1stレグまさかの4失点に怒り心頭のレバークーゼン指揮官「アマチュアのような守備だ」

2021.02.19 16:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンのピーター・ボス監督が不甲斐ないチームへの怒りを隠さなかった。ドイツ『キッカー』が伝えている。

18日に行われたヨーロッパリーグ(EL) ラウンド32・1stレグでヤング・ボーイズと対戦したレバークーゼン。先週末のリーグ戦にて終了間際の2失点で勝ちを逃したチームはこの日も守備が乱れ、前半だけで3失点を喫すると、一度は追い付いたものの、またも終了間際に失点して3-4のスコアで敗れた。

この結果、3つのアウェイゴールこそ奪ったものの、2ndレグでは勝利が必須の状況となっている。格下とされる相手に4失点で敗戦したことについて、ボス監督は試合後怒りを隠さなかった。
「我々はアマチュアのような守備で2点を失った。そして、ハーフタイム前にまたもや失点。これはあってはならないことだ。我々は今日、(先週末のマインツ戦より)もっと悪いプレーが可能であると示した」

「前半の低調さについては説明できない。私の準備が良くなかったのだろう。私の責任、私のミスだ。意図がチームに伝わらなかった。そうでなければ、ここまで悪いスタートを切ることなどできない」

「我々はこの試合で選手を入れ替えているが、私の考えとしては今日のようなパフォーマンスとは何の関係もない。試合に入るため、ハーフタイムで選手交代をしなければならなかった。そこでようやく、我々は試合に参加できたと思う」

「もちろん今のチームを心配している。こんなパフォーマンスでは勝利など望めない。私は常にポゼッションを志している。しかし、あのような守備、あのようなボールロスト、あのようなポジショニングで試合に入っていては、決して勝利など望めないだろう」

チームを酷評したボス監督だが、後半のパフォーマンスについては好印象を抱いているとコメント。ここからの改善を誓っている。

「ハーフタイムに変更を加えてから、選手たちは違った表情を見せてくれた。すべてが素晴らしかったわけではないが、より良いプレーはできたと思う。だが、好調だった時期はもっといいプレーができていた。すぐにまた、2週間前のシュツットガルト戦のような良いパフォーマンスを発揮できるようになるだろう」

関連ニュース
thumb

レバークーゼンにレンタル中のハドソン=オドイ、今夏のチェルシー復帰を決断か

レバークーゼンにレンタル中のイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(22)が、今夏のチェルシー復帰を決断したようだ。 チェルシーの下部組織出身であるハドソン=オドイ。2019年1月にファーストチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦126試合に出場し16ゴール22アシストの成績を残し、チャンピオンズリーグ(CL)やクラブ・ワールドカップ(CWC)優勝も経験した。 一方で、前指揮官トーマス・トゥヘルの下では出場機会が限られていたこともあり、昨夏の移籍市場でレバークーゼンにレンタル移籍。新天地ではここまで公式戦17試合に出場しているが、ブンデスリーガでの先発は6試合とポジションを掴むまでには至っていない。 こうした扱いもあり、ドイツ『スカイ』によるとハドソン=オドイがシーズン終了後もレバークーゼンにとどまる可能性は低い模様だ。選手はロンドンへの帰還を熱望しており、レバークーゼンとの間で完全移籍やレンタル延長などの話し合いはないという。 ただし、チェルシーは今冬の移籍市場でFWジョアン・フェリックス、FWミハイロ・ムドリク、FWノニ・マドゥエケら前線の選手を数多く獲得。今後ハドソン=オドイがレバークーゼンで印象的なパフォーマンスを示さない限り、たとえ今夏にチェルシーへ復帰したとしても売却される可能性が高まっている。 2023.02.02 16:04 Thu
twitterfacebook
thumb

デンマーク期待の17歳セルトデミル、レバークーゼン加入1年半で古巣に出戻り

レバークーゼンは31日、U-19デンマーク代表MFジダン・セルトデミル(17)がノアシェランへ完全移籍すると発表した。 セルトデミルはトルコにルーツを持つデンマーク期待の若手セントラルハーフ。ノアシェランの下部組織出身で、2021年夏に移籍金250万ユーロ(約3億5000万円)でレバークーゼンへ移籍していた。 レバークーゼンでは加入当初からトップチームに帯同するも、チャンスはなかなか訪れず。昨季はブンデスリーガ3試合に途中出場したが、計15分間のみ。今季は一度も出番がなく、U-19チームを主戦場にしていた。 ノアシェランのスポーツ・ディレクターを務めるヤン・ローセン氏は下部組織育ちのセルトデミル復帰にあたり、「常に連絡を取り合ってきた。彼が復帰を望んだ時にいつでも迎え入れられるよう準備してきた」と、公式サイトで喜びを語っている。 デンマークメディアによると、セルトデミルはノアシェランと3年契約を結んだとのことだ。 2023.01.31 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、ドイツ代表DFヨナタン・ター獲得は断念

ノッティンガム・フォレストはレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(26)獲得を断念したようだ。イギリス『90min』が伝える。 昨夏の大量21選手補強に続き、今冬も3選手を補強しているフォレスト。今冬の移籍市場は残りわずかな時間を残すのみとなったが、現在でもコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)獲得に向け、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中だと伝えられる。 一方、同時並行で進めていたレバークーゼンのター獲得は断念した模様。ターは今季のブンデスリーガでここまでの全18試合、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージの全6試合に出場する替えの利かない存在で、シャビ・アロンソ監督がチームの弱体化を懸念したという。 現役ドイツ代表センターバックは断念した格好のフォレストだが、経験豊富なベテランDFの獲得は近いとも。アトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)の獲得が濃厚とされ、フェリペとともにニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の獲得も近づいているとされている。 2023.01.30 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

3連勝で4位浮上にドルトムント指揮官は歓喜 「自信に満ちたパフォーマンスを示せた」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が白星を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは29日に行われたブンデスリーガ第18節でレバークーゼンと対戦した。リーグ再開後2連勝と好調のチームは立ち上がりから守勢に回りながらも33分にFWカリム・アデイェミのブンデスリーガ初ゴールで先制。53分にはオウンゴールで追加点を挙げると、その後は集中した守備で最後までリードを守り抜き、2-0で勝利した。 リーグ戦3連勝を飾り4位に浮上したテルジッチ監督は試合後にチームのパフォーマンスを称賛し、この調子を続けていきたいと述べている。 「結果だけでなく、パフォーマンスにも非常に満足だ。序盤は非常にオープンな展開となり、予想通りの激しいゲームとなった。そこで我々は成熟し、自信に満ちたパフォーマンスを示せたと思う。勝利に値する形で、ピッチを去ることができたね。今日はとても満足しているが、まだまだ先は長い」 「レバークーゼンがどのように試合を始めるかは、メンバー表を見た時点ではよくわからなかった。我々としてはテンポ良くやろうと決めて、小柄で速い選手を多くピッチに立たせたよ。その後、システムを相手に適応させ、15分以降に主導権を握り、当然のようにリードを奪えた」 「勝利の後に順位表を見るのは、いつだって楽しい。リーグ戦での状況は改善されたと思う。我々にとって重要な場所との差は縮まり、レバークーゼンとの差は広がった。あとは、次のステップに進む準備ができているかだ」 また、テルジッチ監督は記念すべきリーグ戦初ゴールのアデイェミに言及。ゴール以外のプレーにも称賛の言葉を送っている。 「今日、彼はブンデスリーガ初ゴールを決めた。第1節のレバークーゼン戦でも、惜しいシーンはあったのだ。レバークーゼンは我々にとっての左サイドを経由してカウンターを仕掛けるのが得意だとわかっていた。だから、我々はカリムのスピードで対抗したかったのだ。今日の彼のプレーには、とても満足している」 2023.01.30 13:32 Mon
twitterfacebook
thumb

アデイェミがブンデス初弾、ドルトムントがレバークーゼン下して再開後3連勝《ブンデスリーガ》

ドルトムントは29日、ブンデスリーガ第18節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 前節マインツ戦をレイナの後半追加タイム弾で劇的勝利とした5位ドルトムント(勝ち点31)は、アラーが先発。アデイェミ、ブラントと共に3トップを形成した。 ドルトムント同様、再開後連勝スタートの8位レバークーゼン(勝ち点24)に対し、守勢の入りとなったドルトムントは16分にピンチ。 ヴィルツのスルーパスでボックス右に侵入したディアビに枠内シュートを打たれたが、GKコベルが好守で凌いだ。 その後も守勢のドルトムントだったが、33分に先制する。ヴォルフのインターセプトを起点に、ブラントとベリンガムの連係で右サイドを突破。ブラントのクロスをアラーがスルーし、最後はアデイェミが蹴り込んだ。 アデイェミのブンデス初ゴールで先手を取ったドルトムントは、ハーフタイムにかけてはボールを動かしながら時間を進め、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始3分のディアビの枠内シュートをGKコベルが防いだドルトムントは53分に追加点。ベリンガムが右サイドへ展開したプレーから、ヴォルフがクロスを入れるとタプソバのオウンゴールを誘った。 2点をリードしたドルトムントはアラーをお役御免としモデストを投入。自陣に引きながらレバークーゼンの攻撃を受け止めにかかった。 そして76分のピンチではディアビのシュートをGKコベルが好守で凌ぐと、終盤にかけてもレバークーゼンの攻勢を受け止めてシャットアウト勝利。ドルトムントが再開後3連勝としている。 2023.01.30 03:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly