好調アセンシオ&ベンゼマ揃い踏みのマドリーが公式戦4連勝! エイバルは後半投入の乾に2度の見せ場も泥沼の12戦未勝利…《ラ・リーガ》

2021.04.04 01:09 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第29節、レアル・マドリーvsエイバルが3日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士は後半頭から途中出場。一方、FW武藤嘉紀は招集外となった。前節、セルタ相手に苦戦しながらもエースFWベンゼマの公式戦4戦連発となる2試合連続のドブレーテの活躍で勝ち切った3位のマドリー(勝ち点60)。来週からエル・クラシコを挟んでチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝リバプール戦という重要な3連戦を控える中、今節は降格圏に沈む18位のエイバル(勝ち点23)と対戦した。ジダン監督は負傷で招集外のセルヒオ・ラモスやアザールに加え、クロース、ヴァラン、ヴィニシウスをベンチに置き、負傷明けのマルセロや、ミリトン、イスコを先発で起用。[3-4-1-2]の布陣で臨んだ。

一方、前節はアスレティック・ビルバオ相手に1-1のドローと健闘を見せたものの、11戦未勝利と泥沼が続くエイバルでは乾が引き続きベンチスタートなり、武藤はケガの影響で再びメンバー外となった。


立ち上がりから攻勢を仕掛けるマドリーは畳みかける攻めでいきなりゴールに迫っていく。まずは3分、ポソの不用意なGKへのバックパスをかっさらったベンゼマがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、ここはGKドミトロビッチのビッグセーブに遭う。続く5分にはマルセロからの正確なクロスを再びベンゼマが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。

以降も内と外を巧みに織り交ぜた攻撃でエイバルのプレスをいなして良い形の攻めを続けるホームチーム。21分にはアセンシオの直接FKがクロスバーを叩く場面も作ったが、時間の経過と共にやや攻撃が停滞し始める。

その流れの中で36分には右サイドへの大きな展開からルーカス・バスケス、イスコと繋いでゴール前のアセンシオが巧みなワンタッチシュートでGKの股間を抜きゴールネットを揺らす。だが、これはVARのレビューの結果、戻りオフサイドを取られてしまいゴールは認められず。

それでも、前半終了間際の41分には中盤でのカウンタープレスでディオプの縦パスをカットしたカゼミロが右足アウトにかけた絶妙なスルーパスを通すと、巧みなファーストタッチでDFを一気に振り切ったアセンシオがゴール前でバランスを崩しながらも左足のシュートを流し込み、自身初の公式戦3試合連続ゴールとした。

圧倒したマドリーが1点リードで折り返した中、ビハインドを追うエイバルが先に動く。前半に足を痛めた上、1枚カードをもらっていたブライアン・ヒルを下げて乾を同じ左ウイングに入れた。

エイバルの反撃が期待されたものの、後半も主導権を譲らないマドリー。52分にはボックス手前右でベンゼマからパスを受けたアセンシオが鋭い左足のシュートを放つが、これはGKドミトロビッチのワンハンドセーブに阻まれた。

追加点こそ奪えないものの危なげなく試合をコントロールするホームチームは61分、モドリッチと殊勲のアセンシオを下げてロドリゴ、クロースをピッチに送り出す。この交代直後の62分にはL・バスケスのバックパスが濡れたピッチで大きく伸びてあわやオウンゴールというピンチを招くが、ここはGKクルトワが何とか掻き出して事なきを得る。

その後、68分にイスコとマルセロを下げてヴィニシウス、アリーバスの若手2選手をピッチに送り出すと、この選手交代が試合を決定づける追加点をもたらした。73分、左サイドで仕掛けたヴィニシウスがそのままボックス内に侵入し丁寧な浮き球のクロスを入れると、ボックス中央でフリーとなったベンゼマが頭で合わせ、公式戦5試合連続ゴールとした。

これで勝利を確信したマドリーはベンゼマを下げてマリアーノを最後の交代カードとして投入。対して一矢報いたいエイバルは乾が74分に個人技から枠内シュートを放つなど、キケ・ガルシアら前線の選手が単発ながらフィニッシュに絡む。さらに、87分には右CKの二次攻撃からボックス左でクリアボールに反応した乾が右足のジャンピングボレーシュートを枠の左下隅に飛ばすが、これはGKクルトワの好守に阻まれた。

そして、試合はこのまま2-0のスコアでタイムアップを迎え、好調のアセンシオとベンゼマの揃い踏みの活躍によって公式戦4連勝のマドリーがCLリバプール戦に大きな弾みを付けた。一方、完敗のエイバルは泥沼の12戦未勝利となった。
関連ニュース
thumb

キケ・ガルシア圧巻ハットのエイバルが17戦ぶりの白星! 乾&武藤も途中出場で奇跡の逆転残留へ大きな勝ち点3《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節、エイバルvsアラベスが1日にイプルーアで行われ、ホームのエイバルが3-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士、FW武藤嘉紀は共に82分から途中出場した。 5連敗で16戦未勝利の最下位エイバル(勝ち点23)が、16位のアラベス(勝ち点31)との残留争い直接対決に挑んだバスク自治州ダービー。 前節、武藤が7戦ぶりの戦列復帰を果たすもレアル・ソシエダに0-1で敗れた泥沼のエイバル。逆転での残留に向けて勝ち点3必須の一戦では乾、武藤共にベンチスタートとなった。 この試合、キケ・ガルシアとセルジ・エンリクを最前線に並べた[4-4-2]で臨んだエイバルは開始早々にゴールをこじ開ける。相手陣内右サイド深くでのロングスローを繋ぎ、ブライアン・ヒルのヘディングパスに反応したゴール前のキケ・ガルシアがうまく収めて右足で流し込んだ。 幸先よく先制に成功したエイバルはここで引くことなく前から圧力をかけて主導権を握りにかかる。押し込む形を作り出した中でディオプが良い形でミドルシュートを放つなど、追加点を期待させる攻撃を見せた。 前半30分過ぎからはビハインドのアラベスが押し込む状況が続くが、エイバルもきっちり中央を締めてゴール前では自由を与えない。逆に、カウンターアタックから36分にエドゥ・エスポジト、40分にはブライアン・ヒルに決定機が訪れるが、いずれもフィニッシュの質を欠き前半の内に2点目を奪い切るまでには至らなかった。 しかし、後半も頼れるエースがチームに強力な追い風をもたらす。立ち上がりの50分、ロングボールをセルジ・エンリクが収めて左サイドに流れたエスポジトに短く繋ぐと、エスポジトの鋭いクロスをニアに飛び込んだキケ・ガルシアが難度の高い右足ボレーで合わせ、ドブレーテを達成した。 さらに、止まらないエイバルのベテランストライカーは59分、ショートカウンターからボックス左でラファ・ソアレスからのパスを足元で受け、角度のないところから見事な右足のシュートをゴール右上隅に流し込み、ハットトリックを達成した。 今季最多3ゴールを奪い余裕の展開となったエイバルはやや後方に重心を置き、相手の前がかりな攻撃を受け止めながらカウンターから4点目を目指す戦い方にシフト。 その後、82分には殊勲のキケ・ガルシアとブライアン・ヒルを下げて武藤と乾を同時投入。両者に攻撃面で見せ場は訪れぬも、前線からの強度の高い守備できっちり逃げ切りに貢献した。 そして、残留争いのライバル相手に会心の勝利を収めたエイバルは連敗を「5」でストップすると共に、今年1月3日のグラナダ戦以来、17戦ぶりの白星を奪取。奇跡の逆転残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2021.05.01 22:51 Sat
twitterfacebook
thumb

5連敗で迫る降格…エイバル指揮官は「最後の瞬間まで楽しみ続けたい」と残り5試合に気合い

エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督がラ・リーガ最下位に沈むチームの現状を嘆いている。スペイン『マルカ』が伝えた。 日本代表MF乾貴士とFW武藤嘉紀も所属するエイバルは26日に行われた第32節でレアル・ソシエダと対戦。1月3日に行われた第17節のグラナダ戦での白星を最後に15試合未勝利で、最下位が定位置となりつつある状況を変えるためにも勝利が必要な試合だったが、0-1のスコアで敗れた。 この結果、リーグ5連敗となったエイバルは残り5試合で残量圏内まで7ポイント差となっており、残留に向けて非常に厳しい状況となっている。 試合後のインタビューに応じたメンディリバル監督は厳しい敗北になったと認めつつ、週末に行われる次節の16位アラベス戦での必勝を誓った。 「今の状況でこの敗北は厳しい。今日の後半は良いプレーができたが、ゴールは決められなかった。前半は恐れがありリスクを取れなかったものの、後半はより多くのボールを奪うなど選手たちはすべて出し切ったと思う。現状、相手エリアに入ったときの鮮明さには欠けるが、そこに入れば入るほどチャンスも増える以上、続けなければならない」 「残り5試合について今は考えていない。(次節の)アラベス戦のことのみを心配しているからだ。残留争いのライバルではあるが、現状彼らは我々にかなりのポイント差をつけている。勝つことで不確実性を生み出し、他のライバルたちを緊張させることができればと思う」 「残留圏内まで7ポイントもあり、チャンスが少ないのは明らかだ。しかし、チャンスがある以上は戦うしかない。今週末は直接のライバルと対戦し、勝つことで勝ち点3を奪いたい。そうすれば、困難な状況に変わりなくても少しだけ明確になるだろう。我々より上のチームに不確実性を与え、彼らは降格するだろうと思われないようにすることが重要だ」 また、メンディリバル監督は未勝利の続く厳しさに言及。残留は難しくなっているものの、最後までこのシーズンを楽しみたいと語った。 「誰もこんな事態を予想していなかった。2、3カ月前から調子は悪かったが、当時は降格圏外だったからね。長い間勝利がなく、毎日少しずつ辛くなっていった。このような状況に置かれるのは簡単ではない。我々は5年間、快適に過ごしてきた。これからはトレーニングでも試合でも、最後の瞬間まで楽しみ続けたいと思っている」 2021.04.27 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤が7試合ぶりの復帰もエイバルは泥沼の5連敗…《ラ・リーガ》

エイバルは26日、ラ・リーガ第32節でレアル・ソシエダと対戦し0-1で敗戦した。エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場せず、FW武藤嘉紀は68分からプレーした。 4連敗中で再開に沈むエイバル(勝ち点23)が、5位ソシエダ(勝ち点50)をホームに迎えた一戦。エイバルの乾は4試合連続のベンチスタート、ケガから復帰の武藤は7試合ぶりにベンチ入りしている。 試合が動いたのは26分、左CKをボックス中央のル・ノルマンが頭で合わせると、最後はゴール前でフリーのイサクが左足で流し込み、ソシエダが先制した。 反撃に出たいエイバルだったが、再びチャンスを迎えたのはソシエダ。29分、オヤルサバルのサイドチェンジを左サイドで受けたバレネチェアが早いタイミングでクロスを供給。これをボックス内で収めたイサクが決定機を迎えたが、シュートはGKドミトロビッチがセーブした。 1点のビハインドで後半を迎えたエイバルは、ペドロ・レオンを下げてエスポジトを投入。さらに68分にはパペ・ディオプには武藤をピッチに送り出した。 すると77分、エイバルはブライアン・ヒルのパスでボックス左深くまで抜け出した10がシュート。さらに相手GKの弾いたボールを武藤が詰めると、DFに当たったこぼれ球をブライアン・ヒルが狙ったが、これも相手DFにブロックされた。 後半だけで10本以上のシュートを放つ猛攻を見せたエイバルだったが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、0-1で敗戦した。残留圏内の17位エルチェとの勝ち点差を縮めることはできなかった。 2021.04.27 07:10 Tue
twitterfacebook
thumb

乾&武藤欠場のエイバルが2戦連続の大量失点で4連敗…《ラ・リーガ》

エイバルは22日、ラ・リーガ第31節でグラナダと対戦し、1-4で敗戦した。エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場せず、FW武藤嘉紀はケガの影響で招集外となった。 リーグ戦14試合勝利のない最下位エイバル(勝ち点23)が、9位グラナダ(勝ち点39)のホームに乗り込んだ一戦。エイバルの乾は2試合連続のベンチスタートとなり、武藤は招集外となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、エイバルは21分にピンチ。A・プエルタスのパスをペナルティアーク内で受けたソルダードが反転から右足を振り抜くと、これがゴール右に突き刺さった。 反撃に出たいエイバルだったが、再びスコアを動かしたのはグラナダだった。37分、ショートコーナーの流れからモントロが右クロスを上げると、相手DFクリアミスをボックス左手前のA・プエルタスがダイレクトシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 迎えた後半、2点を追うエイバルはラファ・ソアレスを下げてペドロ・レオンを投入。すると55分、敵陣左サイドで獲得したFKからレシオがクロスを入れると、相手DFのクリアボールをボックス内のセルヒオ・アルバレスがボレーシュート。しかし、これは枠の上に外れた。 さらにエイバルは、61分にも中盤でパスカットしたペドロ・レオンがドリブルでショートカウンターを仕掛けると、飛び出したGKの頭上を越すループシュートを放ったが、これもわずかに枠の上に外れた。 攻勢を続けるエイバルは64分に1点を返す。ペドロ・レオンのアーリークロスをボックス内で受けたキケ・ガルシアが反転でDFをかわし、シュートをゴール左に突き刺した。 1点を返して勢いづきたいイバルだったが、77分にホセ・アンヘルのパスミスを中盤で奪われると、ゴナロンのパスを右サイドで受けたビクトル・ディアスがワンタッチで前線へパス。このパスで抜け出したケネディがボックス右からの供給した折り返しを最後はソルダードに流し込まれた。 さらに81分には、ホセ・アンヘルの中途半端なバックパスをボックス右でカットしたケネディにそのまま流し込まれ、試合を決定づける4点目を奪われた。 結局、試合はそのまま1-4でタイムアップ。エイバルは2試合連続の大量失点で4連敗となった。 2021.04.23 06:15 Fri
twitterfacebook
thumb

首位アトレティコが最下位エイバルにマニータの圧勝! コレア&ジョレンテがドブレーテの共演!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第33節、アトレティコ・マドリーvsエイバルが18日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが5-0で圧勝した。なお、エイバルのMF乾貴士は63分からプレーし、FW武藤嘉紀は招集外となった。 首位キープを狙うアトレティコ(勝ち点67)が、13戦未勝利で最下位に沈んだエイバル(勝ち点23)をホームで迎え撃った一戦。 前節、ベティス相手に1-1のドローに終わり2戦未勝利のアトレティコは、2位のレアル・マドリーとのポイント差が「1」に縮まり、悲願の優勝に向けて勝ち点逸が許されない状況に追い込まれている。スアレスに続きフェリックスを負傷で欠く中、この試合ではコレアの相棒にサスペンション明けのマルコス・ジョレンテを配置した[4-4-2]で臨んだ。 一方、降格圏脱出に向けて勝ち点必須のエイバルでは前節スタメンの乾がベンチスタートとなり、武藤はケガの影響で招集外となった。 [4-1-4-1]の両ウイングにポソ、ケビン・ロドリゲスとサイドバックでもプレー可能な守備的な選手を配置したエイバルに対して、ホームのアトレティコがボールを握る展開が続く。 しかし、スアレスやフェリックス、レマルの不在によって中央を締める相手の守備に対してなかなか良い形で揺さぶりをかけられず、可能性の低いミドルシュートで攻撃を完結する場面が目立つ。逆に、前がかりな左サイドを引っくり返されてポソやアレイシ・ガルシアらに際どいクロスを上げられる場面も散見した。 我慢比べの展開を強いられたアトレティコだが、前半終盤にかけてカラスコ、エレーラとようやく枠内シュートまで持ち込むと、畳みかける攻めで一気にゴールを積み重ねた。 まずは42分、右CKの場面でトリッピアーのクロスをニアのエレーラがバックヘッドでフリックすると、ゴール左に流れたボールにサビッチと共に飛び込んだコレアがワンタッチで流し込む。さらに、直後の44分にはエレーラからのロングフィードを受けたロージ、カラスコと左サイドを完璧に崩し、ボックス左のライン際でカラスコがマイナスに折り返したボールを再びコレアが見事な反転シュートで右隅に流し込んだ。 コレアのドブレーテの活躍によって2点リードで試合を折り返したアトレティコは、ここ最近の得点力不足が嘘のように攻撃陣が爆発する。 49分、自陣中央のサウールからのフィードに完璧なタイミングで抜け出したカラスコがボックス外に飛び出したGKを冷静にドリブルでかわし、無人のゴールへ右足のシュートを流し込み、ベティス戦に続く2試合連続ゴール。さらに、53分には再びサウールのフィードに抜け出した左サイドのロージがサポートに来たコレアに繋ぐと、ボックス左から折り返したボールにフリーで走り込んできたジョレンテが右足で流し込み、4点目まで奪って見せた。 これで余裕の試合展開となったことで、シメオネ監督は殊勲のコレアとコケを下げてムサ・デンベレ、ビトロを61分に同時投入。対するエイバルは同じタイミングでドゥフル、A・ガルシアを下げてパウロ・オリベイラ、乾を投入。この交代で並びを[3-4-2-1]に変更し、乾は左のシャドーに入った。 この交代をキッカケに一矢報いたいエイバルだったが、逆にトドメの5点目を献上。68分、ボックス左でタメを作ったカラスコから短いマイナスのパスを受けたジョレンテが難なくシュートを流し込み、コレアに続くドブレーテを達成した。 その後、エレーラ、カラスコ、サビッチを下げてコンドグビア、トレイラ、フェリペを投入し、15分を残して5枚の交代枠をすべて使い切ったアトレティコは以降、エイバルの攻撃をシュート0に抑え込む完璧な試合運びでこのまま試合を締めくくった。 そして、両エース不在を感じさせないマニータの圧勝を飾ったアトレティコが3試合ぶりの勝利で首位キープに成功。一方、屈辱の大敗となったエイバルは3連敗含む泥沼の14戦未勝利となった。 2021.04.19 01:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly