「ロニー、言葉がないし、信じられない」…メッシ、母亡くした元戦友に寄り添う

2021.02.22 18:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが元戦友を見舞った。その元戦友とは元ブラジル代表FWのロナウジーニョ氏だ。母親のドナ・ミゲリーナさんは昨年12月から新型コロナウイルスに感染して、ホームタウンであるポルト・アレグレの病院に入院していた。


そして、昨年12月にその旨を自身のSNSで明らかにした上で、全快を願ったロナウジーニョ氏だが、闘病もむなしく、20日に71歳で逝去した。

メッシはかつての戦友を襲った不幸を受け、21日に行われたラ・リーガ第24節のカディス戦(1-1のドロー)後に自身のインスタグラム(leomessi)を更新。追悼のメッセージを送っている。

「ロニー、言葉がないし、信じられない。あなたと全ての家族全員にたくさんの力と大きな抱擁を送りたい。お悔やみ申し上げます。彼女が安らかに眠れますように」
関連ニュース
thumb

こんな動き見たことない…!稀代のファンタジスタ、ロナウジーニョが決めた天才的発想とテクニック【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

【得点者プロフィール】 ロナウジーニョ(当時23歳) 国籍:ブラジル 所属:バルセロナ ポジション:FW 身長:181cm 母国クラブを経て、パリ・サンジェルマン(PSG)に加入し、一躍世界にその名を轟かせたロナウジーニョ氏。2003年夏にバルセロナに移籍すると、“銀河系軍団”の異名を取ったレアル・マドリーの陰に隠れ、低迷していたバルセロナを再び欧州の頂点まで導く活躍を見せた。 【試合詳細】 日程:2004年2月8日 大会:ラ・リーガ第23節 対戦相手:オサスナ 時間:後半32分(1-1) <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョが決めた圧巻のテクニカルボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2aFQ2OExFTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1-1と同点で迎えた77分、バルセロナがコーナーキックを得ると、こぼれ球を詰めた味方のシュートミスがゴール前にいたロナウジーニョに入る。ゴールに背を向け、DF2人に挟まれた状態でボールを持ったロナウジーニョだが、ファーストタッチでボールを浮かせると反転しながら空中に浮いたボールをボレーシュート。GKやDFに反応する隙を与える事無くシュートをゴール左に決めてしまった。 圧巻の勝ち越しゴールを決めたロナウジーニョ。試合は2-1としたバルセロナがこのまま勝利している。 2021.02.28 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「間違いなくタイトルレースにいる」 ピケがセビージャ撃破のチームに自信

バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケがチームの調子に自信を深めた。スペイン『マルカ』が報じている。 バルセロナは27日に行われたラ・リーガ第25節でセビージャと対戦。6連勝中だった4位セビージャとの一筋縄ではいかない試合だったが、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールにより、2-0の勝利で飾った。 これで2連勝。暫定ながらレアル・マドリーを抜いて2位に順位を上げ、首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差も「2」に縮めている。ピケは試合後、満足感を示している。 「今日の勝利は評価されるべきだ。僕らは素晴らしい試合をした。苦しい時期もあったが、今日は誇らしい。PSG戦、カディス戦、エルチェ戦の前半から立ち上がったんだ。エルチェ戦の後半も良い戦いができ、今日は僕らがまだ生きていること、才能があること、そして水曜日の試合で戦うことを示せたね」 スペイン人センターバックはまた、リーグでのタイトル争いついても問われると、チームの調子に自信をのぞかせつつ、信頼を強調した。 「間違いなくタイトルレースにいる。僕はチームがもっとひどいことになっているのを目にしてきた。この前の2試合はともかく、今年は信頼できる。自分たちのホームだったセビージャは枠内にシュートを打てず、明らかなチャンスさえも作れなかった。好ましい状況じゃないが、僕はチームを信頼している」 なお、67分に途中交代したピケはその理由について「小さなことだ。監督とは少しずつ負荷をかけていこうと話しているんだ。数カ月間も離脱した後だが、思った以上のプレーしている。練習も少ししかできていないからね。出続けられるのは大きな喜びで、今日の試合もすごく誇らしく思う」と述べた。 2021.02.28 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

まるで水切り!全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

【得点者プロフィール】 リバウド(当時26歳) 国籍:ブラジル 所属:バルセロナ ポジション:FW 身長:186cm “左足の魔術師”と称され、バルセロナで見事な活躍を見せたリバウド氏。1997-98、1998-99シーズンでのリーグ連覇に貢献し、1998-99シーズンにはバロンドールにも選ばれている。 【試合詳細】 日程:1999年4月4日 大会:ラ・リーガ第28節 対戦相手:オビエド 時間:前半23分(0-0) <div id="cws_ad">◆全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBUUpFUnM0MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた23分、バルセロナはチャンスを迎えると、FWアンデルソン・ダ・シウバがDFを引き付け、リバウドへと落とす。 ゴールまでは30m近くあったものの、リバウドはこれをダイレクトでシュート。振り抜いた左足から放たれたシュートは、地を這うようなグラウンダーのシュートとなり、瞬く間にゴール右へと突き刺さった。 このゴールで先制したバルセロナは、一度は同点に追いつかれるものの、2本のPKをリバウドが決め、リバウドのハットトリックの活躍で3-1の勝利を飾った。 2021.02.28 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサで飛躍のペドリ、左足下部筋を損傷…試合後に松葉杖姿

バルセロナのU-21スペイン代表MFペドリがケガを負ってしまった。 バルセロナは27日に行われたラ・リーガ第25節でセビージャと対戦。フランス代表FWウスマーヌ・デンベレとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールにより、2-0の勝利で飾った。 6連勝中だったセビージャをしっかりと叩いて、暫定2位に浮上したバルセロナだが、この試合に先発したペドリは71分にスペイン人MFイライクス・モリバとの交代でピッチを後にした。 クラブが試合後に公表したところによると、ペドリは左足下部の筋肉を損傷。明日の検査で程度がわかるというが、試合後のペドリは松葉杖姿が確認されており、軽傷で済まないかもしれない。 ラス・パルマスから加入したペドリはロナルド・クーマン新体制の今季に大きく飛躍。その今季はここまで公式戦37試合の出場で3得点4アシストの数字を収めている。  2021.02.28 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 0-2 バルセロナ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第25節、セビージャvsバルセロナが27日にサンチェス・ピスフアンで行われ、アウェイのバルセロナが0-2で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽セビージャ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210228_0_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 ブヌ 5.5 失点に責任なし。6戦ぶりの失点を喫したが、個人としてはシュートストップ、ハイボール処理と安定していた   DF 16 ヘスス・ナバス 5.5 前半はチーム全体のボールロストの多さも影響してか、なかなか高い位置に攻め上がって攻撃に絡めず。後半はウイングバックでプレーし、幾度か良い攻撃参加を見せた   12 クンデ 5.5 失点場面ではやや気の緩みが見受けられたが、それ以外の場面では機動力を生かしたプレーで奮闘。攻撃が停滞した中、幾度か持ち上がりで局面を変えようとするプレーも見受けられた   20 ジエゴ・カルロス 5.0 メッシを抑え込む好守を見せた一方、失点場面ではデンベレに出し抜かれて失点に関与。ケガかカードの影響か前半終了時に交代   (→レキク 5.0) 投入直後にいきなりカードをもらったことで、自ら難しい対応を増やした   18 エスクデロ 5.0 選手の配置上、守備面での負担が少なく高い位置を取りたかったが、チームが押し込まれたことで効果的な攻撃への絡みは少なかった   MF 8 ジョルダン 5.5 守備では普段通りハードワークをこなしたが、相手の守備の強度に苦戦して持ち味の展開力を生かせず   25 フェルナンド 5.0 前半はアンカー、後半は3バックの中央でプレー。デンベレにあっさりと入れ替わられるなど、疲労の影響かやや軽率なプレーが散見された   10 ラキティッチ 5.0 前半はトップ下でプレーもボールをうまく引き出せず。攻守両面で無理が利かなかった   (→オスカル 5.0) 運動量は見せたが、攻撃面で見せ場を作れず   FW 24 パプ・ゴメス 5.0 スタートは慣れない右サイドでプレーし、前半途中から左サイドに移ったが、簡単に相手の守備に潰されてほぼ消された   (→スソ 5.0) 中盤と前線の繋ぎ役を期待されたが、コンディションが万全ではないこともあり、覇気のないプレーに終始した   9 L・デ・ヨング 5.0 前線で起点役としての仕事が期待されたが、1トップ、2トップのいずれの局面でも相手守備にうまく封じ込まれた   (→オリベル・トーレス 5.0) プレーに積極的に関与したが、流れを好転させられず   11 ムニル 5.0 古巣対戦で局面の打開や背後を取る動きが期待されたが、その期待に全く応えられず   (→エン=ネシリ 5.0) 攻撃を活性化させる仕事を期待されたが、なかなか良い形でボールを受けられず   監督 ロペテギ 5.0 攻守両面で完敗。システム変更、選手交代も流れを変えるまでには至らなかった   ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210228_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 6.0 難しい対応はほぼなかったが、果敢な飛び出しや安定したビルドアップで勝利に貢献   DF 28 ミンゲサ 6.5 現状では最もプレーし易いメンバー構成、起用法で自身の得意とする出足鋭い潰しで相手の攻撃をうまく封じ込んだ   3 ピケ 6.5 最終ラインをきっちり統率し、後半半ばに退くまで攻守に安定したプレーを続けた   (→アラウホ -) 復帰戦で再負傷…   (→ユムティティ -)   15 ラングレ 6.5 オフサイドでゴールこそ決められなかったが、ここ最近難しい試合が続いた中で力強いパフォーマンスを見せた。エン=ネシリ相手の好対応など復調の兆し見せる   MF 2 デスト 6.5 ポスト直撃でゴールこそ逃したが、攻守両面で多くの仕事をこなして90分間走り切った。徐々に本来のコンディションを取り戻してきたか   21 F・デ・ヨング 7.0 攻守の切り替えを徹底した上、驚異的な運動量と共にプレー精度の高さが際立っていた   5 ブスケッツ 6.5 先制点の起点に。3バックの恩恵を受けてか、いつも以上にアグレッシブなプレーを見せて中盤を締めた   16 ペドリ 6.5 デ・ヨングと共に中盤の勝負を優位に導く好パフォーマンス。それだけに負傷の程度が気がかり   (→イライクス 6.0) プリメーラデビュー戦に続きゴールに関与。入りは硬かったが、時間を経るごとに攻撃面で才能の片りんを見せた   18 ジョルディ・アルバ 6.5 普段よりもバランス重視のプレーだったが、後半に2度の決定機に関与。守備ではヘスス・ナバスにうまく対応   FW 10 メッシ 7.5 1ゴール1アシストのエースの仕事を果たした。それ以上に守備面でのハードワークが勝利に繋がった   11 デンベレ 7.0 値千金の先制点を奪取。持ち味のスピードとテクニックを武器に相手最終ラインに脅威を与え続けた   (→ブラースヴァイト -)   監督 クーマン 6.5 若手2人の負傷は気がかりもシステム変更が嵌って対セビージャ初勝利。交代策もまずまず機能した   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メッシ(バルセロナ) ラ・リーガ6試合連発の決定力に加え、絶妙なパスや鮮やかな仕掛けでリーグ堅守の守備陣を凌駕した。さらに、ここ最近の不振の原因を自覚してか、課題の守備の貢献においてもチームを助けるハードワークを見せた。   セビージャ 0-2 バルセロナ 【バルセロナ】 デンベレ (前29) メッシ (後40) 2021.02.28 02:44 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly