鎌田&長谷部先発のフランクフルト、レバークーゼンに敗戦で5位ドルトムントとの勝ち点差は1に《ブンデスリーガ》

2021.04.25 03:24 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは24日、ブンデスリーガ第31節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗戦した。フランクフルトのMF鎌田大地は83分まで、MF長谷部誠は77分までプレーしている。

フランクフルト(勝ち点56)は前節、鎌田のアシストもあってアウグスブルクに快勝。5位ドルトムントとの4ポイント差を維持してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を堅守した。そのフランクフルトは鎌田と長谷部が揃って先発となった。

ヨーロッパリーグ出場権争いを展開している6位レバークーゼン(勝ち点47)に対し、鎌田が[3-6-1]の2シャドーの一角、長谷部がボランチでスタートした中、開始4分にピンチ。シックにGK強襲のシュートを打たれ、ルーズボールをベイリーに蹴り込まれたが、トラップが好守で凌いだ。さらに9分、ベララビのシュートでGKトラップを強襲された。

序盤のピンチを凌いだフランクフルトが徐々にポゼッションを高める中、33分に鎌田のパスを受けたボックス右のドゥルムがGK強襲のシュートを浴びせた。

ハーフタイムにかけてもフランクフルトがボールを握る時間が長かった中、前半はゴールレスで終えた。

迎えた後半開始2分、フランクフルトは鎌田に決定機。長谷部のパスを受けたアンドレ・シウバがボックス右に抜け出して折り返し、鎌田が合わせたがシュートはわずか枠の右に外れた。

すると53分にはピンチを迎えるも、左クロスにベララビが合わせたシュートは枠の右に外れて助かった。

互いに決定機があった後、主導権争いが続いていたが、70分にフランクフルトは先制される。途中出場のディアビが右サイドから入れたアーリークロスをファーサイドのベイリーにボレーで押し込まれた。

失点を受けて長谷部ら3選手に代えてヨビッチらを投入したフランクフルトだったが、80分に加点される。ロングカウンターを受けた流れから、ベイリーのスルーパスを受けた途中出場のアラリオにシュートを決められた。

終盤にかけてはレバークーゼンの前にチャンスを作れずにいたフランクフルトは試合終了間際にアンドレ・シウバがヘディングシュートで1点を返すも、反撃はここまで。

直後にデミルバイにゴールを許し、1-3で敗戦。5位ドルトムントとの勝ち点差が1に縮まっている。

関連ニュース
thumb

「リスクを避け過ぎ」攻守に存在感の鎌田大地、前半の課題は「何のために前からプレスに行っているかわからない」

日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)が、セルビア代表戦を振り返った。 11日、キリンチャレンジカップ2021の日本代表vsセルビア代表の一戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で日本が勝利した。 前半はセルビアの堅い守備の前になかなかチャンスを作れなかった日本。一方で、相手にもチャンスを作らせず、0-0のまま後半へと入る。 すると立ち上がり3分、右CKから鎌田がクロスを入れると、ニアで谷口彰悟(川崎フロンターレ)がフリック。これをファーサイドで伊東純也(ヘンク)が蹴り込み、日本が先制。その後は追加点のチャンスもありながらもゴールを奪えず、1-0で勝利を収めた。 国際親善試合ながら、今回のシリーズで最も力のある相手であるセルビアに前半は苦しめられた日本。鎌田は「前半からもっとしっかりプレーをしようとするべきだったと思いますし、後半はうまく修正できたと思います」とコメント。しかし、「良いチームではあると思いますが、世界のトップと比べるともっと普通にできないとダメだと思います」と語り、前半からしっかりと戦える必要があったとした。 また「今日の前半は全然納得いくゲームではなかったし、少しレベルが上がったチームに対して勇敢にボールをつけたり運んだりしないといけない」と、消極的なプレーが多かったとし、「ボールを取った瞬間もっと早くファーストボールを前につけないと。もっと早くつければビッグチャンスになると思う」と、高い位置でボールを奪った後のプレーが足りないとした。 その点では「ボールを取って落ち着いてしまうとスピーディーな攻撃ができないので、まだまだそこはチームとして向上しないといけないし、要求しないといけないです」と、改善が必要だと語った。 後半はチャンスも作れ、試合内容も改善したが変えた点については「特に変えてはいないですが、選手のみんなの意識が変わりましたし、DFからボランチにうまくつけたり、ボランチが前を向いてボールを捌けていたかなと。そこは意識が前半から変わったと思います」と、選手個々の意識が変化したとコメント。「セットプレーでうまく点を取れて、2点目がオフサイドかはわからないですが、良い展開が作れました」と振り返り、「前半ああいった試合をすると後半体力が持たないと思いました。前半はもっと良くすべきだったと思います」と後半の内容を評価しながらも、前半の闘いぶりを改善しないといけないと語った。 これまでも何度も、早いタイミングや相手を背負っていても前につけて欲しいと語っていた鎌田。この試合では前半特にそのシーンがなかったが「今のサッカーの主流というか、現代フットボールは前から良いプレスをして、できるだけ時間をかけずにゴールを取るのが主流です」と語り、「あれだけ前から良いプレスをかけて、良い奪い方をして、攻撃したいと前から守備に行っているので、あれで前から行ってボールを取ってから落ち着くと、何のために前からプレスに行っているかわからないです」と高い位置でボールを奪う事を今一度考えるべきだと語った。 また「ヨーロッパではインターセプトの瞬間を意識して、チームとしてこうするというのを常にミーティングだったりで選手に意識させていて、あそこで1トップに良いボールが入れば、2列目の選手が前を向いてスプリントができます」とコメント。「僕につけろというわけではなく、前線の選手に対してつけることで後半はチャンスになっていたので、後半は目指しているサッカーができたと思います」とし、後半のようなサッカーを前半からトライするべきだったと振り返った。 前半が良くなかった理由については「距離感は悪くなく、(南野)拓実くんもよく間に顔を出してくれて、良い関係性ができていました」と距離感が問題ではないとのこと。「後半と違うのは、ボランチがどうこうというよりは、みんながリスクを避け過ぎていて、後半になると僕に当てて僕がボランチを使ったり、縦に入れることで相手を難しくできていたので、前半からもっとするべきだった」と、リスクを冒さないプレーが多すぎたと分析。「後ろや横にパスを出すとプレスがどんどんハマっていってしまうので、プレーする勇気が足りなかったと思う」と、メンタリティとして強い相手でも恐れずにパスを出して相手が嫌がる事をすべきだと語った。 2021.06.11 22:37 Fri
twitterfacebook
thumb

「フィジカル面が強い」とセルビアを語る鎌田大地、チームメイトに要求したことは「無理にでも当ててくれ」

日本代表のMF鎌田大地(フランクフルト)が、キリンチャレンジカップ2021のセルビア代表戦に向けてコメントした。 5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から活動している日本代表。今回の活動では、ミャンマー戦のほか、U-24日本代表戦、タジキスタン代表戦と3試合を行い、残り2試合が予定されている。 セルビア代表戦を翌日に控えた10日、鎌田はメディアのオンライン取材に応対した。 明日のセルビア戦について鎌田は「勝ちにこだわって、一番良い相手だと思いますし、勝つことだけを考えてプレーすることです」とコメント。「それプラスチームとして森保さんが常に求めていることをやりながら、コンビネーションの部分だったり、質の部分をもっと上げていかないとと思います」とし、「まだまだ良くなる部分はあるのでその点に取り組みたいと思います」とこれまでの反省を生かしてトライしたいと語った。 今回は5試合を日本代表として戦うことができる状況。およそ3週間の活動期間で、チームとして成熟していく部分もある中、鎌田は「シント=トロイデンの時に来た時よりはみんなが僕のプレーを理解してくれていますし、僕にボールが入ればある程度できるとわかってくれているので、ボールもある程度集まってきています」とコメント。「個人としては代表活動を重ねていくにつれてプレーしやすくなっていると感じます」と、徐々に自分の立ち位置も変化していると実感しているようだ。 チームへの要求については「敵が後ろにいても無理にでも当ててくれと言っています」と、これまで何度も話している厳しい状況でもパスが欲しいと改めて語り、「タジキスタン戦では後ろからもっと当てて良かったと思います」とコメント。「敵がいたりすると少しリスクがあるので、避けがちなプレーをしますが、相手はそこを通されたり一個奥につけることで効果的になるシーンがあるので、敵が後ろにいてもつけてくれと言っています」とし、ボールを奪われるリスクに怯えて出さないのではなく、チャレンジするパスをどんどん出して欲しいと語った。 森保ジャパンの現状については「今やっていることは悪くないですし、むしろ今のサッカーや代表のサッカーでやろうとしていることは良い方向に行っていると思うので、継続して、個々のレベルアップしかないと思います。良いクラブでスタメンでしっかり出続けることが代表が強くなるための近道だと思います」とコメント。この先にレベルアップするためには、選手個々がレベルアップするしかないと語った。 明日のセルビアは、今回の活動では最も力のある相手となる。「アジアのチームとやるよりもチームとしてレベルとして強いというのはありますし、フランクフルトでセルビアやクロアチアの選手とやっている機会が多いので、セルビアはフィジカル面が強いというイメージがあります」と、クラブで感じていることをコメント。「逆にすぐカッとなってしまう部分や人間的な部分で弱いなと思う部分があるので、うまく日本が狭い距離間でボールを保持できたら、相手がすぐ向かってきて段々イライラして自分たちのプレーができなくなると思います」と、相手の性格につけ込むプレーができると見解を語った。 2021.06.10 21:02 Thu
twitterfacebook
thumb

【2020-21ブンデスベストイレブン】王者バイエルンとフランクフルトから最多3選手、遠藤航と鎌田を選出

2020-21シーズンのブンデスリーガが5月22日に終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:グラーチ DF:バク、ウパメカノ、アラバ、コスティッチ MF:鎌田、遠藤航、ミュラー FWアンドレ・シウバ、レヴァンドフスキ、ハーランド GKペーテル・グラーチ(31歳/ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:33(先発回数:33)/失点数:30/出場時間:2970分 リーグ最少失点に抑えたライプツィヒの守護神を選出。最終節を除いてフルタイム出場を果たしたハンガリー代表守護神は、確実性が売りで年々安定感を増している。ミスの少なさからバックラインに安心感を持たせている。 DFリドル・バク(23歳/ヴォルフスブルク) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:34(先発回数:33)/ 得点数:6/出場時間:2869分 マインツから加入したバクがヴォルフスブルクのチーム力を押し上げた。サイドバックが本職ではあるものの、主に右サイドハーフでのプレーが多かったバクは、攻撃面で十分なアクセントを付ける役割を担った。ユーロのメンバーからは漏れたものの、11月にはドイツ代表初招集も受け、今後の活躍が期待される。 DFダヨ・ウパメカノ(22歳/ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:29(先発回数:27)/得点数:1/出場時間:2331分 そのポテシャンルは留まることを知らない。今季は3バックの中央を任されることが多かったが、ディフェンスラインを統率しつつ、フィード面でも器用にこなすなど攻守に活躍した。圧倒的なフィジカルを武器に相手FWを封じる様は風格すら感じる。来季は恩師のナーゲルスマン監督と共にバイエルンに活躍の場を移す。 DFダビド・アラバ(28歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:32先発回数:30)/得点数:1/出場時間:2676分 昨季完全に定着したセンターバックで今季も安定したプレーを続けた。本人は乗り気ではないセンターバックでのプレーのようだが、持ち前のスピードを武器に後方のスペースをケアできる強みを生かして守備を安定させた。バイエルンを退団し、新天地にはレアル・マドリーを選んだが、そのユーティリティさを武器に大きな存在感を示すはずだ。 MFフィリップ・コスティッチ(28歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:30(先発回数:29)/得点数:4/出場時間:2536分 フランクフルトの攻撃の要。左サイドから縦に仕掛けて送られるクロスは一級品で、幾度もアンドレ・シウバのゴールをアシストした。今季は計17アシストを記録し、鎌田と共にチャンスメークを担った。 MF鎌田大地(24歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:32(先発回数:28)/得点数:5/出場時間:2372分 フランクフルト復帰2シーズン目も大きな飛躍を遂げた。5ゴールに加え、記録したアシストの数は実に15。フランクフルト躍進の原動力となった。惜しくもクラブ史上初のCL出場は逃したが、リーグ屈指の攻撃的MFとして来季の活躍にも期待が高まる。 MF遠藤航(28歳/シュツットガルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:3/出場時間:2957分 鎌田と共に日本人という贔屓目がなくともベストイレブン選出に相応しいパフォーマンスを見せた。リーグにおけるデュエル勝率一位という偉業を達成し、日本人でもフィジカル面で対等以上に渡り合えることを証明した。最終節こそ出場停止で欠場したが、それ以外は先発とケガに強い点も大きな魅力だ。 MFトーマス・ミュラー(31歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:32(先発回数:31)/得点数:11/出場時間:2685分 フリック監督との相性はやはり抜群だったようだ。昨季に続き、圧巻のスタッツを残して見せた。11ゴール21アシストと桁外れの数字を残し、相棒のレヴァンドフスキのゴールをお膳立てして見せた。レヴァンドフスキと共にバイエルン9連覇のキーマンとなった。 FWアンドレ・シウバ(25歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:32(先発回数:32)/得点数:28/出場時間:2773分 ミランでは結果を残せなかったポルトガル代表FWは中堅どころのフランクフルトで得点力を開花させた。コスティッチ、鎌田と優秀なチャンスメーカーを携え、彼らが生み出すチャンスを豊富な得点パターンを駆使してゴールを量産して見せた。 FWロベルト・レヴァンドフスキ(32歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:29(先発回数:28)/ 得点数:41/出場時間:2463分 衰え知らずどころか進化を遂げている感すらある。相変わらずの不調知らずでコンスタントにゴールを挙げ続ける、さながらマシーンのようだ。その活躍には感服せざるを得ない。 FWアーリング・ハーランド(20歳ドルトムント) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_7_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:28(先発回数:27)/得点数:27/出場時間:2410分 この男のポテシャンルは計り知れない。昨季後半にドルトムントに加入して以降、得点を量産しているハーランドは、十分に警戒していても止められないレベルにある。フィジカルとテクニックがともににハイレベルでゴール前での落ち着きも規格外。ストライカーに必要な全てを兼ね備える男は来季以降も観る者を魅了させてくれるはずだ。 2021.06.04 19:01 Fri
twitterfacebook
thumb

マインツ、フランクフルトMFコールの1年レンタル延長を発表

マインツは29日、フランクフルトのドイツ人MFドミニク・コール(27)とのレンタル期間を1年延長したことを発表した。 レバークーゼンでプロデビューを飾ったコールは、レンタル先のアウグスブルクで頭角を現し、2017年夏にレバークーゼンに復帰。そして2019年夏にフランクフルトに完全移籍し準主力としてプレーしていたが、今季前半戦はベンチを温める機会が多く、出場機会を求めて1月にマインツへレンタル移籍していた。 そのマインツではレギュラーとしてプレー。リーグ戦14試合に出場し、降格圏に沈んでいたチームを残留に導く活躍を見せていた。 2021.05.29 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「良いアイデアで崩せた」チームの攻撃を活性化させたMF鎌田大地、自身の評価は「総合値は少し上」

日本代表は29日、ミャンマー代表戦から一夜明けオンラインでのメディア対応を行った。 28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦では、大量10ゴールを奪い見事に勝利。この結果、最終予選進出を決めることとなった。 カタールW杯出場に向けて一歩進んだ日本。試合から一夜明け、フル出場を果たしたMF鎌田大地(フランクフルト)が取材に応じた。 鎌田はミャンマー戦にトップ下として先発出場。先制ゴールとなるMF南野拓実(サウサンプトン)のゴールをアシストするなど活躍。1ゴール1アシストと数字を残した。 試合を振り返り「引いてくる相手だったので、うまくワンタッチとかを使わないと崩せないと思っていたので、その辺りは良い感覚で、良いアイデアで崩せたかと思います」とコメント。先制点を含め、前線での良いコンビネーションを評価した。 数字上では2ゴールに絡むに留まった鎌田だが、ライン感や選手の脇にポジションを取り、チームの攻撃を活性化していた。その中でもダイレクトプレーを効果的に使い、相手のプレスを回避してリズムを作っていたが「僕のイメージは日本代表の選手はみんなそういったことがうまいと思います」とコメント。「オリンピック世代からワンタッチでプレーすることはずっとやってきたことですし、日本がずっと育成年代からやっていることなので、みんな上手いと思います」と、日本代表の選手であれば、そのリズムについてこれるというイメージを持っているとした。 前半は[4-2-3-1]で戦い、後半途中から[4-3-3]にシステムを変更。トップ下からインサイドハーフへとポジションを移した。 システム変更直後はなかなか上手くいかなかったが「練習していないので、ちょっとシステムを変えた時は選手間でうまく話して、やらないといけなかったので慣れるまで時間はかかりました」と振り返ったが「時間が経てば良くなっていったと思いますし、僕的にはあの形もありだと思います」とコメント。新たなシステムもありだと語った。 システム変更については「4-3-3でインサイドハーフと急に言われました」と語り、準備していたものではないとのこと。「相手に合わせるというよりも、うちが6月にチャレンジしてみたいこともあると思うので、試合内容も余裕があったので、色々試しているんだなと思いました」と語り、新たなチャレンジだと受け止めたようだ。 [4-3-3]のシステムについては「昨日は試合でずっとボール持っていたので、僕と(南野)拓実くんが両方8番(インサイドハーフ)というよりは、少し僕が下がり気味で前に拓実くんということでやっていました」と、自分は少し下がり目にポジションを取ったとコメント。「10番(トップ下)をやっている時は左右にうまく走らないといけないですが、8番(インサイドハーフ)だとそこまで走らず、ある程度決まったところで動くだけで良いので、無駄に多く走り過ぎる必要がないというのは良いところだと思います」とコメント。プレー範囲が違うと語った。 どちらのポジションでもプレーできる鎌田だが「どれが正しいかはあまり分からないですが、フランクフルトの時は1枚でトップ下より、2枚のトップ下の方が自分の仕事に集中しやすかったので、フランクフルトでは2枚トップ下が合っていたと思います」とやりやすいのは2枚で並ぶことだとコメント。しかし「代表ではまだそこまで強いチームともやっていないですし、昨日の試合だけではなんとも言えないところはあります」と、強い相手に対してどう動けるかが大事だと語った。 この試合では1ゴールを終盤に決めたが「1点は試合前から取りたいと思っていたし、取らないといけないと思っていたので、ホッとしたという感じです」とコメント。どちらかといえば周囲を生かすプレーが多かったが「他にも自分で打てるシーンはあったと思いますし、もっとうまくできたと思いますけど、フランクフルトでもずっとこんな感じでプレーしていました」と、普段通りだったとし、「ザ・トップ下というよりも、ちょっと低めに動いて周りの選手が生きるようにやっていました」と周りを生かすプレーをしていたと語った。 また、「僕がいつもトップ下でも得点力ある選手だとは思っていないので、うまく周りを生かしながら間で得点を取れるという感じだと思います」とし、ゴール以上に周りを生かす方が多いと振り返った。 一方で、後半にはゴール正面でのシュートチャンスを迎えたが、シュートを打たずにキックフェイントで南野へとパスを出し、南野はブロックされるシーンがあった。 そのシーンについては「あのシーンはフランクフルトの感じが染み付いていたと思います。フランクフルトだと(フィリップ・)コスティッチがいて、あの場面では逆サイドに決めるという形があって、普段あの場面でシュートを打っていないので、あの形になりました」とし、チームで普段やっている感覚のプレーが出たとコメント。「結果論なので、あれで点が入ればよかったですし、入らなかったので打てばよかったと思うこともあります」と、自身がシュートを打っても良かったと振り返った。 現在の自身の強みについては分からないとしていた鎌田。改めて自分の特徴については「総合値はある程度なんでもできるかなと思います」と語り、「他のチームの選手はよくわからないですが、フランクフルトでは何かが突出しているわけではないですが、総合値は普通の選手よりは上だと思います」と総合力では高いレベルにいると語った。 2021.05.29 13:27 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly