堂安&奥川在籍のビーレフェルト、クラマー氏を新指揮官に招へい!

2021.03.02 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FW堂安律とMF奥川雅也が在籍するビーレフェルトは2日、フランク・クラマー氏(48)の新監督招へいを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。ブンデスリーガ23試合を消化時点で、残留プレーオフに回る16位に位置しているビーレフェルト。ここ5試合で4敗を喫しており、降格圏となる17位マインツと勝ち点「1」差に迫られていたことから、1日にウーベ・ノイハウス監督(61)の解任を発表した。


そして、チーム立て直しを託されたのが、試合分析と若手育成に長けたドイツ人指揮官だ。

ビーレフェルトの新指揮官に就任したクラマー氏は、2005年に現役生活を終えたグロイターフュルトのリザーブチーム(ドイツ4部)で監督に転身。その後、ホッフェンハイムのリザーブチームへステップアップすると、2012年には同クラブのトップチームの暫定監督も務め、当時在籍していた現ガンバ大阪の元日本代表FW宇佐美貴史を指導した。

そこで実績を積んだ同氏は、グロイターフュルトやデュッセルドルフでの監督を経て、ここ数年は育成年代の指導に従事。アンダーカテゴリーのドイツ代表コーチを歴任した後、直近はレッドブル・ザルツブルクでユースアカデミーの責任者を務めていた。

クラマー氏はビーレフェルトの新指揮官に就任に際して、クラブ公式サイトを通じて意気込みを口にしている。

「アルミニアは近年素晴らしい発展を遂げており、非常に真剣で多角的な視野を重視した印象を与えるエキサイティングなクラブです。 私は今、そのクラブの一員として参加できることを嬉しく思っている。早くプレーヤーやチーム全体と共に仕事をしたいね」

なお、クラマー新監督率いる新生ビーレフェルトの初陣は7日に開催されるブンデスリーガ第24節のウニオン・ベルリン戦となる。
関連ニュース
thumb

「このゴールは本当に嬉しい」オウンゴール誘発の奥川雅也が勝利を喜ぶ

アルミニア・ビーレフェルトの日本代表MF奥川雅也がフライブルク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ビーレフェルトは9日、ブンデスリーガ第28節でフライブルクと対戦。残留争いをする中で17位と降格圏に沈むビーレフェルトだったが、68分に奥川が見せる。 右CKからショートコーナーでリスタートすると、ボックス内でパスを受けた奥川がドリブルを仕掛けシュート性のクロス。これをGKが弾ききれずにゴールに入り、ビーレフェルトが先制。そのまま逃げ切り、1-0で勝利を収めた。 この勝ち点3で残留圏に浮上したビーレフェルト。オウンゴールを誘発し、チームを勝利に導いた奥川が試合を振り返ってコメントした。 「3ポイントをうまく使うことができました。トレーニングでは常に試合に100%集中しており、勝つことがとても重要でした」 「監督は試合前に『常に全力を尽くし、ピッチではお互いに立ち向かおう』と言っていました」 「どうしてもゴールを決めたかったです。オウンゴールになりましたが、このゴールは本当に嬉しいです」 <span class="paragraph-title">【動画】奥川雅也が貴重なオウンゴールを誘発!(0:21~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PHwiZ2jwbng";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.04.10 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

奥川の誘ったOG弾で逃げ切ったビーレフェルトが3試合ぶりの白星で降格圏脱出!《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは9日、ブンデスリーガ第28節でフライブルクと対戦し、1-0で勝利した。ビーレフェルトのMF堂安律は91分までプレー、奥川雅也はフル出場している。 降格圏内の17位に沈むビーレフェルト(勝ち点23)が、10位フライブルク(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。 堂安と奥川が4戦連続同時スタメンとなった。 堂安のファーストシュートで幕を開けた一戦は、前線にボール集めるシンプルな攻撃でシュートまでつなげると、14分には、左CKからの二次攻撃からボックス内のボグルサマーに決定機が生まれたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 良い入りを見せたビーレフェルトは17分にピンチを迎える。スローインを右サイド深くで拾ったサンタマリアがダイレクトで折り返すと、ニアのR・サライが右足で合わせたが、シュートはゴール左に逸れた。 その後は膠着状態が続く中、ビーレフェルトは28分にクロスのヒールパスでゴール前に抜け出した奥川がシュート。さらに39分には、堂安のパスでボックス右深くまで侵入したクロスがシュートを放ったが、共にGKミュラーのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。するとビーレフェルトは68分、ショートコーナーの戻しを受けたアルネ・マイアーのパスをボックス右で受けた奥川が縦切り込みシュート。ゴール前のサンタマリアにディフレクトしたボールがそのままゴールネットに突き刺さった。 さらにビーレフェルトは、74分にもコーナーキックの流れからニルソンがゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビーレフェルトは86分にデ・メディナのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると奥川のラストパスをゴール前のボグルサマーが右足で合わせたが、これはゴール左に外れた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。3試合ぶりに白星を飾ったビーレフェルトは、暫定ながら残留圏内の14位まで順位を上げた。 2021.04.10 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルトvsマインツの下位対決は痛み分け…《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは3日、ブンデスリーガ第27節でマインツと対戦し1-1の引き分けに終わった。ビーレフェルトのMF堂安律はフル出場、奥川雅也は71分までプレーした。 17位に沈むビーレフェルト(勝ち点22)が、残留を争う15位マインツ(勝ち点24)のホームに乗り込んだ一戦。 堂安と奥川が3戦連続同時スタメンとなったビーレフェルトは、開始早々の3分にピンチを迎える。マインツはニアカテのロングスローをニアサイドのグラッツェルがフリックすると、ファーサイドに走り込んだバレイロにシュートを許したが、これはカバーに入ったルコキがライン手前でクリアし難を逃れた。 対するビーレフェルトは9分、右サイド深くでボールキープした奥川のバックパスからC・ブルナーがクロスを供給すると、ファーサイドのボグルサマーがヘディングシュートを放ったが、これは枠に上に外れた。 その後、マインツにやや押し込まれる展開が続いたビーレフェルトだったが、守護神オルテガの好守もあり失点を許さない。ハーフタイムにかけても互いに決定機はなく、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ビーレフェルトは56分にミスから失点を許す。ボックス内でボールを受けたブルクハルトをファン・デル・ホーンが後方から押し倒してしまいPKを献上。このPKをブロシンスキにゴール左隅へ決められた。 先制を許したビーレフェルトは、68分にもブロシンスキの右クロスからバレイロに決定機を許したが、シュートは右サイドネットに外れた。 ピンチを凌いだビーレフェルトは、71分に奥川を下げてクロスを投入。すると76分、ボックス中央左手前でクロスが倒されFKを獲得。ボグルサマーの直接FKは壁を直撃したが、跳ね返りを再びボグルサマーがダイレクトシュートで狙うと、これがゴール右隅に吸い込まれた。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、結局最後までスコアは動かず。残留を争う下位対決は痛み分けのドローに終わった。 2021.04.04 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安律が軽度の脳震とう…所属先が長距離フライトも考慮してのU24代表不参加を明かす

アルミニア・ビーレフェルトは21日、U-24日本代表活動の参加を辞退したMF堂安律の脳しんとうを報告した。 堂安は当初こそ今月にU-24アルゼンチン代表との国際親善試合2連戦に臨むU-24日本代表に呼ばれたが、日本サッカー協会(JFA)が21日に負傷による不参加とともに、サガン鳥栖でプレーするFW林大地の追加招集を発表した。 ビーレフェルトによると、堂安は19日に先発したブンデスリーガ第26節のRBライプツィヒ戦で軽度の脳震とうを起こして経過観察が必要に。約7日間の活動停止を強いられ、クラブの医療チームによる観察が行われるという。 そうした状況を受けて、一時帰国しての代表活動も長距離のフライトが必要なため、日本代表のメディカルチームと協議。その結果、合流が見送られる運びになったとのことだ。 今夏の東京オリンピックで活躍が期待される堂安は昨夏、PSVからのローンでビーレフェルトに加入。ここまでブンデスリーガ全26試合に出場するなど、レギュラーとしてのプレーが続いており、4得点3アシストを記録している。 2021.03.22 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

圧倒ライプツィヒが堂安&奥川先発のビーレフェルトに勝利でバイエルンにプレッシャー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第26節、ビーレフェルトvsライプツィヒが19日に行われ、0-1でライプツィヒが勝利した。 前節レバークーゼン戦を堂安と移籍後初ゴールとなる奥川のアベック弾で勝利して残留圏内の15位に浮上したビーレフェルト(勝ち点22)は、堂安と奥川が2戦連続同時スタメンとなった。 対する2位ライプツィヒ(勝ち点54)は前節フランクフルト戦を1-1の引き分けに持ち込まれ、首位バイエルンとの勝ち点差が4に広がってしまった。そのライプツィヒはウパメカノが負傷欠場となった中、前線はフォルスベリとエンクンクの2トップ、その下にダニ・オルモを配す[3-5-2]で臨んだ。 中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨んだビーレフェルトは堂安が2トップの一角、奥川が右MFでスタートした中、ライプツィヒが一方的に押し込む展開とすると、12分にフォルスベリがGK強襲のシュートを浴びせた。 その後も圧倒するライプツィヒは26分、ダニ・オルモのボレーシュートでゴールに迫ったが、GKオルテガのファインセーブに阻まれる。 ハーフタイムにかけても流れは変わらずライプツィヒが主導権を握る中、41分に堂安のボレーシュートでゴールに迫ったビーレフェルトだったが、43分にはエンクンクの決定的なシュートがGKオルテガの手を弾いてバーに直撃するなど、ライプツィヒが圧倒した前半はゴールレスで終了した。 すると迎えた後半開始1分、ライプツィヒが先制する。ダニ・オルモの高い位置でのボール奪取を起点にショートカウンターに転じると、エンクンクのパスをボックス右で受け直したダニ・オルモが中にクロス。これをザビッツァーが押し込んだ。 失点したビーレフェルトは56分にチャンス。ショートカウンターに転じた流れからクロスがシュートに持ち込んだが、大きく枠を外してしまった。 その後もライプツィヒが試合をコントロールする中、時間を消化。終盤の79分にはボックス右に抜け出したエンクンクのシュートが枠を捉えたが、ここもGKオルテガの好守に阻まれる。 84分には奥川がピッチを後にした中、ライプツィヒが1-0のまま勝利。堂安と奥川は守備に追われる一方だった中、圧倒したライプツィヒが順当に勝利し、バイエルンにプレッシャーをかけている。 2021.03.20 06:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly