グリーズマン弾のフランスがボスニア・Hにシャットアウト勝利《カタールW杯欧州予選》

2021.04.01 06:08 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表は3月31日、カタール・ワールドカップ欧州予選グループD第3節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。

3日前に行われたカザフスタン代表戦を2-0と快勝して1勝1分けスタートとしたフランスは、カザフスタン戦のスタメンから7選手を変更。ロリス、グリーズマン、ポグバ、レマルのみ引き続きスタメンとなった。

ピャニッチやジェコが先発となった、初戦のフィンランド代表戦を引き分けたボスニア・Hに対し、[4-2-3-1]で臨んだフランスは最前線にムバッペ、2列目に右からコマン、グリーズマン、レマルと並べた。

そのフランスが立ち上がりから押し込む展開で立ち上がると、15分に先制のチャンス。左サイドからリュカの上げたクロスにコマンが頭で合わせたが、シュートはGKの守備範囲だった。

前半半ば以降はボスニア・Hのポゼッションが高まった中、最前線のムバッペに良い形でボールが渡らず、目立ったチャンスを作れなかったフランスはゴールレスのままハーフタイムに入った。

迎えた後半も攻めあぐねたフランスは59分、コマンに代えてジルーを投入。すると直後に先制する。60分、ショートコーナーの流れからラビオの左クロスにグリーズマンがヘッドで押し込んだ。

先制後から終盤にかけてはフランスが試合をコントロール。1-0のまま逃げ切り、2勝1分けスタートとしている。

◆欧州予選グループI第3節結果
▽3/31(水)
ボスニア・ヘルツェゴビナ 0-1 フランス
【フランス】
グリーズマン(後16)

ウクライナ 1-1 カザフスタン



関連ニュース
thumb

ミランがヴェローナMFタメゼに関心か、ケシエの後釜に

ミランがヴェローナのフランス人MFアドリアン・タメゼ(27)の獲得を目指しているようだ。 タメゼはニースやアタランタなどを経て、2020年9月からヴェローナに在籍。中盤の底を本職とするセントラルハーフだ。昨季はセリエA38試合全てに出場し、4得点2アシストを記録。献身的にチームを支えた。 また、これまでA代表歴こそないものの、世代別のフランス代表として2011年のU-17ワールドカップ(W杯)に出場した経験を持っている。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ミランは昨季限りで退団したコートジボワール代表MFフランク・ケシエのような、フィジカルに優れたセントラルハーフの補強を模索。1200万ユーロ(約16億4000万円)ほどでタメゼ引き抜きを考えているようだ。 しかし、ヴェローナの説得は容易ではないとのこと。タメゼはセリエA開幕に先立って7日に開催されたコッパ・イタリア1回戦のバーリ戦でスタメン出場。2022-23シーズンも主力選手の1人として活躍を期待されているようだ。 2022.08.08 20:43 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユがローマのヴェレトゥ獲得で大筋合意、買取OP付きの1年レンタル

マルセイユがローマのフランス代表MFジョルダン・ヴェレトゥ(29)のレンタル獲得に漕ぎ着けたようだ。 ヴェレトゥはアストン・ビラやフィオレンティーナなどを経て、2019年夏からローマに在籍。優れたPKキッカーとして名高く、ローマでの3年間で記録したセリエA20得点のうち、11得点はPKによるものだ。 昨季はチームの主軸として開幕を迎えたものの、今年1月ごろから序列が低下し、途中出場がメインに。今夏はジョゼ・モウリーニョ監督の構想外となり、かねてより退団が取り沙汰されてきた。 フランス『フットメルカート』によると、マルセイユは買い取りオプションが付帯した1年レンタルでローマと大筋合意。ヴェレトゥの給与はすべてマルセイユ側で負担し、4日に行われる会談で最終決定される見通しとみられている。 マルセイユとローマは良好な関係を築いており、昨夏にもトルコ代表FWジェンギズ・ウンデル、元スペイン代表GKパウ・ロペスの取引を実施。両選手とも1年レンタルでマルセイユに加入し、のちに完全移籍へと切り替えている。 2022.08.04 20:59 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ構想外ユムティティはリーグ・アン復帰を希望、古巣リヨンなどが接近か

バルセロナの元フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(28)に、古巣リヨンへの復帰などが浮上しているようだ。スペイン『Sport』などが伝えている。 ユムティティは2016年夏にリヨンからバルセロナへ加入。フランス代表の主力としてロシア・ワールドカップ(W杯)を制するなど、実力は確か。しかし、近年は相次ぐケガによってほとんど稼働せず。昨季に至っては公式戦1試合の出場にとどまった。 バルセロナのチャビ・エルナンデス監督は、ユムティティを含む構想外の選手らに対して移籍先を探すよう促しており、今夏の退団は避けられない状況にある。 ユムティティは欧州各国から関心が寄せられるなか、リーグ・アンへの復帰を最優先。ここ数日は古巣リヨンと接触しているとみられ、大幅な給与ダウンを受け入れてでも、喜んで古巣復帰を選ぶだろうと考えられている。 一方、スペイン『ESPN』は、オリンピアコスがユムティティの1年レンタルを画策し、1日にも首脳陣がバルセロナ入りすると報じている。 その他のクラブでは、スタッド・レンヌがユムティティのフィジカル面に疑問を抱いて交渉から撤退。トルコの複数クラブが関心を寄せていたものの、こちらは選手本人が選択肢から除外したとみられている。 2022.08.01 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

右ヒザ負傷のポグバにW杯欠場の可能性…手術の方式次第で今年中の復帰は困難

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバがカタール・ワールドカップ(W杯)を欠場する可能性が浮上している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 ポグバは今夏、マンチェスター・ユナイテッドと契約満了を迎え、ユベントスに6年ぶりのカムバック。23日にはグアダラハラ戦で再デビューを果たしていた。 その一戦ではチームの勝利に貢献するとともに個人としてもさっそく違いを見せつけたが、ユベントスは25日にポグバの右ヒザ外側半月板に病変があると発表していた。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ユベントスはケガの完治のためポグバに手術を受けさせたい考えを持っているという。 ただ、その手術に関しては半月板の一部切除と、病変部を縫合する、2通りの方法があり、復帰までの期間に大きな差があるという。 前者はヒザの可動性に影響を与えるもので、比較的若い選手に対して実施される方法。離脱期間に関しては40日から60日程度が見込まれる。 一方、後者はケガの完治という部分ではより有効と言われるが、離脱期間に関しては4~5カ月を要するものだという。 現在、イタリアに戻っているポグバは、改めて専門医の診断を受け、クラブのメディカルスタッフ、フランス代表のメディカルスタッフと共に今後の治療法について話し合うことになるという。 今後のキャリアを考慮した場合、後者の手術を選択することがベターだが、29歳という年齢を考えれば、今回のW杯が自身最後の大舞台となる可能性もあるだけに、難しい選択を迫られることになりそうだ。 2022.07.28 17:04 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが17歳のマティス・テル獲得を発表! サリハミジッチSD「ヨーロッパで最も優れたポテンシャル」

ブンデスリーガのバイエルンは26日、スタッド・レンヌからU-18フランス代表FWマティス・テル(17)を獲得したと発表した。 詳細は公表されていないが、フランス『レキップ』によると、バイエルンは移籍金1500万ユーロ(約20億8000万円)にアドオン1500万ユーロを加えた金額でレンヌと合意。選手とは5年間の契約を締結したとみられている。 テルは2005年生まれの17歳。レンヌの下部組織を経て、2021-22シーズンからファーストチームの一員に。リーグ・アン7試合に出場し、公式戦通算では10試合でピッチに立った。 バイエルンのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏は、前途有望な若武者の獲得に喜びを顕にしている。 「彼はヨーロッパで最も優れたポテンシャルの持ち主だ。非常に速く、技術面で優れ、オールマイティなストライカーだ。長い期間、彼のことを注視してきたが、わたしたちと共に次のステップを踏み出すよう説得できて嬉しい。誇りに思っている」 テル本人も公式サイトにコメントを寄せている。 「バイエルンは世界最高のクラブの1つだね。僕はこの大きな挑戦を心から楽しみにしているよ。僕の持てる全てをバイエルンのために提供したい。サリハミジッチやクラブの責任者たちとの会談は、僕を感動させた。必ずミュンヘンに行くべきだと気づいたよ」 レンヌでは、現レアル・マドリー所属のMFエドゥアルド・カマヴィンガの記録を抜き、クラブ史上最年少出場記録(16歳と110日)を更新したテル。ドイツの絶対王者でどのような成長を見せるのか。大きな期待が集まっている。 2022.07.26 21:11 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly