「どういう筋肉?」“フィジカルお化け”スペイン代表FWのえげつない筋肉に英注目

2021.02.17 12:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカー選手らしからぬ筋骨隆々な体格で人気を誇るウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレだが、またもその筋肉が話題となった。

イギリス『デイリー・スター』が注目したのは、トラオレのふくらはぎの筋肉だ。トラオレは14日に行われたプレミアリーグ第24節のサウサンプトン戦にフル出場していたが、その試合中にトラオレのヒザから下を後ろから写真が撮影されると、その画像がSNSで拡散された。


トラオレのふくらはぎは、尋常じゃなく発達したヒラメ筋や、それを覆う腓腹筋がクッキリと見て分かるくらい盛り上がっており、見事なカットを見せていた。

これには、ウルブスサポーター以外からも「こんな筋肉見たことない」「ハルクだ」「どういう筋肉?」と余りの力強さに驚く声が多く挙がっている。

見事な筋肉美を持つトラオレは、過去のインタビューでは「ウエイトトレーニングはやっていないよ。皆がそれを信じないことは分かっているけど、それは本当だ」と語っている。

スピードも持ち合わせ、馬力あふれるドリブル突破を得意とするトラオレだが、今シーズンはここまでリーグ戦23試合で0ゴール1アシストとやや物足りない数字に終わっている。その突破力は今でも健在なだけに、ゴールに直結するプレーを増やしていきたいところだ。

◆トラオレのカーフがえげつない


関連ニュース
thumb

頭蓋骨骨折のヒメネスが一部練習に復帰

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが18日、一部練習に復帰したようだ。チームを率いるヌーノ・エスピリト・サント監督が明かしている。 ヒメネスは昨年11月のアーセナル戦でDFダビド・ルイスと頭部を強打し、頭蓋骨骨折の重傷を負った。大ケガを負った中、慎重に復帰を目指しているヒメネスの様子についてヌーノ監督は以下のように述べている。 「彼はトレーニングに参加し幾つかのメニューをこなすことができた。状況は良くなっているし、うまく行っている。とはいえ、我々はプロトコルに従って注意深くある必要がある」 「今後は彼のコンディションを上げつつ、脳外科医と連携を取りながら忍耐強く復帰に向けて取り組んでいく。正しい方向に進んでいると思う」 2021.02.19 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

南野2戦連続スタメンのセインツが泥沼の6連敗…後半失速でウルブスに逆転負け《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第24節、サウサンプトンvsウォルバーハンプトンが14日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのウルブスが1-2で逆転勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は先発出場し62分までプレーした。 現在、12位のセインツ(勝ち点29)は前節、スタメンでのデビューとなった南野に加入後初ゴールが生まれるも、ニューカッスルに2-3で競り負けて泥沼のリーグ5連敗となった。 連敗ストップを目指す今節は3日前にFAカップで2-0の勝利を収めた14位のウルブス(勝ち点27)と対戦した。そのFAカップを登録外で欠場した南野だが、今回の一戦では左サイドハーフで2試合連続のスタメンを飾った。 球際の勝負を強調するチーム同士の一戦は立ち上がりから拮抗した展開となる。その中で南野は10分、最後尾のヴェステルゴーアからの縦パスを受け、一度味方に預けてからボックス左で受け直してフィニッシュまで持ち込むが、ここは最初にボールを受けた場面でオフサイドとなった。 以降はホームのセインツが切り替えの鋭さで勝って優位に試合を進めていく。19分にはイングスとレドモンドのコンビでボックス内までボールを運び、レドモンドがボックス左45度から右足のコントロールシュートをファーポストへ飛ばすが、ここはGKルイ・パトリシオのビッグセーブに阻まれる。 それでも、良い流れを継続するセインツは25分、左サイドに流れたアームストロングがDF2枚を縦への仕掛けで抜き去ってゴールライン際から正確なクロスを入れると、ゴール前でフリーとなったイングスが見事な右足ボレーでゴールネットへ叩き込んだ。 良い時間帯にリードを手にしたホームチームは攻守両面で粗さが目立つウルブスを相手にその後も危なげなくゲームをコントロール。37分には右に流れたイングスからゴール前のレドモンドに決定的なクロスが通るも、レドモンドは右足のボレーをうまくミートできず。前半のうちに2点目を奪い切るまでには至らなかった。 すると、後半は前半と打って変わって攻守両面で強度を高めたウルブスのペースで試合が進んでいく。そして、52分には右サイドでネウソン・セメドが上げたクロスがボックス内のDFバートランドの上げた手に当たってPKが与えられる。これをキッカーのネヴェスが決めて53分の同点ゴールとした。 ここから反発力が試されるサウサンプトンだが、以降もアウェイチームの攻勢に晒される苦しい状況が続く。そして、62分には南野がベンチに下げられてジェネポがピッチに送り込まれた。 だが、66分には自陣でのクリアをウルブスに回収されて繋がれると、ボックス右で仕掛けたペドロ・ネトの深い切り返しにDFヴェステルゴーアが付いていけず、ゴール右角度のないところから見事な左足のシュートをファーのサイドネットに突き刺され、逆転まで持っていかれた。 何とか追いつきたいセインツは切り札のアダムスをピッチへ送り出す。79分にはウォード=プラウズのミドルシュートに反応したアダムスがこぼれ球のタップインを試みるも、ここはオフサイドの判定。さらに84分にはレドモンドの右クロスに再びゴール前のアダムスがダイビングヘッドで合わすが、これはわずかに枠の右へ外れた。 その後はうまく交代枠を使って時計を進めたウルブスがこのまま逃げ切り、敵地で1-2の逆転勝利を飾った。一方、セインツは泥沼の6連敗となった。 2021.02.14 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブスに完勝のセインツが4年ぶりの準々決勝進出!南野は大会規定により出場できず《FAカップ》

FAカップ5回戦のウォルバーハンプトンvsサウサンプトンが11日に行われ、0-2でサウサンプトンが勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実はベンチ外となった。 4回戦でナショナルリーグ・ノース(イングランド6部)のチョーリーFCを下したウルブスは、ゴールレスドローに終わった直近のレスター・シティ戦からスタメンを6人変更。アダマ・トラオレやペドロ・ネト、ウィリアン・ジョゼ、GKパトリシオらに代えてファビオ・シウバ、ギブス=ホワイト、ヴィティーニャ、GKラディらがスタメンで起用された。 一方、4回戦で前回王者アーセナルに勝利したサウサンプトンは、惜敗した直近のニューカッスル戦からスタメンを5人変更。ニューカッスル戦で初ゴールを挙げた南野は、リバプール時代に出場していたために大会規定により起用できず、招集外となった。 今週末のリーグ戦でも対戦する両者の一戦は、前から圧力をかけたサウサンプトンが押し込む入りを見せると、7分にショートコーナーの戻しを受けたレドモンドの折り返しからアームストロングがシュートを放ったが、これはGKラディのセーブに防がれた。 さらにサウサンプトンは、18分にアームストロング、21分にはジェネポがゴールに迫ったが、共にシュートは相手DFの体を張ったブロックに阻まれた。 その後は膠着状態に陥った中、サウサンプトンは41分にチャンス。バートランドの左クロスをファーサイドでフリーでレドモンドが合わせたが、このシュートはGKラディの正面を突いてしまった。 ゴールレスで迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。サウサンプトンは49分、バートランドがボックス左へ走り込むイングスにスルーパスを通すと、イングスがGKとの一対一を制してゴールネットを揺らす。一度はオフサイド判定で取り消されそうになったが、VARの末にオンサイドとなりゴールが認められた。 先制を許したウルブスは54分、敵陣でのハイプレスでボールをパスカットしたフーフェルがボックス右横まで持ち上がり折り返すと、走り込んだファビオ・シウバが合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 その後、ウルブスは63分にファビオ・シウバとギブス=ホワイトを下げてウィリアン・ジョゼとアダマ・トラオレを、69分にヴィティーニャを下げてペドロ・ネトを投入。すると79分、ネヴェスのパスで左サイドを抜け出したペドロ・ネトのクロスからファーサイドのアダマ・トラオレが決定機を迎えたが、シュートはGKフォースターのファインセーブに防がれた。 ピンチを凌いだサウサンプトンは、90分に相手GKのパスミスをゴールエリア左横でカットしたテラがシュート。一度はGKラディに弾かれたが、こぼれ球を再び拾ったテラの落としからアームストロングがコントロールショットをゴール右隅に突き刺した。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。敵地でウルブスを下したサウサンプトンが4年ぶりの準々決勝進出を決めた。 2021.02.12 04:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブス、大ケガ克服のジョニーと契約更新!

ウォルバーハンプトンは10日、スペイン代表DFジョニー(26)と2025年まで契約延長したことを発表した。 ジョニーはセルタやアトレティコ・マドリーを経て2018年夏にウルヴス入り。最初の半年間はレンタルだったが、翌年1月に2100万ユーロ(約26億6000万円)で完全移籍した。 チームとして5年ぶりだった2018-19シーズンのプレミアリーグでは、初挑戦にして33試合に出場。昨季も35試合に出場するなど左サイドバックの絶対敵主力として活躍している。 しかし、昨年8月に行われた昨季のヨーロッパリーグのオリンピアコス戦で右ヒザ前十時じん帯を損傷。今季は先日7日に行われたプレミアリーグ第23節のレスター・シティ戦で半年ぶりの復帰を果たしたばかりだった。 2021.02.10 19:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴァーディ5戦ぶり復帰のレスター、アダマ躍動のウルブス相手に0-0のドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、ウォルバーハンプトンvsレスター・シティが7日にモリニュー・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。   前節、フルアムに2-0で快勝してリーグ3戦ぶりの白星を手にした3位のレスター(勝ち点42)は、首位のマンチェスター・シティと4位のリバプールが今節潰し合いになる中で連勝を目指した。アーセナル相手に9戦ぶりの白星を収めた14位のウルブス(勝ち点26)とのアウェイゲームではフルアム戦と同じスタメンを継続。ただ、ヘルニアの手術から戻ってきたヴァーディがベンチ入りを果たした。   立ち上がりから後方に重心を置くホームチームに対してアウェイのレスターがボールを握って押し込む展開が続く。しかし、ウルブスの堅い中央の守備に苦戦してフィニッシュまで至らない。   一方、ペドロ・ネト、アダマ・トラオレの個人技を生かしてカウンターを狙うウルブスは15分、左サイドをドリブルでこじ開けたネトがボックス左でマイナスに折り返したボールを中央に絞ったトラオレがワンタッチで合わすが、これはDFに触られて枠の左に外れる。   その後はボールの主導権は変わらずも一進一退の攻防が続く。22分にはボックス左で仕掛けたマディソンが絶妙な折り返しを入れるが、ここは中のイヘアナチョが合わせ切れない。前半終盤にかけては互いにターンオーバーからマディソンやネヴェスと中盤の選手に幾度かシュートチャンスが訪れたが、相手GKを脅かすまでには至らず。試合はゴールレスでの折り返しとなった。   迎えた後半、長期離脱明けで今季初出場を飾ったジョニーに代えてフーフェルをハーフタイム明けに投入したウルブスは右サイドのトラオレが猛威を振るう。ジャスティンとのマッチアップで完全に優位に立ったスペイン代表FWが再三鋭い縦への突破を見せてチャンスメイク。57分には決定的なクロスを供給も、味方が合わせ切れない。   一方、後半に入ってなかなか攻め手を見出せないレスターは61分、いずれも存在感を欠いたイヘアナチョ、アジョセ・ペレスに代えて5戦ぶりの復帰となるヴァーディ、オルブライトンの主力2選手をピッチに送り込んだ。   この交代でやや流れを好転させたアウェイチームは73分、相手陣内左をドリブルで持ち上がったバーンズが一度外のジャスティンにボールを預けてゴール前に走り込むと、ジャスティンのクロスのこぼれ球がちょうど自身に足元にこぼれてきてすかさず右足のシュート。だが、この絶好機は相手DFの決死のブロックに阻まれた。   一方、流れを掴むウルブスだが、再三のシュートがことごとく枠を外れるなど先制点が遠い。77分にはネヴェスのスルーパスに反応してボックス右に抜け出した途中出場のファビオ・シウバがGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはGKシュマイケルの見事な寄せに阻まれた。   0-0のまま試合は最終盤に突入。このままタイムアップかに思われた91分にはレスターのエースに見せ場。左CKの二次攻撃からボックス右でオルブライトンが入れたクロスをゴール前のヴァーディが頭で合わすが、これはわずかに枠の左に外れた。   そして、互いに決め手を欠いた一戦は0-0のドローに終わり、レスターにとっては得意のアウェイゲームでの痛恨の取りこぼしとなった。 2021.02.08 00:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly