「プスカシュ賞だ」セリエAでGKノーチャンスのスーパーバイシクルが決まる!「ゴール・オブ・ザ・シーズンだ」

2021.04.04 19:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAでとんでもないゴールが誕生し、称賛の嵐だ。そのゴールが生まれたのは、3日に行われた第29節のラツィオvsスペツィアの一戦。1-0でラツィオがリードした73分に誕生した。


自陣からのロングフィードを相手が競り合いでミス。これを拾ったエマニュエル・ギャシが左サイドを仕掛けると、ボックス左からクロスを上げる。

ラツィオのDF5人がボックス内で待ち構えていたがクロスはファーサイドに。すると、待ち構えたダニエレ・ヴェルデがバイシクルシュート。これが豪快にゴール右に決まり、スペツィアが同点に追いついた。

見事に捉えたバイシクルシュートは、右隅のクロスバーに当たって決まっており、GKホセ・マヌエル・レイナもノーチャンスだった。

このゴールには「スペツィアのダニエレ・ヴェルデがセリエAのゴール・オブ・ザ・シーズンを決めた」や「セリエAのゴール・オブ・ザ・イヤーだ」、「今なら彼にプスカス賞を与えられる」とスーパーゴールに大きく沸いている。

なお、この試合は終盤にラツィオがPKを獲得し2-1と勝ち越しに成功。その後にラツィオは2人退場するなど、別の意味でも注目を集めてしまった。

1 2
関連ニュース
thumb

パシャリッチのドッピエッタで快勝のアタランタ、レアル・マドリー戦に弾み《セリエA》

アタランタは12日、セリエA第27節でスペツィアをホームに迎え、3-1で快勝した。 前節インテルに惜敗した5位アタランタ(勝ち点49)は、4日後にレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグを控える中、最前線にムリエル、2シャドーにイリチッチとパシャリッチを据えた。 15位スペツィア(勝ち点26)に対し、 開始5分にFKからパシャリッチのヘディングシュートが右ポストに直撃する決定機を演出したアタランタだったが、徐々に攻めあぐねてしまう。 互角の攻防となっていった中、33分にはピンチ。スルーパスでボックス右に侵入されてリッチに枠内シュートを打たれたが、GKスポルティエッロが凌いだ。 ハーフタイムにかけても攻めあぐねていたアタランタだったが迎えた後半、54分に先制する。トロイのパスを受けたイリチッチがボックス右深くまで侵入。マイナスに折り返し、ボックス中央で受けたパシャリッチが冷静にゴールへ蹴り込んだ。 さらに1分後、アタランタが一気に突き放す。ボックス手前左からムリエルが見事なコントロールシュートをゴール右に決めた。 そして73分、アタランタが勝負を決定付ける。サパタのパスをボックス中央で受けたパシャリッチがGKとの一対一を制した。 その後、1失点を喫したアタランタだったが、3-1で快勝。レアル・マドリー戦に弾みを付けている。 2021.03.13 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ピルロ采配的中のユベントス、途中出場モラタのゴールを引き金にスペツィアに3発快勝!《セリエA》

ユベントスは2日、セリエA第25節でスペツィアとホームで対戦し3-0で勝利した。 直近の公式戦5試合でわずか1勝の3位ユベントス(勝ち点46/1試合未消化)は、1-1の引き分けで終えた前節のヴェローナ戦先発を2人変更。ベルナルデスキとラムジーに代えてマッケニーとダニーロが先発。さらに、先発に名を連ねていたデ・リフトの欠場がウォーミングアップ後に急遽決定し、フラボッタが先発で起用された。 14位スペツィア(勝ち点25)に対し、ユベントスは9分にチャンス。ベンタンクールのロングパスから右サイドを抜け出したキエーザがGKとの一対一の場面を迎えたが、オフサイドの判定となる。 前線からハイプレスをかけるスペツィアに苦戦するユベントスは、35分にキエーザの左CKからファーサイドのデミラルが頭で合わせたが、ふわりと浮いたボールは相手GKにキャッチされた。 その後、ややバタついたユベントスだったが、ハーフタイムにかけて押し込む展開とすると、42分にクルゼフスキのパスをボックス左手前で受けたC・ロナウドが縦に切り込みシュート。しかし、これは右ポストを直撃し、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半はユベントスが立ち上がりから何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、集中した守りを見せるスペツィア守備陣を攻略することができず、なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。 先制点の遠いユベントスは、61分にマッケニーとフラボッタを下げてモラタとベルナルデスキを投入。すると62分、アレックス・サンドロのロングパスで左サイドを抜け出したベルナルデスキがボックス左深くまで切り込みクロスを供給。ニアに走り込んだモラタがワンタッチでネットを揺らすと、一度はオフサイドと判定されたもののVARの末にゴールが認められた。 待望の先制点を奪ったユベントスは、71分にもスルーパスで左サイドを抜け出したベルナルデスキがボックス左に切り込み、ラストパスを供給。これ中央で収めたキエーザがシュート。一度はGKプロベデルに弾かれたが、こぼれ球に反応したキエーザが倒れ込みながらゴールに流し込んだ。 さらに77分には、ペナルティアーク左手前で獲得したFKからC・ロナウドが直接ゴールを脅かしたが、これは相手GKのセーブに防がれた。 その後、スペツィアの反撃を受けたユベントスだが、これを凌ぐと89分にチャンス。中盤でボールをカットしたベンタンクールがカウンターを仕掛けると、ラストパスをバイタルエリア中央で受けたC・ロナウドが難なくゴールネットを揺らした。 試合を決定づける3点目を奪ったユベントスは、後半アディショナルタイムにPKを献上したが、ガラビノフのPKはGKシュチェスニーが完璧な読みでビッグセーブ。結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。快勝したユベントスが、次節行われるラツィオとの上位対決に向けて弾みを付けた。 2021.03.03 06:48 Wed
twitterfacebook
thumb

躍動スペツィアに完敗のミラン、首位陥落の可能性《セリエA》

ミランは13日、セリエA第22節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、0-2で完敗した。 前節クロトーネ戦をイブラヒモビッチとレビッチのドッピエッタで快勝とし、2位インテルとの2ポイント差を維持した首位ミラン(勝ち点49)は、カラブリアが出場停止となったものの、ケアーとベナセルが負傷から復帰し、コロナ陰性となって前節途中出場のチャルハノールが先発からの起用となった。 16位スペツィア(勝ち点21)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、チャルハノール、レオンと並べたミランは序盤、タイトな守備を受けてボールを思うように前に運べない状況を強いられた。 すると13分にはCKの流れからサポナーラに決定的なシュートを許すも、GKドンナルンマが好守で凌ぐ。 その後、セットプレーでゴールに迫ったミランだったが、奮闘するスペツィアの前に流れを引き寄せるには至らずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もペースを握れずにいたミランは56分に先制される。ショートカウンターの流れでボックス内に5人がなだれ込む分厚い攻めを受けると、最後はマッジョーレに押し込まれた。 流れを変えたいミランは3枚替えを敢行しマンジュキッチらを投入するも、67分に追加点を奪われる。FKのサインプレーからボックス手前左のバストーニにミドルシュートを叩き込まれた。 結局、終盤にかけても反撃できなかったミランはまさかの完敗に終わり、明日インテルがラツィオに勝利すると首位陥落となる結果に終わってしまった。 2021.02.14 06:43 Sun
twitterfacebook
thumb

前半4発のナポリがスペツィアの追い上げ振り切る! アタランタ待つ準決勝進出!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、ナポリvsスペツィアが28日にディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、4-2で勝利したナポリが準決勝進出を決めた。   5回戦でエンポリを破ったセリエA6位のナポリと、ローマ相手に番狂わせを起こした15位のスペツィアによる準決勝進出を懸けた一戦。直近のリーグ戦でヴェローナに1-3で敗れたナポリは先発5人を変更し、前線はロサーノを最前線に置いて右にポリターノ、左にインシーニェという構成となった。   立ち上がりから相手を押し込んだナポリは5分、セットプレーの二次攻撃から相手GKの拙い対応もあってボックス右でフリーのヒサイが折り返すと、これを攻め残っていたクリバリがワンタッチで押し込んで開始早々にゴールをこじ開ける。   さらに、20分には右サイドでのスローインの流れからデンメが背後の広大なスペースに蹴ったボールに対してうまくオフサイドをかいくぐったロサーノがGKとの一対一を難なく制して3点目を奪取。さらに、30分にはボックス手前左でボールを持ったジエリンスキに対して大外でボールを呼び込んだポリターノが対面のDFを完璧なタイミングで入れ替わってゴール前に抜け出し、GKの寸前でのチップキックであっさりとゴールネットを揺らした。   その後、40分にはカウンターからインシーニェの丁寧なスルーパスに抜け出したエルマスがボックス右からコースを狙った右足のシュートを流し込み、前半だけで4ゴールを挙げる圧倒的な戦いを見せた。   迎えた後半も選手を積極的に入れ替えながら省エネモードの戦いを見せるホームチームが危なげなく試合を進めていく。だが、後半半ばの70分過ぎには緩慢な守備対応からギャシ、アカンポーラと立て続けにゴールネットを揺らされて点差を一気に2点に縮められた。   そのため、試合終盤はアタッカーを削ってディ・ロレンツォ、バカヨコと守備的な選手の投入で逃げ切りを図るバタバタした展開となったが、きっちり2点のリードを守り切った。そして、格下スペツィアに快勝のナポリがヴェローナ戦の敗戦を払しょくすると共に、アタランタが待つ準決勝進出を決めている。 2021.01.29 07:16 Fri
twitterfacebook
thumb

土壇場被弾で逃げ切り失敗のローマを生え抜き“ロッロ”が救う! ローマがスペツィアにコッパのリベンジ!《セリエA》

セリエA第19節、ローマvsスペツィアが23日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが4-3で勝利した。 現在、セリエAで4位に付けるローマだが、前節は宿敵ラツィオとのデルビーに0-3で惨敗。さらに、ミッドウィーク開催となったコッパ・イタリアではスペツィアに延長戦の末に2-4で敗戦。さらに、同試合では不適切な形で6枚の交代枠を使用し、最終的には没収試合扱い(0-3の敗戦)で敗退する赤っ恥まで欠いた。 この公式戦連敗によってフォンセカ監督の去就問題が騒がしくなった中、今回の一戦ではスペツィア相手にリベンジを狙った。ジェコやペドロ、ムヒタリアンと前線の主力をいずれも負傷で欠いたため、代役のマジョラルとカルレス・ペレスがペッレグリーニと共に前線のアタッキングユニットを組んだ。 コッパのリベンジに燃えるホームチームは立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。すると17分、左サイドのハーフウェイライン付近でボールを持ったスピナッツォーラからの浮き球パスに完璧なタイミングで抜け出したペッレグリーニがそのままボックス内まで運んで丁寧なグラウンダーのラストパスを送ると、これをマジョラルが冷静に流し込んだ。 コッパで再三の決定機を逸して戦犯の一人に挙がったマジョラルの先制弾で余裕を持った試合運びが可能になったローマだが、わずか数分後に相手のファーストチャンスをゴールに結びつけられる。24分、相手のロングボールに対してDFスモーリングとDFクンブラの動きが重なってクリアし損ねたボールをボックス右でファリアスに収められると、グラウンダーの折り返しをGKパウ・ロペスが何とか触ったこぼれをピッコリに押し込まれた。 またしても守備面で脆さを見せたローマだが、この失点で下を向くことなくすぐさま2点目を奪いに行く。両ウイングバックの果敢な攻撃参加に加え、マジョラルとペッレグリーニが良い距離感でコンビネーションプレーを披露。前半終了間際の45分にはボックス手前のペッレグリーニが強烈な右足のシュートを枠に飛ばすが、これは相手GKのビッグセーブに阻まれた。 それでも、攻撃面で良いフィーリングを得て後半に臨んだホームチームは早い時間帯に勝ち越しに成功する。52分、ヴェレトゥとのパス交換で中央を突破したマジョラルがボックス手前でボールを受け直すと、冷静な持ち出しでDFを外してシュートコースを作り出し、丁寧な右足のコントロールシュートをゴール右隅に流し込んでドッピエッタを記録した。 さらに畳みかけるローマは55分、左サイドで縦に仕掛けたスピナッツォーラが一度マジョラルにボールを預けて前線のスペースにスプリント。ヒールでのリターンパスに抜け出してボックス左ライン際で丁寧な折り返しを供給。これをファーに詰めたカルスドルプが冷静に流し込み、ローマでの初ゴールを挙げた。 これで勝負ありかに思われたが、脇が甘いローマは直後の59分に簡単に中央を割られてファリアスにゴールを決められ、連続失点で気落ちしていたアウェイチームに戦う勇気を与えてしまう。 この2失点目によって生じたバタつきを修正して再び攻勢に転じたローマは、ここから鋭いカウンターで再三の決定機を創出。だが、トリプレッタが懸かるマジョラル、ペッレグリーニ、カルレス・ペレスらがことごとくチャンスをフイにしてしまい、試合を殺すことができない。 その後、クリスタンテやディアワラと守備的な交代カードを切って逃げ切り態勢に入ったローマだったが、痛恨のミスから同点に追いつかれる。90分、ファリアスの裏を狙ったヘディングパスに対してDFスモーリングが痛恨の空振り。これに反応したヴェルデにGKとの一対一を決められ、コッパでの決勝点に続き2試合連続の恩返しゴールを献上した。 これで万事休すかに思われたローマだが、この窮地を救ったのは生え抜きのカピターノ候補だった。92分、相手陣内左サイドでヴェレトゥ、クリスタンテ、スピナッツォーラと繋ぎスペースに飛び出したスピナッツォーラがゴールラインギリギリで浮き球の折り返しを供給。これをファーで収めたブルーノ・ペレスが胸トラップからボールを収めて冷静に折り返すと、ゴール前のペッレグリーニが右足ダイレクトで蹴り込んだ。 そして、“ロッロ”の愛称で知られるローマっ子の劇的な一撃でスペツィアにリベンジを果たしたローマが多数の主力不在を撥ね退けて公式戦3試合ぶりの白星を手にした。 2021.01.24 01:12 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly