目標は「一桁順位」主軸が退団もホーム開幕戦で勝利を目指す大分・片野坂知宏監督「良いスタートダッシュができるように」

2021.02.23 20:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。


チームを率いて6年目、これまでJ2、J3でもチームを率いてきた大分トリニータの片野坂知宏監督。今シーズンも多くの選手が入れ替わる中、チームのディフェンスを支えてきた選手が去っていった。

開幕を前に20チームで迎える新シーズンについて「今シーズンは20チームでJ1を戦うということで、優勝争いだとか、順位争い、残留争いと厳しいリーグになるだろうという覚悟の中で準備をしてきました」とコメント。「我々としても主力選手が何人か抜けた中で、新しい選手を加えて既存選手と戦術を共有した中で、良いスタートダッシュができるように」と、新たなチームでも躍進していきたいと語った。

その大分だが、片野坂監督が率いてから3年目のJ1となるが、初のホーム開幕戦となる。片野坂監督は「J1で私が指揮をする中で、ホーム開幕戦は初めてとなります。なんとかホームで良い試合をして、勝利でスタートできるように、今シーズンのスタートを良い形で迎えられるようにしたいと思います」とコメント。また「順位としても9位以上の一桁順位を目指して頑張ってやっていきたいと思います」と、シーズンの目標についても語った。

期限付き移籍も含めて、昨シーズン在籍していた中で13名が退団。14名が新たにチームに加わった。大幅な戦力入れ替えがあった中で、フィットが大変となるが一定の手応えを感じているようだ。

「昨シーズンまで一緒に戦った主力選手が移籍などで抜けてしまったところを、新加入選手と既存の選手とトリニータの戦術、どういったサッカーをしていくかをキャンプ、トレーニングマッチを含めてやってきました」

「新加入選手が非常に高い意識でチャレンジしてきていますし、戦術の共有という点でも選手たちが積極的に取り組んでくれていて、良い手応えを感じています。良いゲームができるんじゃないかなと非常に期待している状況です」

特に新加入選手については「トリニータとして各ポジションにしっかり選手が入ってくれて、そのポジションのタスクも理解してくれています。既存選手とのコンビネーションを含めて、お互いの意思疎通もできていると感じています」とコメント。「新しい選手がトリニータのサッカーを理解して、準備して臨んでくれていることで非常にスムーズに入れたと思いますし、戦術に対して自分の特徴を生かすというのをアグレッシブにやってくれています。うまく融合できると手応えを感じています」と、大幅なメンバー入れ替えも問題はないと語った。

開幕戦の相手は2020シーズンの明治安田J2で優勝し、7年ぶりにJ1へと復帰した徳島ヴォルティスとなる。その徳島については「徳島さんは今シーズンJ1昇格されて、昨シーズンもJ2で素晴らしい成果を挙げられて、若い良い選手が多く、勢いのある選手が揃っているイメージです」と語り、「リカルド・ロドリゲス監督がやられて、ポヤトス監督が今シーズンからやられて、若い選手を使いながらボールをしっかりつないで攻撃的なチームだなという印象です」と徳島の印象を語った。

また警戒する選手については「警戒する選手がそれぞれの個性がある中で、難しさがあるかなと思います。簡単なゲームにはならないと思いますが、我々らしいゲームができればと思います」とし、チームとして警戒していきたいと語った。
関連ニュース
thumb

指揮官不在の徳島先制も…ホームの大分が新加入の渡邉弾で1-1のドロー【明治安田J1第1節】

明治安田生命J1リーグ開幕節の1試合が27日に昭和電工ドーム大分で行われ、大分トリニータvs徳島ヴォルティスは1-1のドローに終わった。 J1リーグ3年目の大分は新戦力から坂、井上、高畑、渡邉が先発。一方、7年ぶりのJ1リーグ挑戦となる徳島はいまだダニエル・ポヤトス監督が入国できず、甲本コーチが代行で指揮を執り、開幕戦に挑んだ。 試合は敵地に乗り込んでの一戦だった徳島が立ち上がりからボールの主導権を握り、大分を攻め立てる。左サイドの藤原や最前線の垣田裕暉にボールを集めての攻撃で大分ゴールを脅かしていく。 そのなかで、開始5分に猛烈なプレッシャーをかけた渡邉が前がかったGK上福元からボールをかっさらい、無人のゴールマウスにボールを流し込んだ大分だが、主審はファウルの判定。得点は認められない。 肝を冷やした徳島だが、焦れずに攻めの姿勢を打ち出すと、37分にボランチに入る岩尾がボックス右に浮き球パスを供給。相手がクリアし切れなかったボールを拾った岸本が左足シュートを決め、徳島が先取する。 前半を通じて守勢に回る時間が長く続いた大分だが、後半の頭から野村と町田の交代を施して巻き返しを図ると、徐々に反攻。高澤が左足シュートでゴールに迫るなど、攻撃陣が躍動感を際立たせていく。 やや劣勢の徳島は交代カードで立て直しを図るが、大分は59分に坂のロングフィードを右サイド深くで受けた井上がボックス右の町田にボールを配給。こぼれ球を拾った渡邉が左足シュートを叩き込み、追いついた。 互いに勝ち越しを目指す構図になるなかで、75分を過ぎたあたりで相手と競り合った石井が脳しんとうの疑いでピッチを退くアクシデントに見舞われてしまった徳島だが、守りで集中を切らさず、一進一退の戦いを披露する。 何とかホーム開幕戦を白星で飾りたい大分も勝ち越しを狙って攻勢に転じたが、1-1のドローで終了。徳島が指揮官不在の状況下で奮闘した一戦だったが、後半から巻き返した大分が勝点1をもぎ取る形で終わっている。 大分トリニータ 1-1 徳島ヴォルティス 【大分】 渡邉新太(後14) 【徳島】 岸本武流(前37) 2021.02.27 16:35 Sat
twitterfacebook
thumb

大分が宮崎産業経営大FW宇津元伸弥の来季加入内定を発表 今季から特別指定選手としてプレー

大分トリニータは26日、宮崎産業経営大学からFW宇津元伸弥(20)の来季加入内定を発表した。 宮崎県生まれの宇津元は鵬翔高校から宮崎産業経営大学に進学した身長176cmのFW。来季加入内定を受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「来季から大分トリニータに加入することになりました宮崎産業経営大学の宇津元伸弥です。この歴史ある素晴らしいクラブに加入できることをすごく嬉しく思います。今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、大分トリニータのために全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 また、今季からJFA・Jリーグ特別指定選手として大分でプレー。背番号「45」を着用する。 2021.02.26 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

監督不在のまま開幕を迎える徳島、甲本偉嗣HCは選手の姿勢を評価「ポジティブに捉えて取り組んでくれている」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 昨シーズンの明治安田J2で見事に優勝を果たし、7年ぶりにJ1の舞台へと戻ってきた徳島ヴォルティス。しかし、チームを優勝に導いたリカルド・ロドリゲス監督が浦和レッズの監督に就任すると、今シーズンからダニエル・ポヤトス監督が就任した。 しかし、日本政府の外国人の入国制限により現時点で来日できておらず。監督不在のまま開幕を迎える異例の事態となった。 そのポヤトス監督の代わりに指揮を執っているのが、甲本偉嗣ヘッドコーチ。難しい状況の中で迎える開幕戦だが「監督がコロナ禍で入国できない中でシーズンをスタートしました。かなり選手たちもポジティブにやってくれていますし、スタッフも一丸となって前に進めているという印象があります」とコメント。監督不在でもチームとして前向きに活動できていると語った。 開幕ゲームでは大分トリニータと対戦する。その開幕に向けては「開幕を大分とやるにあたって、僕たちも絶対に降格しないように、より高い順位でやれるように進めています。監督が不在ということを感じさせないくらい、一丸となって大分に向かっていきたいですし、勝利を目指したいと思います」と語り、久々のJ1の舞台で、しっかりと結果を出していきたいと語った。 キャンプに関してもポヤトス監督と連絡を取りながらも、現場の指揮を任されている甲本ヘッドコーチ。手応えについては「監督がいない中で進んでいますが、毎日ビデオミーティングをしながら進めている中で、攻撃にしても守備にしてもスムーズに進んできているかなと思います。7、8割はできていると思っています」と一定の手応えを感じているとした。 その徳島は、主力の大半が残留した一方で、若手の能力ある選手を加えた。新戦力については「徳島は新加入がほとんど若い選手となっています。その選手たちに関しては、少しずつ戦術理解が進んでいるかなと思います。試合に出そうな選手たちに関してはかなりフィットしてきているので、既存の選手との関係性もよくなってきているので、そこでチャンスが作れたらと思います」と若手選手もチームの戦い方を学んでフィットしていると語った。 それでも、やはり新チームの監督がいないというのは異例の事態。しかし、不安要素はないとし「監督がいない中でもかなり濃いミーティングもできていて、その点はあまり心配していません」とコメント。「選手たちもポジティブに捉えて取り組んでくれているので、僕から何か特別に監督がいないからということはなく、キャプテンの岩尾憲を中心に「俺たちでやるしかない」という形でやっているので、うまく助長して生かしていければ」と選手も前向きに取り組んでいるとし、「成績は後になって出てくると思いますが、試合をやっていく中で向上していければと思います」と、徐々にチームとしての完成度を高めたいとした。 対戦する大分については「大分さんに関しては、J2にいた時に対戦した中で、僕自身もかなり好きなサッカーでした。そこを参考にして、去年と一昨年に関しては、大分さんのサッカーに近いものをやっていた部分が多かったので、好きなサッカー、ボールをしっかり握って引き出したりできる良いチームだと思います」とコメント。また、警戒する選手には「個人として警戒するというのは、野村(直輝)くんです。ウチのチームから行って、良い働きをしているので、警戒しています」と語り、2019シーズンまで徳島に在籍した野村直輝の名前を挙げた。 7年ぶりのJ1復帰となった大分。今シーズンの目標については「まずは降格しないというところのラインを目指してやります」とし、残留することを目指すとコメント。「その中でも、僕らが主導権を握ってサッカーをしながら降格しないということをやっています」と、主導権を握るサッカーを展開していきたいと意気込んだ 2021.02.23 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和と大分に懲罰、昨季10月の試合でサポーターが新型コロナのガイドライン違反

Jリーグは22日、浦和レッズと大分トリニータへの懲罰を発表した。 問題は、2020年10月31日に昭和電工ドーム大分にて開催された2020明治安田生命J1リーグ第25節の大分トリニータvs浦和レッズでの行為が問題となった。 浦和に対しては、①試合開始直前の14時頃から終了する16時頃まで、全席指定席であったが、40人程度がスタジアム上段席に移動し、立ち見で応援した、②同じく14時頃から16時頃まで、声を出したり、指笛を鳴らしたりした、③14時頃、サポーターの1人がフェンスに上った、④14時頃、サポーターの1人がスタジアムの中からフェンスの外に向かってペットボトルのようなものを投げたという行為が問題とされた。 一方、大分に対しては、①14時頃、浦和サポーターが座席を移動して、太鼓に合わせて立ち見で手拍子をしていたことに対して、大分サポーター2名がスタジアムの外に出て、浦和サポーターに近づこうとした、② 上記2名を追って、さらに10名程度の大分サポーターが南ゴール裏にいた浦和サポーターのもとに突入を試みた行為た問題となった。 なお、懲罰に関しては、浦和にはけん責と罰金300万円、大分にはけん責となった。 浦和の懲罰理由は、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(以下「ガイドライン」)を遵守する義務、ホームクラブの義務履行への協力義務、試合の前後・試合中においてビジタークラブのサポーターに秩序ある適切な態度を保持させる義務を負っている」という前提の下、「本件行為により、浦和はガイドラインを遵守できず、かつ、特にコロナ禍で憂慮されている感染リスクという観点からも、観客の秩序ある適切な態度を保持できなかった」とのことだ。 また、「浦和は、自ら観客の秩序を保持させるだけでなく、大分が観客の秩序保持義務を果たせるよう、浦和サポーターに対して大分観戦ルールを徹底させる措置を講じるべきであった。また、浦和サポーターがスタジアム外で太鼓を叩き始めた際、浦和の運営担当者は途中で太鼓をやめるように伝えているものの、大分の運営担当者が対応している間、積極的にサポーターをなだめるような行為をしていない。さらに、ホームクラブが定めるルールに従って試合の円滑な運営に努めるべきところ、リモート応援、もしくはビジターでの太鼓の使用許可について、浦和の運営担当者は大分の運営担当者に事前に行うべき相談をその場で持ち出している」、また「浦和サポーターのガイドライン違反は、有観客試合の開始ごろから散見されており、浦和のホームゲームにおいて措置を講じきれなかったことが、本件行為につながったといえる」とし、続けての違反行為をクラブがコントロールできなかったことを挙げた。 また、大分の懲罰理由については「ガイドラインを遵守する義務、ホームスタジアムに存在するすべての者の安全を確保する義務及び観客に秩序ある適切な態度を保持させる義務を負っている」とし、「本件行為により、大分は、ガイドラインを遵守できず、特にコロナ禍で憂慮されている感染リスクという観点からも、ホームスタジアムに存在する全ての者の安全を脅かし、かつ、観客の秩序ある適切な態度を保持できなかった」と管理ができていなかったとした。 また、「大分は、事前に大分サポーターに対して、有事の際は警備員や運営担当者に連絡、通報又は相談し、どのような理由があろうと大分サポーター自身が対応することがないよう徹底するべきであった」、また「大分は浦和の運営担当者に大分戦の観戦ルール資料を送付した際や本試合当日に、観戦ルールを策定した趣旨を丁寧に説明すると共に、観戦に際してはローカルルールである観戦ルール及び警備員等主催者側の指示、要請が優先し、その場における異議、反論、質問等が発生することのないようサポーターへの周知徹底を互いに確認し合うべきであった」とした。 2021.02.22 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|大分トリニータ】大きすぎる退団選手のインパクト、“カタノサッカー”の完成時期がカギ

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第10弾は、昨シーズンの明治安田J1で11位に終わった大分トリニータを紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[3-4-2-1]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021trinita_1_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWSBrains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《D》※最低E~最高S 【IN】 GKポープウィリアム(26)←川崎フロンターレ/完全移籍 GK西川幸之介(18)←藤枝東高校/新加入 DF上夷克典(24)←京都サンガF.C./完全移籍 DF坂圭祐(25)←湘南ベルマーレ/完全移籍 DF福森健太(26)←ギラヴァンツ北九州/完全移籍 DF黒﨑隼人(24)←栃木SC/完全移籍 DFエンリケ・トレヴィザン(24)←エストリル(ポルトガル)/期限付き移籍 MF下田北斗(29)←川崎フロンターレ/完全移籍 MFペレイラ(24)←アトレチコ・ゴイアニエンセ(ブラジル)/期限付き移籍 MF弓場将輝(18)←大分トリニータユース/昇格 MF井上健太(22)←福岡大学/新加入 FW渡邉新太(25)←アルビレックス新潟/完全移籍 FW長沢駿(32)←ベガルタ仙台/完全移籍 FW藤本一輝(22)←鹿屋体育大学/新加入 【OUT】 GKムン・キョンゴン(26)→未定 GK小島亨介(24)→アルビレックス新潟/期限付き移籍延長 DF星雄次(28)→アルビレックス新潟/完全移籍 DF岩田智輝(23)→横浜F・マリノス/完全移籍 DF鈴木義宜(28)→清水エスパルス/完全移籍 DF高橋祐翔(19)→ヴェルスパ大分/期限付き移籍 MF前田凌佑(26)→愛媛FC/完全移籍 MF小手川宏基(31)→松本山雅FC/完全移籍 MF田中達也(28)→浦和レッズ/完全移籍 MF島川俊郎(30)→サガン鳥栖/完全移籍 MF小塚和季(26)→川崎フロンターレ/完全移籍 MF國分伸太郎(26)→モンテディオ山形/完全移籍 MF姫野宥弥(24)→カターレ富山/完全移籍 MF坂井大将(24)→未定 MF佐藤和弘(30)→松本山雅FC//期限付き移籍→完全移籍 MF川西翔太(32)→FC岐阜//期限付き移籍→完全移籍 FW三平和司(33)→ヴァンフォーレ甲府/完全移籍 FW渡大生(27)→アビスパ福岡/完全移籍 FW知念慶(25)→川崎フロンターレ/期限付き移籍終了 今オフも多く多くの選手が退団し、チームを1から作らなくてはいけなくなってしまった大分。特にJ3、J2時代を知り、片野坂知宏監督のサッカーを知っている選手が多く退団したことは大きなマイナスポイントだ。 特に、長らくディフェンスリーダーとしてプレーしてきたDF鈴木義宜が清水エスパルスへ、東京五輪世代でもある生え抜きのDF岩田智輝が横浜F・マリノスへと移籍。この2人の退団は大きな打撃となる。 さらに、攻撃の核だったMF田中達也が浦和レッズに、高い守備強度を誇ったMF島川俊郎がサガン鳥栖へと移籍。また、ムードメーカーのFW三平和司もヴァンフォーレ甲府へ移籍と、今まで以上に主軸を抜かれた形となる。 もちろん、守備陣では戦術理解度が高く、3バックの中央でチームを支えていたDF坂圭祐(←湘南ベルマーレ)、高い守備力と攻撃参加が持ち味のDF黒﨑隼人(←栃木SC)、著しい成長と高いポテンシャルを持つDF上夷克典(←京都サンガF.C.)と良い選手を獲得はしているが、あまりにも抜けた穴が大きいと言える。 攻撃陣でも長身を生かしたプレーで軸となるFW長沢駿(←ベガルタ仙台)、飛び出しの能力に長けているFW渡邉新太(←アルビレックス新潟)を補強。また、王者川崎フロンターレからMF下田北斗も獲得と、良い補強はできている。 あとは、これらの選手がどれだけ早くチームに溶け込めるのか。毎年のように多くの選手が入れ替わる大分には恒例のことかもしれないが、片野坂監督の手腕がまた問われるシーズンとなりそうだ。 ◆目標:J1残留 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021trinita_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 片野坂知宏監督が率いて6年目のシーズンとなる大分。今シーズンは、やはり残留争いに巻き込まれてしまう可能性が高いだろう。 理由は前述の通り、抜けた選手の穴が大きすぎるという点。戦力としてだけでなく、チームとしての戦い方にも大きなインパクトを与えることとなる。 Jリーグ屈指とも言える対人守備の巧さを見せていた鈴木義宜の穴は簡単に埋まらず、攻守において成長著しく、大分の戦い方を支えていた岩田智輝の代役も簡単に見つかることはないだろう。 個々の能力の高さ以上に、やはりチーム作りをまた一からスタートさせなくてはいけないということが、今シーズンは非常にカギとなるだろう。 今シーズンは昨シーズンの降格なしを受け、下位4チームが自動降格に。シビアな戦いがシーズンを通して過密日程で行われるため、例年以上に1試合の重みが増している状況だ。 その中で、チームの土台を失っている大分は、一から構築しなければならず、少なからず積み上げがある他チームとスタートラインが異なる状況だ。 さらに、個人に依存しないチームとして戦う“カタノサッカー”だけに、どのタイミングでチームとして完成するのかが、順位を大きく左右することになるだろう。 6年目にして大きな壁にぶち当たった片野坂監督率いる大分。チームとしての連動をいかに早い時期に発揮できるか、監督の手腕に大きく注目したい。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 FW渡邉新太(25) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021trinita_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、アルビレックス新潟から加入したFW渡邉新太だ。 プロ4年目を迎える渡邉だが、新潟では1年目から主力としてプレー。2020シーズンはケガの影響で20試合の出場に終わったが、7得点を記録していた。 J2での経験しかないが、92試合で22得点を記録している渡邉は、前述の通りスペースへの顔出しやライン裏への飛び出しの能力に長け、シュート技術も高い。 新潟のエースとして成長していくことが期待されていたが、ステップアップを決断。大分のスタイルでも、渡邉の特徴は大いに発揮できるだけに、J1の舞台でどのようなパフォーマンスを見せるのかは注目だ。 まずは片野坂監督が求めるサッカーをしっかりと理解し、数字としての結果を出せるか。ポジション争いも激しいだけに、新潟で見せたプレーを発揮してもらいたい。 ◆2021年期待のヒーロー FW長沢駿(32) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021trinita_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、ベガルタ仙台から加入したFW長沢駿だ。 これまで清水エスパルス、ロアッソ熊本、京都サンガF.C.、松本山雅FC、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、そして仙台と多くのJリーグクラブを渡り歩いた長沢。苦労してきた中で、大分に新天地を求めた。 昨シーズンはチームとしても苦しかった仙台において、33試合に出場し9得点を記録。シーズン途中には4試合連続ゴールを記録するなど、得点感覚が錆び付いていないことは証明した。 なんといってもその高さは魅力で、長沢を頂点において推し進めるサッカーは想像に難くない。良質なクロスを供給できるウイングバックもいる大分にとっては、ポゼッションをして押し込むだけでなく、長沢の高さを使った攻撃のバリエーションも持つことができるだろう。 加入1年目で、なかなかチームにフィットするのは難しいかもしれないが、ハマれば脅威となる存在。エースとしての活躍が期待されるだけに、チームを救うヒーローになる可能性は大いにあるだろう。 2021.02.21 13:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly