磐田、前田遼一氏の引退セレモニーをホーム開幕戦で実施

2021.02.19 16:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジュビロ磐田は19日、元日本代表FW前田遼一氏の現役引退セレモニー実施を発表した。

昨季終了後にFC岐阜で現役を退いた前田氏は2000年に暁星高校からジュビロ磐田に入団。FC東京に移る2015年まで磐田に籍を置いた名ストライカーで、J1リーグ通算歴代5位の154得点を誇り、今季から磐田のU-18コーチとして指導者に転身した。

そんなレジェンドの功績を称えるべく、磐田は来月6日のホーム開幕戦となる明治安田生命J2リーグ第2節のFC町田ゼルビア戦後、引退セレモニーを実施。引退記念Tシャツ製作、販売して、その売上全額を前田氏に贈呈するという。

関連ニュース
thumb

「ぶーちゃんって呼んで」群馬が磐田DF大武峻を期限付き移籍で獲得

ザスパクサツ群馬は25日、ジュビロ磐田のDF大武峻(28)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。磐田との全ての公式戦に出場できない。なお、背番号は「40」となる。 大武は筑陽学園高校から福岡大学を経て2015年に名古屋グランパスへと入団。2017年途中から新潟でプレーしていた。 新潟では明治安田生命J1リーグで9試合、J2リーグで57試合に出場し4得点を記録。2020年から磐田でプレーしていた。 磐田ではJ2で8試合に出場。今シーズンは天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 群馬は大武について「打点の高いヘディングと対人の強さを兼ね備える大型センターバック。統率力があり、明るいキャラクターとリーダシップに期待」と特徴を紹介している。大武は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「ザスパクサツ群馬サポーターの皆さんこんにちは!この度、ジュビロ磐田から加入することになりました大武峻です。ぶーちゃんって呼んでください!」 「チームの目標達成のために、全てを捧げる覚悟で来ました!よろしくお願いします!」 ◆ジュビロ磐田 「この度、ザスパクサツ群馬に期限付き移籍することになりました。ジュビロ磐田に加入して約1年半、なかなかチームの力になることができずに申し訳ない思いでいっぱいです。今年はチームが8連勝や連続無失点などを達成してJ1昇格争いをしている中、チームの結果は嬉しいのと同時に、その中に自分が加わっていると感じることができずに、自分自身が不甲斐なく悔しい思いでした」 「しかし、試合に出場することはなかなかできませんでしたが、チームには素晴らしい選手達がたくさんいて、普段の練習からでも多くのものを得ることができ、ジュビロ磐田に移籍したことに後悔は全くありません」 「できることなら、ジュビロに残ってもっと活躍したかったですが、今の自分を客観的に見たときに、より自分を必要としてくれる場所で新たなチャレンジをする方がもっと成長できると思い、今回の移籍の決断にいたりました」 「2019年12月にオファーをくれて、今回もチームが昇格争いをしている中で移籍を承諾してくれた、フロントスタッフの方々には本当に感謝しかありません。そして、こんな自分を快く受け入れてくれて、温かい応援をしてくれたジュビロサポーターの皆さんにも、本当に感謝の気持ちしかありません。このような形での報告になり、直接挨拶ができずに申し訳ないです。新型コロナウイルスの影響で、サポーターの皆さんと触れ合う機会が限られていたのが本当に残念ですし、もっと磐田の街や浜松の街を満喫したかったです」 「僕が移籍した後も、「赤い髪とか青い髪にしていたやつがいたな」と記憶の片隅に残ってくれたら幸いです。笑」 「最後になりますが、今年ジュビロ磐田がJ1昇格することを願っていますし、できると信じています」 「僕はジュビロで得たものを新天地で活かして、また頑張っていきたいと思います!約1年半という期間でしたが、僕に関わってくれた全ての皆さん、本当にありがとうございました!」 2021.07.25 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF高野遼がJ1昇格目指す磐田へ完全移籍「磐田でも自分らしくプレーしていきたい」

ジュビロ磐田は22日、横浜F・マリノスのDF高野遼(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「39」を付ける。 高野は横浜FMのユース出身で、日本体育大学への進学を経て、2017年に横浜FMへと入団。2015年は湘南ベルマーレ、2016年は横浜FMの特別指定選手でもあった。 2017年途中から1年半はヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍。2019年に横浜FMへと復帰すると、左サイドバックだけでなくウイングなどでも起用された。 横浜FMではJ1で27試合に出場。昨シーズンはAFCチャンピオンズリーグでも4試合に出場していた。なお、今シーズンは明治安田J1で9試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で1試合に出場していた。 高野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ジュビロ磐田 「この度、ジュビロ磐田に加入することになりました高野遼です。歴史と伝統あるチームに入れたことを嬉しく思います。J1昇格にむけて自分の力を最大限チームに捧げたいと思います」 ◆横浜F・マリノス 「F・マリノスでは、アカデミー時代を含めるとたくさんの時間を過ごしました。嬉しいことも辛いことも振り返るときりがないですが、F・マリノスの一員として、ここまでプレーできたのはクラブに関わるすべての方々のおかげです」 「個人的にはF・マリノスへもっともっと貢献したかったですが、1人のサッカー選手として、大好きなチームから新たな場所で挑戦することを選びました。磐田でも、自分らしくプレーしていきたいと思っています。今まで本当にありがとうございました」 なお、磐田は横浜FMからDF伊藤槙人も期限付き移籍で獲得していた。 2021.07.22 10:43 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す磐田、横浜FMのDF伊藤槙人を期限付きで獲得「小さい頃からの夢でした!」

ジュビロ磐田は21日、横浜F・マリノスからDF伊藤槙人(28)を期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「6」となる。 伊藤は静岡県出身で浜名高校から駒澤大学へと進学。2015年にジェフユナイテッド千葉へ入団するも1年で契約満了。2015年に水戸ホーリーホックへと完全移籍する。 2017年7月に藤枝MYFCに期限付き移籍で加入。2019年夏に横浜FMへと完全移籍で加入した。 横浜FMではJ1で22試合に出場。今シーズンはYBCルヴァンカップで6試合に出場もリーグ戦の出場はなかった。 伊藤はクラブを通じてコメントしている。 ◆ジュビロ磐田 「横浜F・マリノスから来ました伊藤槙人です。小さい頃からこのサックスブルーのユニフォームを着ることが夢でした!このチームはJ1にいなければいけないチームだと思います!J1昇格のために全力で戦います! よろしくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「このたび、ジュビロ磐田に期限付き移籍することになりました。すごく悩みましたが、試合に出たい思いが強くこの決断をしました。横浜F・マリノスではリーグ優勝、ACL出場と様々な経験をする事ができ、感謝でいっぱいの2年間でした」 「このチームメイト、スタッフ、サポーターに出会えて本当に良かったです!ありがとうございました。 来年、J1に昇格させられるように頑張ってきます!」 2021.07.21 10:28 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す磐田、静岡のライバル清水からMF金子翔太を期限付きで獲得「熱烈なオファーをくださった」

ジュビロ磐田は14日、清水エスパルスのMF金子翔太(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「40」となる。 金子はJFAアカデミー福島から2014年に加入。2015年には栃木SCへ期限付き移籍を経験。その後は清水でレギュラーとしてプレーした。 しかし、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が就任した今シーズンはここまで明治安田J1で5試合の出場に留まり、YBCルヴァンカップで7試合1得点、天皇杯で1試合出場とカップ戦要因となっていた。 金子は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ジュビロ磐田 「清水エスパルスから、期限付き移籍で加入することになりました金子 翔太です。シーズン途中にもかかわらず、熱烈なオファーをくださったジュビロ磐田にとても感謝しています」 「その期待に必ず応えるため、日々の練習、残りの試合で全力を尽くすことをお約束します。ジュビロ磐田のJ2優勝、J1昇格に貢献できるよう、自分の全てを捧げたいと思います!応援よろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「このたび、ジュビロ磐田に期限付き移籍することになりました。4チーム降格というイレギュラーなシーズンの中、移籍を承諾してくださったクラブにとても感謝しています」 「今シーズン、なかなかチームに貢献できず、皆さんの期待に応えられなかったこと、自分の力不足を痛感しています。試合に出場した際には愛のある声援で背中を押し、試合に出ていなくても、30番のグッズを身につけ、応援してくださっていたサポーターの姿に心を震わされました」 「皆さんの今までの声援は、僕の脳裏に焼き付き、全身に伝わっていて、今後の活力、エネルギーとして残り続けます!チームは変わりますが、少しでも気にかけていただけたら嬉しいです。エスパルスの幸運を誰よりも願っています」 2021.07.14 12:11 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田FW吉長真優が右大腿二頭筋肉離れで全治約3カ月

ジュビロ磐田は12日、FW吉長真優の負傷を発表した。 クラブの発表によると、吉長は7日に行われた天皇杯3回戦のHonda FC戦で負傷したとのことだ。 吉長は浜松市内の医療機関で検査。右大腿二頭筋肉離れと診断され、全治は約3カ月とのことだ。 吉長は 成立学園高校から2020年に磐田に入団。昨シーズンは明治安田J2で5試合に出場。今シーズンはリーグ戦の出場はなく、Honda FC戦が初出場だった。 2021.07.12 10:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly