ロティーナ監督が現役復帰!?背番号は「本人の強い希望」により11番

2021.04.01 12:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは1日、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(63)が選手として現役復帰することを発表した。クラブの発表によると、今後は監督を兼務しながら選手としてプレーするとのことだ。


また、背番号は本人の強い希望により11番となり、これまで11番で登録していた中山克広は、41番に変更となる。

ロティーナ監督は、現役時代にはムンギアやゲルニカクラブ、ログロニョス、カステジョンなどでプレー。1988年に現役を引退し、指導者の道を歩んでいた。

なお、清水はロティーナ監督の選手登録を申請中であり、4日に行われる明治安田生命J1リーグ第7節の徳島戦から出場可能となる見込みだ。実現した場合、63歳のロティーナ監督はJリーグ史上、最年長現役選手となる。

ロティーナ監督はクラブを通じてコメントしている。

「私が求めるサッカーをエスパルスで実現させるためにはどうしたらいいか、これまで自問自答してきました。そして、そのためには私自身が現役として復帰し、プレーすることが早道だと考え、今回の現役復帰を決断しました。また、何より私自身がプレーすることへの情熱が未だ冷めることなく持ち続けております」

「この発表に至るにあたり、大熊GMに幾度となく相談しましたが、なかなか同意を得ることは出来ませんでした。しかし最後には私の熱い情熱と堅い決意を理解していただき、大変感謝しています。FWとして誰よりもゴールを決め、エスパルスに恩返ししたいと思いますし、貢献できると確信しています」

「サポーターの皆さんには若い頃のようなアグレッシブなプレーをお見せしたいと思いますので、これまで以上に熱いご声援をお願いします」

また、背番号を変更した中山もコメントしている。

「このたび、ロティーナ監督より背番号を譲って欲しいとの申し出がありました。

「僕は今季加入より付けさせていただいている11番に愛着とプライドを持ってプレーしてきました」

「しかし、ロティーナ監督の熱い想いに応えてあげたいとの思いが強くなり、今回、背番号を譲ることに同意しました」

「これから"41番"で心機一転、チームのために頑張ります!」

クラブのリリースには末尾に「※本日は4月1日です。」と記されており、エイプリルフールのネタなのだが、ロティーナ監督が実際に11番のユニフォームを着用した写真が用意されるなど、かなり手の込んだものとなっている。

1 2
関連ニュース
thumb

清水、来季加入内定の筑波大DF山原怜音が特別指定選手に

清水エスパルスは16日、来シーズンから加入が内定している筑波大学のDF山原怜音(21)が特別指定選手に承認されたことを発表した。 山原は京都府京都市出身で、JFAアカデミー福島でプレー。その後、筑波大学へと進学した。 U-16日本代表や全日本大学選抜などを経験。2019年のユニバーシアードでは優勝を経験し、2021年のデンソーカップでは優勝とMVPを受賞していた。 2021.04.16 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

清水MFヘナト・アウグストが一時帰国、左ヒザ関節軟骨損傷と診断され母国で治療

清水エスパルスは14日、ブラジル人MFヘナト・アウグストが一時帰国することを発表した。 クラブの発表によると、ヘナト・アウグストは左ヒザ関節軟骨損傷と診断。全治は未定となっている。 左ヒザに関してはこれまで治療を行ってきたが、ブラジルに帰国して治療することとなったようだ。なお、全治や再来日については確定次第発表するとのことだ。 2019シーズンにパイサンドゥ加入したヘナト・アウグストは、2シーズンで明治安田生命J1リーグで47試合に出場し5得点。今シーズンはケガで開幕を出遅れたが、3試合に出場していた。 2021.04.14 13:33 Wed
twitterfacebook
thumb

岩尾憲がJ1初得点! 清水に3発快勝の徳島、クラブ初のJ1連勝!【明治安田J1第7節】

明治安田生命J1リーグ第7節、清水エスパルスvs徳島ヴォルティスが4日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-3で徳島が勝利した。 代表マッチウィークが明けて、2週間ぶりの再開となるJ1。前節柏レイソルを下して開幕節以来の勝利を挙げた清水は、その後のルヴァンカップでもベガルタ仙台を破り、公式戦2連勝中。対する徳島は、前節の横浜FC戦で7シーズンぶりのJ1白星。今節はJ1初連勝を目指す。 良い立ち上がりを見せたのはホームの清水。6分にエウシーニョのパスで後藤がチャンスに。14分には中央から左へドリブルで展開したチアゴ・サンタナが、左サイドの西澤とのパス交換でボックス左に侵入。シュートはGK上福元に止められた。 だが、徐々にポゼッションを高めていく徳島も20分に鈴木がシュートを放つと、迎えた28分、自陣でボールを奪った宮代がドリブルで前進。ボックス手前で放ったシュートはGKの正面に飛んでしまったものの、権田がキャッチしきれず前にこぼしたところを、宮代自ら押し込んで先制点を奪った。 1点ビハインドで後半を迎える清水は、ハーフタイムに一挙に3選手交代。金子、福森、後藤を下げて、中山、原、カルリーニョス・ジュニオを投入する。しかし49分、徳島の垣田が右サイドから上げたクロスが鈴木の腕に当たってしまい、PKを献上。これを岩尾が決めた徳島が勝利を手繰り寄せる2点目を挙げた。岩尾はこれがJ1初得点となった。 勢いに乗った徳島は、その後次々と清水のゴール前に侵入しシュートを打っていく。対する清水はポゼッションを上げて攻撃を組み立てるが、アタッキングサードでの精度が上がらず、ゴールを脅かすまでには至らない。72分に巧みなトラップでチェックを外したカルリーニョス・ジュニオがボックス手前からミドルシュートを放ったが、枠を捉えられず。 幾度かセットプレーのチャンスもあった清水だが、守りに徹する徳島が淡々と跳ね返す。すると後半アディショナルタイム、岸本の守備からカウンターを発動した徳島は、持ち上がった岸本が右サイドからクロスを上げると、絶妙なタイミングでゴール前に走り込んだ垣田が頭で合わせてトドメの3点目。 勝利をモノにした徳島は、これでJ1初の連勝。一方の清水は公式戦連勝が2でストップした。 清水エスパルス 0-3 徳島ヴォルティス 【徳島】 宮代大聖(前28) 岩尾憲(後9) 垣田裕暉(後47) 2021.04.04 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「この時をずっと待っていた」清水のDFウィリアム・マテウスが来日、左SBが主戦場

清水エスパルスは4日、DFウィリアム・マテウスの来日を発表した。 ウィリアム・マテウスは3日に来日。新型コロナウイルス感染防止のための追加的防疫措置として、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間(Jリーグバブル)を経てチームへ合流する予定だ。 ウィリアム・マテウスは、フィゲイレンセやバイーア、ヴァスコ・ダ・ガマ、パウメイラスなどでプレー。また、リーグ・アンのトゥールーズでプレーした経験もある。 リーグ・アンでは24試合に出場し2アシストを記録。その後はブラジルに戻り、コリチーバやグアラニでプレーした。 左サイドバックが主戦場のウィリアム・マテウスは、2020シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。キャプテンも務めており、左サイドハーフとしてもプレー可能だ。 通算では、セリエAで149試合に出場し3ゴール10アシスト、セリエBでも45試合に出場し2ゴール5アシストを記録している。 1月に加入内定が発表されていたものの、外国人の新規入国が制限されていたため3カ月遅れでの入国となったウィリアム・マテウスが来日を喜んだ。 「日本に来るこの時をずっと待っていたので、非常に嬉しいです。これまで一人で練習していたので、コンディションはまだまだですが、これから2週間で100%に近づけていきたいと思います」 「これまでサポーターの皆さんにはSNSでメッセージをいただき、感謝しています。早く皆さんに会えるときを楽しみにしています!」 <span class="paragraph-title">【写真】来日した空港でのウィリアム・マテウス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今シーズンより加入が内定しているウィリアム マテウス選手が、4月3日に日本に入国しましたので、お知らせいたします。<br><br>メッセージはこちら<a href="https://t.co/VWkkxxFHpy">https://t.co/VWkkxxFHpy</a><a href="https://twitter.com/hashtag/spulse?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#spulse</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WilliamMatheus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WilliamMatheus</a> <a href="https://t.co/I5U037zSzj">pic.twitter.com/I5U037zSzj</a></p>&mdash; 清水エスパルス公式 (@spulse_official) <a href="https://twitter.com/spulse_official/status/1378549189957677056?ref_src=twsrc%5Etfw">April 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.04 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第7節:清水vs徳島】5シーズンぶりの顔合わせ、連勝を飾るのは?

【明治安田生命J1リーグ第7節】 2021年4月4日(日) 14:00キックオフ 清水エスパルス(8pt/9位) vs 徳島ヴォルティス(5pt/14位) [IAIスタジアム日本平] ここまで2勝の清水と、1勝の徳島の一戦。両者は2016年11月のJ2で対戦して以来、5シーズンぶりの対決となる。 ◆公式戦連勝中、練度は上がっている【清水エスパルス】 中断前に行われた前節は柏レイソルとアウェイで対戦し、1-2で勝利。開幕節の鹿島アントラーズ戦以来の2勝目を挙げた。 そして中断期間中に行われたYBCルヴァンカップではベガルタ仙台を相手に0-1で勝利。公式戦2連勝と調子を上げている。 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を迎え、新たな形に取り組む日々だったが、結果以上にチームが見せるサッカーは安定したもの。チーム力も時間の経過とともに上がっていくはずだ。 その中でもチームの課題は攻撃面。ポゼッションはしていても、ゴールに向かう形が圧倒的に少ない。それでもゴールを決めているのだから、精度は上がっているということ。シュート数、決定機の数をより作れば、白星も積み上がるはずだ。 今シーズンはここまでホームで未勝利。ホームサポーターに勝利を届けることができるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:エウシーニョ、ヴァウド、鈴木義宜、原輝綺 MF:金子翔太、河井陽介、竹内涼、西澤健太 FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆ホーム初勝利を胸に連勝へ【徳島ヴォルティス】 中断前の横浜FC戦では、宮代大聖のゴールで2-1と勝利。今シーズンの初勝利を記録するとともに、J1の舞台でホーム初勝利を記録した。 ダニエル・ポヤトス監督が不在の中、甲本偉嗣ヘッドコーチと共にチームを作り上げ掴んだ勝利は一入だっただろう。 YBCルヴァンカップでは大分トリニータの前に敗れたが、チームとしてリーグ戦の連勝を飾りたいところ。前節の勝利を胸に、このまま躍進したいところだ。 チーム内にはケガ人も出ており、選手層としてはあまり厚くないだけに、どうやりくりして過密日程を乗り越えていくのか。徳島にとっては試練となる4月がスタートする。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、福岡将太、石井秀典、ジエゴ MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:浜下瑛、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 ヘッドコーチ:甲本偉嗣 2021.04.04 11:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly