コンテ監督がミラノ・ダービーに向け注意喚起「前回の騒動を忘れてはならない」

2021.02.21 17:43 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのアントニオ・コンテ監督が、ミランとのミラノ・ダービーに向けてコメントしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。21日のセリエA第23節でミランとのダービーに臨むインテル。前節にミランが敗れたことにより、ラツィオを下したインテルが首位に浮上。今回は近年稀な、両チームがトップ2という状況で激突することになった。


リーグ戦では1ポイント差でしのぎを削る両チームだが、先月にコッパ・イタリア準々決勝でも対戦。結果的にインテルが2-1で勝利したのだが、この試合ではFWロメル・ルカクとFWズラタン・イブラヒモビッチが衝突。イブラヒモビッチがルカクに侮辱ワードを発したことがきっかけだった。

両選手にはその後、それぞれに1試合の出場停止処分が下される結果となったが、コンテ監督は前回対戦を踏まえた上で、スポーツ面において素晴らしい試合をしなければならないと話した。

「2つのチームが互いに相手を上回ろうとする試合になるだろう。素晴らしいレフェリーが試合を捌いてくれることになったね」

「我々はあの騒動を忘れてはいけない。たとえこのようなビッグマッチであったとしてもね。何よりもまずスポーツなのだ。しかし私も、あの雰囲気でテンションがどうなるか予想できないがね」

コッパ・イタリアでは勝利したものの、イブラヒモビッチに得点を許していたインテル。指揮官は相手のエースに対してチームで対抗する策を練っているようだ。

「チームとして働き、エラーを減らすことで脅威を無力化する。イブラヒモビッチはトッププレイヤーで、今季はすでに我々に対して得点を奪っている。だからといって彼がまた得点するとは限らないよ」
関連ニュース
thumb

伊サッカー協会、ユーベ、ミラン、インテルへの処分はなし「実現していない計画を罰することはできない」

イタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が、欧州スーパーリーグ構想への参加を表明していたユベントス、ミラン、インテルに対する制裁はできないと話している。『TRANSFER market WEB』が伝えた。 18日に12クラブが一斉に参加を表明し、明るみになったESL構想。これまでのサッカー界を覆す世紀の大計画だったが、ファンやサポーター、選手や多くの有識者からの反発を受け、プレミアリーグのクラブを筆頭に次々と離脱。21日には、イタリア勢3クラブもほぼ時を同じくして、白紙に戻すことを発表していた。 これほど早く瓦解した理由の一つに、セリエAをはじめとした各国リーグやサッカー協会が、参加クラブをリーグから除名する意思を示していたことが挙げられる。FIFAやUEFAもまた、ワールドカップやチャンピオンズリーグなどの管轄下にある国際大会への参加を拒否する旨のコメントを発しており、クラブだけでなく選手にまで影響が及ぶ恐れがあった。 ほとんどのクラブが離脱を表明したが、一度は裏切ったことへの罰を与えるべきという意見もあり、今後の展開が注目されている。その中でグラビナ会長は「実現していないアイデアに対して制裁を受けることはできない」とし、上記3クラブへの処分は検討していないことを伝えた。 「我々はサッカー界の価値観とルールの境界を強く守ってきた。すべてが正常に戻ったように見えるが、何かが上手くいっていないという事実に向き合わなければならない」 「これは刺激になる。今後さらなる脱退を防ぐため、改善策や提案が必要だ」 「3クラブの上層部との会議は予定されていない。月曜日には連邦評議会が開かれるが、裁判や処罰といった議題はない。実現していないアイデアに制裁を加えることはできない。将来的に、法令に反するプロジェクトが実現した場合は、司法機関が評価することになるだろう」 2021.04.22 18:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ESLにコンテ監督も言及「UEFAは利益分配を再考すべき」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、波乱を巻き起こした欧州スーパーリーグ(ESL)構想に言及している。『フットボール・イタリア』がコメントを伝えた。 18日にインテルを含む12クラブが一斉に参加を表明したことで表面化したESL。しかし、それらのクラブのファンやサポーターを中心に、選手や関係者などから批判の声が相次ぎ、発表からわずか2日後に半数を占めていたプレミアリーグの6クラブが挙って脱退を決定。それに追随するように、インテルも21日に辞退する旨の声明を公表していた。 22日現在で、ESLに参画しているクラブはレアル・マドリーとバルセロナのみ。サッカー界を揺るがした世紀の大計画にコンテ監督も言及。反対の意を示したうえで、UEFAに対して権利などの再考を促した。 「必然的に飛び込んでくる全てのニュースを耳にしたよ。スポーツに関わる一人の人間として、私は決して伝統を忘れてはならないと思っている。これは畏敬されるべき歴史なのだ」 「スポーツへの情熱を忘れてはいけない。何よりも、スポーツは実力主義でなければならない。我々は勝つために、そして何かを得るために戦うのだ。実力主義は常に何よりも優先されるべきものだ」 「とはいえ、今回起きたことは全て、UEFAという組織を正しく反映したものでもある。彼らは大会を支配し、すべての権利を奪ったうえで、その最小限の部分しかクラブに還元しない」 「選手たちは、レモンのようにぎゅうぎゅうに詰め込まれた試合日程の中でほとんど何も得られない。組織はより適した報酬を考慮する必要がある。監督や選手に投資しているのはクラブなのだから、より多くの収益のを受け取るべきだ」 「例えば“10”得たとして、その内の“7”を自分たちの懐に収め、残りの“3”だけを分配するなんて本当にフェアじゃない。私はこの配分を再考すべきだと考えている」 2021.04.22 15:27 Thu
twitterfacebook
thumb

2戦連続ドローもインテル、スクデットへまた一歩前進《セリエA》

インテルは21日、セリエA第32節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節ナポリ戦では守護神ハンダノビッチのミスで連勝が11で止まった首位インテル(勝ち点75)は、残り7試合で4勝すればミランの結果に関係なく11年ぶりスクデットとなる中、ルカクとラウタロの2トップで臨んだ。 14位スペツィア(勝ち点32)に対し、慎重な入りを見せたインテルだったが、12分に失点する。ボックス手前左からファリアスに打たれたミドルシュートでGKハンダノビッチを破られた。 失点したインテルは21分、右CKからシュクリニアルのヘディングシュートでゴールに迫れば、直後にはラウタロがボックス手前左からコントロールシュートでゴールに近づいた。 前半半ば以降、押し込む時間を増やしていたインテルは39分に追いつく。浮き球パスでボックス右に抜け出したハキミの右クロスにファーサイドのペリシッチが合わせた。 1-1で迎えた後半、開始4分にボックス右に抜け出したラウタロがGK強襲のシュートを浴びせたインテルだったが、その後は攻めあぐねてしまう。 そんな中、69分にビッグチャンス。バックパスをカットしたルカクが独走してゴールへ突進。しかし、ボックス内でGKを抜きにかかったところで止められた。 さらに80分、ラウタロのミドルシュートが右ポストに直撃したインテルは終盤にかけて猛攻に出る。85分にはルカクが、87分にはラウタロがそれぞれネットを揺らす場面があったが、いずれもわずかにオフサイドがあってゴールとはならず。 格下スペツィアに引き分けたインテルだが、2位ミランが今節敗れたため、スクデットへまた一歩近づく結果となっている。 2021.04.22 05:52 Thu
twitterfacebook
thumb

今季限りでインテル退団濃厚のアシュリー・ヤングに古巣ワトフォードが興味か

チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードが、インテルに所属する元イングランド代表DFアシュリー・ヤング(35)の獲得に動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 1995年にワトフォードのアカデミーに入団したヤングは、2003年にトップチームに昇格。その後、アストン・ビラやマンチェスター・ユナイテッドでのプレーを経て、2020年1月にインテルに移籍。 インテルでは公式戦55試合に出場し4ゴール8アシストを記録。昨夏に1年延長オプションが行使され、今季もここまで公式戦30試合に出場しているが、ヤングはシーズン終了後の退団を望んでいるようだ。 そんな中『デイリー・メール』によれば、今季限りでフリーとなるヤングには、古巣のワトフォードが獲得に動いている模様。なお、ヤングも過去に「ワトフォードで現役を退くチャンスがあるのなら、僕はそれに飛びつくだろうね」と発言しており、14年半ぶりの古巣復帰が実現するのか注目が集まる。 2021.04.22 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルがESL構想からの脱退を発表!残るは4クラブのみに

インテルは21日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想から撤退することを発表した。 18日に12クラブが一斉に参加を表明し、その詳細が明るみとなったESL構想。チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして計画されたが、様々な方面からの批判が相次ぎ、20日にプレミアリーグの6クラブが挙って白紙に戻していた。 そして、これに追随するように、インテルも参加辞退を公表。その旨の声明文を公式サイトで掲載した。 「インテルは、当クラブがスーパーリーグプロジェクトに参加しないことを確認します。我々は常にファンへ最高のサッカー体験を提供することを心がけています」 「イノベーションとインクルージョンは、創業以来我々のDNAの一部です。すべてのステークホルダーに対して、サッカー業界をより良くするために尽力する姿勢は変わりません」 「インテルは、サッカーも他の産業と同様に、経済的に持続可能な枠組みの中で、世界中のあらゆる年齢層のファンを興奮させ続けるために、常に競技を向上させることに関心を持つべきだと考えています」 「このビジョンのもと、我々は、すべての人が愛するスポーツの未来のために、組織やすべてのステークホルダーと協力していきます」 なお、この発表と同時刻にアトレティコ・マドリーもESL構想からの脱退を公表しており、これでESL構想に参画しているクラブは、レアル・マドリー、バルセロナ、ユベントス、ミランの4クラブのみとなった。 2021.04.21 19:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly