ハーランドにサインを求めた副審、自閉症治療センターの寄付のためだった!

2021.04.09 06:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
試合後に選手からサインをもらうという衝撃の行動に出ていたルーマニア人審判のオクタビアン・ソブレ氏だが、その行動には理由があったようだ。6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦で、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに対して試合後に副審を務めたソブレ氏がサインを求めた。

この行動には、プロ意識の点や公平性の点から多くの批判もあったが、それにはある理由があったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』のレポーターを務めるポール・ギルモア氏が自身のツイッターで伝えている。


「ルーマニアサッカー連盟(FRF)の関係者と、ハーランドのサインについて話をした。彼らは、オクタビアン・ソブレが、彼が支援している自閉症の治療センターのため、資金を調達するためにそれをしたと言った」

また、ルーマニア『Gazeta Sporturilor』によると、ソブレ氏は5年以上に渡りこの治療センターを支援しており、ハーランドにサインされた2枚のカードはオークションにかけられ、落札金額が寄付される予定だという。

今やスーパースターの仲間入りを果たしたハーランドだが、このサインが多くの人々を救うかもしれない。

1 2
関連ニュース
thumb

ロイスがコンディションを考慮しユーロ2020を欠場

ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが18日、ユーロ2020の欠場を自身のインスタグラムで明かした。 今季前半戦こそ低調なプレーが目立ったロイスだったが、シーズン終盤にかけては本来のパフォーマンスを取り戻し、ドルトムントはチャンピオンズリーグ出場権を獲得。ユーロ2020でのドイツ代表入りが期待されていた。 しかしヨアヒム・レーブ監督と話し合った結果、ロイスは今夏に行われるユーロを欠場することを伝えたという。インスタグラムでのコメントは以下の通り。 「とても複雑で消耗したシーズンをうまく乗り切れたことに感謝しているが、疲れ果てた。レーブ監督と話し合った結果、ユーロに行かないことを決めた。この決定は僕にとってとても困難だった。なぜなら代表でプレーすることに常に誇りを感じていたからだ」 「それでも個人的にかなり消耗したシーズンを送り、ドルトムントで目標を達成した今、自分の身体を休める時間を与えることにした。新シーズン、最高のスタートを切れるように休養期間を有効活用するつもりだよ。監督とドイツ代表のみんなが成功することをいちファンとして見守っているよ」 ドイツ代表ではロイスの他、バルセロナのGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがヒザの手術のため、ユーロ欠場が決まっている。 2021.05.19 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

6連勝で逆転CL圏獲得! 喜ぶドルトムント指揮官「不可能を可能にした」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ブンデスリーガ4位のドルトムントは16日、第33節でマインツと対戦。前半のうちに2点を先行し、80分にもMFユリアン・ブラントが追加点を挙げると、試合終了間際にはPKから失点したものの、3-1と快勝している。 ドルトムントはこの勝利で最終節を前に4位以内が確定し、来季のCL出場権を獲得。先月3日に行われた第27節のフランフルト戦で敗れた際は4位と7ポイント差まで離され、トップ4入りが危ぶまれたものの、そこから怒涛のリーグ6連勝で巻き返してみせた。 テルジッチ監督は試合後、逆転でのCL出場権獲得に歓喜。チームの戦いぶりを称賛した。 「ラストスパートは素晴らしかったし、自分たちで立てた2つの目標を達成できた。もちろん、ドルトムントとしては別の流れのシーズンを想像していたけどね。とはいえ、フランクフルト戦で敗れ、危機的状況となったところから脱却できたのは驚くべきことだ」 「不可能と思われることを可能にした。我々は自分たちの道に忠実であり、努力することをいとわなかった。チームがどのように成長し、どのような挫折を味わったかを見ると、我々は今シーズンの結果にとても満足している」 「ドルトムントは物事がうまくいかなくとも落ち込まず、何度でも立ち上がるチームとして知られている」 また、来シーズンに向けては「我々はここまでとても良い道を歩んできている。これからこの道を歩み続けたい」ともコメント。DFBポカールも制した今シーズンの経験を糧に、さらなる躍進を果たせるだろうか。 2021.05.17 17:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトSDがハーランドの今夏移籍を否定 「来季もここで」

ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏がノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)の今夏移籍を否定した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今シーズンも公式戦39ゴールを挙げ、今夏の大注目株となっているハーランド。レアル・マドリーやバルセロナのほか、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リバプールといったメガクラブからの関心が取り沙汰されている。 また、ハーランドの代理人を務めるミノ・ライオラ氏と実父である元選手のアルフ・インゲ・ハーランド氏は4月にバルセロナ、そしてレアル・マドリーの首脳陣と順々に会談。今夏の移籍に向け、動きが活発化している。 しかし、そんな移籍話に待ったをかけたのがドルトムントのSDを務めるツォルク氏。ドイツ『スカイ』のインタビューを受けたクラブの重鎮はハーランドの今夏移籍を否定し、残留を明言した。 「オウムのように繰り返し言っているが、彼は我々と共にプランを進めている。新しいシーズンもここでプレーすることになるだろう」 「あと5回ぐらいは同じことを言ってもいい。私が何を言っても誰も気にしないのだろうがね」 なお、ツォルク氏は昨年11月にも「ハーランドはドルトムントで長期的にプレーする」と発言。クラブとしては移籍を容認しない姿勢を示している。 2021.05.17 15:04 Mon
twitterfacebook
thumb

6連勝のドルトムントが4位以内確定でCL出場権獲得《ブンデスリーガ》

ドルトムントは16日、ブンデスリーガ第33節でマインツとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 前節ライプツィヒとの打ち合いを制して5連勝とし、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上したドルトムント(勝ち点58)は、3日前に行われたDFBポカール決勝ではライプツィヒ相手に4-1と圧勝しタイトルを獲得した。勝利すれば最終節を前にCL出場権獲得が決まる中、ハーランドやサンチョ、ロイスら主力がスタメンとなった。 前節フランクフルトに引き分けた好調の12位マインツ(勝ち点36)に対し、立ち上がりからボールを握ったドルトムントは23分に先制する。 ルーズボールを拾ったサンチョのパスをボックス左のラファエウ・ゲレイロがダイレクトでゴール右上へ蹴り込んだ。 先制後もドルトムントがマインツを攻め立てると、42分に加点する。サンチョがドリブルでボックス左に侵入し、丁寧なラストパスをロイスが押し込んだ。 ドルトムントが2点をリードして迎えた後半、マインツに攻め込まれる展開で立ち上がったものの、その時間帯を凌いだドルトムントが徐々にペースを取り戻していく。 65分にはサンチョがボックス左から決定的なシュートを浴びせると、80分に3点目。ハーランドがDFと入れ替わって前進し、ラストパスを受けたブラントがシュートを決めきった。 試合終了間際、PKで失点したドルトムントだったが、3-1で快勝。最終節を前に4位以内が確定し、来季のCL出場権を獲得している。 2021.05.17 03:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第33節プレビュー】ラスト2試合、CL出場権争いの行方は

前節、バイエルンの9連覇が決まり、残る注目はチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いと残留争いに絞られたブンデスリーガ。残り2枠となったCL出場権争いでは前節、ドルトムントがライプツィヒとの打ち合いを制した一方、フランクフルトが好調マインツに引き分けたことで、ドルトムントがCL圏内の4位に浮上。フランクフルトが5位に後退した。迎える第33節、3位ヴォルフスブルクは3季連続でのCL出場権獲得を決めたライプツィヒと、4位ドルトムントは好調マインツと、5位フランクフルトは降格が決まっている最下位シャルケと、いずれもアウェイで対戦する。 ヴォルフスブルク(勝ち点60)は前節、ウニオン・ベルリン相手にFWブレカロのハットトリックで快勝。3位を死守した中、ライプツィヒに勝利すればフランクフルトとの得失点差を考慮すると、ほぼ来季のCL出場権獲得が決まる状況だ。6シーズンぶりのCL出場をモチベーションに欠けるライプツィヒ相手に決めることができるか。 続いて好調の12位マインツ(勝ち点36)に挑むドルトムント(勝ち点58)。FWハーランドを欠いた中、MFサンチョの終盤のゴールによりライプツィヒとの打ち合いを制したドルトムントは、木曜に行われたDFBポカール決勝ではライプツィヒ相手に4-1と快勝。負傷明けのハーランドと好調サンチョの2ゴールでタイトルを獲得した。怒涛の5連勝に加え、DFBポカール優勝と勢い付く中、前節フランクフルトに引き分けたマインツを下すことはできるか。 ドルトムントの追撃を受けてついに5位に後退したフランクフルト(勝ち点57)。マインツ戦では終盤の同点弾で追い付いたものの勝ち点1獲得に留まった。クラブ史上初のCL出場があと一歩のところですり抜けてしまいそうだが、最終節に望みを残すためにシャルケ相手に必勝を期す。 続いて自動降格枠が残り1つとなっている残留争い。日本人所属のビーレフェルトとブレーメンが巻き込まれている残留争いだが、残留プレーオフに回らなければならない16位ビーレフェルト(勝ち点31)は前節、ヘルタ・ベルリンとの残留争い直接対決を引き分けで終えた。そのビーレフェルトは11位ホッフェンハイム(勝ち点39)とのホーム戦に臨むが、モチベーションに欠ける相手にここは必勝としたい。 そして前節レバークーゼン相手にゴールレスドローに持ち込んだブレーメンは連敗を7でストップ。13位ヘルタと17位ケルンが潰し合う中、14位アウグスブルク相手に久々の勝利として残留争いから抜け出せるか。 ◆ブンデスリーガ第33節 ▽5/15(土) 《22:30》 シャルケvsフランクフルト フライブルクvsバイエルン レバークーゼンvsウニオン・ベルリン ボルシアMGvsホッフェンハイム アウグスブルクvsブレーメン ヘルタ・ベルリンvsケルン ビーレフェルトvsホッフェンハイム ▽5/16(日) 《25:00》 マインツvsドルトムント 《27:30》 ライプツィヒvsヴォルフスブルク 2021.05.15 17:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly