レーティング: ナポリ 1-1 インテル《セリエA》

2021.04.19 05:41 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第31節、ナポリvsインテルが18日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。▽ナポリ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 メレト 5.5
セーブシーンはほぼなかった

DF
22 ディ・ロレンツォ 6.0
攻守に存在感を発揮。惜しいヘディングシュートがあった


44 マノラス 6.5
要所での身体を張った守備が効いていた

26 クリバリ 6.5
ルカクとの重量級マッチアップは見応え十分。ルカクを抑え込めるのはセリエAではクリバリ位か

6 マリオ・ルイ 5.5
高い位置を取って攻撃に厚みを加えにかかった

MF
21 ポリターノ 6.0
ボックス内での仕掛けでアクセントを付けた。バー直撃のシュートも

(→ヒサイ -)

4 デンメ 6.0
エリクセンを監視。球際に強く行っていた

20 ジエリンスキ 6.0
ブロゾビッチを監視しながら攻撃にも絡む

(→エルマス -)

8 ファビアン・ルイス 6.0
ゲームを作った。主導権を握れた要因に

(→バカヨコ -)

24 インシーニェ 6.0
攻撃の起点に。オウンゴール誘発

FW
9 オシムヘン 5.0
前線でほぼ起点になれず

(→メルテンス 6.0)
オシムヘンとは違い起点になった

監督
ガットゥーゾ 6.0
首位相手に互角以上の戦いぶり

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ハンダノビッチ 4.5
珍しい凡ミスで先制点を献上

DF
37 シュクリニアル 6.0
対人の局面でやられることはなかった

6 デ・フライ 6.5
さすがの読みで守備を締めた

95 バストーニ 5.5
さほど難しい対応を迫られることはなかった

MF
2 ハキミ 6.0
終盤までスピードに乗ったプレーで脅威に

23 バレッラ 5.5
いつもの躍動感溢れるプレーは影を潜めた

77 ブロゾビッチ 5.5
ジエリンスキの監視に苦しみ、思うようにゲームは作れず

24 エリクセン 6.5
素晴らしいシュートで今季セリエA初ゴール

36 ダルミアン 5.5
攻守に及第点の出来

(→ペリシッチ 5.5)
もっと仕掛けたいところだった

FW
9 ルカク 6.0
バーとポストに嫌われる場面があった。クリバリに監視された中、できる限りのプレーはした

10 L・マルティネス 5.5
いつもよりはルカクとの関係で崩す場面が少なかった

(→サンチェス 5.0)
見せ場を作れず

監督
コンテ 6.0
持ち前のカウンターを武器に戦ったが、守護神のミスもあってドローに

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
クリバリ(ナポリ)
改めて能力の高さを示す。ルカクに密着マークを敢行し、仕事を制限した。

ナポリ 1-1 インテル
【ナポリ】
OG(前36)
【インテル】
エリクセン(後10)
関連ニュース
thumb

オシムヘンが4戦連発含むドッピエッタ! スペツィアに快勝のナポリが暫定2位に浮上!《セリエA》

セリエA第35節、スペツィアvsナポリが8日に行われ、アウェイのナポリが1-4で勝利した。   カリアリ相手に終了間際被弾でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に後退したナポリ(勝ち点67)は、残留争いに身を置く16位スペツィア(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨んだ。   立ち上がりから押し込む入りを見せたナポリは早い時間帯にスコアを動かす。開始15分、右サイド深くでポリターノの絶妙なキープからのショートパスに反応したディ・ロレンツォがオーバーラップから丁寧なグラウンダーのクロスを入れると、ニアに走り込んだジエリンスキが右足のダイレクトシュートを流し込んだ。   さらに、畳みかけるアウェイチームは23分、自陣ボックス付近からのロングカウンターでジエリンスキのスルーパスに抜け出したオシムヘンが快足を飛ばしてそのままゴール前に持ち込み、最後は冷静にGKとの一対一を制した。   オシムヘンの4試合連続ゴールでリードを広げたナポリは、やや攻撃のペースを落としてゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。それでも、攻守両面で集中したプレーを見せると、前半終了間際の44分には相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのインシーニェがゴール前に入れた浮き球のボールに対して、抜群のタイミングで抜け出したオシムヘンが相手守備と完璧に入れ替わり、胸トラップから強烈な右足のシュートを突き刺し、今季リーグ戦の得点数を2桁の大台に乗せるドッピエッタを達成した。   前半に3ゴールを奪って早々に試合を決めたナポリは、3日後に控える次節ウディネーゼ戦を意識してか、相手の攻撃を受け止めながら省エネモードで時計を進めていく。それでも、57分には右サイドからカットインしたポリターノが際どい左足のシュートで4点目に迫るシーンを作り出す。   だが、64分には一瞬の隙からボックス左でギャシが上げたクロスをゴール前フリーのエステベスに頭で合わせられると、これはGKメレトが見事な反応ではじき出すが、こぼれ球を途中出場のピッコリに押し込まれた。   その後、70分を過ぎて積極的に交代カードを切ったナポリは途中投入のメルテンスが右足首のケガでわずか5分ほどのプレータイムでピッチを去るアクシデントに見舞われるが、途中交代の選手の絡みから決定的な4点目を奪った。79分、マリオ・ルイのロングフィードに完璧なタイミングで抜け出したオシムヘンがボックス左に持ち込んでGKとDFを引き付けて逆サイドに走り込むロサーノへプレゼントパス。これをロサーノが冷静に流し込んだ。一度はオフサイド判定も、VARのレビューの結果ゴールが認められた。   そして、この4点目で完全に相手の心を折ったナポリはこのままスコアを維持し、敵地で4-1の快勝。暫定ながら順位を3つ上げて2位に浮上した。 2021.05.08 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダンがユベントスに? ピルロ監督の後任候補の1人と報道

セリエA10連覇を逃したこともあり、去就が騒がしいユベントスのアンドレア・ピルロ監督。その後任候補に2人の名前が浮上している。 イタリア『トゥットスポルト』によると、ピルロ監督は今シーズンの結果に関係なく解任される可能性があるとのこと。トップ4を守り、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保することは至上命令だが、それだけでは安心できないという。 その後任候補に挙がっているのは、現役時代はユベントスでもプレーし、現在はレアル・マドリーを指揮するジネディーヌ・ジダン監督と、ピルロ監督とは名コンビを組んでいたナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督だという。 ジダン監督に関しては、アンドレア・アニェッリ会長が長年夢見たことであり、マドリーの監督に復帰する前に招へいを目論んでいたこともある。 しかし、ユベントスには障壁があり、ジダン監督が現在マドリーで受け取っている1200万ユーロ(約15億8000万円)の年俸がネックとなりそうだ。 一方で、今シーズン限りでナポリの監督を退任するとみられるガットゥーゾ監督はジダン監督よりははるかに安く雇える状況だ。 ユベントスは、マッシミリアーノ・アッレグリ氏を再度招へいする可能性も出ているが、スポーツ・ディレクター(SD)のファビオ・パラティチ氏とパベル・ネドベド副会長の退任が必要になると見られており、なかなか踏み出せない状況だ。 何れにしてもピルロ監督の立場は危うくなっており、来シーズンも指揮を継続して執るのだろうか。 2021.05.07 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリのスロバキア代表MFロボツカが扁桃腺摘出手術で今季終了

ナポリは5日、スロバキア代表MFスタニスラブ・ロボツカが扁桃腺の手術を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、ロボツカは4日に扁桃腺の手術を実施。扁桃腺を摘出する手術を受けたとのことで、今後2週間はトレーニングに復帰できないことを発表した。 これにより、ロボツカのシーズンは一足先に終了することとなった。 2020年1月にセルタから加入したロボツカは、今シーズンはセリエAで15試合、ヨーロッパリーグで5試合に出場。リーグ戦では先発出場がなかった。 2021.05.05 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

CL権目指すナポリ、DFマクシモビッチが新型コロナ陽性

ナポリは4日、セルビア代表DFニコラ・マクシモビッチが新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 クラブの発表によると、4日にクラブ内で定期的なPCR検査を実施。その結果、マクシモビッチが陽性反応を示したとのことだ。 なお、マクシモビッチは無症状であるとのこと。プロトコルに従い、自宅で隔離期間を過ごすことになるとしている。 マクシモビッチは、センターバックとして今シーズンのセリエAで17試合に出場。しかし、直近の6試合はベンチ入りこそするものの、試合に出場していなかった。 現在5位のナポリ。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争う中で、チーム内でクラスターが起きないことを願うばかりだ。 2021.05.05 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣ナポリの会長を称賛するハムシク「お金の問題もなく、すべて順調に見える」

ヨーテボリのスロバキア代表MFマレク・ハムシクが、古巣ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長を称賛した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ハムシクは2007年夏にブレシアからナポリに加入すると、クラブ歴代最多となる公式戦520試合に出場。加えて、クラブ史上2位となる121得点とクラブ史上最多の100アシストを記録するなど、レジェンドとして活躍した。 2019年2月に11年半を過ごしたナポリから退団したハムシクは、中国スーパーリーグの大連人職業に移籍。その後、今年3月に契約を解除すると、スウェーデンのヨーテボリに加入する形で欧州復帰を果たした。 加入後3試合で早速アシストを記録するなど、新天地でも好調なスタートを切ったハムシクは、スウェーデン『Aftonbladet』のインタビューに応じた際、古巣ナポリのデ・ラウレンティス会長を称賛。同会長との良好な関係をアピールしつつ、これまでの功績についても触れている。 「ラウレンティス会長と僕は、いつも良い関係を築いていたと思う。彼はクラブにやってきてから、セリエBの時代を経た後で、ナポリに素晴らしいフットボールを復活させてくれたんだ」 「そして今、クラブはトップに返り咲こうとしている。彼らはチャンピオンズリーグ(CL)にも出場しているしね」 「会長の仕事ぶりは素晴らしいと思うよ。今のナポリにはお金の問題もなく、すべてが順調に見える。そしてこれこそが、物事を適切に管理する方法だと思うね」 2021.05.04 16:36 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly