グリーズマン弾のフランスがボスニア・Hにシャットアウト勝利《カタールW杯欧州予選》

2021.04.01 06:08 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表は3月31日、カタール・ワールドカップ欧州予選グループD第3節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。

3日前に行われたカザフスタン代表戦を2-0と快勝して1勝1分けスタートとしたフランスは、カザフスタン戦のスタメンから7選手を変更。ロリス、グリーズマン、ポグバ、レマルのみ引き続きスタメンとなった。

ピャニッチやジェコが先発となった、初戦のフィンランド代表戦を引き分けたボスニア・Hに対し、[4-2-3-1]で臨んだフランスは最前線にムバッペ、2列目に右からコマン、グリーズマン、レマルと並べた。

そのフランスが立ち上がりから押し込む展開で立ち上がると、15分に先制のチャンス。左サイドからリュカの上げたクロスにコマンが頭で合わせたが、シュートはGKの守備範囲だった。

前半半ば以降はボスニア・Hのポゼッションが高まった中、最前線のムバッペに良い形でボールが渡らず、目立ったチャンスを作れなかったフランスはゴールレスのままハーフタイムに入った。

迎えた後半も攻めあぐねたフランスは59分、コマンに代えてジルーを投入。すると直後に先制する。60分、ショートコーナーの流れからラビオの左クロスにグリーズマンがヘッドで押し込んだ。

先制後から終盤にかけてはフランスが試合をコントロール。1-0のまま逃げ切り、2勝1分けスタートとしている。

◆欧州予選グループI第3節結果
▽3/31(水)
ボスニア・ヘルツェゴビナ 0-1 フランス
【フランス】
グリーズマン(後16)

ウクライナ 1-1 カザフスタン



関連ニュース
thumb

セネガル代表に強力援軍! マルセイユMFブバカル・カマラが国籍変更を決断か

マルセイユのMFブバカル・カマラ(22)がセネガル代表としてのプレーを決断したようだ。フランス『レキップ』が報じている。 高い身体能力を生かしたボール奪取能力、守備範囲の広さに加え、展開力、ボールを運ぶ能力にも優れるリーグ・アン屈指の守備的MFとしての評価を高めるカマラ。 キャリアのスタートがセンターバックであったこともあり、ディフェンスラインでもプレー可能なユーティリティ性も売りの22歳は、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドら多くのビッグクラブの関心を集めている。 その逸材MFはこれまで生まれ故郷のフランスの世代別代表でプレーしてきたが、現時点ではレ・ブルーからの招集はない。 そういった中、父親の生まれ故郷であるセネガルのサッカー連盟(FSF)は、以前からカマラの招集に向けて動いており、先日のアフリカ・ネーションズカップ優勝後にはアリウ・シセ監督が直接コンタクトを取り、説得を図っていたという。 マルセイユのチームメイトにFWバンバ・ディエング、MFパプ・グイエと同年代ですでにセネガル代表で活躍している2選手が在籍していることもあり、カマラはフランス代表ではなくセネガル代表でプレーする決意をすでに固めた模様。 現時点で確定ではないが、同選手がセネガル代表の一員としてカタール・ワールドカップに出場する可能性は非常に高いようだ。 現在、セネガル代表ではクリスタル・パレスMFシェイク・クヤテやパリ・サンジェルマンMFイドリサ・グイエ、レスターMFナンパリズ・メンディと30代前後の選手が中盤の主力を担っており、ここにカマラが加わると、良い形で世代交代を進めることができるはずだ。 2022.04.20 23:54 Wed
twitterfacebook
thumb

スウェーデン、スペイン、フランスがW杯出場権獲得《オーストラリア&ニュージーランド女子W杯》

2023年7月にオーストラリアとニュージーランドで行われる女子ワールドカップ(W杯)に関して、ヨーロッパの3カ国の出場が決定した。 現在は女子のインターナショナル・マッチデー(IMD)。なでしこジャパンは国内合宿を実施した。 ヨーロッパでは女子W杯予選が行われ、スウェーデン女子代表、スペイン女子代表、フランス女子代表が出場を決めた。 欧州予選は、9つのグループに分かれて予選が行われ、首位チームが出場。2位チームはプレーオフに進むこととなる。2位チームの上位3カ国はシード、残りの6カ国はプレーオフ1回戦を戦い、その後の決勝で出場権を争う。 スウェーデンは9大会連続9度目の出場。2019年のフランス女子W杯では3位の成績を残しており、東京オリンピックでは銀メダルを獲得し、オリンピックは2大会連続銀メダルを獲得している強豪だ。 スペインは、3大会連続3度目の出場。2021年の女子バロンドールであるアレクシア・プテジャス(バルセロナ)らを擁し、近年力をつけ、前回大会はベスト16まで勝ち進んだ。 フランスは、前回大会は開催国で4大会連続5度目の出場に。W杯は2大会連続のベスト8、東京五輪は出場を逃したが、リオ・デ・ジャネイロ五輪ではベスト8の成績を残している。 今大会から出場国が8カ国増え、男子と同じ32カ国に拡大。2023年7月20日から8月20日まで行われる。 ◆女子W杯出場決定国 【開催国】 オーストラリア(8大会連続8度目) ニュージーランド(5大会連続6度目) 【アジア】 中国(3大会連続8度目) 韓国(3大会連続4度目) 日本(9大会連続9度目) フィリピン(初出場) ベトナム(初出場) 【ヨーロッパ】 スウェーデン(9大会連続9度目) スペイン(3大会連続3度目) フランス(4大会連続5度目) 2022.04.13 14:58 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯王者フランス、UNLでW杯前に対戦するデンマークを警戒「明らかにグループで最強の敵」

2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したフランス代表のディディエ・デシャン監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 ポット1に入っているフランスはグループDに入り、デンマーク代表、チュニジア代表、そしてアジアと南米の大陸間プレーオフの勝者と同居することが決まった。 デンマークは昨年行われたユーロ2020でベスト4に入った実力国。さらに、フランスは2022-23のUEFAネーションズリーグでリーグAのグループ1に入り、デンマークと同居。W杯前に異例の対戦が実現することとなった。 デシャン監督は、W杯の抽選結果についてコメント。「まずは受け入れる」と語り、カタールW杯の戦い方を考えるとした。 「まずはこのドローを受け入れる必要がある。もっと簡単だったかもしれないし、もっと大変だったかもしれない。色々とコメントすることはできるだろう」 「我々はデンマークをよく知っており、6月と9月に行われるネーションズリーグの2試合で、さらによく知ることができるだろう」 「また、プレーオフで6月まで決まらない未知のものがある。そして、しばらく対戦していないチュニジアもいる」 「(W杯では)11月22日、26日、30日にプレーすることは既にわかっている。スケジュールがどうなっているかは重要かもしれない。その幅はかなり広い。午後1時から10時まで試合がある。これについて少し考える」 またデンマークと同居したことについてもコメント。ネーションズリーグでの対戦は分析できるとしながらも、警戒を怠らなかった。 「この2試合は分析対象となる。お互いを知るチャンスが増えるだろう。しかし、彼らも利益を得ることになる。ネーションズリーグではどうなるか分からない。違う可能性もある」 「最後の対決は2カ月前の9月だ。通常は、ワールドカップの前に対戦国と相対することはない。これが今回の特徴だ」 「彼らは明らかにグループで最強の敵となる。ユーロの準決勝に進出しており、FIFAランキングも11位だ。デンマークはドイツより上にいる。リスペクトしているよ。いつものように、我々の分析において、最大限真剣に相手を見る」 2022.04.02 12:07 Sat
twitterfacebook
thumb

「彼が愛される理由だ」人気者のカンテ、バースデーサプライズにも“謙虚”な反応

チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの誕生日をレ・ブルー(フランス代表の愛称)のチームメイトたちが祝った。 3月のインターナショナルマッチウィークでコートジボワール代表と南アフリカ代表との国際親善試合に臨んだフランス。29日の南アフリカ戦では相手が退場者を出したこともあり、5-0の大勝を飾った。 その29日はカンテの31歳のバースデー。食堂に選手たちが集まると、サプライズでカンテのバースデーケーキが登場した。チームメイトたちからの祝福の歌にカンテは微笑み。ややどうしていいか分からないような困った表情を見せつつ、感謝を述べた。 普段と変わらぬ謙虚な反応を見せたカンテにはファンも反応。「彼の笑顔を守り続けたい」、「彼が愛される理由だ」、「可愛すぎる」、「愛されてるなあ」と好意的な声を寄せている。 今季はケガや病気もあったが、クラブでも代表でも欠かせぬ存在となっているカンテ。31歳の1年も変わらぬ輝きを見せられるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】サプライズにやや困りながらも笑顔のカンテが可愛らしい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">On souhaite tous un très bon anniversaire à <a href="https://twitter.com/nglkante?ref_src=twsrc%5Etfw">@nglkante</a> ! (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1508786834842828802?ref_src=twsrc%5Etfw">March 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.03.30 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、レ・ブルー最多得点記録保持のアンリ超え誓う 「どこでも1番になりたい」

フランス代表FWキリアン・ムバッペが、レ・ブルーで最多得点記録を保持するティエリ・アンリ超えを誓った。 フランスは29日、南アフリカ代表との国際親善試合を戦い、5-0で圧勝した。同試合に先発フル出場したムバッペは、23分の先制点を皮切りに後半半ばにPKで2点目を記録。試合終了間際にはMFマテオ・ゲンドゥージの5点目をアシストする見事な活躍を見せた。 この試合の2得点によってフランス代表での通算得点数を「26」に更新した23歳は、歴代10位のユーリ・ジョルカエフの28得点に接近。しかし、さらなる高みを目指すパリ・サンジェルマンFWは、ティエリ・アンリが持つ歴代最多得点記録(51点)の更新を目標に掲げている。 ムバッペは南アフリカ戦後、フランス『TF1』のフラッシュインタビューでレジェンド超えを誓っている。 「もちろん、クラブでもフランス代表でもどこでも自分が1番になりたいと思っているよ」 「ティティ(ティエリ・アンリ)がやったことは誰もやっていないことだし、まだまだ先が長いのは分かっているよ。だけど、僕はみんなが思っているよりもずっと早くそこに到達できると思っている」 なお、現役のフランス代表では、アンリの記録に3ゴール差に迫る歴代2位のFWオリヴィエ・ジルー(48点)、歴代3位のFWアントワーヌ・グリーズマン(42点)、歴代5位のFWカリム・ベンゼマ(36点)がおり、年齢と代表での立ち位置を考えると、グリーズマンがムバッペに先んじてレジェンド超えを果たす可能性が高い。 2022.03.30 15:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly