バルサ下部組織出身の韓国代表MFが全北現代へ、初のKリーグ挑戦に

2021.03.31 11:32 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
全北現代モータースは30日、ダルムシュタット(ドイツ2部)から韓国代表MFペク・スンホ(24)を獲得したと発表した。水原現代の下部組織に所属していたペク・スンホは2010年、13歳でバルセロナのアカデミーに入団。バルセロナBまで昇格を続けたが、その後はペララーダ(スペイン5部)や、ジローナ(スペイン2部)への移籍を経て、2019年夏にダルムシュタットへ渡ると、今季は16試合に出場し、1ゴールを記録している。


また、今回の移籍に際してペク・スンホは、所属していた水原三星ブルーウィングスとの契約書の存在が判明しており、その内容は『バルセロナへの留学費を負担する代わり、韓国に復帰する際は、水原三星に入団することを約束する』というもの。これによって、全北現代との交渉は難航していた模様だ。

しかし、そんな難しい状況を覆し、今回の移籍は成立。その理由についても、全北現代はクラブ公式サイトで声明を発表している。

「選手登録締め切りが今月31日に終了し、水原入団が事実上難しくなる状況で、Kリーグ復帰を希望するペク・スンホが無事、選手キャリアを続けられるように移籍を決めた。選手登録には問題がないという韓国プロサッカー連盟の確認手続きも経ている」

「約1カ月以上、十分な時間があったものの、2010年のバルセロナ入団時に支援された留学ビザ返還問題をめぐって選手登録期限直前まで選手とクラブが円満な合意点を見つけられなかった」

「しかし、それによって、将来性のある選手がグラウンドに出られず、選手生命が絶たれた場合、Kリーグに良くない前例が残るという点を考慮した」
関連ニュース
thumb

“韓国のレジェンド”パク・チソンが初めてKリーグクラブに、リーグ4連覇中の全北現代のアドバイザー就任

韓国の英雄であるパク・チソン氏(39)が、Kリーグ1(韓国1部)の全北現代モータースのクラブアドバイザーに就任した。クラブが発表した。 パク・チソン氏は、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でプロキャリアをスタート。その後ヨーロッパへと渡り、PSVやマンチェスター・ユナイテッド、QPRでプレーした。 プレミアリーグでは153試合に出場し20ゴール25アシスト、チャンピオンズリーグでも54試合に出場し4ゴール3アシストを記録。プレミアリーグで4回、チャンピオンズリーグで1回など、多くのタイトルを獲得していた。 クラブアドバイザーとして、トップチームやユースチーム、育成、スカウティング、トレーニングについてのアドバイスする役割を務めることになる。 パク・チソン氏は「Kリーグの初めて関わることができて嬉しい。このような機会を提供してくれたクラブに感謝している。全北現代とこれから良い結果を得られることができるように努力する」とコメントした。 全北現代はKリーグ1で8度の優勝を経験。現在はリーグ4連覇中の強豪クラブ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も2度優勝している。 パク・チソンは韓国でプロの経験はないものの、ヨーロッパでの多くの経験。「日本、オランダ、イギリスと様々なリーグを経験しながら、ヨーロッパの先進的なシステムをたくさん見て学び、引退後は勉強をたくさんしてきた」とし、「これまで見て学んだ全てのものを基に、全北現代が今後進む方向を提示し、クラブがより健全に進むことができるように最善を尽くしたい」と意気込んだ。 言葉通り経験を還元し、クラブの発展に寄与することが期待されている。 2021.01.20 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

敗退決定の韓国王者・全北現代が意地の勝利、2位通過の上海上港は神戸とラウンド16で対戦《ACL2020》

4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループH最終節が行われ、上海上港(中国)vs全北現代モータース(韓国)が対戦。0-2で全北現代が勝利した。 すでにグループステージ突破を決めている上海上港と敗退が決まっている全北現代の一戦。上海上港は勝利して、首位通過の可能性を模索した。 その上海上港は元ブラジル代表MFオスカルをベンチスタート。オーストラリア代表MFアーロン・ムーイはメンバー外に。また、造反行為のFWフッキも続けてメンバー外となった。 試合は4分、上海上港はボックス左からチェン・ビンビンが左足でクロス。これにをニアサイドでリュー・ジューランが頭で合わせにいくが、わずかに当たらない。 すると16分、すでに敗退が決まっている全北現代が先制する。右サイドをイ・ソンユンがドリブルで持ち上がりボックス右からクロス。これをボックス中央で待ち構えたチョ・キュセオンがヘディングで合わせてゴールを奪う。 リードを許した上海上港だが、なかなかペースが上がらない。 すると30分、同じような形からイ・ソンユンが右サイドを抜け出しクロス。これに走り込んだチョ・キュセオンがヘディングで合わせるが、DFがユニフォームを引っ張ったとしてPKの判定。これをチョ・キュセオンがしっかりと沈め、リードを2点とする。 後半に入ってもペースの上がらない上海上港は、決勝トーナメントを見据えて選手を温存。後半も盛り返すことなく、0-2で全北現代が勝利した。 なお2位通過となった上海上港は、グループGを首位で通過するヴィッセル神戸とラウンド16で対戦する。 上海上港 0-2 全北現代モータース 【全北現代】 チョ・キュセオン(前16、前32[PK]) ◆ACL グループH順位表 1位:横浜F・マリノス 13/4/1/1/+8 2位:上海上港 9/3/0/3/-4 ーーーー決勝トーナメント進出 3位:全北現代モータース 7/2/1/3/-2 4位:シドニーFC 5/1/2/3/-2 2020.12.04 22:32 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が韓国王者・全北現代撃破に自信「絶対に勝てる自信はある」

30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の全北現代モータース(韓国)戦を前に、横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔が記者会見に出席した。 カタールでの集中開催でも2試合を消化した横浜FM。初戦の上海上港(中国)戦では0-1で勝利したものの、28日の上海上港戦では1-2で敗戦となった。 現在グループ2位の横浜FMにとっては、この全北現代戦は勝利すればグループステージ突破が決定する大事な一戦となる、 試合に先立ち会見に出席した畠中は全北現代戦に向けて「全北現代とは今年の2月に試合をして、その時は自分たちのサッカーのスタイルでしっかり点を取って勝てたので、良いイメージはあります」とコメント。前回対戦のイメージがあるとした。 その全北現代は2020シーズンのKリーグ1でも優勝を果たしている。畠中は「あれから時間が経って、リーグを制覇したことで自信を持っていると思う」とし、「簡単な試合ではないですが、自分たちのサッカーをすれば絶対に勝てる自信はあります。それを明日みんなで披露するだけだと思うので、しっかり戦いたいと思います」と勝利への強い意欲を示した。 ACLは今シーズンが初挑戦となる畠中。世界との対戦については「ACLという舞台は違う国同士の試合がするということで、日頃対戦する機会のないチームとの試合になるので、それはすごく楽しみです」とコメント。「日本で通用していたものが世界相手に通用するかは、自分自身としてもチームとしても楽しみです」と語り、Jリーグで通用してきた部分の確認という意味でも楽しみとし、「まずは楽しみたいと思います」とコメントした。 これまで横浜FMは現地時間16時キックオフ(日本時間22時キックオフ)のゲームを2つ戦ったが、全北現代戦は13時キックオフ(日本時間19時キックオフ)となる。 カタールでは日中の気温が上昇することから、空調設備がついたスタジアムを建設。その中での試合を実施した畠中は「空調面で言えば、自分たちは4時キックオフという時間帯で比較的涼しくなってからの試合だったので試合前は肌寒さを感じましたが、1時の試合になると暑さも影響もあると思うので、空調があるスタジアムは便利だと思うし、選手たちも本来の力を出しやすいスタジアムだと思います」とコメント。まだその設備の良さを体感していないものの、プラスに働くと感じているようだ。 また、「環境が整ったスタジアムは世界的にも多くないと思うので、こういったピッチが世界中に広がれば、選手たちもやりやすい環境、お互いに実力を出し合って、見ているお客さんが楽しくなるような激しい試合がもっとできるようになると思うので、選手としてもっと増やして欲しいと思います」と語り、今後世界中で採用されて欲しいと語った。 2020.11.30 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

勝てばGS突破の横浜FM、全北現代戦に向けポステコグルー監督「良いチャレンジになる試合」

30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の全北現代モータース(韓国)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。 カタールでの集中開催でも2試合を消化した横浜FM。初戦の上海上港(中国)戦では0-1で勝利したものの、28日の上海上港戦では1-2で敗戦となった。 現在グループ2位の横浜FMにとっては、この全北現代戦は勝利すればグループステージ突破が決定する大事な一戦となる、 試合に先立ち会見に出席したポステコグルー監督は「自分たちの方が、良いチャレンジになる試合だと思う」とコメント。「全北現代も良いチームですし、良い監督がいる中で、国内のKリーグでも本当に良い成績を残しているチーム」とKリーグ1を優勝した全北現代を警戒した。 しかし、全北現代はケガ人を多く抱え、カタールでは1勝1分け1敗の成績。その点については「この大会でも結果という部分でもそうだが、ケガ人が多い中でしっかりやっているというイメージがある」とコメント。地力があると評価した。 一方で「自分たちにとってはアジアの強いチームとやれるということでも良いと思うし、自分たちのサッカーを見せていければと思う」とコメント。韓国王者との対戦でも、自分たちのスタイルを出すことが重要だと語った。 全北現代とは、今大会初戦の2月に対戦。アウェイ韓国の地で1-2と勝利している。 ポステコグルー監督は「この間の試合から大分時間が経ってしまったが、2月の初めに韓国の地に行き、自分たちは非常に良いサッカーができたと思う」とおよそ10カ月前の試合を回想。「その中で、その後難しい状況となり、自分たちだけでなく、世界中が大変な思いをしたシーズンとなった。その中でも違うシナリオだと思うし、彼らはKリーグで国内で良い成績を残して今大会に臨んだ」とコメント。難しシーズンでもしっかりと結果を残してきたと全北現代について語った。 2020.11.30 22:27 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国王者・全北現代がナ・ソンウンのゴールで今大会初勝利《ACL2020》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループH第4節、全北現代モータース(韓国)vsシドニーFC(オーストラリア)が25日にカタールで開催され、1-0で全北現代が勝利した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となった。 横浜F・マリノスと同じグループHの2チーム。全北現代とシドニーFCはここまで1分け2敗で同じ成績となっており、共に初勝利を目指して臨んだ。 立ち上がりから互いが譲らない展開となり、決定機を迎えられない試合に。全北現代はナ・ソンウンがボックス内からシュートも相手にブロック。キム・ボギョンがこぼれ球を狙ったが、これも枠を外れた。 シドニーFCもなかなかチャンスを作れず。ミドルレンジからのシュートを何本か放つも、効果的とは言えなかった。 しかし、このままゴールレスかと思われた44分に全北現代が試合を動かす。バロウがドリブルでボックス内に持ち込むと、パスを受けたグスタボが右へと展開。これをボックス内右で受けたナ・ソンウンが右足一閃。DFの股間を抜いたシュートがゴール左に決まり、全北現代が先制した。 1点ビハインドのシドニーFCは68分に決定機。右サイドでのFKからバウムヨハンがゴール前にクロス。これを、ウィルキンソンがドンピシャヘッド。しかし、これはGKソン・ボムクンが横っ飛びで弾き出し、ゴールを許さない。 結局その後も決定的なシーンを作れないまま試合は終了。全北現代が1-0で勝利を収め、今大会初勝利を挙げた。 初勝利の全北現代は12月1日に横浜F・マリノスと対戦。シドニーFCは同日に上海上港と対戦する。 全北現代モータース 1-0 シドニーFC 【全北現代】 ナ・ソンウン(前44) 2020.11.26 13:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly