南野拓実スタメン復帰のセインツが最下位ブレイズ撃破で待望の10戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

2021.03.07 01:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第27節、シェフィールド・ユナイテッドvsサウサンプトンが6日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのセインツが0-2で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は88分までプレーした。現在、14位のサウサンプトン(勝ち点30)は前節、エバートンに競り負けて直近8敗1分けの9戦未勝利という泥沼の状況が続く。最下位のブレイズ(勝ち点14)のホームに乗り込む10戦ぶりの勝利を目指した一戦では、エバートン戦を負傷で欠場した南野が左サイドハーフで先発に復帰した。


立ち上がりから主導権争いが続く中、セインツにいきなりアクシデントが発生する。10分過ぎに足を痛めたイングスがピッチに座り込むと、メディカルスタッフからプレー続行不可能との診断が下され、チェ・アダムスをスクランブル投入することになった。

エースの負傷交代によって暗雲漂うアウェイチームはライン間でボールをうまく引き出す南野を起点に攻撃を展開するが、中央を締める相手の守備をなかなか崩し切れない。24分にはロングボールで相手のバランスを崩し、GKがポジションを外したところをテラがミドルシュートで狙うが、これは枠を捉え切れない。さらに、30分にはセットプレーの二次攻撃からボックス手前の南野が左足を振っていくが、このシュートは大きく精度を欠いた。

それでも、セインツは直後の31分にディアロのクリアボールに反応したテラが快足を飛ばしてボックス内へ抜け出すと、遅れての対応となったDFアンパドゥに後方から足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのウォード=プラウズがきっちり枠の左隅に決め、この試合最初の枠内シュートを先制点に結びつけた。

その後はマクゴールドリックのパワフルなプレーに苦戦を強いられたものの、最終ラインを中心に粘り強く守ったセインツが1点リードで試合を折り返した。

迎えた後半、ブレイズが中盤のノーウッドを削ってターゲットマンのマクバーニーを投入する攻撃的な采配を見せるが、後半もセインツが先にゴールをこじ開ける。

49分、セインツが波状攻撃からランドストラムのクリアをバートランドがボックス手前で引っかけると、このボールをボックス内のアームストロングが胸でマイナスに落とす。すると、アダムスの豪快な右足のシュートがゴール左上隅に突き刺さった。

2点リードで余裕を持った試合運びが可能となったセインツは前がかる相手の攻撃をしっかりと受け止めながら、カウンターで3点目を目指す。66分にはテラのミドルシュートでGKラムズデールのファインセーブを強いると、70分には南野に絶好機。ボックス左に抜け出したバートランドからのグラウンダーの折り返しを左足で合わせた南野だったが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。

その後も幾度か3点目に迫る場面を創出しつつ、危なげなく時計を進めるセインツは88分、攻守に奮闘が光った南野がお役御免となり、ジェネポとの交代でベンチへ下がった。

そして、このままクリーンシートで試合を締めくくったセインツが2-0の快勝で待望のリーグ10戦ぶりの白星を手にした。
関連ニュース
thumb

カメラの位置でVARが機能せず…プレミアリーグでの判定に再び指摘「システムの問題を浮き彫りに」

プレミアリーグでVARによる判定が再び物議を醸している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 問題のシーンは12日に行われたプレミアリーグ第31節、サウサンプトンvs WBAの4分の場面だ。 試合開始早々にチャンスを作ったWBAは、ボックス左でパスを受けたMFマット・フィリップスがシュートを放つも、これはサウサンプトンのGKフレイザー・フォースターに弾かれる。 それでも、セカンドボールをMFマテウス・ペレイラがボレーシュート。これをゴール前のFWムバイエ・ディアニェが頭でコースを変えてゴールネットを揺らしたが、VARが入った末にオフサイドの判定となった。 だが、リプレイをみると、オフサイドポジションにいるのはディアニェではなく、DFカイル・バートリーであり、バートリーはプレーに関与していなかった。 『スカイ・スポーツ』によると、VARのマッチセンターからは、VAR後も判定が変わらなかったことについて、次の説明があったという。 「彼らは、(カメラアングルの問題で、手前の)バートリーが視界を遮り、ディアニェの体を隠していたと言っていた。そのため、明確なラインを引くことができず、OFR(オン・フィールド・レビュー)での決定に委ねる必要があった」 これには、『スカイ・スポーツ』の解説者を務める元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏もVARシステムの問題だと指摘している。 「これはVARによって作られている状況だ。ディアニェはオンサイドだ。間違いない。難しい判定だと思うが、彼の足元を見ればそうだ」 「VARはディアニェの肩の位置を見ることができないが、彼がオフサイドであるという証拠よりも彼がオンサイドであるという証拠が多い。与えられるはずのゴールが観たかった。これは審判のアシスタントではなく、システムの問題を浮き彫りにしている」 また、不利な判定がありながらも、その後3ゴールを奪い3-0の快勝を収めたWBAのサム・アラダイス監督は試合後、VARは失敗かという問いに答えている。 「間違いなく大きな失敗だ。問題は、ディアニェが失望したことで、別のゴールも奪えないことだ。彼はストライカーであり、得点することで満たされ、自信が高まる。だが、彼らはそうならない。VARは彼らに影響を与える可能性がある」 <span class="paragraph-title">【画像】オンサイドに見えるが、2人の位置が被ったことでVARは機能せず</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">West Brom&#39;s Mbaye Diagne had a goal disallowed against Southampton as VAR couldn&#39;t draw a &#39;definitive line&#39; to prove he was onside... <a href="https://twitter.com/hashtag/WBASOU?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WBASOU</a> <a href="https://t.co/m9EBRubTdi">https://t.co/m9EBRubTdi</a> <a href="https://t.co/WrAW0NUKte">pic.twitter.com/WrAW0NUKte</a></p>&mdash; i sport (@iPaperSport) <a href="https://twitter.com/iPaperSport/status/1381666510603698182?ref_src=twsrc%5Etfw">April 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.13 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

降格圏に沈む相手に完敗…サウサンプトン指揮官はパフォーマンス不足認める「当然の敗北だった」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、完敗したチームのパフォーマンスを嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 日本代表MF南野拓実が所属するサウサンプトンは、12日に行われたプレミアリーグ第31節でWBAと対戦。降格圏に沈む相手との対戦となったが、試合は自分たちのミスにより前半だけで2失点。後半は攻勢に出るもさらなる失点を喫してしまい、そのまま3-0で敗れている。 この結果、サウサンプトンはリーグ14位にとどまっており、下位から抜け出すことはできず。試合後のインタビューに応じたハッセンヒュッテル監督も、勝ち点3を得るに値するパフォーマンスではなかったと語った。 「前半のチームは非常に悪かった。あのような形で2失点するなんて、本当にあり得ないことだ」 「私はそこからの反応が見たかった。ハーフタイムにいくつかの問題点を話して、後半はずっと良くなったと思う。しかし、そこから25分で3点目を許してしまった。これは致命的であり、ゲームを終わらせてしまった」 「我々にも何度か得点のチャンスはあったが、最終的に今日は当然の敗北だったと思う。良い相手との対戦ではあったが、我々は自己批判を行ったうえで、今後もっとうまくやらなければならない」 「後ろからのロングボールを少し怖がりすぎていたかもしれない。それがラインを早い段階で下がってしまった原因だ。だからこそ、今後はもっと柔軟に対応していかなければならないだろう」 また、ハッセンヒュッテル監督はチームの脆い守備についても言及。この試合を教訓に、別の姿を見せる必要があると強調している。 「今日の試合は教訓になるか? 確かに、我々は今とは異なる方法で守備をする必要がある。そうでなければ、今はあまりにも簡単に失点を許しているからね」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が欠場、サウサンプトンがWBAに惨敗</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=6e0m42zgrmvc1lbmzqarddorc" async></script> 2021.04.13 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

南野欠場のセインツが19位WBAにまさかの完敗…《プレミアリーグ》

南野拓実が所属するサウサンプトンは12日、プレミアリーグ第31節でWBAと対戦し0-3で敗戦した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節3試合ぶりの白星を飾った14位セインツ(勝ち点36)は、直近のバーンリー戦と同じ先発メンバーを採用。南野は2試合連続のベンチスタートとなった。 降格圏の19位に沈むWBA(勝ち点21)に対し、セインツは開始早々にピンチを迎える。4分、ボックス左でパスを受けたM・フィリップスのシュートをGKフォースターの弾くと、セカンドボールをマテウス・ペレイラがボレーシュート。これをゴール前のディアニェが頭でコースを変えてゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドの判定となった。 VARに救われたセインツは25分、ロングパスで相手DFの裏に抜け出したレドモンドがボックス右から折り返すと、DFにディフレクトしたボールをアームストロングがシュート。これがゴール左へ逸れると、ゴールエリア左に駆け上がったイングスがダイレクトで狙ったが、このシュートもゴール右に外れた。 先制のチャンスを逃したセインツは、30分にミスから失点する。ボックス右から侵入したメイトランド=ナイルズの折り返しに反応したマテウス・ペレイラを飛び出したGKフォースターが倒してPKを献上。このPKをマテウス・ペレイラがど真ん中に蹴り込んだ。 さらにセインツは35分にも、イングスのバックパスを奪われカウンターを受けると、ボックス左まで持ち上がったディアニェのグラウンダーのクロスをM・フィリップスが流し込まれ、立て続けに2ゴールを奪われた。 ハーフタイムにかけてもWBAの猛攻を受けたセインツだが、粘りの守りでこれを凌ぎ、0-2で前半を終えた。 2点のビハインドで後半に入ったセインツは58分、バイタルエリア左でイングスが倒れてFKを獲得。バートランドのクロスからイングスが頭で合わせたが、これは逆サイドに流れる。さらに61分には、アームストロングが強烈なミドルシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。 後半は攻勢に出ていたセインツだったが、69分に再び失点を喫する。ヨクシュルのロングスルーパスでボックス内に侵入したカラム・ロビンソンがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、セインツは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。92分、ドリブルでボックス右深くまで侵入したジェネポがC・タウンゼントに倒されPKを獲得。しかし、ウォード=プラウズのPKは、GKジョンストンの完璧なセーブに防がれた。 結局、試合はそのまま0-3でセインツが下位相手にまさかの完敗。快勝したWBAは今季初のリーグ戦連勝を飾った。 2021.04.13 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

南野拓実、現時点で完全移籍交渉なし…セインツ指揮官が注目発言!

サウサンプトンの指揮官が日本代表MF南野拓実(26)の去就を語った。イギリス『BT Sport』が報じた。 在籍2年目のリバプールで序列を高められず、今冬に出場機会を求めてシーズンローンでサウサンプトンに活躍の場を移した南野。最近はベンチを温める試合が増えつつあるが、ここまでプレミアリーグ6試合の出場で2ゴールをマークしている。 サウサンプトンを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督は南野の働きぶりに対して、一定の満足感を示した。 「彼にとって、最も大事なのはプレーチャンスを得ること。我々はケガ人やその他の問題を抱えている状況だったから、彼が多くの試合に出られるのは明らかだった」 「今はそれが少し難しくなっているが、我々は彼のクオリティを気に入っている。これまでいくつか良いゴールを決めてくれたしね。そんな彼をベンチに置けて嬉しいよ」 そう南野のクオリティを評価したオーストリア人指揮官だが、買い取りに向けた動きは現時点でないという。 「今のところ、そうした交渉をしていない。リバプールが今夏に彼をどうしたいのかもわからないからね」 「そもそも、契約はシンプルにシーズン後半戦の出場機会を彼に与えるというものだったのだ」 「それこそが我々のやったことであり、うまくいけば、彼はプレーする機会がより増えていくだろう」 2021.04.10 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

南野拓実がセインツ移籍の裏側を語る「電話を貰ったときは誰よりも驚いたかも…」

サウサンプトンの日本代表FW南野拓実が、リバプールからのレンタル移籍が決まった時の裏側を明かした。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 南野は2020年1月にレッドブル・ザルツブルクからリバプールに移籍。当初はユーティリティ性を評価され複数ポジションで起用されていたが、徐々に出場機会は減少。12月のプレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦でプレミアリーグ初ゴールを記録したものの、その後は過密日程でありながら7試合連続でスタメンから外れるなど、苦しい時期を送っていた。 こうした状況もあり、南野は1月の移籍市場でサウサンプトンへのレンタル移籍が決定。ここまで公式戦6試合出場2ゴールを記録している。『リバプール・エコー』のインタビューに応じた南野は、このレンタル移籍が突然のものだったと語りつつ、かつてサウサンプトンに所属していたDF吉田麻也の助言があったことも明かした。 「それは移籍市場の最終日、トレーニングの後だったから午後5時頃だったと思います。何人かの人から電話があり、それで移籍が決まりました」 「(移籍については)まったく期待していなかったから、電話を貰ったときは誰よりも驚いたかもしれないですね。でも、いい気分でした。僕にとっては良い機会であり、前向きな気持ちになりました。このチャンスをものにしたいと思い、サウサンプトンに来たんです」 「夜中に契約が決まる前、30分ほど麻也と話をしました。チームのこと、監督のこと、選手のことをそこで聞いたんです。彼はすべてを話してくれたし、クラブのポジティブな面についても説明してくれました。麻也とは、多くを話しましたね」 また、南野はサウサンプトンのクラブ公式サイトによるインタビュー内でも、出場機会に飢えていたことを語っている。 「サッカー選手にとってプレーすることは最も重要です。プレーすることで、選手としての自信を取り戻せると思っています。だからもっとプレーがしたいですね。チームを助け、勝利に貢献すればするほど、自信はついていきますから」 「プレミアリーグでのプレーは子供の頃からの夢でした。今はそのチャンスをとても楽しんでいます。チームを助けるため残された時間は数カ月ですが、自分の能力をフルに発揮して、チームがうまくいくように、そしてリーグでできるだけ上に登っていけるよう頑張りたいですね」 「僕は攻撃的な選手として、得点やアシストでチームを助けたいです。それが僕の責任であり、今はそこに集中しています」 2021.04.08 16:29 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly