ELで若手を積極起用のモウリーニョ、下部組織との連係強調 「アカデミーの仕事を後押ししたい」

2021.02.25 12:06 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が多くの若手選手を起用したことに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグで、トッテナムはヴォルフスベルガーと対戦。1stレグで大勝したこともあり、この日は大幅なターンオーバーを敢行したが、それでもMFデレ・アリの先制点を皮切りに、4ゴールを奪い、4-0で勝利した。


この結果、トッテナムは2戦合計8-1のスコアでベスト16進出が決定。しかし、モウリーニョ監督は試合後のインタビューで、結果よりもFWデーン・スカーレットやMFナイル・ジョン、DFマルセル・ラヴィニアら多くの若手がプレーしたことを強調した。

「まずは(デーン・)スカーレットの話から始めよう。彼は素晴らしい選手であり、信じられない才能を持つ少年だ。それから、(マルセル・)ラヴィニエや(ナイル・)ジョンもね。私が聞かされた話が本当なら、ジョンは7歳でクラブに加入して、10年後このスタジアムで、ELでプレーしている。驚くべきストーリーだ」

「だからこそ、アカデミーやそこに所属する少年たち全員におめでとうと言いたい。彼らは皆友達であり、皆が同じ夢を持っているんだ。そのうちの何人かが夢に到達したとき、皆が幸せを感じていると、私は信じている」

「私はアカデミースタッフの仕事を尊敬している。彼らの仕事を少しでも後押しすることができればと思っているんだ。アカデミーから少年たちを連れてくることで、トップチームへのドアは開かれていると感じてもらいたい」

「私は自分の仕事をしているだけだ。アカデミーの少年とは何度も一緒にトレーニングをしており、時には11対11の試合をしている。関係はとても良く、チャンスを与えるたび私も幸せだ。デーンはすでに3回目のチャンスを得ており、これからもそれは続くだろう。そしてそれは、他の選手にとっての後押しにもなる」

また、モウリーニョ監督はヴォルフスベルガー戦の内容についても言及。1stレグでほぼ決着がついていたにもかかわらず、この試合でも全力に臨んだ選手たちの姿勢を称えている。

「我々は良いプレー、真剣なプレーをして、美しいゴールを決めた。4ゴールはすべて美しかったが、それ以上に重要なのが態度だ。選手たちは皆真剣な態度で試合に臨んでくれたと思う。だから、我々にとって良い夜だった」
関連ニュース
thumb

ハリー・ケイン、来季CL権次第で退団を要求か?

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃した場合、退団を要求する可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が『アスレティック』を引用して伝えている。 ここまでトッテナムで通算328試合に出場し217得点を記録しているケイン。今季も公式戦41試合で29ゴール16アシストしており、退団した場合チームに大きな穴が開くことは間違いない。 しかしながらスリーライオンズのストライカーは昨年、「僕はスパーズが大好きだ」としながらも、「チームの進歩を感じないか、正しい方向に向かっていると思えなければ僕はチームに居るつもりはない」と、個人としての成長も望んでおり、28歳はその葛藤を露わにしていた。 「僕は野心的な選手だ。改善したい、もっと良くなりたい、トッププレーヤーの1人になりたい」 チームは現在CL出場圏内の4位ウェストハムとの勝ち点差を「3」とし、射程に捉えているが、チェルシーやリバプールとライバルも多い。 ケインとトッテナムは2018年には6年契約を結んでおり、今季終了時点では契約が3年残っているが、果たして。一説では、FWセルヒオ・アグエロの退団が決定しているマンチェスター・シティが獲得を狙っていると言われている。 2021.04.10 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「来季はCLでプレーしたい」 ソン・フンミンがシーズン終盤戦に意気込み

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが今季終盤戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムはプレミアリーグ30試合を消化した現時点で6位に位置。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内となる4位ウェストハムとはわずか3ポイント差となっており、トップ4フィニッシュが期待されている。 そんな中、クラブ公式サイトのインタビューを受けたソン・フンミンは2-2で引き分けた前節のニューカッスル戦を悔やみつつ、EFLカップを含めた今季残り9試合の重要性を強調した。 「僕はとてもポジティブな人間だ。トップ4とは3ポイント差につけている。正直に言えば、ニューカッスル戦を勝ち切れていたら、もっと良かったのだけど、そうはいかなかった。とても残念だよ」 「リーグカップの決勝を含めて残りは9試合。準備を整えて、戦士にならなければならない。シーズンの残り試合はとても重要なものになるだろう」 また、現在の順位については「昨シーズンよりもわずかに良い位置にいるね」と述べたソン・フンミン。CLの出場権獲得をシーズン終盤戦の目標に掲げ、意気込んだ。 「トップ4との差は3ポイントと厳しい状況だけど、来シーズンはCLでプレーしたいと思っている」 「それは僕たちチームの目標であり、クラブの目標、そしてファンの目標でもある。僕たちはそこに集中しているし、目標達成のために、可能な限り努力する」 2021.04.09 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイルが衝撃告白! 「一度UFOを見たことがある」

トッテナムに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが過去にUFOと遭遇した経験があることを明らかにした。 異星人(エイリアン)や未確認飛行物体(UFO)、未確認生物(UMA)といった未知の存在に関しては、その存在を信じる者、真っ向から否定する者と完全に意見が分かれる。 そういった中、フットボール界屈指のスーパースターであるベイルは、エイリアンやUFOの存在を完璧に信じている。 先日、チームメイトであるウェールズ代表DFジョー・ロドンと共にトッテナムの公式『YOUTUBE』チャンネルのQ&Aコーナーに参加したベイルは、エイリアンの存在を信じるか、との質問を受けた。すると、「100%エイリアンはいる」と、その存在を肯定した上、自身も過去にUFOを見たことがあると衝撃の告白を行った。 「明らかに、多くの陰謀論があり、アメリカ政府が公開しているUFOの画像もある」 「それは偽物ではないし、政府によって公開されたものだ。UFOの中には、各国政府の秘密を含むものがあることも理解しているよ」 「だけど、実際に僕は一度だけ見たことがあるんだ! そして、100%エイリアンはいるよ」 今回のベイルの発言の真偽は不明だが、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ正念場にいるトッテナムのサポーターとしては、ベイルに対して「この惑星の出身ではない」、エイリアンのような圧巻のパフォーマンスを期待したいところだ。 2021.04.09 01:10 Fri
twitterfacebook
thumb

急増するSNS上での人種差別…今度はD・サンチェスが被害

トッテナム所属のコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスがSNS上で人種差別の被害に遭ったようだ。 D・サンチェスは4日に行われたプレミアリーグ第30節のニューカッスル戦に先発したが、28分に相手の先制点に繋がるミス。チームも2-2のドローに終わり、降格圏に沈む相手に勝ちを逃した。 不安定なパフォーマンスを見せたD・サンチェスは試合後、自身のインスタグラム(@daosanchez13)のストーリーで「何も変わらない」との文字とともに、過去の投稿に対するコメント欄に猿の絵文字が並ぶ現状を晒した。 これを受け、トッテナムはクラブ公式ツイッター(@SpursOfficial)で声明を発表。被害を受けたD・サンチェスに寄り添う姿勢を見せた。 「今日、ダビンソン・サンチェスが受け取った人種差別的なメッセージにはうんざりしており、ソーシャルメディアのプラットフォームに行動を起こすよう呼びかけている」 「ダビンソン。我々は君と共にある。そして、インターネット上で虐待を受け続けているすべての人々に寄り添う」 サッカー界で急増しているSNSでの人種差別問題。プレミアリーグでは今年に入ってから、チェルシー所属のDFリース・ジェームズや、アーセナル所属のMFウィリアンなども被害を受けている。 2021.04.05 13:14 Mon
twitterfacebook
thumb

4位浮上を逃したスパーズ、モウリーニョは息の根止められずを悔やむ 「厳しい罰が下された」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは4日に行われたプレミアリーグ第30節でニューカッスルと対戦。前日にチェルシーが敗れており、勝利すれば4位浮上のチャンスだったが、この日は残留争い中の相手に先制点を献上。FWハリー・ケインの2ゴールによってすぐさま逆転したものの、その後はチャンスを逃し続けると、終盤に失点を喫して2-2のドローで試合を終えた。 これでトップ4浮上を逃しただけでなく、6位リバプールに勝ち点で並ばれる痛恨の結果となったなか、試合後のインタビューに臨んだモウリーニョ監督はチームが試合を決め切ることができず、その罰を受けたと語った。 「我々はこの試合を支配しており、3点目を取るチャンスがあったと思う。しかし、そのチャンスを潰してしまった。そして自分たちが犯したミスによって、いつもチームを不安定にさせてしまっている」 「最終的に、我々には厳しい罰が下された。だが、これは当然の結果とも言えるだろう。我々は自らを安定させられず、チームを不安定にさせた。そして同時に、相手にはポイントを獲得できるという自信と希望を与えてしまったのだ」 2021.04.05 10:09 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly