ケインが電撃解任のモウリーニョ監督に感謝「一緒に仕事が出来てとても光栄でした」

2021.04.20 00:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、19日に監督を解任されたジョゼ・モウリーニョ氏へ自身のツイッター(@HKane)で感謝の言葉を述べた。今季ここまでリーグトップの21ゴールをマークしているケインは自身のツイッターで、「ボス、本当にありがとうございました。一緒に仕事が出来てとても光栄でした。あなたの今後の活躍を願っています」と、感謝の気持ちを綴った。

モウリーニョ氏は2019年11月にトッテナムの指揮官に就任。昨季はプレミアリーグ6位フィニッシュでヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得すると、今季は昨年11月下旬から12月中旬まで一時首位に立ったが、第20節からの6試合で5敗を喫するなど失速。


ELもラウンド16でディナモ・ザグレブに敗戦し、リーグ戦でも7位と2季連続でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すシナリオが現実味を帯びてきたトッテナムは、19日に突如モウリーニョ監督の解任を発表していた。
関連ニュース
thumb

ケインがトロフィー望み今夏の移籍を希望?プレミア複数クラブが獲得に関心か

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(27)が、今夏の移籍を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 トッテナムのアカデミーで育ったケインは、2013-14シーズンにファーストチーム定着を果たすと、これまで公式戦通算334試合出場220ゴール46アシストを記録。2度のプレミアリーグ得点王に輝くなど、世界屈指のストライカーに成長を遂げた。 今シーズンもプレミアリーグ33試合22ゴール13アシストを記録し得点ランキングトップに立つなど、エースとしての責任を全う。しかし、輝かしい個人成績とは対照的にチームタイトルとは無縁の日々が続いており、これまでトッテナムでは1度も主要タイトルを獲得できていない。 今シーズンもタイトル獲得のチャンスがあったEFLカップ決勝ではマンチェスター・シティに敗れ準優勝。加えて、現在チームはリーグ6位に沈んでおり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場は極めて難しい状態になっている。 こうした状況のなか、ケインは予てから主張してきたタイトル獲得への思いが再燃。自身の去就について言葉を濁し続けていたが、『スカイ・スポーツ』によればクラブに対して今夏の移籍希望を伝えたようだ。また、ケインはプレミアリーグ内の移籍を望んでおり、6月に開催されるユーロ2020の前に決着をつけたいと考えていると報じている。 ケインの獲得については、シティやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが候補となっており、特にFWセルヒオ・アグエロが今シーズン限りで退団するシティと、今季獲得したドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが期待に応えきれていないチェルシーが動く可能性が高いとされている。 一方で、ケインとトッテナムの契約は2024年6月まで残っており、エースの売却は決して望んでいない状況。獲得するためには莫大な移籍金が発生するとされており、今後の動向が注目されている。 2021.05.18 11:23 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田大地にトッテナムやセビージャがオファー? 移籍金は約40億円に設定

来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したフランクフルト。ドイツ『ビルト』は日本代表MF鎌田大地(24)が退団を希望していると報じた。 今シーズンの鎌田は攻撃的ミッドフィルダーのポジションで昨シーズン以上の存在感を発揮。ブンデスリーガでは31試合に出場し5ゴール15アシストを記録し、20ゴールに絡む活躍を見せている。 昨シーズンの低迷とは打って変わり、今シーズンは上位を常に争ってきた中、終盤に取りこぼしが目立つ展開に。アディ・ヒュッター監督の退任が発表されてから一気に勝ち点を取りこぼし、最下位のシャルケに負けてCL出場権を逃していた。 『ビルト』はCL出場権を得られなかったことは今夏の移籍市場で大きな動きに影響するとし、フランクフルトから退団する可能性のある5名をピックアップ。その中の1人に鎌田の名前があった。 『ビルト』によると、鎌田は退団を希望しているとのこと。鎌田にはトッテナム、ワトフォードのイングランド勢とセビージャが興味を示しているとしているが、ワトフォードに関しては鎌田は移籍を希望していないとしている。 また、フランクフルトは3000万ユーロ(約39億8000万円)を要求するとされており、簡単な移籍にはならなそうだ。 鎌田は常々、「CLで優勝したい」と公言しており、フランクフルトでCLに出場できないことは大きく去就に影響しそうだ。 なお、鎌田以外には今シーズンのブンデスリーガで27ゴールを記録しているポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(25)や最終ラインを支えたDFエヴァン・エンディカ(21)、MFフィリップ・コスティッチ(28)、DF イェトロ・ヴィレムス(26)の退団の可能性を報じている。 2021.05.18 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブス戦完勝でトップ4に望みのスパーズ、暫定指揮官「素晴らしいパフォーマンス」

トッテナムのライアン・メイソン暫定監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグ6位のトッテナムは16日、第36節でウォルバーハンプトンと対戦。前半終了間際にFWハリー・ケインのゴールで先制し、ハーフタイムを迎えると、後半に入って62分にはMFピエール=エメリク・ホイビュルクが追加点を決め、2-0で勝利している。 トップ4入りを目指すトッテナムはこの勝利で、4位チェルシーとの勝ち点5差をキープ。2試合を残して、非常に厳しい状況なのは変わらないものの、わずかな希望を繋いだ。 メイソン暫定監督は試合後、「素晴らしいパフォーマンスだった。特にホームでの試合では敗戦から立ち直ることが常に重要だ。ホームに限ったら3連勝だ。気分が良い」とコメント。ホームでの完封勝利を喜んだ。 また、試合内容についても称賛。スコア以上の出来だと感じているようだ。 「もっとゴールを決めてもいいと思った。我々が主導権を握り、チャンスを作ったが、相手のGKが好セーブを見せ、我々のシュートは3回もポストを叩いた。また、チームとして必要なときにはしっかりと守ることができていたので、全体としてはとても満足している」 「前線の選手は素晴らしかった。そして中盤もディフェンスも、全員が一丸となっていた。チームが1つの方法で支え合い、信じ合うことで、このようなパフォーマンスが生まれるのだと思う」 さらに、得点ランク単独トップに立つ今季22点目となる先制ゴールを決めたケインついても言及。現役時代はチームメイトとしてプレーした盟友の活躍を称えた。 「試合が終わった後、彼とちょっとした冗談を言い合ったんだ。彼は私の親友の一人で、長い付き合いだ。だから、もし私が指揮している間に彼がゴールを決めてくれなかったら、私はとてもがっかりしていただろう」 「今日、彼は1点を決めてくれた。もっと決められたかもしれないが、我々の誰もが大いに喜んでいる」 2021.05.17 18:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインが得点ランク単独トップの22点目! スパーズがウルブス撃破で6位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、トッテナムvsウォルバーハンプトンが16日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。 前節、リーズ相手に敵地で完敗した7位のトッテナム(勝ち点56)は逆転でのトップ4フィニッシュが絶望的に。残り3試合での目標は来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権確保に下方修正されることになった。 12位のウォルバーハンプトン(勝ち点45)を相手に2戦ぶりの白星を狙ったホームゲームでは、リーズ戦からオーリエに代えてタンガンガを右サイドバックで起用した以外同じメンバーを継続した。 試合は開始早々にトッテナムに決定機。ホイビュルクの高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じてペナルティアーク付近のケインが鋭い右足のシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 以降はボールを保持するトッテナム、アダマ・トラオレ、ファビオ・シウバの推進力を生かしてカウンターを仕掛けるウルブスという構図の下で拮抗した展開が続く。その中で21分にはボックス手前中央の好位置で得たFKをキッカーのベイルが直接狙うが、やや甘いコースに飛んだシュートはGKルイ・パトリシオが冷静にキャッチする。 前半半ばから終盤にかけてはサイドチェンジや最後尾からの対角のミドルレンジのパスを効果的に使い、ピッチの幅を使った攻めを見せるトッテナムが完全に主導権を握る。38分にはケインのヘディングパスに反応したソン・フンミンがボックス左で左足を振るが、これはGKのセーブに遭う。さらに、43分には右CKからケイン、ロ・チェルソが決定的なシュートを枠に飛ばすが、いずれも相手DFの決死のゴールカバーに阻まれた。 それでも、前半終了間際の45分にはホイビュルクのフィードに反応したケインが相手センターバック2枚を出し抜いて背後に飛び出すと、ボックス内で冷静にDFコーディを滑らせてシュートコースを作り出し、右足のシュートを流し込んだ。 ケインのリーグ単独トップとなる今季22点目によって1点リードで試合を折り返したトッテナム。後半も早い時間帯にゴールへ迫る。53分、デレ・アリのハーフウェイライン付近でのボール奪取から数的優位のカウンターを発動。ボックス右でラストパスを受けたケインが狙いすましたシュートを放つが、これはGKルイ・パトリシオが見事な反応でコースを変えると左ポストを叩く。さらに、跳ね返りに詰めたデレ・アリのシュートも右ポストを叩き絶好機を逸した。 それでも、以降も良い形で試合を運ぶホームチームは62分、左サイド深くに侵攻したレギロンがタッチライン際で粘りボールを残して中央のソン・フンミンに折り返す。これをボックス右で浮いたベイルに繋ぐと、ベイルの強烈な左足のシュートはGKルイ・パトリシオに弾かれるが、こぼれ球をホイビュルクが押し込んで貴重な2点目を奪い切った。 アウェイチームの反撃を危なげなく撥ね返していくトッテナムは69分にロ・チェルソに代えてウィンクス、82分に殊勲のデレ・アリを下げてエンドンベレをピッチに送り出す。クリーンシートを意識しつつゴールがほしい前線の3選手がカウンターから3点目のチャンスを窺う。 その後、ベイルに代えてムサ・シソコを最後のカードとして切ったトッテナムはこのまま2-0のスコアで試合をクローズ。ウルブスを攻守に圧倒する快勝で2戦ぶりの白星を手にしたチームはウェストハムを得失点差で抜き6位に浮上した。 2021.05.16 23:56 Sun
twitterfacebook
thumb

デレ・アリに熱愛報道…お相手は“まさか”、グアルディオラ監督の愛娘

トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(25)に熱愛報道が出ており、そのお相手が意外な話題だ。イギリス『サン』が伝えている。 2016年からモデルのルビー・メイさんと交際していたデレ・アリは、今年2月に破局を迎えてフリーの身であったが、次の相手はまさか。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の娘であるマリアさん(20)だった。 『サン』はドレッドヘアーが目立つデレ・アリと白いパーカーを着ていたマリアさんが、ロンドンのバー「クラウド9」の屋上のベンチに並び、キスしている瞬間を激写している。 一方で、マリアさんは「ただの友達」だと語っているともしている。 まだ学生であるマリアさんとデレ・アリが出会ったのは1カ月前とのこと。ルビー・メイさんとの破局は人気オンラインゲーム『Fortnite』のやりすぎとも言われていたデレ・アリだが、新たなロマンスは成就するだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】デレ・アリとの熱愛報道が出ているグアルディオラ監督の愛娘・マリアさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Dele Alli &#39;seen kissing Pep Guardiola&#39;s daughter Maria&#39;.<a href="https://t.co/GBylG9359Z">https://t.co/GBylG9359Z</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1393502356499746816?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 21:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly