クロトーネに3発快勝のユーベ指揮官ピルロ、スクデットを諦めず「最後まで戦う」

2021.02.23 10:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベントスのアンドレア・ピルロ監督がクロトーネ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。ユベントスは23日、セリエA第23節でクロトーネと対戦。試合は、FWクリスティアーノロナウドが38分、46分と立て続けに2得点を決めると、71分にはMFウェストン・マッケニーがダメ押しの3点目を挙げ、ユベントスが3-0と快勝している。


ピルロ監督は試合後、先制点を決めるまでは焦りがあったものの、勝ち点3を獲得できたことが重要だったと振り返った。

「最近の試合のせいか、緊張したスタートを切ったが、2点を決めたことで落ち着き、ゲームをうまくコントロールすることができた」

「しかし、我々にとって最高のスタートと言えるものではなかった。早い段階でゴールを決めたいと急ぎすぎてしまったことで、パスが乱れてしまった」

「いずれにしても、今夜は勝ち点3を取ることが重要だった。動きについては改善に努めなければならないがね」

また、前線の選手たちについても言及。試合を通して3得点と好パフォーマンスを見せたが、指揮官は改善を促した。

「(アルバロ・)モラタは、ベストの状態ではなく、時間が必要だ。C・ロナウドを前線に置くときは、彼をボックスの中に入れるため、サイドでのプレーを改善しなければならない」

「(デヤン・)クルゼフスキについて言えるのは、ユーベでプレーするのと、パルマでプレーするのでは違いがあるということだ。ここでは引いてくる相手もいる。彼は今新しいポジションでプレーしているが、適応しているし、改善の余地もある」

最後にピルロ監督は「我々はインテルのライバルの一つだし、最後まで戦う」とコメント。首位インテルとは、勝ち点「8」の差があるものの、スクデットを諦めない姿勢を見せた。
関連ニュース
thumb

ユーベ指揮官ピルロ、追いつかれてのドローに「残念だ」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエA首位のインテルを8ポイント差で追う3位のユベントスは27日に敵地で行われた第24節で9位のヴェローナと対戦。後半開始早々にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの今季19得点目となる一発で先制したが、77分に追いつかれ、引き分けた。 主力に故障者が相次いで苦しい台所事情での一戦だったといえど、スクデット争いに向けて手痛いドローに終わってしまったユベントス。ピルロ監督は試合後、悔しさを滲ませた。 「タフになるとわかっての試合だったが、良い戦いができ、何とかリードできてもいたから残念だ。追いつかれてからはアグレッシブさが足りなかった。相手を封じ込めておくべきだったね。そうした細かな部分が違いを生む」 「後半はテンポが悪くなり、少しペースも落ちたところで相手にサイドのスペースを突かれた。4バックを用いるための選手がおらず、(フェデリコ・)キエーザと(メリフ・)デミラルのサイドでアグレッシブさを少し失ってから相手に何度かクロスの形まで持っていかれてしまった」 「多くの選手が欠けており、ロナウドとアレックス・サンドロのような経験豊富な選手たちに意見を伝えていくよう頼んだ。ヴェローナのようにプレッシャーをかけてくるチームとの試合は簡単じゃない」 「ボールを受ける前に何をすべきかを理解しておく必要がある。ピッチが良くなかったのもさらに難しくなってしまった」 2021.02.28 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のユベントス、ヴェローナに低調ドロー《セリエA》

ユベントスは27日、セリエA第24節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。 前節クロトーネ戦をC・ロナウドの2発で勝利し公式戦連敗を止めた3位ユベントス(勝ち点45/1試合未消化)は、主力に多数欠場者を抱える中、C・ロナウドとクルゼフスキの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 9位ヴェローナ(勝ち点34)に対し、前からプレスをかける入りとしたユベントスは、7分にピンチ。ファラオーニのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKシュチェスニーが好守で凌いだ。 その後、14分にキエーザがボックス右から際どい枠内シュートを浴びせたものの、これ以降は膠着状態に持ち込まれてしまう。 結局、ヴェローナのタイトな守備の前に思うように攻撃の形を作れなかったユベントスはゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半開始4分、ユベントスが先制する。ラムジーの縦パスをボックス左で受けたキエーザが中に折り返し、最後はC・ロナウドが蹴り込んだ。 均衡が破れた後はヴェローナがより前がかったことからオープンな展開となった中、77分に同点とされる。ボックス左のザッカーニのクロスをバラクにヘッドで決められた。 さらに85分にはラゾビッチに決定的なシュートを許した中、1-1のままタイムアップ。ユベントスは低調ドローに終わり、スクデット戦線からさらに後退する結果となっている。 2021.02.28 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

復帰できないディバラ、バルセロナでヒザの専門医に会うも「手術の必要なし」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの状況を語った。 ディバラは1月10日のサッスオーロ戦で左ヒザ内側側副じん帯を負傷。公式戦ここ11試合はメンバー外となっていた。 しかし、17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16・1stレグのポルト戦でメンバー入り。試合には出場していなかったが合流していた。 そのディバラだが、なかなかヒザのケガが治らないことから、バルセロナのヒザの専門医であるラモン・クガート医師と会ったとのこと。しかし、手術の必要はないとのことだ。 「パウロにとって、できるだけ早くプレーできるようにするために最善の解決策を探している」 「ディバラは手術の必要はない。彼は相談を受け、今、最良の治療方法が何であるかを見つけている」 「残念ながらディバラが復帰するまでの時間は延長されており、彼らを復帰させることはできなかった」 今シーズンのディバラは、ここまで公式戦16試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 2021.02.27 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスが2020-21シーズン上半期の決算を報告、コロナ禍により約80億円の減収

ユベントスは25日、2020-21シーズン上半期の決算を報告した。 新型コロナウイルスにより無観客で試合を行っていたため、昨季上半期と比べ収入が減少している。昨季上半期は3億2230万ユーロ(約418億円)の収入があったユベントスだったが、今季上半期は2億5830万ユーロ(約335億円)に減収となった。 一方で人件費等の支出は2億6340万ユーロ(約342億円)を計上。昨季の2億6000万ユーロから僅かに微増している。 人件費のカットに踏み込み辛いクラブにとって、コロナ禍による経営の厳しさを示す決算となった。 2021.02.26 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レジェンドストライカーが決めたおもいきりの良い豪快ドライブボレー!【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 マルコ・ディ・バイオ(当時27歳) 国籍:イタリア 所属:ユベントス ポジション:FW 身長:179cm ラツィオでプロデビューを果たしたディ・バイオ氏は、多くのセリエAクラブを渡り歩き、2002年にユベントスに加入。リーグ優勝に貢献するなど、存在感を示した。 【試合詳細】 日程:2003年11月1日 大会:セリエA第8節 対戦相手:ミラン 時間:後半39分(0-1) <div id="cws_ad">◆思い切りの良い豪快ボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtaXVoVWZSciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-1とミランにリードを許して迎えた84分、中央突破を図ったユベントスは、ディ・バイオが前線のFWダビド・トレゼゲにパスを送る。トレゼゲがこれをアウトサイドで叩き、浮き球のリターンパスを出すと、ディ・バイオが思い切りの良いボレーシュート。 左足から放たれた強烈なシュートはドライブしながらゴール左上に突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 試合はこのまま1-1のドローで終了。ユベントスは、敵地で貴重な勝ち点1を得た。 <span data-sg-movie-id="845" data-sg-movie-title="【火を噴くような豪快ドライブボレー】ディ・バイオがユベントスで決めた衝撃のゴール"></span> 2021.02.25 20:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly