札幌の2m長身GK中野小次郎が左ヒザ内側側副じん帯損傷で離脱

2021.04.08 11:07 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌は7日、GK中野小次郎の負傷を発表した。クラブの発表によると、中野は5日のトレーニング中に負傷したとのこと。検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのことだ。


なお、クラブは全治について明らかにしていない。

今シーズン法政大学から入団した中野は、2mの長身GK。今シーズンは明治安田生命J1リーグで2試合に出場していた。
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:札幌vs横浜FM】札幌で金J開催! ハイプレスとパスサッカー、昨年の再現かリベンジか

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2021年4月16日(金) 19:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(8pt/14位) vs 横浜F・マリノス(15pt/7位) [札幌ドーム] 前節は鹿島をホームに迎えて2点差を追いついた札幌と、アウェイの仙台戦でゴールを決めきれずに引き分けた横浜FMのフライデーナイトJリーグ。 ◆昨年の再現を目指して【北海道コンサドーレ札幌】 前節は鹿島アントラーズをホームに迎えての一戦。前半に2点を先行される形となったが、田中駿汰のゴールで追いつくと、後半にはアンデルソン・ロペスがPKを決めて2-2のドロー。勝ち点1を拾った形となった。 開幕から決して調子が良いというわけではないが、上位チームとはしっかりと戦えている状況。内容を結果に繋げられていないパターンが多く、14位というポジションにいる状況だ。 2試合連続でホームでできることで、移動がない分コンディション面は問題なさそうだ。今シーズンも実施している、パイプレスのマンツーマンディフェンスを見せたいところだが、横浜FMは選手が立ち位置を変えるパスサッカーを展開。ハマれば勝機はある。 昨シーズンもホームでの試合は3-1で快勝。横浜FMのパスサッカーを封じ込めて勝利を収めたが、今節も再現なるか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:金子拓郎、宮澤裕樹、高嶺朋樹、ルーカス・フェルナンデス MF:駒井善成、チャナティップ FW:アンデルソン・ロペス 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆昨年のリベンジを目指して【横浜F・マリノス】 前節は下位に沈むベガルタ仙台とアウェイで対戦。ポゼッションも高く、長い時間ボールを持って攻撃を仕掛けていたが、仙台の堅い守備の前にゴールを奪うことができなかった。 攻め疲れもあったのか、なかなか良い形で決定機を迎えることができずに終わったが、この形は第7節の湘南ベルマーレ戦(1-1)も含め、今シーズン散見される展開といえるだろう。 Jリーグ屈指の攻撃力がある一方で、パスを繋いでいくサッカーを体現しているだけに、個の力でどうにかゴールを奪えるパターンは少ない。また、スピードある選手が揃う中でカウンターも大きな武器だが、相手も当然そこは織り込み済み。ラインを低く設定されてしまえばなかなか崩すことはできない。 横浜FMが一歩前に進めるかどうかは、その相手をどう崩すかにかかってくるだろう。とはいえ、開幕戦の川崎フロンターレ戦(2-0●)以外は負けなし。チーム状態が悪いわけではない。 今節の相手は引いて守る相手ではないが、マンツーマンでハイプレスをかけてくる札幌。パスの出所を寸断されてしまえば、攻撃陣は生きない。昨年もその形で敗れているだけに、今節はどういった準備をするのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:水沼宏太、前田大然、エウベル 監督:アンジェ・ポステコグルー <span class="paragraph-title">【動画】前節はホームで鹿島と引き分けた札幌</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e8ugm2g3w7xb1rog7ctoq7trg" async></script> 2021.04.16 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌、立正大MF田中宏武と仮契約 「弟でもあるベガルタ仙台の田中渉とJリーグという同じ舞台に」

北海道コンサドーレ札幌は9日、立正大学に在学するMF田中宏武(21)の2022シーズン加入内定を発表した。 田中はサイドが主戦場で、スピードを生かしたドリブルでチャンスを作り出すことができる桐生第一高校出身。ベガルタ仙台のMF田中渉は弟で、関東大学選抜A選出歴も持つ。札幌との仮契約を受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「この度、北海道コンサドーレ札幌に加入することが内定しました立正大学の田中宏武です」 「北海道コンサドーレ札幌というとても魅力的な素晴らしいクラブで、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。自分は本当にたくさんの人に恵まれてここまでくることができました。まずなによりも小学校3年生でサッカーを始めたときから何不自由なくプレーを続けさせてくれて、誰よりも応援してくれた家族には本当に感謝したいです」 「また、自分を信じてくれた地元の友達、常に切磋琢磨して時にはぶつかりながら高めあってくれたチームメイト、生意気な自分に厳しく愛のある指導をしてくださった指導者の方々、これまで関わってくれた全ての人に感謝しています。そして1番のライバルであり弟でもあるベガルタ仙台の田中渉とJリーグという同じ舞台に立つことができることを誇りに思います」 「現状に満足することなくまずはここまで人間的に大きく成長させてくれた立正大学でしっかり戦います。そして北海道コンサドーレ札幌で1日でも早くチームの勝利に貢献してファン、サポーターの皆様に応援していただけるような選手になっていきます。応援よろしくお願いいたします」 2021.04.09 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「僕のサッカー人生に影響を与えていない」札幌FWジェイが「てんかん」の認知向上に動く

北海道コンサドーレ札幌でプレーする元イングランド代表FWジェイが、自身がてんかんを患っていることがキャリアを妨げていないと語った。イギリス『BBC』が伝えた。 アーセナルの下部組織で育ち、ブラックバーンやチャールトン、ウォルバーハンプトン、ストーク・シティ、カーディフなどでプレーしたジェイ。2015年2月にムアントン・ユナイテッドからジュビロ磐田に加入すると、日本でのキャリアをスタートさせた。 磐田では2シーズンを過ごし、2015年にはJ2で得点王に輝くなど活躍。2017年からは札幌へと移籍し、今シーズンもプレーしている。 そのジェイだが、10代の後半にてんかんを患ったが、その後もサッカー選手としてのキャリアを積んでいる。てんかんとは、てんかん発作を繰り返す脳の病気で、年齢、性別、人種の関係なく発病。0.5〜1%の人に症状が出ている。 今シーズンはまだピッチに立っていないが、ここまでJ1で通算105試合に出場し48得点、J2で32試合20得点を記録している。 そのジェイは『BBC』で自身が患っている「てんかん」に対する認知度を高めるために力を貸したいと語った。 「僕はみんなにそれを病気のように見られたくはないんだ」 「この件を話したくないスポーツ選手がたくさんいることも知っている。だから、意識を高めることを手伝いたいと思っている。人々を助けたいんだ」 「それは僕のサッカー人生に影響を与えていない」 「(サッカーの場で)発作を起こしたのは1回だけだ。それは約3年前に日本のトレーニング中に起こった」 「彼らは僕がてんかんを発症するまで、僕がてんかんを患っていることを知らなかった。そのあと、てんかんを患っていたために、子供にスポーツをさせてこなかったという多くの人が僕に手紙を書くようになった」 「キャリアを積み、僕の夢を全て達成する事で、彼らは今それが可能だという信念を得ることができたんだ」 「そのおかげで、スポーツに戻った子供もたくさんいる。彼らは、今プレーできるからだ」 「みんなは全ての夢を達成することができる。てんかんの患者であるという責任はあるけど、自分がやりたいことは全て実現することができるよ」 2021.03.27 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌がリーグ無失点の鳥栖から5得点!横浜FMと鹿島も5発圧勝《ルヴァンカップ》

27日、YBCルヴァンカップ第2節の7試合が各地で行われた。 Aグループでは、開幕節で福岡に競り勝った札幌が鳥栖と激突。立ち上がりから一気に試合が動いた。8分、札幌の左CKの場面で福森が上げたクロスをニアで深井が頭で合わせると、GK守田に弾かれたボールが山下に当たりオウンゴールに。 ラッキーな形で先制に成功した札幌はさらにその2分後、ボックス右からルーカス・フェルナンデスが中へ折り返し、ゴール前を抜けてきたボールをボックス左の菅がダイレクトシュート。これが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 記録上2つのオウンゴールで2点のリードを得た札幌は37分、持ち上がった金子からボックス右のL・フェルナンデスに展開。そこからピンポイントのクロスを受けた深井がダイレクトで流し込んで3点目を挙げた。 なおも畳みかける札幌は後半に相手のミスからアンデルソン・ロペスとL・フェルナンデスがゴールを沈めて2点追加。1失点を許したものの、リーグ戦4試合未勝利を払拭する5得点大勝で開幕2連勝を収めた。 Aグループもう一方の福岡vs鹿島も一方的な内容となった。立ち上がり9分に、直近の名古屋グランパス戦でケガから復帰した上田が永戸の右CKを頭で合わせて鹿島が先制。これで一気に流れを引き寄せたアウェイチームは、雨が強くなり始めた28分に、今度は船橋の左CKをファーサイドの荒木がボックス手前からダイレクトボレー。見事に芯を捉えた強烈な一発は、GK永石の正面に飛んでしまうが、勢いと雨の影響でファンブル。股の下から抜けてゴールラインを割った。 攻撃の手を緩めない鹿島は35分にエヴェラウドの縦パスを受けた上田がボックス左からシュートを流し込み3点目。61分にはそのエヴェラウドにも得点が生まれ余裕の展開に持ち込むと、70分に今季プロデビューの林が公式戦初出場。 その後、福岡はグティエレスの来日初ゴールで1点を返すものの焼け石に水。逆に鹿島は後半アディショナルタイムにも広瀬がダメ押しのゴールを挙げて、1-5で大勝。大会2連勝を収め、公式戦の連敗を「2」で止めた。 グループBでは徳島と大分が対戦。開始5分、大分は黒崎が右サイドからクロスを入れると、相手のクリアミスを長沢がボレーシュート。強烈なシュートが突き刺さり、アウェイチームが先制した。 その後はGK高木の好セーブもあり、徳島を完封した大分が勝利。今大会初勝利を収めると共に、公式戦4試合ぶりの白星を挙げた。Bグループもう一方のFC東京vs神戸は翌28日に行われる。 Cグループでは、湘南と首位の横浜FCが対戦。前半はなかなか互いに決定機が作れなったが、迎えた後半立ち上がりに意外な形からゴールが生まれる。47分、バックラインから攻撃を組み立てる横浜FCだったが、パスコースがなく、大きく蹴り出そうとしたGK六反がまさかのスリップ。これを奪った根本がゴールに流し込み、湘南が先制した。 鹿屋体育大学在学中の根本はこれが湘南初ゴール。これで勢いがついたホームチームは62分にも根本が決定機を迎えるが、ここは惜しくも右に逸れてしまう。それでも21歳のゴールを守り切った湘南が今大会初白星。公式戦で3試合ぶりの勝利となった。 もう一方の浦和vs柏も1点を奪い合う展開に。浦和は興梠、柏は細谷と、互いのFWが決定機を迎える中、試合を動かしたのは途中出場のクリスティアーノだった。79分、右CKを獲得した柏は、神谷が右足でアウトスイングのクロスを供給。これをクリスティアーノが頭で合わせて、アウェイチームが先制に成功した。 リーグ戦の不調を払拭したい浦和もどうにかゴールに迫るが、後半アディショナルタイムの明本の狙いすましたシュートは、韓国代表に招集されたGKキム・スンギュに代わってプロデビューを果たしたGK佐々木がファインセーブ。これで柏が0-1で試合をものにし、今大会初勝利を挙げた。 Dグループでは、首位の横浜FMがホームに広島を迎え撃った。リーグ戦では3-3の打ち合いを演じた両チームだが、この日は一方的な展開となる。27分、扇原のパスをボックス右の仲川がワンタッチで折り返し、最後はオナイウ阿道が流し込みホームチームが先制。 その後もポストに嫌われた仲川のシュートなど攻勢を続ける横浜FMは、後半立ち上がりに、その仲川にゴールが生まれてリードを2点に。その5分後の58分には、キックオフ直後のマルコス・ジュニオールの負傷でスクランブル投入されていた天野のパスから左サイドのエウベルがクロス。これを岩田が頭で合わせて3点目。そして64分には、クロスに反応したオナイウのシュートのこぼれ球を拾った仲川が冷静に押し込んで大量4点をゲットした。 さらに90分にも、オナイウがこの日2点目を決めた横浜FMは開幕2連勝。公式戦では4連勝となった。 一方、仙台vs清水では、前半は加藤のヘディングシュートなど仙台が攻勢に出ていた中で、均衡を破ったのはアウェイの清水だった。70分、相手の攻撃をはね返し、ピッチ中央でこぼれ球を拾った鈴木が敵陣の広大なスペースをドリブルで前進。ボックス右に持ち込み、自ら相手DFの股を抜くシュートを決めた。 鈴木はこれがプロ初ゴール。この記念すべきゴールを守り抜いた清水が今大会初勝利。公式戦2連勝を収めた。仙台は公式戦6連敗となった。 ◆第2節 ▽3/27 【Aグループ】 サガン鳥栖 1-5 北海道コンサドーレ札幌 アアビスパ福岡 1-5 鹿島アントラーズ 【Bグループ】 徳島ヴォルティス 0-1 大分トリニータ 【Cグループ】 浦和レッズ 0-1 柏レイソル 湘南ベルマーレ 1-0 横浜FC 【Dグループ】 ベガルタ仙台 0-1 清水エスパルス 横浜F・マリノス 5-0 サンフレッチェ広島 ▽3/28 【Bグループ】 FC東京 vs ヴィッセル神戸 2021.03.27 20:05 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌MF田中駿汰がU-24日本代表から負傷離脱…追加招集なし

日本サッカー協会(JFA)は27日、北海道コンサドーレ札幌に所属するMF田中駿汰のU-24日本代表離脱を発表した。 田中は26日に東京スタジアムで行われた『SAISON CARD CUP 2021』のU-24アルゼンチン代表戦でメンバー外に。横内昭展代行監督は試合後、「少し肉離れという症状が出て、使えない状況だった」と説明した。 なお、田中に代わる選手の招集はなし。第1戦を0-1で惜敗したU-24日本代表は29日に北九州スタジアムに舞台を移して、U-24アルゼンチン代表と再戦する。 2021.03.27 10:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly