モンペリエFWの “ハリボー”食べるゴールパフォーマンスが話題!そのオチは?

2021.03.16 12:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンペリエのアルジェリア代表FWアンディ・ドゥロールが斬新なゴールパフォーマンスを見せた。

モンペリエは14日、リーグアン第29節で日本代表DF植田直通も所属するニームとアウェイで対戦。ドゥロールも先発出場を果たした。

そのドゥロールはゴールレスで迎えた59分にゴールネットを揺らすと、ゴールセレブレーションの一環として、カメラに向かって自身の手首にテープで止めていたドイツのグミ「ハリボー」のワニの形をしたグミを食べていた。

ワニは対戦相手であるニームの街の紋章にも描かれ、クラブのエンブレムにも入っているシンボル的存在だ。

しかし、ドゥロールのゴールはVARの介入の末、オフサイドと判定されノーゴールに。ドゥロールはただグミを食べただけになってしまった。

それでも、1点ビハインドで迎えた79分、右CKからドゥロールがヘディングシュートを叩き込み、正真正銘のゴールを決める。だが、残念なことにグミの予備は残っておらず、ドゥロールは自身のユニフォームに描かれたエンブレムをかじって喜びを表現していた。

なお、試合は1-1のまま同点で終了。植田もフル出場している。

◆ドゥロールがハリボーを食らう


※記事写真はウィガン時代

関連ニュース
thumb

元名古屋のFWジョーが失態…宿敵のチームカラーのスパイク着用で罰金処分…

かつて名古屋グランパスでプレーし、現在はコリンチャンスに所属する元ブラジル代表FWジョーがライバルクラブのチームカラーと同じ色のスパイクを着用したことで、クラブ内部で罰金処分を科された。『ESPN』が報じている。 ジョーは20日に開催されたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAのバイーア戦に出場した際、ライトグリーンの新スパイクを着用した。 だが、このグリーンカラーのスパイクはサンパウロのローカルライバルであるパウメイラスのチームカラーを想起させるものとして物議を醸していた。 そして、クラブ幹部は今回の一件に関して、「今週の日曜日(20日)のバイーアとのゲームで着用したスパイクに関してジョーと話をした。プレーヤーは警告を受けて罰金を科され、トレーニングでもゲームでもそのスパイクを再び着用することはない」とコメント。ジョーに対して罰金処分を科したことを明かした。 なお、今回着用したスパイクに関して、「ターコイズブルー」と釈明したジョーだが、自身の不用意な行動が不必要な論争を生んだとコリンチャンスサポーターに謝罪を行っている。 「幼い頃から大好きだったコリンチャンスとの歴史があり、グリーンのスパイクを使うことは決してないだろう」 「僕はコリンチャンスを軽視することは決してないし、ましてやファンにそうすることはないよ。いつもこのユニフォームに敬意を抱いてきたし、これからもリスペクトし続けるつもりだ」 今回のライトグリーンのスパイクとパウメイラスの濃いグリーンは若干色味は異なるが、繊細なサポーター感情を考えればやや軽率な判断だったか…。 <span class="paragraph-title">【画像】宿敵を想起させるスパイク?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Jô é multado no Corinthians por usar chuteiras “verdes” <a href="https://t.co/znHncFVY2c">https://t.co/znHncFVY2c</a></p>&mdash; Mantos do Futebol (de ) (@mantosdofutebol) <a href="https://twitter.com/mantosdofutebol/status/1406967151123058693?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.06.21 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

オーウェン氏がTVタレントにヌード写真を要求…自身は既婚で4児の父

元イングランド代表FWのマイケル・オーウェン氏(40)が、ヌード写真20枚を送ることを要求したことを暴露された。イギリス『ミラー』が伝えている。 現役時代にリバプールやレアル・マドリーで活躍し、10代の頃から“ワンダーボーイ”としてイングランド代表としても名を馳せたオーウェン氏。引退後はサッカー指導者の道には進まず、趣味の競馬で馬主として活動しながら解説などを務めてきた。 オーウェン氏は2005年に入籍した妻との間に4人の子供をもうけており、良き父としてクリーンなイメージを持たれている。しかし、かつてイギリスのリアリティーショー番組『Big Brother』に出演したことがあるレベッカ・ジェーンさん(36)から、性的な要求をしていたことを暴露されてしまったのだ。 『ミラー』によると、オーウェン氏が3月18日にツイッターでレベッカさんをフォロー。レベッカさんの友人によると、かつての英雄から連絡をもらったことにレベッカさんは感激していたとのこと。しかし、すぐに性的な類のメッセージに発展し多様だ。 オーウェン氏がは、旅先で写真を送ることを要求。「もっと写真を送ってくれ」とメッセージを送ったようだ。 レベッカさんはその要求に応じて複数の写真を送っていたようだが、オーウェン氏は彼女の胸が本物かどうかを尋ねることもあったという。 そして、4月にはオーウェン氏が競馬にレベッカさんを招待。「2週間後にドンカスターに2、3日滞在する予定だ。もし近くに来るならあって話そう」とメッセージ。レベッカさんも「それはいいわね」と答えたようだ。しかし、レベッカさんはちゃんとした招待状が来ると思っていたため、それが来なかったことで会いには行かなかったそうだ。 『ミラー』はオーウェン氏の広報にこの件について問い合わせたものの、コメントはなかった。 なお、レベッカさんはスポーツのスター選手と関係があったのは初めてではなく、2019年にはラグビー選手のベン・フォーデンと似たようなやり取りをした経験が報じられていた。 <span class="paragraph-title">【写真】オーウェンから卑猥な要求があったことを暴露したレベッカさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/B9PpldCHBia/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/B9PpldCHBia/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/B9PpldCHBia/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Rebecca Jane(@ladyrebeccajane)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.21 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

スーツ姿が絵になるイタリア指揮官、革靴でのノールックトラップに反響「衰えない」

イタリア代表指揮官として手腕を発揮しているロベルト・マンチーニ監督が華麗な足技でも見せた。 イタリアは20日に行われたユーロ2020グループA最終節でウェールズ代表と対戦。主力を一部温存した中、1-0で勝利。グループステージ3連勝で首位通過を決めた。 チームを上手くマネジメントしているマンチーニ監督だが、19分に見せ場が。ウェールズが左サイドに送ったロングパスが大きくなり、タッチラインを越えてテクニカルエリアのマンチーニ監督のもとまで届く。 すると、マンチーニ監督はバックステップを踏みながら右足を後ろに上げ、ノールックの状態でかかとでトラップを試みた。トラップしたボールはマンチーニ監督の背中に当たって転々としたが、スーツ姿かつスパイクではなく革靴を履いての挑戦ということも加味する必要があるだろう。 このシーンが『Bleacher Report』の公式ツイッターで「マンチーニのファーストタッチ」として公開されると、ファンからも「衰えていない」「イタリアンスタイル」「絵になるな」「かっこいい」と指揮官の容姿とテクニックを称賛する声が挙がった。 マンチーニ監督は現役時代にサンプドリアの黄金期の一員として活躍。一方イタリア代表ではロベルト・バッジョの後塵を拝すことが多かった。 スーツ姿が絵になるマンチーニ監督率いるイタリアは30試合無敗とし、同国の最多記録に並んだ。3年前のロシア・ワールドカップ出場を逃した鬱憤を晴らすべく、決勝トーナメントでも期待が懸かる。 <span class="paragraph-title">【写真】マンチーニがノールックでチャレンジしたヒールトラップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">マンチーニ監督の華麗なタッチ<a href="https://twitter.com/robymancio?ref_src=twsrc%5Etfw">@robymancio</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Mancini?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Mancini</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Azzurri?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Azzurri</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Nazionale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Nazionale</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VivoAzzurro?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VivoAzzurro</a> <a href="https://t.co/vPwge2G2r5">pic.twitter.com/vPwge2G2r5</a></p>&mdash; 日本語版イタリア代表 (@Vivo_Azzurro_JP) <a href="https://twitter.com/Vivo_Azzurro_JP/status/1406873308847501316?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.21 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

5400万円のランボルギーニが大破、プレミアリーガーが衝突事故で770万円の罰金処分

自動車事故を起こしたシェフィールド・ユナイテッドのフランス人FWリス・ムセが5,000ポンド(約770万円)の罰金と6カ月間の運転禁止処分を科せられた。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』が報じている。 ムセは今年1月4日に自身が所有する3500万ポンド(約5400万円)のアヴェンタドール(ランボルギーニ)を運転している際、2台の車に衝突した。 検察官のエリス・ウィルズドン氏は、裁判においてムセの車が大破していたことを示し、「衝突の大きさを見るとランボルギーニがかなりのスピードで走行していたことは間違いなく、対向車線にはみ出した」と主張した。 ムセは当初、運転していたのは自分のいとこだと主張。一度現場を去ったが、その後に戻ってきて逮捕。警察署でのアルコール検査では、0.32mgのアルコールが検出されたという。なお、イギリスの法律での飲酒運転の基準は0.35mgであり、飲酒運転にはならなかったが、現場で検査されていれば基準を上回っていた可能性はある。 ムセは公聴会には出席しなかったが、彼の弁護士であるニック・テリー氏が罪を認めていた。ちなみに、ムセは過去に3度のスピード違反を起こしている。 母国ル・アーヴルでキャリアをスタートしたムセは、ボーンマスを経て、2018年夏にシェフィールドに加入。クラブレコードの1000万ポンド(約15億5000万円)の移籍金で加入。今シーズンは主に途中出場でプレミアリーグ11試合に出場し、ノーゴールに終わっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】大破したオレンジのランボルギーニ アヴェンタドール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Lys Mousset fined £5k &amp; banned for six months after crashing £350k Lamborghini <a href="https://t.co/5QM8fEykNn">https://t.co/5QM8fEykNn</a></p>&mdash; Sun Sport (@SunSport) <a href="https://twitter.com/SunSport/status/1404927102403727365?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.18 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

空からピッチに侵入した活動家についてバイエルン州内務大臣「警察がテロ攻撃だという結論に達していた場合…」

ドイツ・バイエルン州のヨアヒム・ヘルマン内務大臣が、15日に行われたユーロ2020グループF第1節、フランス代表vsドイツ代表の一戦でピッチに侵入した活動家に言及した。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 強豪同士の注目の一戦となったこの試合では、キックオフ直前に舞台となったフースバル・アレーナ・ミュンヘンの上空から突如1人のパラグライダーがピッチへ着陸。キックオフが遅れるとともに数名の負傷者が出ていた。 この人物は国際環境NGO『GREENPEACE』のメンバーで、パラシュートには「KICK OUT OIL!」という言葉と団体名が書かれていたが、ヘルマン内務大臣は射殺していた可能性もあることを説明した。 「GREENPEACEのバナーがあったため、狙撃手は介入しなかった。しかし、警察がテロ攻撃の可能性があるという別の結論に達していた場合、飛行士は彼の人生を対価で払った可能性もあった」 また、ミュンヘン警察は声明を発表。調査を進めていることを明かしている。 「パイロットは着陸の際に2人の男性を負傷させた。負傷者は救急隊によって医療を受け、さらなる治療のために病院に運ばれた。人命に関わる無責任な行動については何の理解もできない」 なお、警察によるとパラグライダーを操縦していた人物はバーデン=ヴュルテンベルク州州南西部に住む38歳の男性とのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】かなりのスピードでパラグライダーが突っ込む…</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/kufwVIwtF8U" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.06.18 07:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly