前回王者FC東京が徳島下し白星発進! 準優勝の柏は横浜FCに敗れる《ルヴァンカップ》

2021.03.03 20:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
3日、YBCルヴァンカップ第1節の6試合が各地で行われた。昨季は新型コロナウイルス禍による特別レギュレーションの下、FC東京が11年ぶり3度目の優勝を果たした。今大会は従来のレギュレーションに戻し、4チーム4グループのグループステージを戦ったあと、各グループ上位2チームで行われるプレーオフステージで4チームまで絞り、AFCチャンピオンズリーグに出場する川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪を加えた計8チームでプライムステージを行う。

すでに2日に2試合を消化しており、Bグループではヴィッセル神戸が大分トリニータに1-3で逆転勝利。Cグループでは湘南ベルマーレvs浦和レッズがゴールレスドローに終わっている。

開幕節2日目は、Bグループでは王者・FC東京が徳島ヴォルティスと対戦。8分に味方とのワンツーでボックス右に抜け出した田川が相手DFのスライディングタックルを受けて倒される決定的なシーンが訪れたが、主審はCKを指示。DFの足はボールに触れておらず、田川はPKを強く主張したが、そのままプレーは流された。

その後は中盤で一進一退の攻防に。互いになかなかチャンスが作れない中、FC東京が35分のセットプレーでゴールに迫る。敵陣左サイド中央から上がったクロスを手前で後ろに逸らし、最後は青木がヘディングシュート。枠を捉えたが、GK長谷川の好セーブに阻まれた。

後半から2人入れ替えた徳島は48分、左サイドを突破した川上の折り返しを河田が合わせる。徳島にとっては初の決定機だったが、GK児玉のファインセーブに遭い、先制ならず。

肝を冷やしたFC東京だったが59分にネットを揺らす。永井が右からクロスを上げると、相手DFがクリアミス。これをボックス中央にいた田川が左足で蹴り込み、試合を動かした。

FC東京は最後までこのゴールを守り切り、ホームで1-0で勝利。7年ぶりのリーグカップ出場となった徳島を破り、前回王者が白星スタートを切った。

Cグループでは、前回ファイナリストの柏レイソルと横浜FCが激突。両者の対戦成績は4勝4分け4敗と全くの互角だが、この試合もその様相を見せる。開始1分で瀬川のシュートに繋げた柏は、8分にはその瀬川がオーバーヘッドシュートでゴールに迫る。対する横浜FCも12分に杉本のボックス手前から放ったシュートが
GKを強襲。さらに、19分にはカウンターから松尾、杉本と繋いでシュートに持ち込むが、ここもGKキム・スンギュに止められた。

その後、柏はショートカウンターから決定機を演出。まずは37分、敵陣中央でボールを奪い、椎橋がボックス手前右からシュートへ。45分には、今度は敵陣右サイドでボールを奪い、素早くボックス中央の瀬川へボールを展開。瀬川はキックフェイントでDFを一人躱してシュートに持ち込んだが、力み過ぎたのかクロスバーを越えてしまった。

試合が動いたのは後半に突入した51分。横浜FCが左サイドからアーリークロスを入れたところ、伊藤が胸トラップした直後に遅れて入った上島に倒されてPKを獲得。これを自ら伊藤が決めて均衡を破った。

柏は同点ゴールを目指して攻勢を強めるが、再三のチャンスを生かせない。89分に途中出場のイッペイ・シノヅカのパスから江坂がボックス右に抜け出すが、シュートは惜しくも枠を捉えられず試合終了。0-1でアウェイの横浜FCが勝利を収めた。

Dグループでは、昨季ベスト4の横浜F・マリノスがベガルタ仙台を1-0で下している。16分に右サイドから水沼が上げたクロスに、オナイウ阿道がジャンプしながら合わせて先制。

仙台はなかなかシュートまで運べない時間が続いたが、39分に自陣からのカウンターでチャンス到来。左サイドに展開し、最後はクロスを受けた中原が右足で狙ったが、惜しくも左に外れた。その直後には横浜FMも前田のシュートで決定機を迎えるが、GK小畑のセーブに遭う。

後半はカウンターからフィニッシュに持ち込む仙台に対し、横浜FMはカウンターを恐れず攻勢を強めるが、互いにゴールは奪えず試合終了。ホームの横浜FMが逃げ切り、開幕白星を挙げた。

同グループのもう一試合、サンフレッチェ広島vs清水エスパルスはゴールレスドローに終わっている。守備から入る清水に対し、広島は後半の序盤に立て続けに2度の決定機を迎える。右サイドのクロスから鮎川のヘディングシュート、さらにはエゼキエウのミドルシュートが枠に収まるが、どちらもGK永井に防がれてしまう。

86分には途中出場の浅野が右からカットインする得意の形でフィニッシュまで持ち込んだが、ここもGK永井に止められ万事休す。0-0のまま、試合終了のホイッスルが鳴った。

Aグループでは、最多6回の優勝を誇る鹿島アントラーズがサガン鳥栖をホームに迎えた。試合は早々に動く。10分、味方のスルーパスで右サイドの深い位置に抜け出した荒木のクロスを、エヴェラウドが打点の高いヘディングで合わせてゴール。

その後は互いにシュートを打ちながらも得点は生まれず迎えた後半、64分に鹿島が突き放す。左サイドでボールを持った和泉がドリブルでゆっくりとボックスへ侵入。左角辺りでDF2人の間からコントロールシュートを放つと、これが右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。

さらに鹿島は71分、途中出場の染野のチェックでボックス手前でボールを奪うと、こぼれ球を拾った白崎から、ボックス左へ走り込む染野へスルーパス。染野はこれを丁寧にゴール右に流し込んで、プロ入り後2点目を決めた。

これで試合を決定づけた鹿島は、その後もゴールに迫りながら試合を支配。結局、3-0で快勝を収めた。

グループAのもう一方の試合は、アビスパ福岡vs北海道コンサドーレ札幌。前半だけで2ゴールをマークしたドウグラス・オリヴェイラの活躍で1-3とリードした札幌が、後半の失点を1点に抑え、最終的に2-3で勝利。J1開幕から2連勝を収めた。

◆YBCルヴァンカップ第1節
【Aグループ】
アビスパ福岡 2-3 北海道コンサドーレ札幌
鹿島アントラーズ 3-0 サガン鳥栖

【Bグループ】
大分トリニータ 1-3 ヴィッセル神戸
FC東京 1-0 徳島ヴォルティス

【Cグループ】
湘南ベルマーレ 0-0 浦和レッズ
柏レイソル 0-1 横浜FC

【Dグループ】
横浜F・マリノス 1-0 ベガルタ仙台
サンフレッチェ広島 0-0 清水エスパルス
関連ニュース
thumb

プライムステージの顔ぶれが決定! 準々決勝からACL勢も登場《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップのプライムステージ出場チームが出揃った。 プレーオフステージは13日に第2戦の残る3試合が終わり、全日程を消化。鹿島アントラーズ、北海道コンサドーレ札幌、FC東京、浦和レッズが勝ち上がり、清水エスパルス、横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ヴィッセル神戸の敗退が決まった。 これにより、プライムステージは鹿島、札幌、FC東京、浦和にプラスして、同ステージから登場となる川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021参戦組で争われることになった。 プライムステージは準決勝までホーム&アウェイ方式のトーナメント方式で実施され、準々決勝からの組み合わせは今後の抽選で決定。プライムステージ出場チームと今後のスケジュールは次のとおり。 ◆プライムステージ出場チーム 川崎フロンターレ ガンバ大阪 名古屋グランパス セレッソ大阪 鹿島アントラーズ(グループA1位) 北海道コンサドーレ札幌(グループA2位) FC東京(グループB1位) 浦和レッズ(グループC1位) ◆日程 準々決勝…第1戦:9/1(水)、第2戦:9/5(日) 準決勝…第1戦:10/6(水)、第2戦:10/10(日) 決勝戦…10/30(土) 2021.06.13 20:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ユンカー1G1Aの浦和が神戸との接戦を制しプライムステージ進出!同胞エリクセンへのメッセージも《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップのプレーオフステージ、浦和レッズvsヴィッセル神戸の第2戦が13日に浦和駒場スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。この結果、合計スコア4-3で浦和がプライムステージ進出を決めている。 6日にノエビアスタジアム神戸で行われた第1戦では、立ち上がりに失点しながらも逆転に成功した浦和が1-2で勝利。1点のリードとアウェイゴールのアドバンテージを持ってこの一戦に臨む。 逆転突破に2点が必要な神戸は、開始2分にイニエスタのクロスに頭で合わせた山口のシュートがクロスバーを叩き、いきなり決定機を迎える。 5分にもドウグラスのヘディングシュートでゴールに迫ったホームチームは16分にCKを獲得。しかし、これを跳ね返した浦和は、こぼれ球を拾った小泉が追いすがる酒井を振りほどいてユンカーに展開。最後はGKとニ対一となり、プレゼントパスを受けた小泉が流し込み先制点を挙げた。 一瞬の隙を突かれた神戸だったが22分、酒井が右サイドから精度の高いクロスを送ると、マークを外したドウグラスが頭で合わせて、たちまち1点差に。 その後はイニエスタを中心に攻勢に出る神戸。40分には、そのイニエスタのパスから山口がボックス左に侵攻。左足を振り抜いたが、枠を捉えられなかった。 アウェイチームがさらに押し込んでいた前半アディショナルタイム、宇賀神のクリアでピンチを切り抜けた浦和は、このボールがユンカーに渡り一転してチャンスに。味方の援護は見込めない中、ユンカーは小林のチェックを振り切り、最後はGK前川の頭上を抜くループシュートを流し込み勝ち越しゴール。 この際にユンカーはユニフォームをたくし上げ、「強くあれ、クリスティアン」というメッセージをカメラの前に。現在行われているユーロ2020の試合中に突如緊急搬送された同胞のクリスティアン・エリクセンへエールを送った。 後半は神戸が主導権を握る中、浦和はユンカーと山中を下げて興梠と西を投入。2点必要な神戸もドウグラスと初瀬を下げて、藤本とマシカを送り込むなど、攻撃的な手を加える。 それでも、なかなか決定機が迎えられないまま時間は推移。そんな中77分に、神戸は郷家が倒され、ボックス手前左の絶好の位置でFKを獲得。これをイニエスタがGK西川の逆を突く形でゴール右に決めて、合計スコア4-3に。 あと1点取れば神戸がアウェイゴールの差で上回るという状況まで持ち込んだが、その1点が最後まで遠く、浦和に軍配。2シーズンぶりにプライムステージ進出を決めた。準々決勝の第1戦は9月1日、第2戦は同5日に予定されている。 浦和レッズ 2-2(AGG:4-3) ヴィッセル神戸 【浦和】 小泉佳穂(前16) キャスパー・ユンカー(前48) 【神戸】 ドウグラス(前22) イニエスタ(後32) 2021.06.13 20:02 Sun
twitterfacebook
thumb

連覇目指すFC東京、逆転でベスト8! アウェイ湘南戦でブラジル人トライアングル躍動《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦の1試合が13日にレモンガススタジアム平塚で催され、アウェイのFC東京が4-1で湘南ベルマーレに勝利。2戦合計スコア4-2でFC東京のプライムステージ進出が決定した。 敵地での第1戦を1-0の勝利で飾り、アドバンテージを持って本拠地での第2戦に臨む湘南はアウェイゴールとなる一撃をマークしたウェリントンがベンチに回り、大橋と町野の2トップでスタート。一方、ミッドウィークの天皇杯2回戦で順天堂大学に敗れ、今回の一戦に挑むFC東京はディエゴ・オリヴェイラ、永井、レアンドロを前線に並べ、逆転突破を目指した。 湘南が1つのアウェイゴール差で優位に立ってのリターンレグだったが、連覇の夢を繋ぐためにも2点以上奪っての勝利が条件となるFC東京が先にスコアを動かして、トータルスコアでもイーブンに。11分、敵陣ハーフウェイライン付近の中央でFKのチャンスを獲得すると、キッカーの森重が前線に右足で出した浮き球パスをボックス中央のD・オリヴェイラが胸トラップで落とす。最後は左のレアンドロが右足ボレーをゴール左に突き刺した。 前半の早い段階で湘南のアドバンテージを打ち消したFC東京だが、永井の負傷で14分に切り札待機のアダイウトンを早々に使わざるを得なくなるアクシデント。それでも、トータルスコアで逆転する。35分、レアンドロが敵陣ハーフウェイライン付近から前線にスルーパスを出すと、呼応したD・オリヴェイラが巧みなランで相手最終ラインのスペースを突いて、GK富居と一対一の構図に。ボックス左から冷静に左足でネットを揺らした。 さらに、41分には敵陣左サイドからバングーナガンデ佳史扶が左足で折り返すと、ボックス中央のD・オリヴェイラが先制点に続きポストプレー。この落としに反応した急きょ出場のアダイウトンが豪快な右足ボレーをゴール左に叩き込み、FC東京がブラジル人トリオの活躍で大きくリードする。だが、湘南も44分、山田がバイタルエリア中央に横パスを出すと、中村駿が右足コントロールショット。これがゴール右上隅に決まり、食い下がる。 ブラジル人トリオの脅威に晒され、前半だけで3失点の湘南は突破に最低でもあと2ゴールが必要な状況に陥ってしまっての後半に向け、ハーフタイム明けからウェリントン、畑、池田を投入。その後半もブラジル人トリオが牽引するFC東京の攻撃を辛抱強く凌ぎつつ、反撃に転じていき、フィニッシュの形も作り出していくが、最後の精度を欠く。すると、残る交代枠で田中、オリベイラを投入するが、FC東京も集中を切らさない。 そんなFC東京は後半アディショナルタイム6分も守りの時間が続いたが、同2分にD・オリヴェイラのヒールパスからアダイウトンが強烈な右足シュートを決め切り、勝負あり。FC東京が見事に逆転突破を果たした。なお、準々決勝は9月1日に第1戦、同月5日に第2戦が行われる。 湘南ベルマーレ 1-4(AGG2-4) FC東京 【湘南】 中村駿(前44) 【FC東京】 レアンドロ(前11) ディエゴ・オリヴェイラ(前35) アダイウトン(前41、後45+2) 2021.06.13 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

菅のスーパーゴールが決まった札幌、新体制初戦の横浜FMを退け3年連続のベスト8へ《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップのプレーオフステージ、横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌の第2戦が13日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-3で札幌が勝利した。この結果、合計スコア2-4で札幌のプライムステージ進出が決まった。 札幌のホームで1-1のドローに終わった第1戦から1週間。この間に天皇杯2回戦が行われ、横浜FMはJFLのHonda FCにPK戦の末に敗戦、方や札幌は同じくJFLに所属するソニー仙台FCと打ち合いになりながらも5-3で制し、明暗分かれる結果となった。 また、横浜FMではポステコグルー監督がセルティックに引き抜かれる形で退任が決定。これを受けて、アカデミーのディレクターを務め、Jエリートリーグで指揮を執っている松永英機氏を暫定指揮官に抜擢。この試合が初采配となる。 スタメン変更は、互いに前回対戦から2人。横浜FMはレオ・セアラとティーラトンが外れ、天野と松原が先発。札幌はその一戦で負傷交代した小柏と深井に代わり、菅とルーカス・フェルナンデスが入った。 試合は早々に動く。7分、札幌は味方の浮き球のパスをボックス左で受けた菅がグラウンダーのクロスを上げると、相手のマークに付いていた畠中がクリアし損ねオウンゴールを献上。これで合計スコアは1-2で札幌がリードを得た。 さらに札幌は13分にも決定機。高い位置でボールを奪い、L・フェルナンデスがボックス右からゴール前にラストパスを供給。ここに荒野がフリーで待っていたが、上手く合わせることができず、追加点のチャンスを逃した。 その後は徐々に横浜FMがポゼッションを高めていくものの、札幌は出足の速い守備でペースを握らせない。28分にマルコス・ジュニオールがボックス手前から狙ったシュートが枠を捉えるが、GK菅野のファインセーブに遭う。 札幌の1点リードで迎えた後半、その立ち上がりの時間帯に再びゴールが生まれる。51分の右CKのシーン。福森が送った鋭いクロスは合わなかったものの、こぼれ球をボックス左手前の位置から菅がダイレクトボレーシュートを狙うと、これがゴール右上に突き刺さった。 目の覚めるようなスーパーゴールで合計スコアを1-3とした札幌。対する横浜FMは逆転には3点が必要になった中、55分に天野、中川、渡辺を下げて、扇原、水沼、レオ・セアラと一挙に3枚替え。 すると61分、エウベルが左サイドから右足でクロスを上げると、相手が頭で擦って変化したボールを、背後の水沼が頭で押し込んで反撃。このゴールにホームのサポーターが沸いた。 この声援に応えるように、トリコロールはその後立て続けに好機を迎える。31分、右サイドの水沼のクロスがボックス左のエウベルに渡ると、そのパスを受けた小池がドリブルで運び、ボックス中央からシュートへ。 これはGK菅野に止められたが、今度は33分のFKのシーン。水沼が直接狙ったシュートが壁に当たってクロスバーに激突。ボールは真下に落ちたが、ゴールラインは越えていなかった。 その後もカウンターからのチャンスを生かせなかった横浜FM。徐々に逆転の時間が減る中迎えた87分、札幌がトドメの3点目を決める。 L・フェルナンデスがボックス右の深い位置まで侵入し、マイナス方向へクロス。これをボックス中央の駒井がさらに左へフリックすると、フリーで入り込んでいた途中出場の柳が仕上げて3点目。 これで合計スコア2-4とした札幌が横浜FMを退け、3年連続のプライムステージへ進出。準々決勝の第1戦は9月1日、第2戦は同5日に予定されている。 横浜FM 1-3(AGG:2-4) 札幌 【横浜FM】 水沼宏太(後16) 【札幌】 OG(前7) 菅大輝(後6) 柳貴博(後42) 2021.06.13 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤敦樹、興梠弾で浦和が逆転勝ち、神戸は先制するも逃げ切れず《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップのプレーオフステージ、ヴィッセル神戸vs浦和レッズの第1戦が6日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-2で浦和が勝利した。 Bグループ2位でにプレーオフステージ進出を決めた神戸と、混戦のCグループを首位で勝ち抜いた浦和。両チームは5月26日にリーグ戦第15節で対戦したばかりで、その際はホームの浦和が2-0で勝利している。 古橋、フェルマーレンが代表招集のために不在の神戸は、セルジ・サンペールを中盤の底に置いた[3-5-2]でスタート。浦和はトーマス・デンがグループステージ最終節以来、今季公式戦2戦目の出場となった。 試合は開始早々に動く。3分、神戸は山口のクロスから左CKを獲得すると、初瀬が左足でアウトスイングのクロスを送る。ニアでサンペールフリックし、ゴール前でドウグラスが合わせて先制点を奪った。 7分にはサンペールのスルーパスに反応した山口がボックス右の深い位置から折り返す。相手に寄せられながらマシカが合わせるが、枠には飛ばせなかった。 右サイドからの攻撃を繰り返す神戸。17分にはハーフウェーライン付近でボールを奪うと、イニエスタから斜めのパスが送られる。マシカが受けてボックス手前の右かかループで狙うも、GK西川に読まれてキャッチされた。 神戸のポゼッションの前に守備のはまらない浦和だったが、30分に高い位置でのボール奪取に成功。宇賀神は素早く縦に当て、関根がドリブルでボックス内まで持ち込んで左足で狙ったが、大崎のブロックに阻まれた。 両チームともに徐々に守備ブロックの形成に重きを置き始めたため、互いにボールを持った時には最終ラインから中盤の間でゆとりを持ってパスを回せる展開が続く。 このままハーフタイムを迎えるかと思われたが、アディショナルタイムに再びスコアが動く。左からの関根の大きなサイドチェンジを田中がダイレクトで折り返すと、ボックス内に伊藤敦樹がフリーで侵入。落ち着いて流し込み、浦和が貴重なアウェイゴールを奪って前半を終えた。 後半に向けて先に動いたのは神戸ベンチ。大崎を下げて郷家を投入し、サンペールを最終ラインの中央へ配置して山口と郷家のダブルボランチ気味にシフトした。 前半と同様、後半の最初のチャンスも神戸が作る。53分、右CKの2次攻撃から初瀬が左足で滞空時間の長いクロスを送り、小林が頭で落としてマシカが狙う。だが、ヘディングシュートはGK西川にセーブされてしまう。 63分には興梠のヘディングシュートが相手DFの手に当たったとして、浦和の選手はハンドを猛アピールするも、西村主審は毅然とした態度で退けた。一方の神戸は65分、初瀬のクロスに佐々木が頭で合わせるも、ここは明本が体を寄せてブロックした。 神戸が自陣でボールを回す中で、思わぬ形でスコアは動く。山口からのバックパスをボックス内で処理しようとした菊池がまさかのスリップ。興梠がこれを見逃さずに反応すると、GK前川の動きを見極めて鮮やかなループシュートで浦和が逆転に成功した。 リードを奪った浦和だったが、トーマス・デンが負傷でピッチに倒れ込んでしまう。これを機に77分、3枚同時交代を決行。ゴールを挙げた興梠、宇賀神も下げて岩波、杉本、西を送り出す。 追いかける神戸は85分、リンコンが佐々木とのパス交換を経てドリブルを開始。細かいタッチでボックスに進入してリターンパスを送ると、佐々木が落としてイニエスタがシュート。しかし、右足の強烈なミドルシュートはクロスバーの上へ外れた。 何としても追い付きたい神戸は後半のアディショナルタイムには右サイドの深い位置でFKを獲得。イニエスタがグラウンダーのボールをペナルティエリア外へ送ると、走り込んできた山口のシュートは枠を捉えることができなかった。 結局、このままタイムアップを迎え、浦和がアウェイゴールを奪っての逆転で先勝を収めた。第2戦は13日に浦和駒場スタジアムで行われる。 ヴィッセル神戸 1-2 浦和レッズ 【神戸】 ドウグラス(前3) 【浦和】 伊藤敦樹(前46) 興梠慎三(後26) 2021.06.06 20:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly