レバークーゼンがボス監督を解任!暫定指揮官には39歳のハンネス・ヴォルフ氏

2021.03.23 19:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンは23日、ピーター・ボス監督(57)を解任したことを発表した。これまでフィテッセやアヤックス、ドルトムントを歴任してきたボス監督は2018年12月、前任のハイコ・ヘルリッヒ監督の後任としてレバークーゼンの指揮官に就任。当時ブンデスリーガ9位と低迷していたチームを4位に押し上げ、チャンピオンズリーグ出場権獲得を果たしていた。

昨季は3シーズンぶりのチャンピオンズリーグと二足の草鞋ながら、リーグ戦5位フィニッシュ。CL敗退の末に参戦したヨーロッパリーグでもベスト8まで進む成果を残した。


今季も序盤戦はリーグ戦第12節まで8勝4分の会心のスタートダッシュを切り、一時首位にも立っていたレバークーゼンだったが、以降は14試合で8敗と黒星が先行。第26節が終了した時点で4位のフランクフルトと7ポイント差の6位に位置しており、ヨーロッパリーグでもラウンド32での敗退が決定している。

こうした状況を受け、クラブはボス監督の解任を決定。今季終了までの暫定指揮官として、39歳のハンネス・ヴォルフ氏が任命されている。同氏はこれまでにシュツットガルトやハンブルガーSV、ヘンクを指揮し、昨年10月以降はU-18ドイツ代表を率いていた。

また、アシスタントコーチには、かつて暫定ながらレバークーゼンを2度指揮した経歴を持ち、同クラブやバイエルンで同職を務めたペーター・ヘルマン氏(69)が就任している。
関連ニュース
thumb

レバークーゼン戦で退場したブレーメンの若手FWディンクシが3試合の出場停止処分に…

ドイツサッカー連盟(DFB)は12日、ブレーメンに所属するU-20ドイツ代表FWエレン・ディンクシに対し、3試合の出場停止処分を下したことを発表した。 8日に行われたブンデスリーガ第32節のレバークーゼン戦で途中出場したディンクシは、後半アディショナルタイム4分にドリブルで持ち上がったMFナディエム・アミリへ後方から危険なタックルを見舞い、レッドカードを受けていた。 今回の処分により、今週末行われる第33節のアウグスブルク戦と最終節のボルシアMG戦の欠場が確定。また、ブレーメンが16位でシーズンを終えた場合は、2部で3位のクラブと対戦する昇格降格プレーオフの初戦も欠場することになった。 ブレーメンの下部組織出身のディンクシは、昨夏にトップチームに昇格。シーズン序盤はセカンドチームのブレーメンⅡでプレーしていたが、8試合で7ゴールを記録。 この活躍が認められ、昨年12月のブンデスリーガ第13節マインツ戦でトップデビューを飾ると、90分に初ゴールを記録しチームを勝利に導いた。その後はトップチームに定着しここまで公式戦10試合に出場していた。 2021.05.12 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

来季指揮官を探すレバークーゼンとフランクフルトがテルジッチ監督に注目か

今季限りでドルトムントの監督を退任するエディン・テルジッチ(38)に、レバークーゼンとフランクフルトが注目しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 昨年12月に解任されたルシアン・ファブレ前監督の後任として、アシスタントコーチから昇格する形で暫定指揮官の座に就いたテルジッチ監督。しかし、監督初挑戦でチームを好転させることはできず、今年2月半ばにボルシアMGのマルコ・ローゼ監督が来季から正式監督に就任することが発表された。 テルジッチ監督にはドルトムントに残り、新監督のアシスタントを務めるという選択肢もある中で、レバークーゼンとフランクフルトから次期監督として候補に挙げられているという。 レバークーゼンでは3月にピーター・ボス前監督が解任され、ハンネス・ヴォルフ監督が暫定指揮官に就いた。だが、元々U-18ドイツ代表を率いていたこともあり、シーズン終了後は元の職場に戻る予定となっている。 一方、ヴォルフスブルクはアディ・ヒュッター監督が来期からボルシアMGに就任することが決定済み。ドイツ国内で指揮官による玉突き移籍が起こると示唆されている。 2021.05.12 16:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ヒザ痛で欠場続くL・ベンダーが今季残り2試合も欠場、このまま引退へ

今季限りでの引退を発表しているレバークーゼンの元ドイツ代表MFラース・ベンダー(32)が11日、弟スベンとのビデオチャットで今季残り2試合を欠場することを明かした。 今季の公式戦19試合の出場に留まっていたラースはヒザ痛のため、1月23日のヴォルフスブルク戦以来、欠場が続いていた。 1860ミュンヘンでプロデビューを飾ったラースは、2009年からレバークーゼンでプレー。レバークーゼンでは公式戦341試合に出場して26ゴール36アシストを記録。 ドイツ代表としては19試合に出場。2016年のリオデジャネイロ・オリンピックではスベンと共にオーバーエイジ枠で選出され、銀メダル獲得に貢献していた。 2021.05.11 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、CL優勝でハヴァーツ移籍金が上昇か 大台到達の可能性も

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で9シーズンぶりの決勝進出を果たしたチェルシーだが、ある懸念事項があるようだ。 1月に就任したトーマス・トゥヘル監督の下、決勝トーナメントではアトレティコ・マドリーやポルト、レアル・マドリーを破る快進撃で決勝へ進出したチェルシー。5月29日に行われる頂上決戦は、マンチェスター・シティとのイングランド勢対決となった。 もちろん、目指すは2011-12シーズン以来のビッグイヤーだが、優勝した場合、ドイツ代表MFカイ・ハヴァーツにかかる移籍金が上昇する可能性があるようだ。 同選手は昨夏、レバークーゼンから推定移籍金8000万ユーロ(現レートで約105億円)で加入。ドイツ人として史上最高額となるビッグディールとなったが、ドイツ『キッカー』によると、チェルシーがCLを制覇すると、追加で数百万ユーロをレバークーゼンに支払わなければならない条項が盛り込まれているという。 さらに『キッカー』は、その他諸々の条件を含めると、その総額は1億ユーロに達する可能性があることも示唆。予想外にも大台に乗るかもしれないようだ。 2021.05.09 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメンがレバークーゼンとドローで連敗をストップ!《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは8日、ブンデスリーガ第32節でレバークーゼンと対戦し0-0の引き分けに終わった。大迫は57分からプレーしている。 リーグ戦7連敗中の15位ブレーメン(勝ち点30)が、来季の欧州カップ戦の出場を狙う6位レバークーゼン(勝ち点50)をホームに迎えた一戦。 4月30日に行われたDFBポカール準決勝でライプツィヒ戦に敗れたブレーメンは、その試合からスタメンを1人変更。大迫は公式戦4試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、レバークーゼンは10分にスルーパスで右サイドを抜け出したシックがボックス右から侵入すると、折り返しをボックス左から侵入したベイリーがシュート。しかし、これは相手DFの体を投げ出したブロックに阻まれた。 対するブレーメンは26分、左サイドを抜け出したアウグスティンションのクロスからゴール前のフュルクルクがヘディングシュートで合わせたが、これは枠に上に外してしまった。 膠着状態が続く中、レバークーゼンが先にゴールネットを揺らす。35分、シックとのワンツーでボックス右から侵入したベララビの折り返しをゴール前のヴィルツが流し込んだが、これはヴィルツのオフサイドを取られノーゴールとなった。 レバークーゼンは43分にもボックス左から侵入したベイリーのラストパスからシックがチャンスを迎えたが、シュートはゴール左に逸れ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはブレーメン。51分、中盤でボールを奪ったM・エッゲシュタインのパスをフュルクルクがワンタッチでDFの裏につけると、抜け出したゼルケがボックス右からシュートを放ったが、ゼルケが裏へ抜け出した場面でオフサイドを取られた。 そのブレーメンは、57分にフュルクルクとビッテンコートを下げて大迫とラシツァを投入。すると73分、右サイド深くまで切り込んだラシツァのクロスを供給すると、中央右でスルーした大迫の裏に走りこんだサージェントに決定機が生まれたが、わずかにタイミングがズレてシュートは打てなかった。 やや劣勢の時間が続いたレバークーゼンだが、81分にチャンスを迎える。ドラゴビッチのパスをボックス手前の味方がヒールで流すと、抜け出したヴェンデウがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKパブレンカのセーブに防がれた。 終了間際に退場者を出したブレーメンは、そのままゴールレスでタイムアップ。レバークーゼンを相手に勝ち点1を獲得したブレーメンが、リーグ戦の連敗を「7」で止めた。 2021.05.09 00:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly