「目の前の課題を全力で取り組んだ結果」28歳で代表デビュー、1アシストのMF江坂任が決定機を振り返る「もう少し冷静に」

2021.03.26 12:27 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は26日、国際親善試合の韓国代表戦から一夜明け、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル代表戦に向けて活動を再開する。

25日に行われた韓国戦では、DF山根視来(川崎フロンターレ)のデビュー戦ゴールを含む3得点を奪い、3-0で快勝。10年前の再現を果たしていた。

この試合で後半開始からピッチに立ち、日本代表デビューを果たしたMF江坂任(柏レイソル)がオンラインでのメディア取材に応対。デビュー戦を振り返った。

試合に入るにあたっては「自分ができるプレーを全力でというところと、球際では負けないようにと思ってやっていました」とコメント。緊張感もなく、普段通りのプレーをしたように見えたが、「周りの選手からも思い切って自分のやりたいプレーをやれば良いと言ってもらえたので、そこも気持ちは楽になって、やりたいプレーは何回か出せたと思います」と語り、普段通りのパフォーマンスが出せたと語った。

前半は日本が2-0とリードして終え、韓国も手を打ってくる中での出場となったが、意識したことは「守備のところのスイッチと、攻撃の間で受ける、捌くところはしないといけないなと思いました」とコメント。実際にプレーした感想は「インテンシティが高かったので、今回は半分でしたけど、90分通せるかは課題になると思います」と語り、フル出場については課題があると感じたようだ。

その江坂はゴールこそなかったものの、決定機でシュートを放つシーンも。チームメイトであるGKキム・スンギュにセーブされてしまったが「良い形でセカンドボールを拾えてシュート打てましたし、こぼれ球にも反応できましたが、ゴール前でもう少し冷静になれればと思いました」と反省した。それでも、「シュート打たずに終わらずに、シュートを打って試合の流れに乗れた感じもあったので、そこは次に生かせる感じかなと思います」と語り、しっかりとシュートまで行けたことで手応えがあったようだ。

また、CKのキッカーを務め、MF遠藤航(シュツットガルト)の3点目をアシストしたがそのシーンでは「特に狙いはなく、中を見て、試合中の中との兼ね合いで得点シーンはあそこにあげて、1つ前はニアにあげました」と語り、状況を判断してのクロスだったと明かした。

これまではキッカーを務めることがなかった江坂。「所属チームでもそうですけど、今まではセットプレーは中に入ることが多かったので、キッカーとしてはあまり蹴ってはなかったです」と語ったが、「アシストできたので良かったと思いますが、キッカーを任されれば良いボールを蹴りたいと思います」と語り、今後もキッカーを務める際には得点に繋げたいと意欲を語った。

江坂はプロ入りもギリギリとなり、J2のザスパクサツ群馬に加入。そこで得点を量産すると、大宮アルディージャへと移籍しJ1の舞台へ。その後、柏へと移籍し、現在は日本代表の舞台にまで登ってきた苦労人だ。

今回日本代表デビューできたことについては「年代別だったり、学生時代も注目された選手ではなかったですが、目の前の課題を全力で取り組んだ結果なので、良かったと思います」とコメント。これで一歩を踏み出したが、カタール・ワールドカップについては「そこを見据えるというよりは、目の前の自分に与えられたものを1つずつやっていくだけかなと思います」と、着実に積み上げて行くことを誓った。


関連ニュース
thumb

Jリーグ7クラブがJFAに上申書提出…日本代表戦後の新型コロナ対策の改善を訴え

ヴィッセル神戸は16日、日本サッカー協会(JFA)への上申書を提出したことを発表した。 今回の上申書については、1月から2月にかけて行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選についてのもの。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策についてだ。 この上申書は神戸の他、浦和レッズ、FC東京、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、清水エスパルス、サンフレッチェ広島と選手が招集されているJリーグクラブの連名によって提出されたとのこと。セレッソ大阪や名古屋グランパス、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスは含まれていないとのことだ。 世界的に感染が爆発しているオミクロン株の影響で、日本代表は21日に予定されていたキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦が中止に。また、その後の中国代表戦、サウジアラビア代表戦は予定通り開催されるものの、日本代表の海外組の選手とともにプレーする国内組は、試合後に隔離期間を設けられることとなり、開幕を前にしたクラブの活動に参加できないこととなっていた。 神戸の三木谷浩史会長は自身のツイッターで「日本で行われる代表戦に出た選手は2週間隔離しろと「政府」と「協会」から来た。移動の自由、人権、営業権の侵害だ。海外から来た選手は即練習で、戻って海外で則プレー。頭おかしんじゃないの??」と今回の決定に苦言を呈しており、「そもそも給与もこちらが払ってるのに、代表に出して拘束。話にならん」とし、「そもそも政府に日本にいる人間がサッカーの代表戦に出たというだけで、行動を制限する法律的な権利はないと思う。裁量行政の濫用だ」と訴えていた。 神戸は今回の件について改めて正式に訴えることとなった。 「通達された本件感染症対策案は、厳しいものであり、改善の余地があると考えております。つきましては、今般のFIFAワールドカップ・アジア最終予選の試合の開催およびそれに向けた日本代表合宿を日本において執り行うにあたり、本感染症対策案とは異なる、合理的に必要最小限といえる内容の感染症対策案を策定いただくべく日本サッカー協会に改めて協議のご依頼をしております」 新規入国の外国人と、入国歴がある外国人の扱いを巡っても、サッカー界以外で様々な議論が起きている日本の新型コロナウイルス対策。曖昧な基準による対策は、さらに議論を生むかもしれない。 2022.01.17 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南GK谷晃生もケガで代表合宿を不参加…尚志高DFチェイス・アンリら3名招集

日本サッカー協会(JFA)は16日、湘南ベルマーレに所属するGK谷晃生の日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。 理由は負傷のため。これまでに北海道コンサドーレ札幌のFW小柏剛やセレッソ大阪のDF瀬古歩夢もケガと体調不良を理由に不参加が発表されており、それに続く形となった。 また、トレーニングパートナーとして、流通経済大学のGK北川空、尚志高校のDFチェイス・アンリ、明治大学のFW佐藤恵允をキャンプに帯同することを併せて発表している。 日本代表は17日から千葉県内で国内組のみのトレーニングキャンプを実施。21日までの5日間を予定している。 2022.01.16 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪のDF瀬古歩夢が体調不良で日本代表候補キャンプに不参加

日本サッカー協会(JFA)は15日、日本代表候補トレーニングキャンプに参加予定だった、セレッソ大阪のDF瀬古歩夢が不参加となることを発表した。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦が実施予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でウズベキスタン代表チームの入国ができず、試合が中止となっていた。 一方で、トレーニングキャンプは予定通り実施される中、瀬古は体調不良のために不参加となった。 日本代表は1月27日に中国代表、2月1日にサウジアラビア代表とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦う。 2022.01.15 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

あ〜もう今年の優勝チーム分かっちゃいましたよね!? の巻/倉井史也のJリーグ

17日からは日本代表候補の合宿スタート!! 何か全然そんな雰囲気ないけどワールドカップの年なんですよ。選手はここで呼ばれて一気に本大会までっていうのを考えてるんだろうけど、でもこの候補合宿が終わってワールドカップアジア最終予選に呼ばれちゃうと隔離期間がある!! もしかしたら短縮されるかもしれないけど、チームが最終的に仕上がる時期に合流できない!! そりゃ選手も困るけど、代表クラスの選手がいなくなったら開幕ダッシュに響いちゃうってクラブも困ってるでしょ。やっぱり優勝のために大切なのはスタートダッシュですからね。 ってことで、この代表候補に取られている選手の多さと、その選手たちがいるチームと対戦する開幕戦のカードを掛け合わせてみると……。 まず今回招集されているメンバーをクラブ別に分けると、 谷口彰悟(川崎) 山根視来(川崎) 脇坂泰斗(川崎) 権田修一(清水) 鈴木唯人(清水) 松岡大起(清水) 中谷進之介(名古屋) 稲垣祥(名古屋) 相馬勇紀(名古屋) 上田綺世(鹿島) 荒木遼太郎(鹿島) 酒井宏樹(浦和) 江坂任(浦和) 瀬古歩夢(C大阪) 西尾隆矢(C大阪) 大迫勇也(神戸) 武藤嘉紀(神戸) 長友佑都(FC東京) 渡辺皓太(横浜FM) 谷晃生(湘南) 佐々木翔(広島) で開幕戦カードは…… 【第1節】 2月18日 川崎(3人) vs FC東京(1人) 2月19日または20日 横浜FM(1人) vs C大阪(2人) 湘南(1人) vs 柏(0人) 清水(3人) vs 札幌(0人) 名古屋(3人) vs 神戸(2人) 京都(0人) vs 浦和(2人) G大阪(0人) vs 鹿島(2人) 広島(1人) vs 鳥栖(0人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) ついでに第9節、第2節のカードは…… 【第9節】 2月23日 浦和(2人) vs 神戸(2人) 【第2節】 2月26日または27日 札幌(0人) vs 広島(1人) 鹿島(2人) vs 川崎(3人) 柏(0人) vs 横浜FM(1人) FC東京(1人) vs 名古屋(3人) 磐田(0人) vs 清水(3人) C大阪(1人) vs 京都(0人) 神戸(1人) vs 福岡(0人) 鳥栖(0人) vs 湘南(1人) ってことで代表(候補)選手がいないチームは2節まででこんなことに。 清水(3人) vs 札幌(0人) 札幌(0人) vs 広島(1人) 湘南(1人) vs 柏(0人) 柏(0人) vs 横浜FM(1人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) 磐田(0人) vs 清水(3人) 京都(0人) vs 浦和(2人) C大阪(1人) vs 京都(0人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) 神戸(1人) vs 福岡(0人) 広島(1人) vs 鳥栖(0人) 鳥栖(0人) vs 湘南(1人) 2節までに対戦するの相手の代表(候補)選手の数を足すと、札幌の4人が最多。ってことは札幌は相手の調子が整わないうちに戦えるってことじゃないですか。 となると、今年の開幕ダッシュに成功し優勝までひた走るのは札幌!! ドヤ!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.01.15 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表GK権田修一が清水のキャプテンに! 2年連続で今季は1人で務める

清水エスパルスは13日、2022シーズンのキャプテンを発表した。 新シーズンのキャプテンを務めるのは、ポルティモネンセから完全移籍で加入した日本代表GK権田修一が務める。 権田はFC東京やSVホルン、サガン鳥栖、ポルティモネンセでプレー。2021シーズンは期限付き移籍で清水に加入し正守護神としてチームを支えた。 キャプテンに主任した権田は、クラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンのキャプテンを務めることになりました。僕がキャプテンを務めますが、エスパルスを引っ張るのは35人の全選手です。選手全員が日々の三保での練習から最高のパフォーマンスを出せるよう、責任を持ってサポートしていこうと思います」 権田は昨シーズンもキャプテンを務め、MF竹内涼、DF鈴木義宜との3人体制だったが、今シーズンは1人でキャプテンを務めることとなる。なお、竹内は4年連続でキャプテンを務めていたが、歴代最多タイとなる5度目はならなかった。 ◆清水エスパルス 歴代キャプテンおよび副キャプテン [1992年]三浦泰年 [1993年]三浦泰年 [1994年]三浦泰年 [1995年]長谷川健太 [1996年]澤登正朗 [1997年]澤登正朗 [1998年]澤登正朗 [1999年]澤登正朗 [2000年]澤登正朗 [2001年]伊東輝悦 [2002年]伊東輝悦(副キャプテン=森岡隆三) [2003年]三都主アレサンドロ(副キャプテン=森岡隆三・市川大祐) [2004年]森岡隆三 [2005年]森岡隆三 [2006年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道) [2007年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道・兵働昭弘) [2008年]高木和道(副キャプテン=西部洋平・兵働昭弘) [2009年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岡崎慎司) [2010年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岩下敬輔) [2011年]小野伸二(副キャプテン=高原直泰・ボスナー) [2012年]小野伸二 [2013年]杉山浩太 [2014年]杉山浩太(10月~副キャプテン=本田拓也) [2015年]本田拓也(副キャプテン=長沢駿・大前元紀) [2016年]大前元紀(副キャプテン=西部洋平・犬飼智也) [2017年]鄭大世(副キャプテン=西部洋平・河井陽介・犬飼智也) [2018年]竹内涼(副キャプテン=鄭大世・六反勇治・河井陽介) [2019年]竹内涼(副キャプテン=河井陽介・立田悠悟) [2020年]竹内涼・金子翔太・立田悠悟 [2021年]権田修一・竹内涼・鈴木義宜 [2022年]権田修一 2022.01.13 13:49 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly