ラツィオ指揮官インザーギ、絶対王者バイエルン相手に決意「5年間の集大成」

2021.02.23 18:36 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、バイエルン戦に向けて意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

ラツィオは23日、チャンピオンリーグ(CL)ラウンド16でバイエルンと対戦する。20年ぶりとなるCL決勝トーナメントに臨むラツィオだが、相手は昨年の大会を圧倒的な強さで制した絶対王者。一筋縄ではいかないだろう。


そんな一戦を前に、インザーギ監督は「素晴らしいチームとの5年間の仕事の集大成だ」とコメント。就任から5年間でのチームの成熟を実感し、この試合でもいつも通り全力を尽くすと意気込んだ。

「我々はいつも通りの謙虚さ、そして気を楽にして試合に臨みたい」

「バイエルンは世界チャンピオンとなり、その後直近2試合で引き分けと負けを記録している。しかしそれ以前には5連勝している」

「バイエルンの弱みではなく、ラツィオの強みにフォーカスしたい。これまでやってきたように、この試合でもベストを尽くすつもりだ」

「我々は成熟しており、決勝戦のような重要な試合を多く戦ってきた。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝でもプレーした」

また、現役時代に自身が指導し、現在はバイエルンのヘッドコーチを務めるクローゼ氏についても言及。再会を喜んだ。

「彼に再会できて嬉しいよ、彼は就任して最初の試合でも私をとても助けてくれた」

「コーチとしての彼はとても評判がいい。しかし明日の夜のような試合では最高の形で相手にすることができると思う」

関連ニュース
thumb

ラツィオ、A・ペレイラ買い取らずか…保有元ユナイテッドは新たに売却先探しへ

今季をラツィオで過ごすブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(25)の将来は不透明な状況のようだ。 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドからのシーズンローンでラツィオ入りしたペレイラ。2500万ユーロ(約32億2000万円)の買い取りオプションが付いてのレンタル移籍だが、輝き切れずにいるのが現状だ。 ここまで公式戦21試合に出場しているが、先発数はわずか4回。総プレータイムは548分間にとどまる上、得点関与数も1得点1アシストしかなく、確固たる地位を築くまでに至っていない。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、買い取りオプションの行使有無はシーズンの終わりに決断される見通し。ただ、現状的にも行使される可能性は低いというのだ。 そうなると、今季終了後にレンタルバックとなるペレイラだが、保有元のユナイテッドは現金化を望んでおり、新たに売却先を探す模様だ。 2021.03.05 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオvsトリノが没収試合に…現状はラツィオ不戦勝もトリノの異議申し立てによって再試合の可能性濃厚

2日に開催予定だったセリエA第25節、ラツィオvsトリノは試合が実施されることなくキックオフ予定時間(現地時間17:30)から45分が経過したことで打ち切りの形となった。 現在、トリノではクラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生しており、すでに8名の選手を含む関係者10名に陽性判定が出ている。これを受けて、前節のサッスオーロ戦は開催延期となっていた。 現在、トレーニングをまともに行うことができていないこともあり、トリノはレガ・セリエAに対してラツィオ戦の開催延期を要請していたが、レガ・セリエAはこの要請を拒否し、予定通り2日に試合を開催する決定を下した。 しかし、トリノが本拠地を置くピエモンテ州ではイギリス由来の変異株の感染流行が大きな問題となっており、地元保健当局はトリノの他州への移動を許可しておらず、試合当日にも関わらず、試合会場であるローマへの渡航ができてない状況だ。 そのため、今回の一戦は昨年10月4日にユベントスの本拠地アリアンツ・スタジアムで開催予定だったセリエA第3節、ユベントスvsナポリの一戦と同様の形式で執り行われることに。 ラツィオは試合開始1時間前にトリノ戦のスタメンを発表し、選手たちを乗せたチームバスは規定通りの時間に会場のスタディオ・オリンピコに到着、そして来るはずがないアウェイチームをロッカールームで待つことに。 そして、同じく規定通り、スタジアム入りしていた審判団は開始予定時刻から45分が経過したことを受けて、試合の打ち切りを宣言し、規定にのとってラツィオの不戦勝(3-0の勝利)が認められた。 ただ、前述のユベントスとナポリのケースでは、最終的にイタリア・オリンピック委員会(CONI)スポーツ保証委員会に控訴したナポリの訴えが認められて裁定が覆り、再試合を行うことになっている。 そのため、当時のナポリに比べて、より厳しい条件下にあり、戦前にはイタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエーレ・グラヴィナ会長が、「客観的に見てこの試合を進めることは不可能だ」との発言もあった今回の一戦はユベントスとナポリの一戦同様に日程を改めての再試合となる可能性が高い。 そして、トリノも試合開始前の時点で、ラツィオ戦が不戦敗扱いとなった場合、異議申し立てを行うことを明言している。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが伝えるところによれば、異議申し立てがスムーズに運びトリノ側の訴えが受け入れられた場合、4月7日に再試合が行われる見込みだという。 2021.03.03 04:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオvsトリノは2日に予定通り開催! コロナ蔓延トリノは渡航認められず不戦敗濃厚に

2日に開催予定のセリエA第25節、ラツィオvsトリノがラツィオの不戦勝となる可能性が浮上している。イタリア『ANSA通信』など複数メディアが伝えている。 現在、トリノではクラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生しており、すでに8名の選手に陽性判定が出ている。これを受けて、前節のサッスオーロ戦は開催延期となっていた。 現在、トレーニングをまともに行うことができていないこともあり、トリノはレガ・セリエAに対してラツィオ戦の開催延期を要請していたが、レガ・セリエAはこの要請を拒否し、予定通り2日に試合を開催する決定を下した模様だ。 しかし、トリノが本拠地を置くピエモンテ州ではイギリス由来の変異株の感染流行が大きな問題となっており、地元保健当局はトリノの他州への移動を許可しておらず、試合当日にも関わらず、試合会場であるローマへの渡航ができてない状況だ。 そのため、今回の一戦は昨年10月4日にユベントスの本拠地アリアンツ・スタジアムで開催予定だったセリエA第3節、ユベントスvsナポリの一戦と同様の形で、ひとまずラツィオの不戦勝(3-0)という形で処理される可能性が高まっている。 そのため、ラツィオは試合開始1時間前にトリノ戦のスタメンを発表し、選手たちを乗せたチームバスを規定通りの時間にスタジアム入りさせ、形式上試合を戦う準備を取ることになる模様。そして、開始予定時刻から45分後に主審が試合の中止を宣言し、規定にのとってラツィオの不戦勝が宣言される見込みだ。 ただ、前述のユベントスとナポリのケースでは、最終的にイタリア・オリンピック委員会(CONI)スポーツ保証委員会に控訴したナポリの訴えが認められて裁定が覆り、再試合を行うことになっている。 2021.03.03 00:20 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安負傷欠場のボローニャ、バイエルンに惨敗のラツィオに快勝《セリエA》

セリエA第24節、ボローニャvsラツィオが27日に行われ、2-0でボローニャが快勝した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場となっている。 前節サッスオーロ戦を10人となった中、何とか1-1で引き分けた12位ボローニャ(勝ち点25)は、今季フルタイム出場を続けていた冨安がふくらはぎを痛めて欠場となった。 一方、前節サンプドリア戦を制してリーグ戦ここ8戦で7勝とした6位ラツィオ(勝ち点43)だったが、4日前に行われたバイエルン戦ではまさかの1-4と惨敗。ショックの大きい敗戦を喫した中、バイエルン戦のスタメンからムサッキオに代えてホードのみを変更した。 立ち上がりから押し込んだラツィオは16分、コレアがボックス左で仕掛けてPKを獲得。しかし、キッカーのインモービレのシュートはGKスコルプスキにキャッチされてしまう。 すると19分、ボローニャが先制する。オルソリーニのボレーシュートがGKレイナを強襲すると、ルーズボールをエムバイェが詰めた。 先制以降はボローニャが自陣に引きながらカウンターを狙い、主導権を握ったままハーフタイムに入った。 迎えた後半もラツィオが前がかるも、ボローニャの守備陣を崩せない展開が続く。すると64分、バロウの右クロスからサンソーネのボレーシュートが決まってボローニャが突き放した。 厳しいラツィオは直後に3枚替えを敢行。インモービレらを諦めてムリキらを投入したが、終盤にかけても反撃できずに0-2で完敗。バイエルン戦の大敗を引きずり、公式戦連敗となった。 2021.02.28 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンに大敗のラツィオ、指揮官はCL王者との差強調「困難な試合になると分かっていた」

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での敗戦を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 23日に行われたCLラウンド16・1stレグで、ラツィオはバイエルンとホームで対戦。CL王者との対戦は開始9分で先制を許したことを皮切りに、前半だけで3点を奪われる厳しい展開に。MFホアキン・コレアが1点を返すのが精一杯であり、1-4で敗れた。 4つのアウェイゴールを献上しての敗戦により、ラツィオのCLベスト8進出は、3月17日に行われる2ndレグを前に非常に厳しい状況となっている。 S・インザーギ監督は試合後、チームのパフォーマンスは決して悪くなかったと強調。一方で、先制点を許す原因となったDFマッテオ・ムサッキオのミスを悔やんだ。 「試合へのアプローチが悪かったわけではないが、今日は困難な試合になると分かっていた。最初の失点後、臆病になってしまったと思う。違う試合をしたかったのは事実だが、この敗戦は我々の成長につながるだろう。ページをめくり、次の試合を考える必要がある」 「(マッテオ・)ムサッキオにはミスがあり、注意が足りていない場面もあった。彼はこの試合、苦しんでいたと思う。だからこそ、(31分で)彼を交代させたんだ」 また、S・インザーギ監督は、DFステファン・ラドゥやDFルイス・フェリペらディフェンス陣に負傷者が続出していることに言及。絶対的な強さを見せるバイエルンに対抗するのは難しかったと語っている。 「戦力的に厳しい今シーズンに、ここまで来られるとは思っていなかった。(ステファン・)ラドゥとルイス・フェリペはまだしばらく復帰はできないだろう。ただ、(アダム・)マルシッチは守備の選手として計算できる」 「この試合はフルスカッドで臨みたかったが、常に想定外のことが起こっており、それはできなかった。この敗戦が、チームに心理的な影響を与えるとは思わない。とはいえ、バイエルン相手にゴールを許したくなかったのは確かであり、残念だ」 「この1年半、バイエルンに対抗できるチームはなかった。我々は謙虚であり、このCLでも負けないチームだと思う。だが、今夜は難しい試合になると分かっていたが、彼らを助ける試合をしてしまった」 2021.02.24 11:09 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly