10人のビジャレアルに完敗のエイバルが10戦勝利なし…6試合ぶり先発の乾は前半で交代《ラ・リーガ》

2021.03.15 04:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エイバルは14日、ラ・リーガ第27節でビジャレアルと対戦し1-3で敗戦した。エイバルのMF乾貴士は前半のみプレー、FW武藤嘉紀は招集外となっている。リーグ戦9試合勝利のない19位エイバル(勝ち点22)が、8試合勝利のない7位ビジャレアル(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。エイバルの乾は6試合ぶりの左MFで先発出場、武藤はベンチ外となった。

エイバルは開始早々に失点する。1分、パレホのロングパスをバイタルエリア右手前で収めたジェラール・モレノがラストパスを供給すると、これに反応したモイ・ゴメスがボックス中央左からシュートを流し込んだ。


その後は一進一退の展開が続く中、エイバルは20分に左CKから三次攻撃までつなげると、アルビージャの右クロスをニアのパウロ・オリベイラがダイビングヘッドで合わせたが、これは相手GKは正面でキャッチ。さらに21分には、左クロスのクリアボールをボックス内で拾ったパペ・ディオプが決定機を迎えたが、シュートはGKアセンホの好セーブに防がれた。

徐々に攻勢を強めるエイバルだったが、一瞬の隙からビジャレアルに追加点を許す。34分、中盤でブルゴスからボールを奪ったトリゲロスが前線へスルーパスを送ると、これに反応したジェラール・モレノがボックス右手前から斜めに折り返しを供給。最後はゴールエリア左まで駆け上がったバッカがダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。

追加点を許したエイバルは41分、右サイドを抜け出したアルビージャのクロスがブロックしようとしたエストゥピニャンの左腕に当たると、VARの末にPKを獲得。しかし、ブルゴスのPKはGKアセンホの好セーブに阻まれ、前半のうちに点を返すことはできず。ビジャレアルの2点リードで後半へ折り返した。

迎えた後半、エイバルは乾とアレイクス・ガルシアを下げてセルジ・エンリクとケヴィン・ロドリゲスを投入する2枚替えを敢行。[4-2-3-1]から[4-4-2]へ布陣を変更した。

するとエイバルは55分、エスポジトのパスをボックス左で受けたセルジ・エンリクがカットインからシュート。これはGKアセンホがキャッチしたかと思われたが、わずかにゴールラインを割っており、VARの末にゴールが認められた。

1点を返したエイバルは、67分にも左サイドを抜け出したラファ・ソアレスのクロスからセルジ・エンリクがヘディングシュートを放ったが、これはGKアセンホが正面でセーブに防がれた。

膠着状態が続く中、ビジャレアルは80分にパスカットされたキャプーがロストボールを回収しようとしたが、目測を誤まりパペ・ディオプにアフター気味のスライディングタックルを見舞うと、レッドカードで一発退場に。

数的優位となったエイバルだったが、87分にビジャレアルのロングカウンターが炸裂する。自陣ボックス手前でボールを回収したトリゲロスのパスを中盤で受けたジェラール・モレノが素早く前線のスペースへスルーパス。これに反応したペドラサがドリブルでボックス内まで持ち上がりシュート。一度はGKドミトロビッチが弾いたが、こぼれ球を再びペドラサが流し込んだ。

結局、試合はそのまま1-3で終了。ビジャレアルがリーグ戦9試合ぶりの白星を飾った。一方、敗れたエイバルはリーグ戦10試合勝利なしとなっている。
関連ニュース
thumb

終盤のセルジ・エンリク弾で追いついたエイバルが3試合負けなしで残留に望みをつなぐ《ラ・リーガ》

エイバルは13日、ラ・リーガ第36節でベティスと対戦し、1-1の引き分けに終わった。エイバルのFW武藤嘉紀は79分からプレー、MF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦連勝中の最下位エイバル(勝ち点29)が、6位ベティス(勝ち点54)をホームに迎えた一戦。逆転での残留に向けて勝ち点3必須のエイバルは、この試合もキケ・ガルシアとセルジ・エンリクを最前線に並べた[4-4-2]を採用。乾と武藤は共にベンチスタートとなった。 立ち上がりからアグレッシブに入りを見せたエイバルだったが、開始早々に失点を許す。4分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けたベティスは、右サイドを持ち上がったライネスの横パスをバイタルエリア中央で受けたグアルダードがミドルシュート。これがDFにディフレクトすると、そのままゴールネットに吸い込まれた。 先制を許したエイバルは、よりアグレッシブに攻めの姿勢を見せたが集中した守りを見せるベティス守備陣を崩すには至らず、なかなかシュート数を増やせない。 膠着状態が続く中、エイバルは前半終了間際にピンチを迎える。45分、テージョのスルーパスで左サイドを抜け出したフェキルがボックス左深くまで切り込みシュート。これはGKドミトロビッチの好セーブで難を逃れた。 迎えた後半、1点ビハインドのエイバルはパペ・ディオプを下げてレシオを投入。すると63分、エスポジトの左CKをニアでセルジ・エンリクがバックヘッドで合わせたが、これはGKブラーボのファインセーブに阻まれた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続くと、エイバルは79分にホセ・アンヘルを下げて武藤を投入。すると83分、右サイドをオーバーラップしたロベール・コレアのクロスをファーサイドのセルジ・エンリクが頭で合わせると、叩きつけたシュートがゴールネットを揺らした。 終盤にかけてもパワープレーを仕掛けたエイバルだったが、最後までベティス守備陣に撥ね返され続け、試合は1-1のままタイムアップ。3試合負けなしのエイバルは、ホームで最低限の勝ち点1を手にした。 2021.05.14 05:02 Fri
twitterfacebook
thumb

日本人3選手不出場のヘタフェvsエイバルはエイバルに軍配! 今季初の連勝で奇跡の逆転残留に望み《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第35節、ヘタフェvsエイバルが8日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのエイバルが0-1で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英、エイバルのMF乾貴士、FW武藤嘉紀の3選手はベンチ入りしたものの、いずれも出場機会なしに終わった。   15位のヘタフェ(勝ち点34)と最下位のエイバル(勝ち点26)による残留争い直接対決。   ヘタフェは前節、ビジャレアル相手に0-1で競り負けて残留争いを抜け出す連勝とはならず。2戦ぶりの白星を目指す一戦において久保は引き続きベンチスタートとなった。   対するエイバルは前節、乾と武藤がいずれも途中出場となった中でキケ・ガルシアの見事なハットトリックの活躍によってアラベスに快勝し、17戦ぶりの白星を手にした。奇跡の逆転残留に向けて連勝を狙うチームでは乾、武藤共にベンチから戦況を窺うことになった。   試合は戦前の予想通り、互いに守備から入る慎重な入りを見せる。球際でバチバチやり合う残留争い直接対決らしい拮抗した展開が続き、共になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。   そういった流れの中で前半半ば過ぎにはヘタフェにアクシデント発生。相手と交錯した際に左肩を強かにピッチへ打ちつけたジェネがプレー続行不可能となり、26分にチャクラが緊急投入された。その後はややヘタフェ優位で試合が進んだものの、共に枠内シュート0に終わるクローズな状況のまま試合は0-0で折り返した。   後半も試合展開に大きな変化はなし。前半同様に主導権を握るヘタフェはサイドからのシンプルなクロス、セットプレーから先制ゴールを狙い、前半から動きにキレを見せていたエネス・ウナルがゴール前で迫力を見せる。   さらに、徐々に攻勢を強めるヘタフェは62分、ハーフウェイライン付近でルーズボールを回収したマタが相手GKの前目のポジションを見極めて意表を突くロングシュート。これが枠を捉えるが、GKドミトロビッチに対応される。さらに、66分には人数をかけた攻撃からボックス手前右角でニョムが上げたクロスをファーでフリーのオリベラがワンタッチで合わせるが、力のないシュートはGKに処理された。   逆転での残留に向けて勝ち点3が必須もなかなか攻撃の形を作れないエイバルは70分にエスポジトを下げてレシオを最初のカードとして切る。この交代直後の71分には左サイドからホセ・アンヘルが上げたクロスをボックス中央で収めたセルジ・エンリクが反転から左足のシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。   その後、ホームのヘタフェがウナルを下げてチェマをピッチに送り出し、0-0での幕引きを意識した守備的な交代策で試合を締めにかかる。   ヘタフェの思惑通り、このままゴールレスドローでの終了かに思われたが、90分を通してほぼゴールの匂いを感じさせなかったエイバルが土壇場で試合を動かす。左CKの場面でセルジ・エンリクのフリックがマクシモビッチのハンドを誘い、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをキッカーのレシオがきっちり左隅に突き刺し、先制点を奪った。   そして、慌ててアレーニャ、アンヘルを投入しゴールを目指したホームチームの反撃をきっちり凌いだエイバルが対ヘタフェ初勝利を挙げると共に、今季初の連勝を飾って奇跡の逆転残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2021.05.09 23:09 Sun
twitterfacebook
thumb

キケ・ガルシア圧巻ハットのエイバルが17戦ぶりの白星! 乾&武藤も途中出場で奇跡の逆転残留へ大きな勝ち点3《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節、エイバルvsアラベスが1日にイプルーアで行われ、ホームのエイバルが3-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士、FW武藤嘉紀は共に82分から途中出場した。 5連敗で16戦未勝利の最下位エイバル(勝ち点23)が、16位のアラベス(勝ち点31)との残留争い直接対決に挑んだバスク自治州ダービー。 前節、武藤が7戦ぶりの戦列復帰を果たすもレアル・ソシエダに0-1で敗れた泥沼のエイバル。逆転での残留に向けて勝ち点3必須の一戦では乾、武藤共にベンチスタートとなった。 この試合、キケ・ガルシアとセルジ・エンリクを最前線に並べた[4-4-2]で臨んだエイバルは開始早々にゴールをこじ開ける。相手陣内右サイド深くでのロングスローを繋ぎ、ブライアン・ヒルのヘディングパスに反応したゴール前のキケ・ガルシアがうまく収めて右足で流し込んだ。 幸先よく先制に成功したエイバルはここで引くことなく前から圧力をかけて主導権を握りにかかる。押し込む形を作り出した中でディオプが良い形でミドルシュートを放つなど、追加点を期待させる攻撃を見せた。 前半30分過ぎからはビハインドのアラベスが押し込む状況が続くが、エイバルもきっちり中央を締めてゴール前では自由を与えない。逆に、カウンターアタックから36分にエドゥ・エスポジト、40分にはブライアン・ヒルに決定機が訪れるが、いずれもフィニッシュの質を欠き前半の内に2点目を奪い切るまでには至らなかった。 しかし、後半も頼れるエースがチームに強力な追い風をもたらす。立ち上がりの50分、ロングボールをセルジ・エンリクが収めて左サイドに流れたエスポジトに短く繋ぐと、エスポジトの鋭いクロスをニアに飛び込んだキケ・ガルシアが難度の高い右足ボレーで合わせ、ドブレーテを達成した。 さらに、止まらないエイバルのベテランストライカーは59分、ショートカウンターからボックス左でラファ・ソアレスからのパスを足元で受け、角度のないところから見事な右足のシュートをゴール右上隅に流し込み、ハットトリックを達成した。 今季最多3ゴールを奪い余裕の展開となったエイバルはやや後方に重心を置き、相手の前がかりな攻撃を受け止めながらカウンターから4点目を目指す戦い方にシフト。 その後、82分には殊勲のキケ・ガルシアとブライアン・ヒルを下げて武藤と乾を同時投入。両者に攻撃面で見せ場は訪れぬも、前線からの強度の高い守備できっちり逃げ切りに貢献した。 そして、残留争いのライバル相手に会心の勝利を収めたエイバルは連敗を「5」でストップすると共に、今年1月3日のグラナダ戦以来、17戦ぶりの白星を奪取。奇跡の逆転残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2021.05.01 22:51 Sat
twitterfacebook
thumb

5連敗で迫る降格…エイバル指揮官は「最後の瞬間まで楽しみ続けたい」と残り5試合に気合い

エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督がラ・リーガ最下位に沈むチームの現状を嘆いている。スペイン『マルカ』が伝えた。 日本代表MF乾貴士とFW武藤嘉紀も所属するエイバルは26日に行われた第32節でレアル・ソシエダと対戦。1月3日に行われた第17節のグラナダ戦での白星を最後に15試合未勝利で、最下位が定位置となりつつある状況を変えるためにも勝利が必要な試合だったが、0-1のスコアで敗れた。 この結果、リーグ5連敗となったエイバルは残り5試合で残量圏内まで7ポイント差となっており、残留に向けて非常に厳しい状況となっている。 試合後のインタビューに応じたメンディリバル監督は厳しい敗北になったと認めつつ、週末に行われる次節の16位アラベス戦での必勝を誓った。 「今の状況でこの敗北は厳しい。今日の後半は良いプレーができたが、ゴールは決められなかった。前半は恐れがありリスクを取れなかったものの、後半はより多くのボールを奪うなど選手たちはすべて出し切ったと思う。現状、相手エリアに入ったときの鮮明さには欠けるが、そこに入れば入るほどチャンスも増える以上、続けなければならない」 「残り5試合について今は考えていない。(次節の)アラベス戦のことのみを心配しているからだ。残留争いのライバルではあるが、現状彼らは我々にかなりのポイント差をつけている。勝つことで不確実性を生み出し、他のライバルたちを緊張させることができればと思う」 「残留圏内まで7ポイントもあり、チャンスが少ないのは明らかだ。しかし、チャンスがある以上は戦うしかない。今週末は直接のライバルと対戦し、勝つことで勝ち点3を奪いたい。そうすれば、困難な状況に変わりなくても少しだけ明確になるだろう。我々より上のチームに不確実性を与え、彼らは降格するだろうと思われないようにすることが重要だ」 また、メンディリバル監督は未勝利の続く厳しさに言及。残留は難しくなっているものの、最後までこのシーズンを楽しみたいと語った。 「誰もこんな事態を予想していなかった。2、3カ月前から調子は悪かったが、当時は降格圏外だったからね。長い間勝利がなく、毎日少しずつ辛くなっていった。このような状況に置かれるのは簡単ではない。我々は5年間、快適に過ごしてきた。これからはトレーニングでも試合でも、最後の瞬間まで楽しみ続けたいと思っている」 2021.04.27 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤が7試合ぶりの復帰もエイバルは泥沼の5連敗…《ラ・リーガ》

エイバルは26日、ラ・リーガ第32節でレアル・ソシエダと対戦し0-1で敗戦した。エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場せず、FW武藤嘉紀は68分からプレーした。 4連敗中で再開に沈むエイバル(勝ち点23)が、5位ソシエダ(勝ち点50)をホームに迎えた一戦。エイバルの乾は4試合連続のベンチスタート、ケガから復帰の武藤は7試合ぶりにベンチ入りしている。 試合が動いたのは26分、左CKをボックス中央のル・ノルマンが頭で合わせると、最後はゴール前でフリーのイサクが左足で流し込み、ソシエダが先制した。 反撃に出たいエイバルだったが、再びチャンスを迎えたのはソシエダ。29分、オヤルサバルのサイドチェンジを左サイドで受けたバレネチェアが早いタイミングでクロスを供給。これをボックス内で収めたイサクが決定機を迎えたが、シュートはGKドミトロビッチがセーブした。 1点のビハインドで後半を迎えたエイバルは、ペドロ・レオンを下げてエスポジトを投入。さらに68分にはパペ・ディオプには武藤をピッチに送り出した。 すると77分、エイバルはブライアン・ヒルのパスでボックス左深くまで抜け出した10がシュート。さらに相手GKの弾いたボールを武藤が詰めると、DFに当たったこぼれ球をブライアン・ヒルが狙ったが、これも相手DFにブロックされた。 後半だけで10本以上のシュートを放つ猛攻を見せたエイバルだったが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、0-1で敗戦した。残留圏内の17位エルチェとの勝ち点差を縮めることはできなかった。 2021.04.27 07:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly