ライプツィヒで急成長のアンヘリーニョがペップを批判「飼い殺そうとしていた」

2021.02.25 01:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒのスペイン人DFアンヘリーニョがマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督を批判している。今月12日にシティからライプツィヒへの完全移籍が決まったアンヘリーニョ。2019年夏から2020年冬にかけてグアルディオラ監督の下でプレーしたアンヘリーニョは、同監督についてライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督と比較しながらドイツ『キッカー』に持論を述べた。


「両監督には大きな違いがある。ナーゲルスマン監督は全選手と緊密にコミュニケーションを取っている。率直で気さくな人柄だね。戦術に関しては両者共にボールを持つことを好み、即時奪回を求めている点が共通している」

「ただ、ナーゲルスマン監督は自信を与えてくれた一方、グアルディオラ監督は違った。彼は僕を飼い殺そうとしていた。良いプレーができなかったら次にチャンスが来ることはなかった。もちろん、グアルディオラ監督からも多くを学んだ。その反面、思うようなプレーができなかったんだ」

「ナーゲルスマン監督にはとても感謝している。選手は信頼してくれる監督に報いたいと思うものだ。今後も一緒に仕事ができればと思う。グアルディオラ監督とは6カ月仕事をしたが、もう十分だよ。二度と経験したくないね」

ナーゲルスマン監督の下で花開いたアンヘリーニョは今季、公式戦31試合の出場で8ゴール11アシストと躍動している。
関連ニュース
thumb

まさかの黒星でリーグ優勝絶望的なライプツィヒ、指揮官は「勝てなかったのは自分たちの責任」と肩落とす

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は、敗戦したチームのプレーが不十分だったことを認めている。クラブ公式サイトが伝えた。 ライプツィヒは20日に行われたブンデスリーガ第30節で、ケルンと対戦。リーグタイトル獲得へのわずかな望みをつなぐため勝利が必須の一戦だったが、降格圏に沈む相手に苦戦。後半2点を奪われると、反撃も功を奏さず0-2で敗れた。 この結果、首位バイエルンとの勝ち点差は10ポイントまで広がり、逆転優勝は絶望的となっている。試合後のインタビューに応じたナーゲルスマン監督は、対戦相手を称えつつ自分たちのパフォーマンスが十分ではなかったと語った。 「ケルンは、順位が17位の状況ですべきプレーをしていたと思う。彼らは降格を回避するためポイントを獲得する必要があり、それを全力で我々に対して実行した。彼らはブラジルのような魔法のフットボールをしようなどとは思っていない。巧妙に時間を使い、交代で入った選手は最初の1分から活躍した」 「今日我々が勝てなかったのは自分たちの責任だ。選手たちには、まず自分たちを顧みて欲しいとすでに話した。試合に勝つための十分なチャンスがあり、最初の5分でリードするべきだったと思う」 「これだけ多くのチャンスがありながら、ゴールに向かってシュートすることも、外すこともほとんどないというのは、少し悲観的になってしまう。結局のところ、勝利のためには少な過ぎるんだ」 2021.04.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ヘクターのドッペルパック許し降格圏のケルンに痛恨敗戦《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは20日、ブンデスリーガ第30節でケルンとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 前節ホッフェンハイム戦を引き分け、首位バイエルンとの勝ち点差が再び7に広がった2位ライプツィヒ(勝ち点61)は[4-3-3]で臨み、3トップには最前線にセルロート、2シャドーにエンクンクとフォルスベリが構えた。 降格圏に位置する17位ケルン(勝ち点23)に対し、立ち上がりから攻勢に出たライプツィヒはハイダラが決定的なシュートを浴びせていくも、決めきることはできない。 徐々に攻めあぐねる展開に持ち込まれたライプツィヒは、35分にボックス左で仕掛けたエンクンクが際どいシュートを浴びせたが、枠を捉えきることができなかった。 41分、ようやくセルロートのヘディングシュートでオンターゲットを記録したライプツィヒだったが、GKホルンにセーブされ前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半開始1分、ライプツィヒは先制を許してしまう。左サイドからJ・ホルンにクロスを上げられると、ファーサイドのヘクターにダイビングヘッドで押し込まれた。 追う展開となったライプツィヒは59分、ハイダラのミドルシュートで同点とするも、1分後に勝ち越されてしまう。 ドゥダとのパス交換からヘクターにドリブルでボックス中央まで侵入され、そのままシュートを蹴り込まれた。 再び追う展開となったライプツィヒはアンヘリーニョ、ダニ・オルモ、クライファートと投入していく。 しかし終盤にかけても攻めあぐね、終了間際の90分に訪れた決定機もクライファートのヘディングシュートは枠を外れてタイムアップ。痛恨の敗戦で逆転優勝の芽が潰えている。 一方、勝利したケルンは暫定ながら残留プレーオフに回れる16位ヘルタ・ベルリンに勝ち点で並んでいる。 2021.04.21 03:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「バイエルンの願望なんて知らない」 噂渦中のナーゲルスマンが再び否定

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督(33)が自身のバイエルン行きを改めて否定した。ドイツ『ビルト』が報じている。 チャンピオンズリーグ(CL)連覇の夢が絶たれ、ハンジ・フリック監督からの監督交代が取り沙汰され始めているバイエルン。後任候補にマッシミリアーノ・アッレグリ氏ら複数名が挙がっているが、そのなかの筆頭と目されているのがナーゲルスマン監督だ。 渦中のナーゲルスマン監督は16日に本拠地で行われたブンデスリーガ第29節のホッフェンハイム戦に先駆けた会見で、「これまで話し合いなんてしていない。今もね。どこからそんな情報が生まれたのかわからない」と“寝耳に水”の話だと完全否定した。 だが、フリック監督が17日に行われた同節のヴォルフスブルク戦後、チームに今季限りでの退任を申し出たことを公に。それより、再びスポットライトがあたるナーゲルスマン監督だが、20日に予定する第30節のケルン戦に先んじた会見で改めて憶測を否定した。 その会見で憶測に先手を打とうと「先に申し上げておくが、前回の会見で話した以上に目新しい情報なんてない」と述べたナーゲルスマン監督だが、それでも噂に関する質問を受けると、「バイエルンの願望なんて知らない」と返して、接触を再び否定した。 「今も昔も話し合ったりなんてしないし、オファーもない。だから、バイエルンに尋ねてもらいたいね。RBとの争いを始めるつもりもないとずっと言ってきている」 「いち監督として、必要以上に自分を重要視させるのは正しいことじゃない。すべてユートピアに過ぎず、未来的な話。私の仕事はケルン戦に向けて準備することさ」 2021.04.19 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ラストプレー弾幻のライプツィヒ、痛恨ドローでバイエルンにプレッシャーかけきれず《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは16日、ブンデスリーガ第29節でホッフェンハイムをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節ブレーメンに4-1と快勝し、首位バイエルンとの勝ち点差を5に縮めた2位ライプツィヒ(勝ち点60)は、負傷していたアンヘリーニョが先発復帰。[3-4-3]で臨み、3トップはフォルスベリ、エンクンク、ダニ・オルモで形成した。 ここ4試合で3敗を喫している12位ホッフェンハイム(勝ち点31)に対し、ライプツィヒが攻勢に出る入りとなったが、自陣で集中した守備を見せるホッフェンハイム相手になかなかシュートに持ち込めない展開を強いられた。 結局、前半に決定機なくゴールレスで迎えた後半、ライプツィヒは2選手を変更。アンヘリーニョとムキエレの両サイドを代えてハイダラとカンプルを投入。右サイドにはアダムスが回り、ハイダラが左サイドに入った。 その後半もライプツィヒが押し込む流れが続き、59分にエンクンクが最初の枠内シュートを放つと、1分後に決定機。ボックス左からフォルスベリが丁寧にクロスを上げると、ファーサイドのアダムスがフリーでヘッド。しかしシュートを枠の右に外してしまった。 その後、ダニ・オルモに代えてセルロートを投入したライプツィヒは65分、ザビッツァーが際どいミドルシュートを浴びせた中、72分にはフォルスベリに代えてY・ポウルセンを投入。 ツインタワーとした中、終盤にかけてもライプツィヒが押し込む展開となると、試合終了間際の追加タイム6分に劇的弾が生まれかける。左CKからY・ポウルセンのヘディングシュートがネットを揺らしたが、VARによりハンドがあったとしてノーゴールに。 幻の決勝ゴールに泣いたライプツィヒは痛恨のドローに終わり、バイエルンにプレッシャーをかけきることができなかった。 2021.04.17 05:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン「どこからそんな情報が…」 バイエルンとの接触をきっぱり否定

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督(33)がバイエルン次期監督就任の可能性を否定した。 チャンピオンズリーグ(CL)連覇の夢が絶たれ、ハンジ・フリック監督からの監督交代が取り沙汰され始めているバイエルン。後任候補の名前も挙がるなか、バイエルンOBのローター・マテウス氏が「ミュンヘンはすでにナーゲルスマンと金銭的条件も含めて少し話をしている」と注目発言を発した。 しかし、本人は寝耳に水のようだ。14日のプレスカンファレンスで「これまで話し合いなんてしていない。今もね。どこからそんな情報が生まれたのかわからない。彼ら(ナーゲルスマンの代理人)は自発的に行動しているということもない」と現時点で何のアクションもないことを強調した。 一方で、「フットボール界だと、予測しがたい進展が常にあるもの」と将来的にバイエルンを率いる可能性に関して肯定も、否定もしなかった。 なお、ナーゲルスマンとライプツィヒの契約は2023年まで。33歳という若さでブンデスリーガの強豪クラブで指揮を執り、ドイツ国内でも将来をしょく望される指導者だけに、バイエルンの監督問題が解決するまでは引き続き憶測がつきまとうことになりそうだ。 2021.04.16 13:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly