よくパスを繋いでゴール前に鋭いラストパスが入ると、これが相手のクリアミスを誘ってボールは呉屋のもとへ。呉屋はゴール正面で冷静に相手をかわしてシュートを流し込んだ。 離されたものの、富樫のヘディングシュートなどでゴールに迫る仙台。途中から3バックに変更し迎えた73分、真瀬が加藤とのパス交換で右サイドを突破しボックス右に侵入。そこからGKの頭上を抜く見事なループシュートを決めて、1点差に戻した。 76分にも石原が惜しいシュートを放つなど攻勢に出た仙台だったが80分、大分がボックス手前左の好位置でFKを得ると、途中出場でJ2デビュー戦となるエドゥアルド・ネットが狙ったシュートがクロスバーを叩いてゴールイン。新戦力の見事なゴールもあり、大分が今季2勝目を手にした。 2位の町田はホームのGIONスタジアムに大宮を迎えた。11分、左サイドから右サイドへの大きな展開から、太田がボックス右へ侵攻。グラウンダーの折り返しを平戸が右足ダイレクトで合わせて、ホームチームが先制する。 さらにその6分後、右CKで平戸が右足でクロスを送ると、深津が頭で合わせて追加点。42分には高江の浮き玉のパスが左サイドの扇長にわたり、ボックスの外からグラウンダーのクロスを供給。これをヴィニシウス・アラウージョが詰めて、前半だけで3点差とした。 ここまで唯一勝ち星のない大宮は、早くも試合の大勢が決しながらも、54分に左サイドでワンタッチパスが繋がりビッグチャンスに。小野のスルーパスでボックス左に抜け出した富山がゴール前にラストパスを送ったが、飛び込んだ河田はDFの対応に遭い、合わせられず。 76分には、右サイドの矢島慎也から上がったクロスを富山が頭で合わせるも、GK福井が好セーブ。結局、大宮は最後まで得点が奪えず初勝利はお預けに。快勝の町田は、山形に勝利した首位の横浜FCに続く2位をキープしている。 タピック県総ひやごんスタジアムで行われた一戦は、ホームの琉球が東京V相手に36分までに2点を先行する展開に。しかし、前半最後に山越のゴールで1点差に縮めた東京Vが後半から怒涛のゴールラッシュを見せる。 まずは68分、左サイドから新井が右足で上げたクロスがそのままゴールに吸い込まれ同点に。85分には途中出場のバスケス・バイロンが富所に倒されてPKを獲得。これを新井が決めて逆転に成功した。 さらに、後半アディショナルタイムの92分に佐藤が相手GKまでプレッシャーをかけると、GK田口のコントロールミスがオウンゴールに。これで勝負を決定つけた東京Vは、佐藤のシュートが相手のハンドを誘い、再びのPK獲得。これを佐藤自ら沈めて、終わってみれば5得点の大勝を収めた。 ブラウブリッツ秋田 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ベガルタ仙台 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 大分トリニータ</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 栃木SC</span> ザスパクサツ群馬 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 3</span>-0 大宮アルディージャ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">横浜FC 2</span>-1 モンテディオ山形 ツエーゲン金沢 2-2 ロアッソ熊本 ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 いわてグルージャ盛岡</span> レノファ山口 0-0 徳島ヴォルティス FC琉球 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">5 東京ヴェルディ</span> 2022.03.30 21:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly