物議を醸したフェリックスの“黙れ”パフォーマンス、その矛先はシメオネ監督ではなく…

2021.03.01 12:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスは、28日に行われたラ・リーガ第25節のビジャレアル戦で途中出場からゴール。その直後にはベンチに向かって、自身の人差し指を口に当てる“黙れ”パフォーマンスをみせていた。

そのジェスチャーは、自身を先発で起用しないディエゴ・シメオネ監督へのアピールなのではないかと話題を呼び、試合後の記者会見で問われたシメオネ監督は次のように語っていた。「次の練習の時に彼に聞いてから、君たちに話すかを確認するよ。選手たちがプライドを示すことは大好きだ。ジョアンが最後にゴールしてからどのくらい経った?反抗的な選手がいるならばむしろ私にとって喜ばしいことだ」


フェリックスの態度は物議を醸したが、ビジャレアル戦でベンチにいたブラジル代表DFレナン・ロージが種明かし。自身のインスタグラムのストーリー機能を使い、フェリックスの問題のシーンの写真とともに「子供じゃないんだから。有言実行だ。僕たちは一緒だ、兄弟」と語った。

スペイン『cope』によると、フェリックスはビジャレアル戦前に、ロージからゴールを決めていないことを指摘されたという。その見返しとばかりに、ロージに対してあのアクションを取ったとのことだ。
関連ニュース
thumb

岡崎相棒のラファ・ミルにラ・リーガ強豪3クラブが関心!

ウエスカに所属するスペイン人FWラファ・ミル(23)にラ・リーガの強豪3クラブが関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 バルセロナのマシアに在籍経験もある191cmの大型ストライカーのラファ・ミルは、バレンシアでトップチームデビュー。その後、2018年1月にウォルバーハンプトンに新天地を求めるも、トップチーム定着とはならず。 以降はラス・パルマス、ノッティンガム・フォレスト、2020年1月には当時セグンダAに所属していたウエスカに1年半のレンタル移籍で加入し、日本代表FW岡崎慎司とのコンビでプリメーラ昇格の立役者となった。 すると、今シーズンのラ・リーガではチームが厳しい残留争いに身を置く中で30試合12ゴールを挙げる見事な活躍を披露。屈強なフィジカルを生かしたボールキープ、空中戦の強さに加え、ウイングでもプレー可能なスピードを生かした個での打開と、地上戦でも空中戦でも戦える万能型のセンターフォワードとして評価を高めている。 その活躍を受け、古巣バルセロナとセビージャ、アトレティコ・マドリーの強豪3クラブが獲得に関心を寄せているという。 とりわけ、リヨンからレンタル中のフランス人FWムサ・デンベレの買い取りオプションの行使を見送る意向を持ち、ユベントスに貸し出しているスペイン代表FWアルバロ・モラタの復帰の可能性が低いアトレティコはより強い関心を示しているという。 なお、シメオネ好みのプロフィールを持つラファ・ミルに対して、保有元のウルブスは今夏に1500万ユーロ(約19億6000万円)前後での売却を考慮しており、十分に手が出させる金額と思われる。 一方、バルセロナに関してはジョアン・ラポルタ新会長と、ラファ・ミルの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏の良好な関係性が交渉をスムーズに運ばせる可能性があるという。 2021.04.15 00:32 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーが狙うホセ・ヒメネス、アトレティコが値下げ交渉を容認か

チェルシーが移籍市場のターゲットにしているアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(26)だが、今夏にそのチャンスがあるようだ。 2013年4月に母国のダヌービオからアトレティコへ移籍したホセ・ヒメネスは、毎シーズンのようにケガと戦いながらも、シーズンを追うごとにチームの主力に成長。ウルグアイ代表としても不動の地位を築いており、その年齢も相まって、ここ数年はビッグクラブからの関心の噂が絶えなかった。 しかし、アトレティコが契約解除金を1億ユーロ(約130億円)に設定していることから、どのクラブも手が出せない状況で、どれも噂の域を過ぎなかった。 そんな中、スペインのラジオ番組『El Larguero』に出演したジャーナリストのミゲル・マルティン氏によると、アトレティコは値下げ交渉に応じる構えを見せている模様。そこには、やはり新型コロナウイルスによる経営難が背景にあるようだ。 この情報が事実であれば、多くのビッグクラブにとって朗報となるが、中でもチェルシーは、最近もイギリス『アスレティック』が報じるなど、強い関心を持っているようで、移籍する場合の有力候補に挙がっている。 チェルシーは今年1月末にトーマス・トゥヘル監督が就任して以降、その守備力が注目されており、5失点したWBA戦のイレギュラーを除けば、公式戦17試合でわずか4失点という脅威的な成績を残している。すでに完璧なディフェンスを誇っているが、ホセ・ヒメネスが加入すれば鬼に金棒となるかもしれない。 2021.04.14 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ2戦未勝利と失速のアトレティコ、コケは首位維持を強調「すべては自分たち次第」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表MFコケは、混沌とするリーグタイトル争いにも前を向いている。スペイン『マルカ』が伝えた。 コケは11日に行われたラ・リーガ第30節のベティス戦で先発出場。前日にレアル・マドリーが勝利したことで暫定ながら首位陥落となっていたチームは、開始早々にMFヤニク・フェレイラ・カラスコのゴールで先制に成功。しかし、あっさり同点に追いつかれると、その後追加点を挙げることはできず、1-1のドローに終わっている。 この結果、リーグ2試合連続で勝利を逃したアトレティコは、首位にこそ返り咲いたものの、2位マドリーとの差はわずか「1」にまで縮まっている。チームは失速しつつあるが、この試合でフル出場を果たしたコケはインタビューに応じた際、前向きな姿勢を崩さなかった。 「チームは一生懸命頑張ったと思う。スタートはとても良かったが、危なげないプレーの中で失点を許してしまったね。僕らは2ポイントを失ってしまったがまだ1位におり、すべては自分たち次第だ」 「僕らには離脱している人間もいるが、それでもチームには素晴らしいメンバーが揃っている。チームは強力なままであり、僕らはタイトルレースをリードしているんだ。これが今日のなかで最も重要なことだよ」 また、コケはラ・リーガ優勝が危うくなりつつある状況について、精神面を強く保てばタイトル獲得は可能だと強調している。 「すべては精神的な問題だ。僕たちは強くある必要がある。僕らが強い心を持っていれば、皆が望む目標は達成できるはずだ」 2021.04.12 13:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ドローのアトレティコ、シメオネ監督「パフォーマンスにとても満足」と語るもタイトルについては慎重な姿勢

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、レアル・ベティス戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 アトレティコは11日、ラ・リーガ第30節でレアル・ベティスと対戦。開始5分でヤニク・フェレイラ・カラスコが先制ゴールを奪うも、20分にクリスティアン・テージョにゴールを許し同点とされる。 その後はアトレティコが攻め込むもゴールが奪えず。試合は1-1の引き分けに終わったが、レアル・マドリーを1ポイント上回り、なんとか首位の座をキープした。 試合後、シメオネ監督は引き分けに終わったものの、チームのパフォーマンスを評価した。 「前半は非常に良かった。最初の数分で先制点を挙げ、コレアを中心に危険なチャンスもあった。サウールのシュートがGKに防がれた場面もあった」 「後半はよりダメージを与えることができたと思う。結局、シーズン終盤の試合で彼らはそれを解決でき、我々もまた勝利するチャンスを得ることができた。私は選手たちのパフォーマンスにとても満足している」 また、この試合で再三チャンスを作ったアンヘル・コレアについて言及。今季はまだ4ゴールに終わっているが、このパフォーマンスを続ければゴールはやってくると語った。 「アンヘルが常に危険なプレーを生み出しているのに、ゴールを決められていないことにはとても腹がたつが」 「彼は得点できない状況だが、このまま続けていれば、ゴールは必ずやってくる。人生は仕事と仕事であり、いつかは報われる。いつの日か、彼がふさわしいゴールを決められることを願っている」 この引き分けでさらに混沌としているタイトル争いだが、シメオネ監督はチャンピオンになるか?との質問に「私はウソをつかないし、ウソをつくのも好きではない」とコメント。「1試合1試合を大切にしているし、変わることはない。この瞬間が好きだ」と語り、目の前の試合に1つずつ取り組むことを強調した。 2021.04.12 10:12 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがベティスと痛恨ドロー…首位キープもフェリックス&トリッピアーが負傷交代…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第30節、ベティスvsアトレティコ・マドリーが11日にベニート・ビジャマリンで行われ、1-1のドローに終わった。   前日に行われたエル・クラシコがレアル・マドリー(勝ち点66)の勝利に終わり、暫定ながら首位を明け渡すことになったアトレティコ(勝ち点66)。首位死守を目指す一戦では熾烈なヨーロッパリーグ(CL)出場権争いに身を置く6位のベティス(勝ち点46)とのアウェイゲームに臨んだ。   0-1で落とした前節のセビージャ戦からは先発5人を変更。サスペンションのスアレス、マルコス・ジョレンテ、負傷のレマルに代わってコレアと負傷明けのフェリックス、エクトル・エレーラが起用されたほか、ロージとフェリペに代わってサビッチとカラスコが復帰した。   スアレスとジョレンテ不在の中で総合力が試されるアトレティコだったが力強い入りを見せる。開始5分、相手陣内左サイドの深い位置で仕掛けたカラスコがフェリックスとのワンツーでゴール前に飛び出すと、このパスに対してコレアの動きが重なるもうまくDFとGKを引き付けて潰れる形となり、ゴール前ドフリーでルーズボールに反応したカラスコが難なく無人のゴールへ蹴り込んだ。   開始早々に先制点を挙げる最高の入りとなったアトレティコは勢いづいて積極的に追加点を奪いに行く。15分にはエルモソからの精度の高いクロスに大外で反応したサウールがドンピシャのヘディングシュートを放つが、これはGKブラーボのビッグセーブに阻まれる。   その後も自分たちのリズムで試合を運んでいたアトレティコだが、相手の見事な崩しを前にあっさりと試合を振り出しに戻される。20分、左サイドに流れて内向きのドリブルを仕掛けたホアキンがDFを引き付けて左サイドのアレックス・モレノに繋ぐと、モレノからの鋭いクロスに反応したテージョがボックス中央で見事な右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺した。   これで再びゴールが必要な展開となったアトレティコは左サイドのカラスコの個人技を攻め手に相手ゴールに迫っていくが、中をうまく締められてボックス内に割って入るまでに至らず。前半のフィニッシュシーンはミドルレンジからのシュートに留まった。   後半も早い時間帯にゴールをこじ開けたいアトレティコだったが、いきなりアクシデントに見舞われる。前半ラストプレーで古傷の右足首を痛めたフェリックスが後半のピッチに立ったが、自らピッチに座り込んでしまい、トレイラの緊急投入を余儀なくされた。   このアクシデントも影響してか、後半は立ち上がりから攻撃にリズムが出ないアトレティコは、60分を過ぎてエレーラとエルモソを下げてロージ、ビトロとサイドで局面を打開できる攻撃的な選手を同時に投入する。   しかし、前がかりになって攻めるものの効果的な仕掛けが少ないアウェイチームは、制空権を握れるセットプレー以外になかなか可能性を感じさせる攻めを仕掛けることができない。   逆に、割り切ってアトレティコを自陣に引き込んでカウンターを狙うベティスの形に持ち込まれると、74分にはロングカウンターからルイバル、76分には途中出場のライネスとボックス付近で続けて決定的なシュートに持ち込まれる。それでも、DFヒメネスの決死のブロック、守護神オブラクのファインセーブによって辛くも2失点目を免れる。   その後、腰を痛めてプレー続行不可能となったトリッピアーに代えてヴルサリコを最後の交代カードとして切ったアトレティコは、敵地から勝ち点3を持ち帰るために最後まで懸命な戦いを見せる。   土壇場の91分にはDFと入れ替わったヴルサリコを起点に右サイドを崩し、ビトロからのグラウンダーの折り返しをボックス中央のコレアが右足で枠に飛ばすが、これはGKブラーボがファインセーブ。さらに、94分にはカラスコのスルーパスに抜け出したコレアに再びビッグチャンスも、これもブラーボの勇敢な飛び出しに阻まれた。   そして、試合はこのまま1-1のスコアでタイムアップを迎え、首位キープに必要な最低限の勝ち点1を持ち帰ったアトレティコだが、2位のマドリーに1ポイント差、3位のバルセロナに2ポイント差という極限状態でのタイトルレースを強いられることになった。 2021.04.12 05:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly