「プスカシュ賞だ」セリエAでGKノーチャンスのスーパーバイシクルが決まる!「ゴール・オブ・ザ・シーズンだ」

2021.04.04 19:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAでとんでもないゴールが誕生し、称賛の嵐だ。そのゴールが生まれたのは、3日に行われた第29節のラツィオvsスペツィアの一戦。1-0でラツィオがリードした73分に誕生した。

自陣からのロングフィードを相手が競り合いでミス。これを拾ったエマニュエル・ギャシが左サイドを仕掛けると、ボックス左からクロスを上げる。

ラツィオのDF5人がボックス内で待ち構えていたがクロスはファーサイドに。すると、待ち構えたダニエレ・ヴェルデがバイシクルシュート。これが豪快にゴール右に決まり、スペツィアが同点に追いついた。

見事に捉えたバイシクルシュートは、右隅のクロスバーに当たって決まっており、GKホセ・マヌエル・レイナもノーチャンスだった。

このゴールには「スペツィアのダニエレ・ヴェルデがセリエAのゴール・オブ・ザ・シーズンを決めた」や「セリエAのゴール・オブ・ザ・イヤーだ」、「今なら彼にプスカス賞を与えられる」とスーパーゴールに大きく沸いている。

なお、この試合は終盤にラツィオがPKを獲得し2-1と勝ち越しに成功。その後にラツィオは2人退場するなど、別の意味でも注目を集めてしまった。

1 2
関連ニュース
thumb

スペツィア、トゥールーズの右SBアミアンを獲得

スペツィアは22日、トゥールーズのフランス人DFケルビン・アミアン・アドゥー(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの5年間で、移籍金は350万ユーロ(約4億5000万円)とのことだ。 U-21フランス代表歴を持つ、右サイドバックを本職にセンターバックでもプレー可能なアミアンは、トゥールーズの下部組織出身。トゥールーズではこれまで公式戦156試合に出場。昨季はリーグ・アン33試合に出場して4ゴールを挙げていた。 2021.07.23 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スペツィアに2年間の補強禁止処分…未成年の移籍に関する違反…

国際サッカー連盟(FIFA)は16日、未成年者の移籍に関する規則違反を犯したセリエAのスペツィアに対して2年間の補強禁止処分を科した。 スペツィアは今回の処分を受け、2022年1月から4つの移籍ウインドーで新たな補強選手の登録ができないことになった。 FIFAは今回、スペツィア、セリエDのUSDラヴァニェーゼ1919、ASDヴァルディヴァラの3クラブに関して、未成年のナイジェリア人選手を獲得した際に違反行為があったとの疑いで調査を行っていた。 その結果、プレーヤーのステータスと移籍に関するFIFA規則への違反及び、イタリア国内の国内移民法に抵触する違反が行われたことを確認。そして、スペツィアに対しては前述の4つの移籍ウインドーの補強禁止及び、50万スイスフラン(約6000万円)の罰金処分を科した。 昨シーズンのセリエAを15位でフィニッシュしたスペツィアは、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ前監督がフィオレンティーナに引き抜かれたため、先日にチアゴ・モッタ氏を新指揮官に招へいした。 しかし、今回の処分によってモッタ氏はセリエA残留を目指す上でいきなり大きな足かせをはめられることになった。 2021.07.16 19:39 Fri
twitterfacebook
thumb

スペツィアが噂通りチアゴ・モッタ氏を新指揮官に招へい!

スペツィアは8日、新監督にイタリア人指揮官チアゴ・モッタ氏(38)を招へいしたことを発表した。 スペツィアでは先日、昨季までチームをセリエA残留に導いたヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督がフィオレンティーナの引き抜きに遭い、新シーズンに向けて新監督探しを急ピッチで進めていた。 複数の後任候補が挙げられた中で白羽の矢が立ったのが、 2018年にパリ・サンジェルマン(PSG)で現役を引退したチアゴ・モッタ氏だ。 現役引退後、PSGのU-19で監督業をスタートしたチアゴ・モッタ氏は、2019年10月からジェノアで指揮を執ったが、10試合で2勝3分け5敗に終わり、わずか2カ月で解任。その後はフリーの状態が続いていた。 なお、チアゴ・モッタ氏はイタリアーノ前監督の様に[4-3-3]の戦術スタイルを好んでおり、現状のメンバーにとって馴染みやすいはずだ。 2021.07.09 08:10 Fri
twitterfacebook
thumb

スペツィア、イタリアーノ前監督の後任にチアゴ・モッタ氏を検討か

スペツィアが、チアゴ・モッタ氏(38)の監督招へいを検討しているようだ。イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 同クラブでは先日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督がフィオレンティーナの引き抜きに遭った。当時セリエBだった2019年に就任し、その1年目にクラブ史上初のセリエA昇格に導くと、昨季は15位でフィニッシュし残留を果たしていた。 新シーズンに向けて新監督探しを急ピッチで進めているところだが、複数の候補の中にチアゴ・モッタ氏も含まれているようだ。 2018年にパリ・サンジェルマンで現役を引退したチアゴ・モッタ氏は、同クラブのU-19で監督業をスタート。2019年10月からジェノアで指揮を執ったが、10試合で2勝3分け5敗という成績で、2カ月で解任されていた。 なお、戦術スタイルはイタリアーノ前監督の様に[4-3-3]を好むため、現状のメンバーにとって馴染みやすいメリットがあるようだ。 2021.07.04 21:31 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがイタリアーノ新監督就任を発表! ガットゥーゾ電撃退任受けスペツィアから引き抜き

フィオレンティーナは6月30日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ氏(43)の新指揮官招へいを発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となるが、1年間の延長オプションが付随している。 なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、6月初めにスペツィアと2023年までの契約延長にサインしたイタリアーノ氏の引き抜きに際して、フィオレンティーナは契約解除金の100万ユーロ(1億3200万円)の支払いと、同氏のチームスタッフを同行させるためにユース選手を譲渡することになるようだ。 今シーズンのセリエAを13位で終え、ジュゼッペ・イアキーニ監督(57)の退任が決定していたフィオレンティーナは来季からの新指揮官として前ナポリ指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の就任を5月25日に発表。 しかし、補強について上層部との間で意見の相違があったとして、先月17日に双方合意の下でガットゥーゾ氏の退任が発表されていた。 ヴィオラの新指揮官に就任したイタリアーノ氏は、現役時代に中盤の選手としてエラス・ヴェローナやジェノア、キエーボといったクラブで活躍。現役引退後はヴェネツィアのアシスタントコーチやトラパニの指揮官を歴任し、2019年に当時セリエBのスペツィアの指揮官に就任した。 そして、就任1年目に昇格プレーオフを制してクラブ史上初のセリエA昇格に導いたほか、今シーズンのセリエAを15位でフィニッシュさせていた。 2021.07.01 01:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly