伝統の一戦で豪快オーバーヘッド!“オールド・ファーム”で生まれた超絶アクロバティックゴール/2006-07【インクレディブル・ゴールズ】

2021.03.24 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回は元イングランド代表DFウーゴ・エヒオグ氏がレンジャーズ時代に決めたゴールだ。

◆伝統の一戦で生まれたアクロバティックゴール

WBAでキャリアをスタートさせたエヒオグ氏は、プレミアリーグのクラブを渡り歩いた後、2007年1月にレンジャーズに移籍。1年を過ごした後再びイングランドに戻り、2012年に現役を引退した。


レンジャーズでは、公式戦7試合の出場にとどまったが、2007年3月11日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第30節のセルティックとの大一番では、レンジャーズでの唯一のゴールを決めている。

0-0のまま迎えた50分、右サイドのコーナーキックからクロスが入ると、両チームの選手によるヘディングでの競り合いで、ボールが地面につくことなく、何度も高く上がる。ボックス中央にいたエヒオグの前にボールが飛んでくると、ゴールに背を向けた状態から豪快なオーバーヘッドキック。完璧にミートされたシュートがゴール右上のコースに決まり、豪快な先制ゴールとなった。

アクロバティックなゴールで先制したレンジャーズ。これが決勝ゴールとなり、1-0で勝利している。

現役引退後はトッテナムのユースコーチに就任し、指導者としてのキャリアを歩み始めたエヒオグ氏だったが、2017年4月、トレーニング中に心臓発作を起こし、44歳で帰らぬ人となっている。

関連ニュース
thumb

リーグ・アン史に残る衝撃の珍ゴール!GKのパントキックが目の前の相手に当たってゴールイン…!/2005-06【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表DFクリス氏がリヨンで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆リーグ・アン史に残る衝撃の珍ゴール!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkVndsUm9zViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 名門コリンチャンスでプロデビューしたクリス氏は、クルゼイロやレバークーゼンでのプレーを経て、2004年夏にリヨンに加入。主力CBとして活躍し、2002年から2008年までリーグ・アン7連覇の偉業を成し遂げたクラブの黄金期の後半を支えた。 リヨンでは公式戦309試合27ゴールという数字を残したクリス氏だが、2006年5月13日に行われたリーグ・アン第38節のル・マン戦では、衝撃の珍ゴールを決めている。 1-1の同点で迎えた27分、相手陣内でリヨンがFKを得るも、クロスは相手GKにキャッチされてしまう。そのままボールをボックスの前で持っていったGKが前線へのパントキックを試みるも、なんとボックスはGKの目の前にブロックに入っていたクリスの背中に直撃。跳ね返ったボールがそのままゴールインし、まさかの珍ゴールが生まれた。 このゴールで集中が途切れてしまったのか、その後ル・マンは大崩れとなり、リヨンが8-1という歴史的大差で勝利している。 <span data-sg-movie-id="1038" data-sg-movie-title="【衝撃の珍ゴール】GKのパントキックが目の前の相手に当たってゴールイン…!"></span> 2021.04.01 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

縦横無尽のドリブル!オランダの逸材デ・ヨングがアヤックスで決めた圧巻のソロゴール/2018-19【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デ・ヨングがアヤックスで決めた圧巻のドリブルゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoVHgxV3N5dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 欧州屈指の育成の名門アヤックスで育ったデ・ヨングは、同クラブで若き司令塔としてブレイクすると、2019年夏にバルセロナに加入。バルセロナの今後を担う存在として期待されている。 抜群のテクニックと冷静なボールさばきで、試合を組み立てるMFとして活躍するデ・ヨングだが、アヤックス時代の2018年12月8日に行われたエールディビジ第15節のズヴォレ戦では、見事なゴールを決めている。 1-0とアヤックスリードの32分、左サイド深部でボールを奪い返され、相手DFがドリブルで突破を敢行。しかしMFドニー・ファン・デ・ベークが的確なプレスですぐさまボールを取り返すと、素早く前線のデ・ヨングにパスする。デ・ヨングは、細かいタッチのドリブルでボックス手前まで進むとDF4人を立て続けにかわすと、カットインから右足でミドルシュート。鋭いグラウンダーのシュートがゴール右下に決まった。 この追加点で勢いに乗ったアヤックスは、4-1で快勝している。 <span data-sg-movie-id="1032" data-sg-movie-title="【縦横無尽のドリブル】オランダの逸材デ・ヨングがアヤックスで決めた圧巻のソロゴール"></span> 2021.04.01 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが頂点に導く驚異の跳躍!国王杯決勝バルセロナ戦で決めた劇的ヘディング/2010-11【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウドがマドリーを頂点に導く!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJicXNDczFhVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2003年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドで大ブレイクを果たしたC・ロナウド。2009年夏にスーパースター軍団であるレアル・マドリーに加入すると、驚異的なスピードでゴールを量産した。 数々のゴールでクラブに多くのタイトルをもたらしてきたC・ロナウドだが、2011年4月20日に行われたコパ・デル・レイ決勝のバルセロナ戦では、見事なゴールでチームをタイトルに導いている。 最大のライバル同士の大一番となったこの試合は、拮抗した展開となり、0-0のまま90分を終えて延長戦に突入する。そして迎えた103分、DFマルセロとのコンビネーションで左サイドに抜け出したFWアンヘル・ディ・マリアがクロスを上げる。 このクロスにファーサイドでC・ロナウドが頭で強烈なヘディングを合わせると、パワフルな一撃がGKの頭上を抜き、待望の先制ゴールとなった。 試合はそのまま1-0でマドリーが勝利。ライバルであるバルセロナを破り、栄冠に輝いた。 <span data-sg-movie-id="1026" data-sg-movie-title="【頂点に導く驚異の跳躍】C・ロナウドが国王杯決勝バルセロナ戦で決めた劇的ヘディング"></span> 2021.03.31 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

このコースは止められない!“マエストロ”モドリッチの精密シュートにデ・ヘアもお手上げ/2012-13【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆モドリッチが決めたマドリーでのCL初ゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXVmdEQTFIaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国でのデビューを経て、トッテナムで世界屈指のMFとしてブレイクを果たしたモドリッチは、2012年にレアル・マドリーへ加入。レギュラーに定着し、チームにとって欠かせない存在となっている。 抜群のテクニックで中盤から試合のテンポを支配するモドリッチだが、2013年3月5日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、マンチェスター・ユナイテッドとの2ndレグでは、素晴らしいゴールを決めている。 1stレグはホームで1-1と引き分けていたマドリー。先制を許し、不利な状況に置かれたまま迎えた66分、ボックス内の守りを固めるユナイテッドに対し、敵陣中央でボールを持ったモドリッチは、ボックスの外からミドルシュートを放つ。鋭い弾道のシュートは、右ゴールポストの内側に跳ね返ってゴールイン。完璧なコースに完璧なゴールを決めてみせた。 これにはGKダビド・デ・ヘアも成す術なし。これで流れを変えることに成功したマドリーは、直後に逆転し、2戦合計スコア3-2で準々決勝に駒を進めている。ちなみにこのゴールはモドリッチが決めたマドリーでのCL初ゴールとなっている。 2021.03.31 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

一瞬の閃きとテクニック!天才ジェイ・ジェイ・オコチャがPSGで見せたアクロバティックボレー/1998-99【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ナイジェリア代表FWジェイ・ジェイ・オコチャ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジェイ・ジェイ・オコチャのアクロバティックボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuRUdGUkprUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> エバートンのナイジェリア代表FWアレックス・イウォビの叔父にあたるオコチャ氏。現役時代にはトリッキーかつ多彩なドリブルと決定的なラストパスに加え、強烈なミドルシュートも持ち味であった。 1998年11月7日に行われたリーグ・アン第12節のモンペリエ戦では、豪快なアクロバティックゴールを決めている。 0-2とPSGビハインドで迎えた66分、右サイドを突破した味方からのクロスをゴール前でオコチャが受ける。オコチャの手前のDFがクロスをクリアするかと思われたが、相手が触れずそのままオコチャにボールが通る。トラップが間に合わずボールはオコチャの足に当たり大きく上に上がったが、これをすぐさまジャンピングボレー。シュートはGKの手を弾き、ゴール右に決まった。 1点差に点差を縮めたPSGだったが、反撃はここまでとなり、1-2で敗れている。 <span data-sg-movie-id="1031" data-sg-movie-title="【一瞬の閃きとテクニック】天才ジェイ・ジェイ・オコチャがPSGで見せたアクロバティックボレー"></span> 2021.03.31 14:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly