【2022年カタールへ期待の選手vol.64】2019年J王者のポステコグルー監督が才能を高く評価。18歳のドリブラーは高みを目指す/樺山諒乃介(横浜F・マリノス/FW)

2021.02.28 16:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
「彼はまだ若い。キャンプでチャンスをつかみ、開幕戦でデビューした。彼にとっては悔しいデビュー戦になったし、ホントに残念な結果だったが、まだまだ伸びしろがある。これからしっかりと成長を見ていきたいし、楽しみにしています」

2020年Jリーグ・天皇杯の2冠・川崎フロンターレに2019年J1王者の横浜F・マリノスが挑んだ26日の2021年J開幕戦。序盤から川崎Fが圧倒的にボールを支配し、家長昭博が立て続けに2ゴールを奪う中、アンジェ・ポステコグルー監督が高評価したトリコロールの18歳・樺山諒乃介が爪痕を残した。

横浜FMでは2007年の長谷川アーリア・ジャスール(FC町田ゼルビア)以来という高卒開幕スタメンを勝ち取った背番号35は、相手最終ラインのジェジエウやアンカーのジョアン・シミッチに積極果敢にプレスをかけにいき、アグレッシブさを前面に押し出した。

そして前半39分にはジェジエウら2枚相手に得意のドリブルでしかけ、緩急をつけながらかわしてみせた。ゴール前に送ったラストパスには誰も反応せず、得点には至らなかったが、プロデビュー戦で思い切ってよさを出しに行ける強心臓ぶりが大いに光った。

2点のビハインドを巻き返すべく、ポステコグルー監督は後半から水沼宏太や前田大然ら実績ある面々を投入したため、樺山は45分で交代を余儀なくされた。が、王者相手に真っ向勝負に打って出た経験は大きな財産になったはずだ。

「スタメンと知らされた時は正直、嬉しかったです。キャンプからアピールしてきて、メンバーに入れたらいいなと考えていたけど、まさかスタメンとは思いませんでした。ただ、どれだけ自信を持って挑んでも、やっぱり王者はすごかった。楽しかったけど、全然自分のよさを出せなかったですね。どんな相手でも自分のよさを出せるようにしないといけないという課題が残りました」と本人も最高峰チームとの実力差を素直に認めていた。

大阪のRIP ACE(リップエース)FCに在籍した中学時代から注目を集め、興国高校時代には2018年U-16代表としてインターナショナルドリームカップに参戦するなど、大器の予感を漂わせてきた樺山。高校3年になる前の2020年2月には横浜FM入りが内定し、練習にも参加していた。他の10代選手よりは一歩早くプロの水に馴染んだはずだったが、川崎Fの連動したハイプレスとダイレクトパスを素早くつなぐ攻撃は想像を絶するものだったのだろう。

しかしながら、そこに食らいつかなければ明るい未来は開けてこない。横浜から日の丸を背負った川口能活(U-24日本代表GKコーチ)や中村俊輔(横浜FC)、齊藤学(名古屋)といった偉大な先人たちも、最初から順風満帆だったわけではないのだ。

中村俊輔の例を振り返ると、桐光学園からプロ入りした頃は線が細く、90分戦えるフィジカルを備えていなかった。そこで当時のアスカルゴルタ監督が後半25〜30分に投入し、徐々に強度に慣れるように仕向け、プレー時間を伸ばしていった。その結果、1年後には、岡田武史監督(現FC今治代表)率いる日本代表候補に呼ばれるまでになった。

かつてオーストラリア代表を指揮し、横浜FMをJ1王者へと導いたポステコグルー監督から才能を買われた樺山も少なからずチャンスを与えられるはず。そこでJ1の強度に適応し、攻守両面で獅子奮迅の働きを見せ、ドリブル突破という自身の武器を発揮できるようになれば、定位置確保も見えてくる。エウベルやマルコス・ジュニオールら外国人助っ人のコンディションが整っていない今はまさに千載一遇の好機。ここで畳みかけていくべきだ。

「自分のよさというのは、ドリブルで局面を打開することと、スルーパスやドリブルでチャンスメイクしてゴールをお膳立てすること。そうやって今回もチームの得点に関われるようにしたかったですね。前向きに仕掛けられる時にはもっと積極的にドリブルに行って、1回のチャンスでもゴールにつなげられるようにしたいと強く思いました」

本人は自身のやるべきことを明確に見据えている様子。それをいち早く早く具現化できるかどうかが肝心だ。幸いにして、今季の横浜FMにはYBCルヴァンカップもあり、若手の出場機会は増える。しかも3〜6月は超過密日程。どうしてもローテーションが必要になる。となれば、無尽蔵に走れる若さは大きな武器になる。そこを前面に押し出すことが、今の樺山に求められている。

2002年生まれの彼は2002年ワールドカップが横浜FMの本拠地・日産スタジアムで開催されたことを実際に見ていない世代。それでも、リバウド、ロナウド、ロナウジーニョの3Rが世界王者に君臨したことは知っているだろう。彼らが躍動し、世界を震撼させたピッチで10代のスター候補生が見る者を驚かすような仕事を見せてくれれば、日本サッカー界も活性化されるだろう。

昨今は久保建英(ヘタフェ)を筆頭に海外移籍した10代選手がやや停滞気味であるだけに、Jリーグの若手に気を吐いてもらう必要がある。2月27日の開幕戦でも阿部勇樹(浦和)や大久保嘉人(C大阪)らおっさん軍団の活躍が目立ったが、彼らから主役の座を奪い取る10代の台頭が大いに待たれるところ。

名門クラブで中村俊輔ら先人たちも達成できなかった開幕スタメンを勝ち取った樺山はその筆頭ではないか。貪欲に泥臭く前へ突き進み、新風をもたらしてほしいものである。

【文・元川悦子】
長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。


関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.86】トップ下のライバル・久保建英とは共存の道も。日本の分岐点・10月2連戦で爆発を!/鎌田大地(フランクフルト/MF)

「僕自身は最終予選が初めてだったので、どう言うものか全く想像つかなかったけど、どのチームもワールドカップ(W杯)に向けて、すごく熱い気持ちがあるんだなと感じました。どことやっても簡単な試合にならないとなと。僕たちも気持ちや頭の部分でもっと切り替えてやって行く必要があるかなと思いました」 2日の2022年カタールW杯アジア最終予選初戦・オマーン(吹田)。先発トップ下に抜擢されながら思うような仕事ができず、まさかの0-1の敗戦を喫した鎌田大地(フランクフルト)は、未知なるアジアの戦いの怖さを思い知らされた。 2列目で息の合ったコンビネーションを見せてきた南野拓実(リバプール)が負傷離脱したことも困難の要因だったが、対戦相手に大迫勇也(神戸)とのホットラインを寸断されたのは痛かった。 続く7日の中国戦(ドーハ)は同じポジションのライバル・久保建英(マジョルカ)にスタメンを譲る形になった。背番号17をつける20歳の若武者はキレのある動きと強烈なフィニッシュを見せつけ、攻撃を活性化させると同時に白星の立役者となった。その久保の一挙手一投足をベンチから眺めることになった鎌田は、ラスト15分間だけ共演するチャンスを与えられたが、南野と組むような流れるような連動性は残念ながら示せなかった。 2019年3月のコロンビア戦(日産)での初キャップから2年半。日本代表では比較的順調な歩みを見せてきた鎌田にとって、ここまで不完全燃焼感の強いシリーズは初めてだっただろう。 とはいえ、このまま足踏み状態を続けるわけにはいかない。日本は目下、オーストラリア、サウジアラビア、オマーンに続くB組4位に沈んでいるからだ。仮に上位2位以内に入れず、3位に甘んじた場合は、A組3位とのプレーオフに加え、北中米カリブ海か南米、オセアニアのいずれかとの大陸間プレーオフにも勝たなければいけなくなる。そこまで行くことだけは絶対に避けたいところ。10月のサウジアラビア(アウェー)、オーストラリア(ホーム)2連戦で勝ち点6を取れば、一気に形勢逆転できるだけに、次のシリーズが最大の山場。そこまでに彼自身の調子を引き上げることが肝心なのだ。 20-21シーズンの鎌田はフランクフルトでブンデスリーガ1部3位となる15アシストを記録。ゴールも5という数字を残し、評価を一気に上げた。その好調ぶりが今年3月、6月の日本代表シリーズでは如実に出ていて、彼を起点に多彩な攻撃パターンが組み立てられていた。 しかしながら、指揮官がアディ・ヒュッター(現ボルシアMG監督)からオリバー・グラスナーに代わった今季は戦術の落とし込みや連携構築に予想以上に時間がかかり、21-22シーズン公式戦初戦となったDFBポカール1回戦で3部のヴァルドホフ・マインツに0-2の敗戦。鎌田本人も信じがたい現実を目の当たりにさせられた。その翌週末からスタートしたリーグ戦もここまで2分1敗の未勝利。まだ3試合が終わったところだが、14位という不本意な成績に甘んじている。 代表ウイーク明けの9月は、12日のシュツットガルト戦を皮切りに、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージも始まる。10月の代表2連戦までに公式戦6試合が組まれ、遠藤航(シュツットガルト)や三好康児(アントワープ)らとの日本人対決もあるため、鎌田としては絶対に負けられない気持ちでいるはず。そこで自身がゴールかアシストという明確な数字を記録し、チームも白星街道を歩むことができれば、代表での序列も変わってくる。久保が新天地・マジョルカで調子を上げている時だけに、彼をしのぐ勢いで活躍することが必要になるのだ。 10月のサウジアラビア戦は伊東純也(ヘンク)が出場停止。代役が誰になるのかというのは極めて重要なテーマと言っていい。森保一監督のここまでの序列では、堂安律(PSV)が第一候補だろうが、その堂安も夏の移籍でドイツのクラブに行くことができず、PSVでコンスタントに出場機会を得るのは難しそうだ。昨季はドイツのビーレフェルトで全試合出場を果たしていただけに、本人としてもコンディション調整に苦しむかもしれない。 1トップと2列目という前線の複数ポジションをこなせる古橋亨梧(セルティック)も中国戦の右ヒザの負傷で1カ月程度の離脱を強いられることが判明。チームにとってはショッキングなニュースに他ならない。2018年ロシアW杯で右サイドを担った原口元気(ウニオン・ベルリン)も近年は中央を主戦場としていて、以前にようなウインガー的な活躍を求めるのは難しいかもしれない。 となれば、中国戦のラスト15分間のように、鎌田がトップ下、久保が右サイドという選択肢も大いにあり得る。南野のケガの状況がどうなるか未知数ではあるが、背番号10が戻ってくれば3人が流動的に動いて敵をかく乱する攻撃も大いに期待できる。ただ、そこまでに3人がそれぞれ所属クラブでパフォーマンスを上げ、豊富な運動量で敵を凌駕できる状態になっていることがポイントだ。鎌田は試合に出続ければそのレベルには到達できるはず。この1か月間が代表キャリアを賭けた勝負になると言っても過言ではないのだ。 「正直、僕自身は誰とやっても共存できる。自分がトップ下じゃなくて、他のポジションだってできると思うし、それは監督が決めること。僕自身は誰とやってもうまくできるようにしたいし、どこのポジションで使われても、ある程度いいパフォーマンスをできる選手にならないとダメかなと思います」 本人も柔軟性や適応力を高め、つねに高いレベルをキープできるようにしたいと静かな闘志を燃やしている。幼少期からの夢であるW杯の大舞台に立とうと思うなら、この9月に全身全霊を注ぐこと。今こそ鎌田大地の底力を見せてほしい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.09.12 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.85】ロシアW杯の貴重な経験値を武器に大激戦のボランチ陣をリードできるのか?/柴崎岳(レガネス/MF)

「今年の3・6月にも彼のことは招集しようと考えていました。所属チームで結果を出してもらって1部昇格をすることが本人のため、我々のためにもなりますし、クラブのためにもなると考えていました。6月は直前にケガしてしまって呼べませんでしたが、今は新しいシーズンを戦っており、(柴崎)岳もレギュラーとしてチームの中心として戦っているのを確認しています。コンディション的にも非常にいいということで招集しました」 2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選の重要な最初シリーズとなる9月2日のオマーン戦(大阪・吹田)と7日の中国戦(ドーハ)に向け、森保一監督は満を持して柴崎岳の招集に踏み切った。 長谷部誠(フランクフルト)とボランチを組んでベスト16進出の原動力になった2018年ロシアワールドカップ(W杯)から3年。その経験値を遺憾なく発揮する時が来たのだ。 ご存じの通り、彼は2018年9月の森保ジャパン発足時から「チームの大黒柱の1人」と位置づけられてきた。2019年アジアカップ(UAE)は3戦目のウズベキスタン戦を除いて5試合に先発。同年6月のコパ・アメリカ(ブラジル)もA代表の主力としてU-22世代の中山雄太(ズウォレ)や板倉滉(フローニンヘン)らをけん引した。同大会期間中には森保監督が彼に話しかけ、20~30分にわたってマンツーマンで意思疎通を図る姿が連日見られ、2人の確固たる信頼関係が色濃く伺えた。 直後にスタートしたカタールW杯2次予選もボランチ陣をリードする存在に君臨していたが、同年夏にスペイン1部のヘタフェから2部のデポルティボ・ラ・コルーニャへ移籍したあたりから柴崎の歯車が狂い始める。チームは2部下位に低迷し、2020年春にはコロナが感染拡大。代表も活動停止に追い込まれた。 そんな苦境にめげることなく、彼は昨夏に同じ2部のレガネスへ移籍。再起を図った。新天地でコンスタントな働きを見せるようになったのは朗報だったが、森保監督は柴崎のスペイン1部昇格を強く願い、「クラブ専念」という特別な配慮をした。 しかしながら、結果的にレガネスの1部昇格が叶わなかったうえ、彼は2021年の代表活動から長期間離れるという形になった。10カ月の空白期間には、遠藤航(シュツットガルト)がドイツ・ブンデスリーガ1部でデュエル王に輝き、ポルトガル1部挑戦に踏み切った守田英正(サンタ・クララ)も急成長。橋本拳人(ロストフ)や川辺駿(グラスホッパー)も存在感を増した。さらに今夏の東京五輪で22歳の田中碧(デュッセルドルフ)が遠藤航とのコンビで好連携を披露。一気にA代表候補に浮上してきた。代表実績トップクラスの柴崎といえども、地位安泰という状況ではなくなったのだ。 それでも、指揮官がこのタイミングで柴崎を必要だと考えたのは、最終予選一発目の難しさを痛感しているからだろう。前回のロシアW杯最終予選を振り返っても、2016年9月の初戦・UAE戦(埼玉)を1-2で落とし、まさかの黒星発進を強いられているのだ。 そこからの紆余曲折は記憶に新しいが、6大会連続出場を決めた2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)では長谷部がケガを押して強行出場し、チーム全体をまとめあげ、切符を手にしている。柴崎はそのピッチには立っていないものの、ベンチから前キャプテンの鬼気迫るプレーを目の当たりにしたはず。そういった経験値を重圧のかかる今回のシリーズで還元してほしいからこそ、森保監督は彼を呼びものしたに違いない。 新シーズンは8月14日に開幕し、ここまでの3試合はコンスタントにボランチでスタメンを飾っている。スペインに赴いてからは2列目やサイドアタッカーとして使われることもあった柴崎だが、ボランチでいい感触をつかんだ状態で代表に合流できるのはポジティブな点。直近のイビサ戦が28日にホームで行われたため、8月30日の練習初日からフル稼働できるのもコンディション面を考えるとアドバンテージがある。五輪6試合に出ずっぱりでドイツに戻ってすぐにキャプテンとしてチームをけん引している遠藤航の疲労度を考えると、柴崎が少しでも負担を軽減し、中盤を統率していくべき。それだけの自負が本人にはあるはずだ。 彼にとって直近ラストの代表戦だった2020年11月のメキシコ戦の後、「自分たちの実力はこんなものというのはしっかり捉えていい。まだまだ力不足だと思いますし、チームとしての成熟度は高められる。選手個々人の能力もさらに上げていかなければいけない」と課題を口にしていたが、その危機感を吉田麻也(サンプドリア)、川島永嗣(ストラスブール)らロシア経験者とともに若手に伝えていくことも柴崎に課せられた命題だ。そうやってつねに高い意識を持ち、ピッチで違いを示していくことができれば、日本が最終予選で苦しむことはなくなるはず。 今回はコンディション的に非常に難しい2連戦。しかも対戦相手は長期間の事前合宿に取り組んでいる。不利な条件が少なくないだけに、柴崎ら代表経験豊富な面々の存在が重要になってくる。10カ月ぶりの日の丸を背負った日本のレジスタがどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。大いに期待したい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.08.31 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.84】予想外の難しさが伴うカタールW杯最終予選序盤2連戦。キーマンになるべきはこの男!/古橋享梧(セルティック/FW)

「古橋(享梧)に関しては、すごくチームに馴染んでいるというか、戦術の中でフィットして、本人のよさも発揮できてるなと思います。古橋の特徴を分かっていて、そこに向けて動いてくれた(アンジェ・ポステコグルー)監督がいるのはすごく大きなことなのかなと活躍を見ていて思います。ホント、すごいですね」 日本代表の森保一監督が目を輝かせた通り、スコットランドリーグ1部・セルティックに赴いてからの古橋の爆発ぶりは凄まじい。 7月16日にヴィッセル神戸から完全移籍の基本合意が発表され、翌週に新天地へ赴くと、才能を高く評価していたポステコグルー監督によって瞬く間に戦力に追加された。そして7月31日の今季開幕・ハーツ戦でスコットランドデビューを飾り、8月5日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦のFKヤブロネツ戦で初先発。いきなりゴールを叩き出す。 これで自信を得た快足アタッカーはそこから水を得た魚のように躍動。8月8日のダンディー・ユナイテッド戦でハットトリックを達成。15日のハーツ戦、18日のELプレーオフのAZ戦でもそれぞれ1点ずつを奪い、ここまで公式戦6試合で6ゴールという驚異的な活躍を見せているのだ。 「ここからカタール・ワールドカップ(W杯)に出るためには、与えられた時間を大切にしないといけない。短い時間かもしれないけど、その中で1回のチャンスは絶対に来ると思うんで、そのチャンスを決め切るようにしたい。とにかく“数字”だと思います。今年はよりその数字を意識してやってます」 本人が語気を強めたように「最後の一刺し」に集中し続けてきたから、今季序盤のJ1では21試合出場15得点という凄まじいゴールラッシュを見せ、前々からの念願だった海外挑戦を勝ち取った。 しかも「お試し期間」的な色合いの濃いレンタル移籍ではなく、推定5億円という破格の移籍金を伴う完全移籍だ。中央大学時代はJ1からオファーがなく、一時はプロサッカー選手の道を諦めかけた小兵アタッカーがFC岐阜、神戸を経て、欧州へ駆け上がった男のサクセスストーリーは見る者の胸を熱くさせる。「1年後にはイングランド・プレミアリーグにステップアップするのではないか」という見方も強まっているだけに、彼の「成り上がり物語」はここからが本番だ。 森保監督の期待値も日に日に高まっているに違いない。9月2日のオマーン戦(吹田)から幕を開けるカタールW杯最終予選の切り札と位置付けている可能性も大いにある。 古橋が担うアタッカーのポジションはご存じの通り、日本代表屈指の激戦区。2列目であれば、右に伊東純也(ゲンク)と堂安律(PSV)、左に南野拓実(リバプール)と原口元気(ウニオン・ベルリン)、トップ下に鎌田大地(フランクフルト)と久保建英(マジョルカ)というように国際経験豊富な面々がズラリと並んでいる。 1トップにしても古橋の後釜として神戸に移籍した大迫勇也を筆頭に、フランス2部・トゥールーズで新たなスタートを切ったオナイウ阿道、東京五輪で株を上げた林大地(シントトロイデン)らが虎視眈々とポジションを狙う状態だ。 こうした面々の中で、古橋にアドバンテージがあるのは、すでに新天地でトップフィットした状態であること。鎌田や原口はまだドイツ・ブンデスリーガ1部開幕直後で少し重い印象だし、南野はまだ出番を得ていない。久保、大迫らは新たな環境に赴いてリスタートしたばかりだし、堂安に至ってはまだプレー先が確定していない。そういった流動的な状況だけに、コンディションのいい快足アタッカーの存在は重要だ。 前線の4ポジションを全てこなせる柔軟性も見逃せない。セルティックでもサイドや最前線で臨機応変によさを出している。そういう人材は指揮官にとって使い勝手がいい。ポステコグルー監督はそんな特徴も理解上で彼を獲得し、最大限有効活用しているのだろう。 加えて言うと、スタメンでもジョーカーとしてもフィニッシャーとしての役割を全うできる点は非常に大きな魅力と言っていい。最終予選になれば、どんな展開に陥るか分からない。9月7日の中国戦の会場すらまだ決まっていないコロナ禍の現状ではなおさらだ。そこでチームにアクセントをつけられる人間はやはり貴重だ。 森保監督は東京五輪でも硬直的な采配が目立った。今後も大胆にフォーメーションを変えたり、組み合わせを変えたりというのは想像しづらい。だからこそ、個の力で流れを変えてくれる古橋のような人材は必要不可欠。今、ノリにノッている乗っている男を使わない手はない。本当に今回の最終予選ではキーマンになる可能性は少なくないのだ。 「僕は前のポジションはどこでもできるので、その中でゴールに向かっていく抜け出しをしたり、ゴールに向かってドリブルしたり、よりゴールを意識してプレーすることが相手にとって嫌がるプレーだと思ってるので、それをもっとやっていきたいです」 その発言通り、アジアの難敵が嫌がるプレーを積極的に示すことが肝要だ。「日本を勝たせる男」になるべく、8月のリーグ2戦とEL1試合ではゴールラッシュを継続すべき。最高の状態で日の丸を背負う古橋享梧の雄姿をぜひとも見せてほしいものだ。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.08.21 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.83】ラスト2戦の4失点を糧にどうA代表守護神の座をつかむ? 期待される「川口能活の後継者候補」の近未来/谷晃生(湘南ベルマーレ/GK)

メダル獲得を大目標に掲げながら、U-24スペイン、U-24メキシコの肝心なところで2連敗し、表彰台を逃すというまさかの結末に終わった東京五輪のU-24日本代表。 吉田麻也(サンプドリア)や酒井宏樹(浦和)は2012年ロンドン五輪と同じ4位に甘んじたわけだが、「これで終わりじゃないし、それでもサッカー人生は続くので」と吉田が強調した通り、ここから先のキャリアをどう築いていくかが、若い世代にとっては最も重要なテーマと言っていい。 吉田とともに全6試合フル出場した守護神・谷晃生(湘南)もその言葉を噛み締めた1人。1次リーグはU-24南アフリカに1-0で好発進し、メキシコには直接FKを決められ1失点を食らったものの、U-24フランスにも4-0と3連勝。通算失点1で決勝トーナメントに勝ち上がった。 その最初の関門だった7月31日の準々決勝・U-24ニュージーランド(NZ)戦は、相手の超守備的戦術に苦しみ、久保建英(レアル・マドリード)と堂安律(PSV)の2枚看板もゴールをこじ開けられず、120分間を戦ってもスコアレスのまま、PK戦へともつれ込んだ。 そこで背番号12をつける20歳の守護神が堂々たる仕事ぶりを披露する。2人目のリベラド・カカーチェ(シントトロイデン)のシュートを確実にセーブ。チームに大きな活力を与える。続く3人目のクレイトン・ルイス(ウェリントン)も枠を外し、日本は4人が全員決めて4強入りを果たした。 「能活さん(川口GKコーチ)が相手キッカーの特徴を紙に書いた情報を見せてくれたけど、覚えきれなかったんで、直感で飛ぼうと。『お前の判断でやれば止められる、ヒーローになってこい』と言われました」と谷は笑顔でコメントしていたが、かつて日本を何度も窮地から救い出した名守護神の教えを胸に刻み、思い切った反応を見せたからこそ、難局を乗り切ることができた。谷が奮闘しなかったら、日本はもっと早い段階で敗れ去っていたかもしれない。ベスト4への道を切り開いた190㎝の長身GKの存在価値を我々は今一度、認識すべきだ。 大会を通して、出るか出ないかの判断、シュートへの反応、最終ラインのカバーリングの範囲など目に見える成長を遂げた谷。だが、その彼でも、8月3日の準決勝・スペイン、6日の3位決定戦・メキシコは止めきれなかった。 前者の方は延長後半10分に百戦錬磨のマルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)に決められたわけだが、板倉滉(フローニンゲン)のマークがやや低いと見るや、背番号7は左足を振り抜いてきた。鋭い弾道のシュートには谷もノーチャンスと言わざるを得ない。 それでも、本人は「世界トップのGKなら触っていた」と感じたかもしれない。ジャンプしたコースがもう少し下だったら、確かに手をかすめていた可能性もゼロではない。そういう緻密な判断と反応を1つ1つ磨いていくことが世界で勝つためには必要だと本人も痛感したはず。この経験は必ず今後に生きてくる。 メキシコ戦の3失点は、1つがPK、2つはリスタートから。PKに関しては、セバスティアン・コルドバ(クラブ・アメリカ)にタイミングを外され逆コースの隅に決められた。FKの1本目はヨハン・バスケス(ナシオナル)の飛び込みに動けず、2本目はケガ人による中断と相手の選手交代直後の左CKからで、ベガに中央からフリーでヘッドを叩き込まれた。この時は谷自身も集中力を欠いていた部分が少なからずあったのではないか。川口コーチが常日頃から口を酸っぱくして言っている「いい準備」の重要性を嫌というほど感じたことだろう。 このように失点には1つ1つ細かい原因がある。それを突き詰め、完封する確率を高めていくことが、谷に課された重要命題と言っていい。思い返せば、川口コーチも96年アトランタ五輪、98年フランス・2006年ドイツ両ワールドカップ(W杯)と挫折と苦しみを味わいながら先へ先とへ進み続けた。そうすることでしか成長はない。谷は恩師の現役時代に思いを馳せつつ、自分自身が何をすべきかを明確にすることができたのは大きい。 湘南に戻って1日1日を大事にしていれば、また大舞台に立てる機会は巡ってくる。9月からスタートする2022年カタールW杯アジア最終予選参戦のチャンスもありそうだ。これまで森保一監督は権田修一(清水)を軸に、ベテランの川島永嗣(ストラスブール)、欧州組のシュミット・ダニエル(シントトロイデン)らが呼ばれてきた。が、やはり日本サッカーの未来を考えれば、20歳そこそこの選手を1人は入れたいところ。谷が今回の最終予選を経験することになれば、GKの若返りが一気に進むこともあり得るだけに、その動向が注目される。 ロンドン五輪で同じ4位に甘んじた権田がA代表で試合に出られるようになったのは、2018年ロシアW杯の後。6年もの時間を経てからだ。谷もそのくらい長期スパンで物事を見極めていく必要があるかもしれないが、とにかく東京五輪の収穫と課題をムダにしてはいけない。 8月9日から再開されるJリーグで彼はどんな違いを見せてくれるのか。まずはそこをしっかりと見極めるところから始めたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.08.08 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.82】準決勝・U-24スペイン戦の隠し玉はこの男?爆発的スピードで攻守両面のスイッチ役に!/前田大然(横浜F・マリノス/FW)

「グループリーグが始まる前から、普通に行けば準決勝はスペインだと考えていた」 7月31日の東京五輪準々決勝・U-24ニュージーランド戦(カシマ)をPK戦で何とか勝ち切った直後、久保建英(レアル・マドリード)がこう語ったように、日本が53年ぶりのメダルを確定させたいのであれば、今日8月3日の準決勝・U-24スペイン戦(埼玉)で勝つしかない。 主導権を握られようが、シュートの雨嵐を浴びせられようが、とにかく結果さえ出せばいい。それは、2012年ロンドン五輪の準決勝でメキシコに1-3の苦杯を喫し、悪いリズムを立て直せないまま、3位決定戦で韓国にも0-2で敗れたキャプテン・吉田麻也(サンプドリア)が誰よりもよく分かっていること。彼はこれまで以上に気合を入れて、チーム全体の意思統一を図るはずだ。 ご存じの通り、スペインとは7月17日の五輪直前テストマッチで対戦。1-1で引き分けている。が、マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)やダニ・オルモ(RBライプツィヒ)ら主力が出ていた前半の25分間は一方的に押し込まれた。同じ轍を踏まないためにも高い位置からプレスをかけ、相手のボール回しを封じたいところ。その重要ピースになりえるのが、快足FW前田大然(横浜F・マリノス)だろう。 今季Jリーグでも毎試合のように50回以上のスプリントを記録する男は走力では誰にも負けない。しかも前からの守備意識がひと際高い。その原点は問題を起こして1年近くサッカー部を離れた山梨学院高校時代に遡るというが、「チームのために走る重要性」を叩き込みながらプロになった。そして最初のクラブ・松本山雅で師事した反町康治監督(現JFA技術委員長)も前線からのプレスを重視。彼もその要求に誠心誠意、応えることで、森保一監督や横内昭展コーチの目に留まり、東京五輪代表のコアメンバーの座を手にした。こうして長年、積み上げてきたものを発揮するとしたら今しかない。本人もウズウズしているに違いない。 森保監督が前田を頭から使うのか。それともこれまで通り、ジョーカー的に起用するのか。そこはスペイン戦の大きな注目点と言っていい。 仮に前者であれば、前田がイメージすべきなのが、ロンドン五輪初戦でスペインを驚かせた永井謙佑(FC東京)の一挙手一投足だ。9年前の大一番を振り返ると、日本は右CKから大津祐樹(磐田)がいち早く先制弾をゲット。その後も永井がハイプレスをかけ続け、DFのイニゴ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ)を退場に追い込むという大仕事をやってのけた。前田ならこういったプレーはお手の物。スペインも中2日ペースの連戦の著しい疲労困憊状態に陥っているだけに、より大きな効果が期待できそうだ。 今大会に入ってから、指揮官が一度も彼を1トップで使っていないのも「秘策隠し」の匂いがプンプンする。ここまでは林大地(鳥栖)と上田綺世(鹿島)を最前線に併用することで乗り切ってきたが、スペインのパウ・トーレス(ビジャレアル)とエリック・ガルシア(バルセロナ)の両センターバックはやはり屈強で、日本のFW陣がボールを収めようとしても苦労するのは目に見えている。 となれば、最初から相手にボールを持たせて、高い位置で奪いに行き、スピーディーな攻めからゴールを狙う戦術に切り替えた方がベターではないか。そういう思惑があるからこそ、森保監督はここまで「1トップ・前田」を温めていたのだろう。 「日本が五輪で優勝するために戦わないといけない。僕も海外でやった経験があるし、欧州、アフリカや南米といろんな選手と戦ってきましたけど、絶対に負けたらいけない。しっかり金メダルを取れるように全力を出したいと思います」と大会前に語気を強めていた前田。彼ならば、日本のメダルを左右する決戦で確実にタスクを果たしてくれるはず。爆発的な速さを全面に押し出し、ビッグチャンスを演出することができれば、チームは確実に勢いづく。久保や堂安律(PSV)も躍動感を取り戻すだろう。今回は本当に彼の一挙手一投足が大きなポイントになりそうだ。 すでに7月28日のU-24フランス戦(横浜)で1得点を奪い、2歳の愛娘と一緒に考えたというゴールパフォーマンスを披露した。が、間もなく生まれる第2子のためにも、もっともっとインパクトを残しておく必要がある。 「『パパは東京五輪で活躍したんだよ』と子供が大きくなったら言いたい」とポルトガル1部のマリティモでプレーしていた2019年秋、彼はしみじみこう語っていたが、スペイン戦勝利の立役者になれれば、堂々とそう発言できる。頼もしいパパになり、これを機にA代表へとステップアップするためにも、人生最大のビッグチャンスを逃す手はない。 背番号9をつける弾丸ストライカーが前へ前へと突き進む姿を、改めて多くの人に焼き付けてほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.08.03 16:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly