南野加入後初のベンチスタートとなったセインツはリーズに3失点完敗…《プレミアリーグ》

2021.02.24 04:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第18節延期分、リーズ・ユナイテッドvsサウサンプトンが23日にエランド・ロードで行われ、ホームのリーズが3-0で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は58分からプレーした。

前節、南野のゴールもあって格上チェルシー相手に1-1のドローに持ち込んだ14位のセインツ(勝ち点30)は、リーグ戦の連敗を「6」でストップ。8戦ぶりの白星を目指して12位リーズ(勝ち点32)のホームに乗り込んだこの一戦で南野は主砲イングスと共に加入後初めてベンチスタートとなった。


試合はリーズがボールを握る展開となるが、アウェイのセインツがよりゴールに迫る場面を創出していく。まずは5分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でウォード=プラウズが正確なボールをゴール前に入れると、これをヴェステルゴーアが頭で合わすが、これは枠の左に外れる。続く8分にはテラが見事な個人技で中央をこじ開けて右足を振り抜くが、GK正面を突いた。

その後は一進一退の攻防が繰り広げられる中、30分過ぎに互いに決定機が訪れる。まずは33分、ボックス左で仕掛けたテラがDFジョレンテと交錯。このプレーでセインツにPKが与えられる。しかし、オンフィールドレビューの結果、テラが自らぶつかりにいったとの判定でPKは取り消しに。

その直後にはリーズがロングカウンターを仕掛けてダラスのフィードに飛び出したラフィーニャがボックス内まで持ち込むが、ここはシュートを大事に打ちに行こうとしたところをロメウが後方から見事なスライディングでボールを突いて決定機を阻止した。

互いに決定機を作り合うもゴールレスで折り返した試合は立ち上がりにいきなり動く。47分、リーズが自陣からロングカウンターを仕掛けると、ハーフウェイライン付近のロバーツから出たスルーパスを受けたバンフォードがボックス内まで持ち込んで丁寧な左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。

ホームチームの先制点によってここからよりオープンな展開となると、アームストロングのミドルシュート、ボックス内でのロバーツの連続フィニッシュと互いに相手ゴールへ迫る場面を作り出す。

失点以降、相手の勢いに押されて劣勢の状況が続くセインツは58分、テラとレドモンドを下げて南野とイングスの主力2選手を同時投入。だが、直後の61分にはリーズのカウンターを浴びてボックス左でラフィーニャが折り返したボールをジョレンテにワンタッチで蹴り込まれるが、ここはGKマッカーシーのビッグセーブで事なきを得た。

その後、負傷したロメウを下げてジェネポを投入したセインツだが、2失点目を防ぐのが精いっぱいでなかなか決定機まで持ち込めない。すると、78分には南野の右からのクロスを撥ね返された流れのリーズのカウンターからボックス手前中央でエウデル・コスタの横パスを受けたダラスに左足アウトにかけた見事なシュートを突き刺されてリードを広げられる。

さらに、84分にはペナルティアーク付近で与えたFKをキッカーのラフィーニャに壁の間を抜く見事なシュートでゴール左隅に決められて瞬く間に3失点を喫することになった。

何とか一矢報いたいアウェイチームだったが、その後も相手の勢いを止めきれぬまま試合はタイムアップ。リーズに連敗ストップの白星を献上したセインツは敵地で完敗し、チェルシー戦でのドローを良いキッカケにすることはできなかった。

関連ニュース
thumb

9戦未勝利のサウサンプトン、負傷者続出のチームに指揮官も「自信があるとは言えない」と落胆

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、リーグ未勝利の状況を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 日本代表MF南野拓実の所属するサウサンプトンは、1日に行われたプレミアリーグ第26節でエバートンと対戦。リーグ戦直近8試合で7敗を喫するなど絶不調に苦しむチームは、この日も9分に先制点を献上。その後は反撃に出るも得点を奪えず、0-1で敗れた。 この結果、サウサンプトンは9試合未勝利となり、順位こそ14位をキープしているものの降格圏がじわじわと迫ってきている。 試合後のインタビューに応じたハッセンヒュッテル監督は、チームが決定力不足に陥っているとコメント。同時に、南野を始め多くの選手が負傷離脱し、厳しいやり繰りに迫られている現状を嘆いた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p80wyej1v2st10im580co4yj8" async></script></div> 「1ゴールが両者の違いになった。我々が再び負けてしまったのは、ゴールを奪う瞬間が不足しているからであり、これでは試合に勝つことは難しい」 「今の我々はスチュー(スチュアート・アームストロング)を6番で、(ウィングが本職の)ムサ(・ジェネポ)を右サイドバックで起用せざるを得ない、非常にタフな状況だ。今日はネイサン・テラを起用して色々と試したし、最終的には3人の若手を起用することになった」 「何と言っていいか分からないが、現状ではこれが我々の持つスカッドだ。これを最大限に活用する必要がある。この状態では、我々が自信に満ち溢れているとは言えない。だから、選手たちには期待をかけすぎないようにしたいと思う。シーズン当初のようにプレーできないことは理解している」 2021.03.02 10:19 Tue
twitterfacebook
thumb

南野負傷欠場のサウサンプトン、エバートンに敗れてここ9戦で8敗目《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、エバートンvsサウサンプトンが1日に行われ、1-0でエバートンが勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実は負傷欠場となっている。 前節リーズ戦では南野がベンチスタートとなった中、0-3と完敗した14位サウサンプトン(勝ち点30)。これでここ8戦7敗目を喫した不調のチームは、南野がハムストリングの負傷により欠場となった中、イングスとアダムスの2トップで臨んだ。 一方、前節リバプールとのマージーサイド・ダービーを2-0と勝利した7位エバートン(勝ち点40)は、キャルバート=ルーウィンとリシャルリソンの2トップで臨んだ。 試合は9分、ポゼッションを譲る入りとしていたエバートンが先制する。シグルドソンのスルーパスに抜け出したボックス中央のリシャルリソンがシュートを決めきった。 続く25分にはFKの流れからキーンがヘッドでネットを揺らすも、わずかにオフサイドでVARの末、ノーゴールに覆った。 助かったサウサンプトンがハーフタイムにかけては前がかる展開の中、凌いだエバートンが1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半はエバートンが試合をコントロールし、時間を進めていく。 クローズな展開に持ち込み、サウサンプトンの反撃を許さないエバートンがリードを保つ中、終盤の85分のジェネポのシュートがわずかに枠を外れて助かると、90分のCKの流れからヴェステルゴーアの放った決定的なシュートはGKピックフォードが好守で凌いだエバートンが1-0のまま逃げ切り。6位リバプールに勝ち点で並んでいる。 一方、敗れたサウサンプトンはここ9戦で8敗目を喫している。 2021.03.02 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズ戦負傷交代のロメウが足首骨折の重傷で今季絶望に…

サウサンプトンは26日、スペイン人MFオリオル・ロメウが足首骨折のため、今季中の復帰が絶望となったことを発表した。 ロメウは23日に行われたプレミアリーグ第18節延期分のリーズ・ユナイテッド戦に先発出場したが、後半途中に足首を負傷。その後、クラブのメディカルスタッフの下、ケガの状態をチェックしてきたが、この度手術の必要があるとの結論に達した。 26日に行われた公式会見でチームを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督は、ロメウの状態について以下のように言及した。 「ロメウの今シーズンは終わった。彼は足首を骨折しており、月曜日に手術を行う予定だ。復帰に3カ月はかかるだろう」 2015年の夏にサウサンプトンに加入したロメウは、主力として在籍6シーズンで公式戦211試合に出場し6ゴールを記録。今季もここまで公式戦22試合に出場していた。 2021.02.27 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、南野がハムストリング負傷でエバートン戦欠場へ

サウサンプトンに所属する日本代表MF南野拓実が、3月1日に行われるプレミアリーグ第26節のエバートン戦を欠場するようだ。 リーグ戦8試合勝利のない14位のサウサンプトンは、月曜日にアウェイでエバートンと対戦する。現在リーグ戦4試合連続出場している南野だが、この試合はケガのため欠場することになった。 クラブの発表によれば、南野は23日に行われたプレミアリーグ第18節延期分のリーズ・ユナイテッド戦でハムストリングを負傷。サウサンプトンを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督は、26日の会見で南野について以下のように語っている。 「タキ(南野の愛称)はハムストリングを少し痛めてしまった。リーズ戦のピッチはとても滑りやすく、途中出場して最初の動きで痛めた。だが、重症ではないから来週には復帰できるだろう」 2021.02.27 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

南野所属のセインツは8試合未勝利に…指揮官は「パンチ力に欠ける」攻撃に嘆き

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、チームの敗戦を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 日本代表MF南野拓実の所属するサウサンプトンは、23日に行われたプレミアリーグ第18節延期分で、リーズ・ユナイテッドと対戦。前節チェルシーと引き分け連敗を「6」で止めたものの、この日は再び守備が崩壊。後半3失点を喫するとそのまま0-3で敗れた。 この結果、サウサンプトンはリーグ8試合未勝利となり、順位も14位と低迷。試合後のインタビューに応じたハッセンヒュッテル監督は、この試合の完敗を認めている。 「リーズは勝ち点3点に値する。特に後半は、彼らの方がはるかに良いチームであり、1対1のクオリティと後半のエネルギー量で我々を凌駕した。今日の敗因はこれに尽きるだろう」 「前半は我々が全てをコントロールしていた。だからこそ、リーズがよりトライしてくるだろうことは分かっていた。我々も試合の中では良かった場面はあったと思う」 「1失点目の取られ方は、正直言って大失敗だった。あんな簡単な失点は、絶対に起こしてはいけない。失点後は、相手を勢いづかせてしまい難しくなってしまった」 また、ハッセンヒュッテル監督はチームの課題として決定力に言及。得点力向上のため、改善が必要だと語った。 「2失点目の前、我々にもチャンスはあったんだ。それは大きなチャンスだったと思うが、得点には至らなかった。そして、相手のチャンスはすぐゴールに結びついた」 「我々はアタッキングサードでのパンチ力に欠けている。今のところ、ゴールを奪えず先制点を許すことに苦戦しているんだ」 2021.02.24 12:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly