ライプツィヒがオルバンと2025年まで契約延長

2021.04.10 01:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは9日、ハンガリー代表DFヴィリー・オルバン(28)との契約を2025年まで延長したことを発表した。新契約にサインしたオルバンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「ライプツィヒでプレーが続けられることを嬉しく、誇りに思っている。2015年に加入してから、クラブでは様々なことが起こり続けてきた。だけど僕たちの道のりはまだまだ終わっていない。これからも目標達成に向けて少しでも助けになりたいと思っているよ」


2015年7月にカイザースラウテルンからライプツィヒへ加入したオルバンは、在籍6シーズンで公式戦189試合に出場し18ゴール6アシストをマーク。今シーズンもここまで公式戦33試合に出場。ブンデスリーガでは23試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。
関連ニュース
thumb

2位確定のライプツィヒ、ナーゲルスマン監督「嬉しく思う」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保したブンデスリーガ2位のライプツィヒは16日、第33節で3位ヴォルフスブルクと対戦。前半に2点リードを奪われるも、51分にFWユスティン・クライファートのゴールで1点を返すと、78分にはMFマルセル・ザビッツァーが貴重な同点弾を挙げ、2-2で試合終了を迎えた。 これでライプツィヒは2位フィニッシュが確定。一方のヴォルフスブルクも勝ち点「1」を積み上げたことで、来季のCL出場圏獲得が決定した。 試合後、前半を「難しかった。選手たちにはカップ戦決勝の余韻が残っていて、精神的にもヴォルフスブルクと同等ではなかった」と振り返ったナーゲルスマン監督。13日に行われ、1-4と大敗したDFPポカール決勝のドルトムント戦から立ち直るのはやはり難しかったようだ。 「相手はうまくプレス仕掛けてきて、我々はビルドアップで多くのミスを犯し、良いチャンスがあったにもかかわらず、後手に回ってしまっていた」 「その後もチャンスを逃していたが、最終的には同点に追いつくことができた。ハーフタイム直前に0-2とされたのはもちろん、気がかりではあったけどね」 しかし、「ハーフタイムを終えてからの入り方は良かったと思う」ともコメント。後半の内容に満足感を示しながら、クラブ最高タイとなるブンデスリーガ2位でのフィニッシュを喜んだ。 「後半はすぐに良いサッカーができたし、プレッシャーをかけることもできた。ヴォルフスブルクを自陣から出てこさせなかったし、その結果、同点に追いつけたんだ」 「結論から言うと、ドローは問題ない。今日は、前後半で全く異なる試合が見られた。しかし、両チームがずっとパス回しをしていたわけではなかったし、勝ちたいという気持ちが伝わってきた。ポイントを獲得し、2位になれたことを嬉しく思う」 2021.05.17 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒの2位、ヴォルフスブルクのCL出場権獲得が確定! 上位対決は思惑合致のドロー!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第33節、RBライプツィヒvsヴォルフスブルクが16日にレッドブル・アレナで行われ、2-2のドローに終わった。 すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保した2位のライプツィヒ(勝ち点64)と、勝ち点奪取で2014-15シーズン以来のCL出場権確保となる3位のヴォルフスブルクによる注目の上位対決。 共に[4-2-3-1]の布陣で臨んだ中、より勝ち点を必要とするアウェイチームがアグレッシブな入りを見せる。開始6分に高い位置でのシュラーガーのボール奪取からバクが枠の左を掠めるシュートでゴールに迫ると、12分には波状攻撃からボックス手前中央でアルノルトの縦パスを受けたフィリップが浮かせたボールを見事な右足のハーフボレーでゴール右上隅に突き刺した。 幸先よく先制に成功したヴォルフスブルクは前がかる相手の背後を狙った攻めから2点目に迫る。25、ボックス中央でゲルハルトからパスを受けたヴェグホルストが右足を振り抜くが、鋭いシュートは右ポストに阻まれる。 一方、前半半ばを過ぎて攻勢を強めたライプツィヒは29分、ボックス左に抜け出したエンクンクがGKとの一対一を迎えるが、これはGKカスティールスにうまくコースを消される。直後には得意のショートカウンターからゴール前でフォルスベリの落としに反応したオルバンに絶好機も、今度は相手DFの決死のシュートブロックに阻まれた。 その後は一進一退の攻防が続くも、ヴォルフスブルクが前半終了間際に2点目を奪い切る。46分、相手陣内中央で仕掛けたゲルハルトが股抜きのドリブルから右サイドのバクに展開。そして、バクがDFの股間を抜く巧みなクロスボールを供給すると、ゴール前に走り込んだフィリップがDFより先にボールを触ってニアに流し込み、ドッペルパックを達成した。 ホームで2点のビハインドを追うライプツィヒはハーフタイム明けに2枚替えを敢行。ライマーとヘンリクスを下げてハイダラとアンヘリーニョを投入。[3-5-2]に並びを変更すると、早速その効果が出る。 51分、2トップの一角にポジションを移したクライファートがボックス内でザビッツァーのパスを足元で受けると、DFムバブを鮮やかな切り返しで外し、左足のシュートをゴールネットに突き刺した。 後半開始早々のゴールによって勢いづくライプツィヒは完全に主導権を握ってヴォルフスブルクを自陣にくぎ付けにし、幾度かセットプレーから決定的な場面を作り出す。 すると、後半半ば過ぎの78分にはようやく猛攻が実って追いつく。ボックス内でルーズボールに反応したハイダラがオタビオと交錯すると、VARのレビューの結果、ライプツィヒがPKを獲得。これをキッカーのザビッツァーが冷静に決めた。 2-2のイーブンに戻った試合はライプツィヒが2位キープ、ヴォルフスブルクがCL出場権確保という互いの利害が一致したこともあり、以降は比較的動きが少ないクローズな展開に。 そして、均衡が保たれたまま試合はタイムアップを迎え、ライプツィヒはホーム最終戦での勝利こそ逃したものの、2位フィニッシュに成功。一方、ヴォルフスブルクも待望のCL出場権獲得に成功した。 2021.05.17 05:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ライプツィヒ移籍決定の逸材FWブロビーと一転して再契約?

アヤックスは来シーズンにRBライプツィヒへの移籍が決定しているU-21オランダ代表FWブライアン・ブロビー(19)との再契約を検討しているようだ。『ESPN』が報じている。 アヤックスとの再三に渡る契約延長オファーを固辞していたブロビーは、今年3月にフリートランスファーで来シーズンからのライプツィヒに加わることが決定。同選手は2021年7月1日付けで、2025年までの4年契約を結ぶことになった。 しかし、ここに来てブロビーはライプツィヒ行きに難色を示し始めているという。 『ESPN』によると、ブロビーは幾つかの移籍先の候補があった中でライプツィ行きを選択したのは、ヨーロッパ屈指の若手戦術家として知られるユリアン・ナーゲルスマン監督の指導を受けることを熱望していたことにあるという。 だが、移籍決定の翌月にナーゲルスマン監督の来シーズンからのバイエルン行きが急遽決定したことで、最大の目的を失った同選手はライプツィヒ行きを再考しているようだ。 現時点でブロービーとライプツィヒの間の契約の詳細は不明も、選手側には契約を解消できる権利があるようだ。 そういった中、以前からブロビーの残留を希望していたエリク・テン・ハグ監督は、13日に行われたVVVフェンロ戦後に同選手について言及。フットボール・ディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏と共に再契約に向けて取り組んでいることを明かした。 「(ブロビーとの再契約について)私はそうしたい。それをマルクに伝え、彼もそれに取り組んでいる」 「可能性があるかどうかはわからない。私は彼(ブロビー)とそのことについて話をしているが、彼はここに残りたいとハッキリとは言っていないし、彼はライプツィヒと契約したばかりであるため、それは理解できる」 「彼はまだそこに行っていないが、ライプツィヒがその提案を受け入れるかどうかはわからない」 ブロビーはアヤックスのアカデミー出身。順調にキャリアを積むと、2018–19シーズンに飛び級でエールステディビジ(オランダ2部)に所属するリザーブチームのヨング・アヤックスでプロデビュー。 その後もヨング・アヤックスでゴールを量産すると、昨年10月のフォルトゥナ・シッタート戦でトップチームデビュー。今シーズンここまでは公式戦17試合に出場し、6ゴール2アシストの数字を残している。 アヤックス、ライプツィヒの両クラブはいずれも逸材ストライカーを手元に置きたいと考えているが、ブロビーの去就はいかに…。 2021.05.15 00:16 Sat
twitterfacebook
thumb

初タイトル逃したライプツィヒ、ザビッツァーは悔しさ露わ「もう一度やり直したい」

RBライプツィヒのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーがDFBポカール決勝での敗戦を悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは13日、DFBポカール決勝でドルトムントと対戦。前半終了までに大量3点のリードを奪われると、71分にMFダニ・オルモが1点を返すも、87分にダメ押しゴールを奪われ、1-4で敗れた。 試合後、チームの司令塔を務めるザビッツァーは悔しさとともに、大敗に終わった一戦を振り返っている。 「もちろん、試合後の気分は最悪だけど、本当に3点差がつくほどの悪い内容だったのかどうかはわからない」 「相手にあれだけ頻繁にカウンターを許していたら、苦しくなるのは当然だ。ポゼッションは僕たちのほうが高かったけど、ファイナルサードでの決定力が足りず、それが敗因となったね」 「ドルトムントは僕たちにポゼッションを許していたけど、彼らにはトランジションの早い選手が3、4人いて、それを利用していた。彼らにスペースを与えすぎてしまったよ」 また、「今は悔しさでいっぱいだ。もし叶うのならば、もう一度90分をやり直したい。それは間違いないね」ともコメント。クラブ史上初となるタイトル獲得を逃した失望は計り知れないほどのようだ。 2021.05.14 13:29 Fri
twitterfacebook
thumb

「なんとも言えない気持ち」5度目のDFBポカール制覇のドルトムント、テルジッチ監督が歓喜「表彰台に立つことは素晴らしかった」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督がDFBポカール優勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは13日、DFBポカールの決勝でRBライプツィヒと対戦した。 リーグ戦でも上位を争う両クラブの対戦。ドルトムントは開始5分でジェイドン・サンチョがゴールを奪い先制すると、28分にはアーリング・ハーランドが追加点。前半アディショナルタイムの46分にもサンチョがゴールを奪い、0-3と前半でリードする。 71分にダニ・オルモにゴールを許したが、87分にハーランドが2点目を記録し勝負あり。1-4で勝利した。 クラブ史上5度目のDFBポカール優勝を果たしたドルトムント。テルジッチ監督は2016-17シーズン以来のカップ制覇を喜んだ。 「2020年からドルトムントのスタッフの一員だった。ここベルリンでは、カップ戦の決勝を見るために、このスタジアムのほぼ全ての場所に行ったことがある。授賞式を後ろから見たこともあるし、反対側から見たこともある」 「今日、自分で表彰台に立つことは素晴らしかった。なんとも言えない気持ちだ」 「ここ数週間、数カ月はとても良い道を歩んできた。だから、私はとても誇りに思っている。2月の時点では予見できなかった」 「5月になり、カップ戦の勝者としてチャンピオンズリーグの出場権を得られるようになるのは、私の誇りだ。我々はチームとして成し遂げた」 2021.05.14 09:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly