サイドアタックで王者を攻略!モナコが鮮やかなパス回しでPSGディフェンスを切り開く【チーム・ゴールズ】

2021.02.23 16:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はモナコのフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルが決めたゴールだ。


◆モナコの速攻が王者PSGを崩す!

トゥールーズやセビージャで頭角を現したベン・イェデルは、2019年夏にモナコに加入。貴重な得点源として活躍し、チームの主将も務める頼れる存在だ。

高い得点力に加え、ポストプレーも得意とするなど、多彩なプレーの幅を持つベン・イェデルだが、2020年1月12日に行われたリーグ・アン第20節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦では、見事な連携からゴールを決めている。

開始早々に先制されながらも、直後にモナコが追いつき、1-1で迎えた13分、自陣左サイドのスローインからボールを持ったMFアレクサンドル・ゴロビンがドリブルでボールを前線に運び、速攻を開始する。

FWケイタ・バルデがゴロビンとスプリント中の見事なワンツーでPSG守備陣の間を縫うように抜けていくと、ボックス手前左で中央のベン・イェデルにパスを送る。ベン・イェデルは絶妙にタイミングをずらしたタッチでDFを一瞬ではがすと、ブロックに入った相手の股を抜くシュートをゴール左に沈め、見事な逆転弾となった。

試合はその後打ち合いとなり、3-3の引き分けに終わっている。

関連ニュース
thumb

文字通り流れるようなパス回し!インテルが華麗にミラン守備を切り崩す/2020-21【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆インテルが鮮やかなパス回しでミランを攻略<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTTkVZTlhKdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 2018年夏に母国アルゼンチンのラシン・クラブからインテルに加入したラウタロ・マルティネスは、若きエースとしてブレイク。ここまで公式戦118試合に出場し、45ゴールを決めている。 FWロメル・ルカクと強力2トップを形成するラウタロ・マルティネスだが、2021年2月21日に行われたセリエA第23節のミラン戦では、美しいパス回しからゴールを決めている。 1-0とインテルリードで迎えた57分、自陣ボックス内でインテルがボールを持つと、最終ラインでボールを繋ぎ、前線へパス。ボールを受けたMFニコロ・バレッラが素早く前を向き、前線のルカクにパスする。 体を張ってボールを収めたルカクが、DFアクラフ・ハキミの上がりを待ってボールを渡すと、ドリブルで相手陣内深くまで侵入したハキミが中央のMFクリスティアン・エリクセンにパス。ボックス内までボールを運ぶと、左サイドでフリーだったMFイバン・ペリシッチにパスした。最後はペリシッチが素早くゴール前に出したリターンパスにマルティネスが走り込んで合わせ、最終ラインからの流れるようなパスから追加点を奪ってみせた。 リードを広げたインテルは、その後も試合を優勢に進め、3-0でライバル相手に完勝している。 <span data-sg-movie-id="921" data-sg-movie-title="【文字通り流れるようなパス回し!】インテルが華麗にミラン守備を切り崩す"></span> 2021.03.08 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

一瞬で仕留める!モナコが見せた切れ味抜群の速攻ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はモナコのモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆モナコが見せた切れ味抜群の速攻<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPeE4zSGtteSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フィオレンティーナでブレイクを果たしたヨベティッチは、2013年夏にマンチェスター・シティに加入。その後は、インテル、セビージャなどを渡り歩き、2017年夏にモナコに加入している。 ケガに苦しみながらもモナコでは結果を残しているヨベティッチだが、2021年2月28日に行われたリーグ・アン第27節のブレスト戦では、見事な連携からゴールを決めている。 0-0のまま試合が終盤に入った76分、相手チームのゴールキックをモナコのDFがヘディングで跳ね返す。このボールを相手陣内左サイドでMFアレクサンドル・ゴロビンが相手との競り合いを制して収めると、中央のヨベティッチにパスを出し一気に攻勢に転じる。 パスを受けたヨベティッチは、素早い加速と相手DFの裏をかく進路へのドリブルで一気にペナルティーアーク手前まで侵入すると右足でミドルシュート。狙いすました鋭いシュートはゴール右下に決まり、見事な先制ゴールとなった。 ようやくリードを奪ったモナコは、終了間際にも追加点を奪い、2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="908" data-sg-movie-title="【一瞬で仕留める!】モナコが見せた切れ味抜群の速攻ゴール"></span> 2021.03.07 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

緻密なショートパスで相手を攻略!フランス王者PSGが見せたお手本のようなパス回し/2020-21【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆PSGが見せた見事なパス回し<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJMVNLaFFoWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2017年夏にモナコからPSGに加入したムバッペは、一気にスターダムを駆け上がり、世界屈指のFWへと成長。22歳にして世界最高の選手の1人と呼び声高い“神童”だ。 爆発的なスピードと抜群のテクニックを武器に1人で状況を打開する力を持っているムバッペだが、組織的な攻撃も得意としており、2021年2月27日に行われたリーグ・アン第27節のディジョン戦では、見事なパス回しから相手を攻略している。 2-0とPSGリードの51分、ボールを支配するPSGは、センターサークル付近でボールを持ったMFアンデル・エレーラが右サイドのMFユリアン・ドラクスラーにパス。相手からのプレッシャーをいなしながらドラクスラーが前線にポジション取りをしていたDFティロ・ケーラーにパスを通すと、ケーラーが中央のMFラフィーニャへパスする。 細かいパス回しに相手DFがマーク乱れ、ムバッペがフリーになると、ラフィーニャがすかさずラストパス。ボックス内のムバッペがゴール左下にシュートを沈め、見事な追加点となった。 このゴールで完全に試合を決めたPSGが終盤にも追加点を決め、4-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="902" data-sg-movie-title="【緻密なショートパスで相手を攻略!】フランス王者PSGが見せたお手本のようなパス回し"></span> 2021.03.06 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

王者シティが鮮やかなサイドアタックでウェストハムを攻略!/2016-17【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シティが見せた教科書のようなサイドアタック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ1bWp0dTJFTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールで若くしてブレイクしたスターリングは、2015年夏にシティに加入。名将ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で、ワールドクラスのプレイヤーへと進化を続けている。 爆発的なスピードを武器に攻撃陣を牽引するスターリングだが、2016年8月28日に行われたプレミアリーグ第3節のウェストハム戦では、見事な連携からゴールを決めている。 開始間もない7分、MFダビド・シルバがドリブルで相手陣内に切り込んでいくと、相手ディフェンスラインを引き付けたタイミングでボックス左のスペースに走り込んだFWノリートにスルーパス。ボックス内でこのパスを受けたノリートが、ダイレクトで中央に折り返すと、フリーで後方から走り込んだスターリングがしっかりとシュートを合わせ、いきなりの先制点を奪った。 このゴールで主導権を握ったシティは、終始試合を優勢に進め、3-1で快勝している。 <span data-sg-movie-id="886" data-sg-movie-title="【王者のサイドアタック】シティが鮮やかなサイドアタックでウェストハムを攻略!"></span> 2021.03.04 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スーパースター同士の阿吽の呼吸!ネイマールとの鮮やかな崩しにメッシも満面の笑み/2014-15【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆鮮やかな連携にメッシも笑顔をこぼす<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJreWRsVUtLaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ブラジルの名門サントスで、若くして天才的な活躍を見せていたネイマール。多くのビッグクラブの関心を集める中、2013年夏にバルセロナに加入した。 トリッキーなプレーで人気を博すスター選手としてバルセロナでの活躍を続けていたネイマールだが、2015年1月24日に行われたラ・リーガ第20節のエルチェ戦では、素晴らしい連携からゴールを決めている。 2-0とバルセロナリードの69分、ボックス左前でボールを受けたネイマールは、中央のFWリオネル・メッシにパス。すぐさま裏に走ると、それを見たメッシがダイレクトで浮き球のパスを裏へ送る。ネイマールの走路にピンポイントで入ったボールをボレーで合わせ、阿吽の呼吸から見事なゴールを決めた。 スーパースター同士の鮮やかな連携にメッシも満面の笑みをこぼした。なお、試合はバルセロナが6-0で大勝を収めている。 <span data-sg-movie-id="866" data-sg-movie-title="【スーパースター同士の阿吽の呼吸!】ネイマールとの鮮やかな崩しにメッシも満面の笑み"></span> 2021.03.01 16:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly