良さが出なかった横浜FM、天野純がピッチ上で気になったポイントは「ボールを受けることを怖がっていた」

2021.02.27 00:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスのMF天野純が、川崎フロンターレ戦を振り返った。先陣を切って行われた昨季王者の川崎Fと一昨季王者の横浜FMの一戦。立ち上がりからホームの川崎Fが主導権を握る展開が続き、横浜FMはエンジンが全くかからない一方的な試合となった。

川崎Fは前半に家長昭博が山根視来の技ありパスから豪快にボレーを叩き込み先制すると、田中碧の右からのクロスにダイビングヘッドで合わせて2ゴール。横浜FMは後半に持ち直して攻め込むもゴールを奪えず、そのまま2-0で敗れていた。


試合後、取材に応じた天野は前半について「川崎Fが前からプレッシャー来ることはわかっていましたし、僕らは前に3枚いて、ウインガーが一対一になるケースが非常に多かったです」とコメント。「オビ(・パウエル・オビンナ)のキックが飛ぶので、一発で裏を取ってという形を準備してきた中で、良い部分も出せましたけど、慌てて蹴ってすぐに相手ボールになるということも多かったので、少し修正が必要です」と準備したことがハマりきらなかったとした。

また「もっともっと自分たちがボールを呼び込んで、自分たちらしいサッカーが前半からもっとできればよかったかなと思います」と語り、自分たちらしさを出せない前半だったと語った。

今シーズンは[3-4-3]のシステムで攻撃を行っている横浜FM。昨シーズンからやり方を変える中で、イメージについては「可変システムというか、守備の時は[4-2-3-1]で攻撃の時は3バックになるというのはキャンプからやっていました」と準備してきたやり方だとコメント。「前半は少しうまくいかなかったですが、後半は押し込めた部分もあったので、もう1試合川崎Fとできるので、そこに向けてやっていくだけです」と語り、最終節で再度対戦する川崎Fへの意欲を燃やした。

前半はほとんど良いところがない状態で終わった横浜FMだが天野は「去年までのマリノスであれば、CBやGKにボールが入ったところでプレッシャーをかけていたんですが、去年は少し失点が多かったので、今年はCBに少しボールを持たせても問題ないので、しっかりセットしてサイドに入ったらプレッシャーをかけて奪うということを、キャンプから徹底してやってきました」と守備のやり方が昨シーズンとは異なるとコメント。「今日も良い形でボールを奪えてチャンスも作れたので、そこは問題ないかなと思います」と、守備面ではある程度の手応えを感じていると語った。

問題なのは攻撃面。「守備のところはそこまで感じていないですが、攻撃の面で自分たちの形でビルドアップできなかったので、そこが気になっています」と天野も気がかりだった様子だ。

特に気にしていたのが選手たちがボールを受けたがらなかったというメンタル面のようだ。

「システム云々ではなくて、チーム全体的にボールを受けることを怖がってしまっていた印象があります」

「後半はそこを修正して、しっかりボールを呼び込んでいくようにしたら、当たり前のことをやって自分たちのリズムが作れました。どんな相手でもやっていかなくてはいけないので、そこは課題かなと思います」

王者・川崎Fを相手に対策を練ってきた横浜FM。しかし、その対策がハマらなかったというよりは、相手を意識し過ぎたと感じているようだ。

「監督からこの1週間川崎F戦に向けての準備で、正しいポジションを取って動き過ぎないということを徹底してきました。上手くいっていた部分もありますし、上手くいっていない点もあります。そこは課題ですが、さっきも言った通り、みんながボールを受ける意識が弱くて、ビビりながらやっていたことをピッチでも感じました。そこに尽きるなと思います」

それでも「個人の意識だと思うので、そこは少し川崎Fをリスペクトし過ぎた部分は自分自身感じています」とコメント。メンタリティを変えれば問題ないとした。
関連ニュース
thumb

横浜FMが好調同士の一戦を制し、11戦無敗の4連勝! 神戸は9試合ぶり黒星【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が9日に日産スタジアムで行われ、2-0で横浜F・マリノスが勝利した。 4位・横浜FM(勝ち点24)と5位・神戸(勝ち点23)による上位対決。前節はFC東京にオナイウ阿道のハットトリックで快勝した横浜FMは、第2節以降の無敗を継続するとともに、直近3連勝を収めた。2試合連続でのクリーンシートと守備陣も安定し始めた中、攻撃もしっかりとハマり3試合連続の3ゴール以上と好調を維持している。 対する神戸も、前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、こちらも3-0と完勝。苦手としていた相手からの勝利で、チームの好調さを感じさせる結果となった。横浜FMは10試合無敗、方や神戸は8戦無敗と、今最も勢いのある2チームによる今節屈指の好カードだ。 互いに前節と同じスタメンを起用した中、ホームチームがボールを保持する形でスタートする。だが、先に決定機を迎えたのはアウェイチームだった。15分、センターサークル付近のサンペールのロングボールに反応した古橋が一気にゴール前へ。相手に囲まれながら何とかシュートに繋げたが、GK高丘のビッグセーブに遭った。 仕切り直したい横浜FMだったが、20分にマルコス・ジュニオールが負傷し、天野をスクランブル投入する事態に。しかし、そんなアクシデントにも揺るがず、31分に前線からプレスをかけてボールを奪うと前田にビッグチャンス。GKも躱してゴールへ流し込みにかかったが、懸命に戻ったDFに寸前でブロックされてしまった。 それでも攻勢続く横浜FMは41分、途中出場の天野のロングボールでティーラトンが左サイドの深い位置まで切り込みマイナス方向へクロス。すると、GK前川が弾き切れなかったボールがフェルマーレンに当たってオウンゴールに。ラッキーな形でトリコロールが先手を取った。 1点ビハインドで残りの45分に臨む神戸は、サンペールと井上を郷家とリンコンに変更。さらに60分には、佐々木と中坂を下げてイニエスタとマシカを投入し、控えていた外国籍選手をすべて送り込む。 直後にそのマシカのクロスから郷家がシュートシーンを迎えるが、ここは横浜FMもしっかり対応し、失点を許さない。そんなホームチームは73分に2度目の交代として、オナイウと前田に代えてレオ・セアラと水沼を入れて、前線をリフレッシュさせる。 後半は両チームともなかなか決定機が迎えられないでいたが、神戸は77分、イニエスタの針の穴を通すような見事なスルーパスを古橋に供給。ボックス左へ侵入したが、シュートは角度が小さくサイドネットを叩いた。 このプレーを機に攻勢に転じたい神戸だったが、80分に痛恨のミスを冒してしまう。相手に攻め込まれる中で、GK前川がアグレッシブな守備から高い位置でボールを奪取。素早く味方にパスを繋げようとしたが、これが水沼に渡ってしまい、一転して大ピンチに。 対して、思わぬ形でチャンスを迎えた横浜FMはショートカウンターを発動し、ボックス手前のレオ・セアラを経由して、エウベルがボックス左からシュート。ここは慌てて戻ってきたGK前川に止められてしまったものの、こぼれ球を天野が押し込んで、決定的な2点目を決めた。 そして、試合はこのままタイムアップ。好調同士の一戦は、横浜FMが11戦無敗の4連勝を収めた一方、神戸は9試合ぶりの黒星となった。 横浜F・マリノス 2-0 ヴィッセル神戸 【横浜FM】 OG(前41) 天野純(後35) 2021.05.09 14:56 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:横浜FMvs神戸】好調を維持する両者が激突、首位を追う風はどちらに吹く?

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 13:00キックオフ 横浜F・マリノス(24pt/4位) vs ヴィッセル神戸(23pt/5位) [日産スタジアム] 開幕戦の敗戦以降、10試合負けなしの横浜FMとここまで8戦無敗の神戸の一戦。 港町の対決、首位を追いかける風はどちらに吹くのか。 ◆今季初の4連勝へ、好調の攻撃陣爆発か【横浜F・マリノス】 前節はFC東京とアウェイで対戦し、0-3で完勝。オナイウ阿道がハットトリックの活躍を見せ、リーグ戦3連勝、無敗を「10」に伸ばした。 2試合連続でのクリーンシートと守備陣も安定し始めた中、攻撃もしっかりとハマり3試合連続の3ゴール以上と好調を維持している。 その中でチームのカギを握るのは、右ウイングで出場を続けるFWエウベルだ。試合中に左ウイングにもポジションを移すブラジル人ドリブラーは、緩急をつけたドリブルと、一瞬のスピードで一対一を制するスタイルで攻撃を牽引。前節もオナイウのゴールをアシストするなど、チームの起爆剤となっている。 今シーズン初の4連勝に向け、攻守に充実感のある横浜FM。昨シーズンは公式戦3試合で一度も勝てなかった相手だが、好調の神戸でも跳ね返せる力が今の横浜FMにはある。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、オナイウ阿道、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆8戦無敗、久々の連勝を目指す【ヴィッセル神戸】 一方の神戸も負けていない。前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、こちらも3-0と完勝。苦手としていた相手の勝利で、チームの好調さを感じさせる。 横浜FMの10試合には及ばないものの、8戦無敗。守備陣の安定感もあり、チームとして好材料が揃っている状況だ。 また、アンドレス・イニエスタも戦列に復帰。フル稼働とまではまだ行かないが、チームの助けになってくれることは間違いないと言える。 新戦力も加わり、若手もチームにフィット。上位争いに生き残るためにはここで負けるわけには行かない。しっかりと勝利を収め、上位に食らいついていけるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:井上潮音、山口蛍、セルジ・サンペール、中坂勇哉 FW:佐々木大樹、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 2021.05.09 07:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「錨」をシンボルとした横浜FMのスペシャルユニが発表! 7月の福岡戦で着用

アディダスが、横浜F・マリノスのスペシャルユニフォームを発表した。 今回のスペシャルユニフォームは、クラブとして体現する「勇猛果敢」な姿勢を、ファン・サポーターにも日常でも体感して欲しい、という想いを込め、エンブレムから抽出した「錨」をチームシンボルとして採用している。 また、ブラックとネイビーのボーダーグラフィックで表現された荒波に錨をあげて、果敢に挑み続ける選手たちをイメージ。港との繋がりも強く、クラブエンブレムの一部でもある「カモメ」を特別につけている。さらにマーキングをホワイトに統一することで、特別な一枚に仕上げられている。 このスペシャルユニフォームは、7月10日(土)に予定されている、明治安田生命J1リーグ第22節のアビスパ福岡戦で着用予定。さらに、大人サイズだけではなく、GK2ndユニフォーム・ゲームパンツ・キッズサイズユニフォーム・Mini Kitも販売されることとなる。 価格は19800円(税込)となっており、7月上旬に手元に届く予定だ。 <span class="paragraph-title">【写真】スペシャルユニフォームを身に纏った選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/marinos20210502_1_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/marinos20210502_1_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/marinos20210502_1_tw4.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/marinos20210502_1_tw5.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/marinos20210502_1_tw6.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/marinos20210502_1_tw8.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.05.02 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMがエウベル躍動、オナイウ3発で3連勝! FC東京は4連敗【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節の1試合が1日に味の素スタジアムで催され、アウェイの横浜F・マリノスが3-0でFC東京を下した。 10位のFC東京は3連敗の悪い流れを断ち切ろうと、内田と田川をスタートから起用。一方、公式戦12試合負けなしでリーグ戦2連勝中の4位横浜FMは前節から1選手を入れ替えるにとどめ、松原が先発に復帰した。 好調な相手を倒して復調に転じたいFC東京だが、右サイドバックに入る内田が開始1分に負傷交代。早々のアクシデントにめげず、敵陣に攻め入る姿勢を打ち出すが、ここ最近の好調さを示す横浜FMが先取する。 8分、敵陣右サイドのエウベルが味方とのパス交換で深くのスペースを突くと、カバーに入ったジョアン・オマリもスピードで突破。相手GKの前を通過したパスをゴール前のオナイウ阿道が押し込んでいった。 追いかけるFC東京は横浜FMに追加点を許さず、攻めに転じてフィニッシュワークも活性化。32分にはディエゴ・オリヴェイラがゴール中央の上隅を突くヘディングシュートを放つが、GK波多野が処理される。 前半終盤に喜田の執拗なチェックに森重が苛立ちの様子をうかがわせるなど、チームとしてうまくいっていないFC東京を尻目にリードして試合を折り返した横浜FMは後半も攻守のバランスよく主導権を握る。 その横浜FMは48分のエウベルに巡った決定機こそGK波多野の好守に遭うが、52分に追加点。エウベルがスピードを生かしてボックス右に抜けると、ラストパスをゴール前のオナイウ阿道が確実に押し込んだ。 エウベル→オナイウ阿道のラインにまたしてもやられてしまったFC東京は55分に巻き返そうと、アダイウトン、三田、青木の3枚替えに動くが、横浜FMがしっかりと対応してみせ、攻撃面の鋭さでも上回る。 すると、横浜FMは61分に決定的な3点目。マルコス・ジュニオールからパスを受けたエウベルがボックス左からフィニッシュに持ち込むと、GK波多野が弾いたボールをゴール前のオナイウ阿道が左足で叩き込んだ。 立て続けの失点でより劣勢のFC東京は75分にレアンドロもピッチに送り込み、リスク承知で前がかるが、横浜FMが安定した守りも披露。そのなかで、4点目のチャンスを作り出すなど、反撃の余地を許さない。 結局、交代カードを駆使しながら試合を終わらせた横浜FMはエウベルが全得点に絡み、3戦連発のオナイウ阿道もハットトリックを記録して、今季2度目の3連勝で10戦負けなし。FC東京は4連敗という結果に終わった。 FC東京 0-3 横浜F・マリノス 【横浜FM】 オナイウ阿道(前8、後7、後16) 2021.05.01 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMデビュー戦ゴールのFWレオ・セアラ、この移籍でバイーアが3200万円を受け取る

横浜F・マリノスのブラジル人FWレオ・セアラだが、あるチームがこの移籍で思わぬ利益を得ていたようだ。ブラジル『Bahia Noticias』が伝えた。 レオ・セアラは、ヴィトーリアから今シーズン横浜FMに加入。FC琉球時代以来、5シーズンぶりにJリーグ復帰となった。 しかし、報道によると、レオ・セアラの移籍によってバイーアが160万レアル(約3200万円)を横浜FMから受け取ったとのこと。レオ・セアラはバイーアへの移籍が決まっていた中で、横浜FMへと移籍していたようだ。 レオ・セアラはバイーアとの事前契約にサイン。2021シーズンはバイーアに加入することが決まっていたが、移籍直前で横浜FMが関心を示したとのこと。海外クラブからのオファーがあった場合は契約を解除できる条項があり、その金額を支払うことで移籍となったようだ。 バイーアの選手としては特に何もしていないレオ・セアラだが、バイアーは金銭補償で横浜FMへの移籍を許可。バイーアとは2022年12月までの2年契約を結んでいたとのことだ。 レオ・セアラは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止の措置のためなかなか来日できなかったが、4月24日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節の横浜FC戦でデビュー。するとファーストプレーでいきなりゴールを決める活躍を見せていた。 2021.05.01 14:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly