やはり重傷…担架で運び出されたエジルは足首のじん帯損傷で約1カ月離脱へ

2021.03.05 19:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
重傷ではないとされていたフェネルバフチェの元ドイツ代表MFメスト・エジルだが、思わぬ重傷だったことがわかった。フェネルバフチェは4日、スュペル・リグ第28節でアンタルヤスポルと対戦。試合は1-1の引き分けに終わっていた。

この試合、[4-2-3-1]システムのトップ下として先発出場したエジル。フェネルバフチェ加入後はコンスタントに試合出場を重ねていたが、この試合の65分にアクシデントに見舞われることになる。


右サイドをドリブルで持ち上がっていたエジルだが、相手ボックス付近でフレディに後方から接触され転倒。そのまま立ち上がることなく苦悶の表情を浮かべていたエジルは、担架に乗せられピッチを後にしていた。

当初は足首の捻挫だと見られていたエジルだが、フェネルバフチェによるとMRI検査の結果、足首の内側と外側のじん帯に部分的な損傷があったとのこと。また、くるぶしの骨の内側と外側のあたりに浮腫があったとのことだ。なお、離脱期間は1カ月程度とみられている。

エジルは自身のインスタグラムでもケガについて報告。「足の内側と外側のじん帯が部分的に損傷しており、今後の試合でチームを助けることができず申し訳ありません」と離脱することを謝罪。「僕はできるだけフィールドに戻るために最善を尽くします。みんなのサポートとメッセージに感謝します」とコメントした。

関連ニュース
thumb

レーブ、ドイツ代表退任後の最初の仕事はトルコに? 古巣フェネルバフチェがオファー

ユーロ2020終了後にドイツ代表の指揮官を退任するヨアヒム・レーブ監督(61)にトルコ行きの可能性が浮上している。トルコ『Fanatik』が報じている。 来月開催されるユーロ2020後にドイツ代表の指揮官の座を下りるレーブ監督に関しては、スペイン語の習得に励んでいることもあり、ラ・リーガでの指揮やヨーロッパのビッグクラブでの指揮を執る可能性が伝えられるが、現時点で具体的な動きはない。 そういった中、『Fanatik』が伝えるところによれば、トルコ屈指の名門であるフェネルバフチェが、レーブ監督の招へいに向けてオファーを掲示しているという。 今シーズンのスュペル・リグで首位のベシクタシュ、2位のガラタサライと2ポイント差の3位に位置するフェネルバフチェは最終節での逆転の可能性はあるものの、3年連続でリーグタイトルを逃すことが濃厚だ。 そのため、会長選を控えるアリ・コチ会長は自身が再選した際、スポーツ・ディレクターのエムレ・ベロゾール氏が暫定指揮官を務める監督ポストにレーブ監督を据える考えを持っているという。 なお、レーブ監督にとってフェネルバフチェは1998-99シーズンに1年間指揮を執った古巣となる。また、同クラブには代表引退後は疎遠も、教え子であるMFメスト・エジルが在籍している。 現時点ではまだ可能性の段階ではあるが、代表退任後最初の仕事は古巣での指揮となるのか…。 2006年にユルゲン・クリンスマン監督の後任としてドイツ代表の指揮官に就任したレーブ監督。就任以降はユーロ2008で準優勝、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)、ユーロ2012で共に3位とチームの底上げに成功。そして、2014年ブラジルW杯では5大会4度目の優勝に導く見事な手腕を発揮した。 その後、ユーロ2016ではベスト4とまずまずの戦績を残したが、直近の2018年ロシアW杯では大会を通して低調なパフォーマンスに終始し、屈辱のグループリーグ敗退。さらに、以降のUEFAネーションズリーグなどの戦いも振るわず、幾度となく解任論が囁かれた中、ユーロ2020本大会をもって15年間続いた長期政権に幕を降ろす決断を下した。 2021.05.15 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

今季17発のFW鈴木優磨、トルコの強豪・フェネルバフチェがオファーと報道

今シーズン限りでシント=トロイデンからの退団が濃厚とされるFW鈴木優磨(25)だが、トルコの強豪・フェネルバフチェがオファーを出したようだ。ベルギー『Walfoot』が報じた。 2019年7月に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと移籍し、海外初挑戦となった鈴木。1年目のシーズンはジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し7ゴールに終わっていた。 しかし、環境に慣れた2年目の今シーズンはチームが低迷する中でリーグ戦全34試合に出場。17ゴール4アシストを記録し、得点ランキングでも4位タイとなっていた。 その鈴木には、ヘルタ・ベルリンが興味を持っているとされたが、今シーズンは残留争いをするなど低迷。鈴木もオファーを拒否したと報じられている。 また、同じベルギーのヘントからもオファーがあると報じられ、リーグ・アンのクラブも興味を持っているとされている。 一方で、鈴木本人はセリエAへの移籍を希望している他、ヨーロッパの大会に出場するクラブへの移籍を望んでいるとされ、今夏の去就が大きな注目を集めている。 そんな中、トルコの強豪であるフェネルバフチェが鈴木の獲得に向けてシント=トロイデンへオファー。『Walfoot』によると、450万ユーロ(約5億9000万円)+ボーナスで、移籍金は総額で550万ユーロ(約7億2400万円)になるオファーを出したようだ。 シント=トロイデンは600万ユーロ(約7億9000万円)を求めているとされていたが、現在の情勢や財政状況を考えると、このオファーを受ける可能性は高いとされている。 フェネルバフチェはスュペル・リグで現在2位に位置。リーグ優勝が狙える状況である一方、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得る可能性もある。 元ドイツ代表MFメスト・エジルが所属しているなど、実力者も多く存在しており、ステップアップと言えるクラブの1つだ。 しかしながら、鈴木の願望はイタリアに向いており、トルコのオファーを受ける可能性は低い。果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ベルギーで躍動する鈴木優磨のゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Yuma Suzuki is aan een geweldig seizoen bezig bij STVV! <a href="https://t.co/t7zrasu2hR">pic.twitter.com/t7zrasu2hR</a></p>&mdash; Eleven Sports (NL) (@ElevenSportsBEn) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEn/status/1382234668297285633?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.07 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

エジルがファン目線で欧州スーパーリーグ構想に反対「ビッグゲームの楽しみは、毎週ではなく、年に1、2回だから」

フェネルバフチェでプレーする元ドイツ代表MFメスト・エジルが、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想に意見した。 これまでシャルケやブレーメン、レアル・マドリー、アーセナルでプレーしてきたエジル。世界最高峰の戦いを経験してきており、チャンピオンズリーグやワールドカップでも結果を残してきた。 しかし、古巣であるマドリーやアーセナルも含めたヨーロッパのビッグクラブが参加するヨーロッパ・スーパーリーグが発足。これまでに大会が誕生することとなった。 現在はトルコのフェネルバフチェでプレーしているエジルだが、18日に発表されたヨーロッパ・スーパーリーグの構想について自身のツイッターで言及。反対の意見を表明した。 「子供たちは、スーパーリーグではなく、ワールドカップとチャンピオンズリーグで優勝することを夢見て成長していく」 「ビッグゲームの楽しみは、毎週ではなく、年に1、2回しか起きないことだ」 「そこにいる全てのサッカーファンにとって、本当に理解するのが難しいだろう」 ワールドカップやユーロは4年に1度、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなど国をまたがる対戦も年に数試合しか行われず、それが楽しみだと語るエジル。選手から見ても、やはりイマイチな構想のようだ。 2021.04.19 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

サッリ氏、新天地はトルコか? 現地メディアが原則合意を報じる

フリーのマウリツィオ・サッリ氏(62)の新天地はトルコになるのかもしれない。トルコ『Ajansspor』が、フェネルバフチェと原則合意したことを報じた。 これまで母国イタリアの小クラブを率いて成り上がってきたサッリ氏は、近年ではナポリやチェルシー、ユベントスの監督を歴任。だが、チェルシーとユベントスではいずれも1年でクビになっており、昨夏以降はフリーの状態が続いている。 最近では不振に喘ぐナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の後任候補に挙げられており、サッリ氏本人もイタリア復帰を望んでいると、複数のメディアが伝えている。しかし、この度全く異なる角度から新たな情報が舞い込んだ。 フェネルバフチェでは先日、昨夏に就任したエロル・ブルト監督が解任されており、今季終了まではスポーツ・ディレクターのエムレ・ベロゾール氏が暫定指揮官を務めると発表されていた。 そのため、サッリ氏の監督就任は来季からと見込まれているが、情報の正確性は不明。今後の続報が待たれることになる。 2021.03.28 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プレー機会を得ていたエジルが担架で運び出される…足首捻挫か

フェネルバフチェでプレーする元ドイツ代表MFメスト・エジルが担架で運び出される一幕があった。 フェネルバフチェは4日、スュペル・リグ第28節でアンタルヤスポルと対戦。試合は1-1の引き分けに終わった。 この試合、[4-2-3-1]システムのトップ下として先発出場したエジル。フェネルバフチェ加入後はコンスタントに試合出場を重ねていたが、この試合の65分にアクシデントに見舞われた。 右サイドをドリブルで持ち上がっていたエジルだが、相手ボックス付近でフレディに後方から接触され転倒。そのまま立ち上がることなく苦悶の表情を浮かべていたエジルは、担架に乗せられピッチを後にしていた。 このシーンでは、フレディの右足がエジルの左足を捉え、大きく曲がっており、足首を捻挫した可能性が高いという。 フェネルバフチェのエロル・ブルト監督も試合後にエジルについてコメント。「足首をひねった。打撲の傷もあると聞いたが、骨折などはしていない」と語り、重傷ではない様子だ。 しかし、ファウルしたフレディについては「ケガした状況を見ると、ファウルしたフレディはイエローカードをすでにもらっていたので、2枚目のイエローカードをもらい、レッドカードになるべきだった」とコメント。特にカードが出なかったことに不満を語った。 エジルの全治などは現時点で明らかにされていないが、構想外となっていたアーセナルを離れやっとプレー機会を得られただけに、重傷でないことを願うばかりだ。 2021.03.05 13:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly