元クロアチア代表のイビツァ・オリッチが古巣CSKAモスクワの監督に就任!

2021.03.23 21:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
CSKAモスクワは23日、イビツァ・オリッチ氏(41)が新監督に就任したことを発表した。契約年数は明らかにされていない。

CSKAでは先日、リーグ戦直近9試合で2勝3分け4敗と黒星が先行していた成績不振により、2016年12月からチームを率いていたベラルーシ人指揮官のビクトル・ゴンチャレンコ氏を解任。残り9試合となった中で5位に位置しており、首位のゼニトとは8ポイント差を付けられている。

逆転優勝を目指して後任を託されたのは、現役時代にクロアチア代表として104試合に出場し、CSKAのOBでもあるオリッチ氏だ。同クラブには2003年に加入し、在籍3年半で公式戦116試合44ゴールを記録。3度のロシア・プレミアリーグ制覇や、UEFAカップ優勝など計8つのタイトル獲得に貢献した。

2017年夏の引退後はクロアチア代表でズラトコ・ダリッチ監督のアシスタントコーチを務めていたが、自ら監督としてチームを指揮するのは今回が初めてとなる。

博打とも言える人選だが、CSKAのエヴゲーニイ・グイニア会長は「いつか我々のクラブに戻るという約束を果たした」と、就任を祝っている。

関連ニュース
thumb

昇格組ベネツィアがアイスランド代表MFアルノル・シグルドソンをCSKAモスクワからレンタルで獲得

セリエAに昇格したベネツィアは30日、CSKAモスクワからアイスランド代表MFアルノル・シグルドソン(22)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 母国のIAアクラネースでプロデビューしたアルノル・シグルドソンは、スウェーデンのノルシェーピンでのプレーを経て、2018年の夏にCSKAモスクワへ完全移籍。 CSKAモスクワでは、加入初年度から主力に定着すると在籍3シーズンで公式戦87試合に出場し13ゴール8アシストを記録。昨季も公式戦31試合に出場していた。 また、19歳でデビューしたアイスランド代表では、これまで14キャップを記録している。 2021.07.31 07:40 Sat
twitterfacebook
thumb

元ロシア代表MFジャゴエフ、CSKAモスクワと2023年まで契約延長

CSKAモスクワは22日、元ロシア代表MFアラン・ジャゴエフ(31)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 ロシア代表として59試合の出場歴を持つジャゴエフ。2007年にクリリヤ・ソヴェトフからCSKAモスクワに加入後、公式戦375試合に出場して77ゴール90アシストと活躍。2度の国内リーグ優勝、2度の国内カップ戦優勝に貢献している。 2021.07.23 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、ベレズツキ兄弟の弟アレクセイが正指揮官に就任

CSKAモスクワは19日、暫定指揮官を務めていたアレクセイ・ベレズツキ氏(39)の正指揮官昇格を発表した。 現役時代に双子の兄のヴァシリと共に長らくCSKAモスクワの最終ラインを支えてきたベレズツキ氏は、2018年に兄弟揃って現役を引退。 現役引退後、ベレズツキ氏は兄弟揃ってレオニド・スルツキー氏のアシスタントコーチとして2019年にオランダのフィテッセに加入。その後、ヴァシリとは別れ、2021年2月にイヴィツァ・オリッチ監督の副官として古巣に復帰。先月にオリッチ監督が解任された後は、暫定指揮官としてチームを率いていた。 2021.07.20 15:16 Tue
twitterfacebook
thumb

CKなのにフラッグを蹴ってしまう“珍プレー”、意外な結果に!?

ロシアでやや恥ずかしいコーナーキックがあった。 2月27日、ロシア・プレミアリーグ第20節でロコモティフ・モスクワとCSKAモスクワによるモスクワダービーが行われた。 試合はホームのロコモティフが前半のうちに2点をリード。CSKAはゴールを奪えないまま試合終盤を迎え、82分に右CKのチャンスを得る。 FWニコラ・ヴラシッチがボールを蹴ろうとスポットに立つと、近くの味方へとショートコーナーで出そうとする。しかし、急ぎ過ぎたのかヴラシッチの右足はコーナーフラッグを直撃…。その勢いで右足がボールにも触れたが、転がったボールはすぐ止まってしまうミスパスとなってしまった。 まさかのミスにヴラシッチは両手で口を覆い唖然とするが、本来パスを貰うはずだったMFイルザット・アフメトフがダッシュで拾い、結果的にパスは成功した。 CKでは、ボールがインプレーになった後に、他の競技者に触れるまで、キッカーは再びボールに触れることはできない。やってしまったヴラシッチだったが、アフメトフの機転に助けられることとなった。 試合はそのままロコモティフが2-0で勝利。ロシア・プレミアリーグの公式ツイッターは「ホームスタジアムではコーナーフラッグでさえもあなたのためにプレーする」とこのシーンを面白おかしく伝えている。 <div id="cws_ad">◆ヴラシッチの右足はまさかのフラッグにヒット<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr">На домашнем стадионе за тебя играет даже флаг <a href="https://twitter.com/hashtag/%D0%A2%D0%B8%D0%BD%D1%8C%D0%BA%D0%BE%D1%84%D1%84%D0%A0%D0%9F%D0%9B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ТинькоффРПЛ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%D0%9B%D0%BE%D0%BA%D0%BE%D0%A6%D0%A1%D0%9A%D0%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ЛокоЦСКА</a> <a href="https://t.co/t9H30kfUqS">pic.twitter.com/t9H30kfUqS</a></p>&mdash; Тинькофф Российская Премьер-Лига (@premierliga) <a href="https://twitter.com/premierliga/status/1365751756651651074?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.02 20:36 Tue
twitterfacebook
thumb

本田の強烈FKにGK悶絶!CSKA時代の豪快な一発!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元日本代表MF本田圭佑がCSKAモスクワ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ニアポストを打ち抜く強烈な一撃<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3Mm9iZ1hOVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> VVVフェンロでの活躍を受け、2010年冬にCSKAモスクワへと移籍した本田。2013年冬にミランへ移籍するまで、2012-13シーズンのリーグ優勝に貢献するなど主力として活躍を見せた。 セットプレーのキッカーも担った本田は、2013年7月28日に行われたロシア・プレミアリーグ第3節のロコモティフ・モスクワ戦では、豪快な直接FKを決めている。 0-0で迎えた18分、相手陣内中央右でCSKAがFKを獲得すると、キッカーは本田。味方への細かいポジション取りの指示を出しながらゆっくりと助走を取ると、左足で直接シュートを放つ。パワフルな一撃は、ゴール右に決まった。 ニアポストを抜かれたGKは悶絶。試合は2-1でCSKAが勝利している。 <span data-sg-movie-id="825" data-sg-movie-title="【GK悶絶!】本田がCSKA時代に決めた豪快FK!"></span> 2021.02.22 14:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly