「どういう筋肉?」“フィジカルお化け”スペイン代表FWのえげつない筋肉に英注目

2021.02.17 12:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカー選手らしからぬ筋骨隆々な体格で人気を誇るウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレだが、またもその筋肉が話題となった。イギリス『デイリー・スター』が注目したのは、トラオレのふくらはぎの筋肉だ。トラオレは14日に行われたプレミアリーグ第24節のサウサンプトン戦にフル出場していたが、その試合中にトラオレのヒザから下を後ろから写真が撮影されると、その画像がSNSで拡散された。


トラオレのふくらはぎは、尋常じゃなく発達したヒラメ筋や、それを覆う腓腹筋がクッキリと見て分かるくらい盛り上がっており、見事なカットを見せていた。

これには、ウルブスサポーター以外からも「こんな筋肉見たことない」「ハルクだ」「どういう筋肉?」と余りの力強さに驚く声が多く挙がっている。

見事な筋肉美を持つトラオレは、過去のインタビューでは「ウエイトトレーニングはやっていないよ。皆がそれを信じないことは分かっているけど、それは本当だ」と語っている。

スピードも持ち合わせ、馬力あふれるドリブル突破を得意とするトラオレだが、今シーズンはここまでリーグ戦23試合で0ゴール1アシストとやや物足りない数字に終わっている。その突破力は今でも健在なだけに、ゴールに直結するプレーを増やしていきたいところだ。

◆トラオレのカーフがえげつない
関連ニュース
thumb

クラブロゴから動物の姿消える? 世界野生生物の日に各クラブが啓発活動

3月3日、世界中の多くのサッカークラブのクラブロゴから動物の姿が消えた。『ESPN』が伝えている。 3月3日は2013年から『世界野生生物の日』と設定された。これは1973年3月3日に採択されたワシントン条約と呼ばれる「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」に記念したもので、経済的、文化的に重要な野生動植物の保護の取組の強化を目的としたものだ。 そして、2021年の同日には世界自然保護基金(WWF)との連携によって、ローマ(オオカミ)やワトフォード(鹿)、アストン・ビラ(ライオン)、WBA(ツグミ)、ウォルバーハンプトン(オオカミ)といったヨーロッパのクラブでは同日限定でクラブロゴに描かれている動物を外す決定を下した。 この試みの狙いは、クラブロゴに馴染み深い動物たちの姿がないという違和感によって、世界中で増加している野生生物の損失を改めて多くの人たちに強調するというものだ。 また、WWFのロゴからも設立60年で初めてお馴染みのパンダの姿がなくなっている。 WWFは各サッカークラブなどと連携した今回のキャンペーンの意図を以下のように説明している。 「世界的に生物多様性が劇的に失われ、それがもたらす社会的・経済的リスクを強調します」 「私たちは、自然のない世界がどのようなものであるかを示したいと考えています。なぜなら、人間の活動を通じてわずか50年足らずで、野生動物の個体数を平均68%も減少させてしまったからです」 「自然のあらゆる部分を消滅させることで、人間と惑星の健康に関わるもう一つの重要な繋がりを失うことになります」 「今日、私たちは世界で最も愛されているブランドのいくつかと協力して、自然に関連した画像をロゴから削除し、#WorldWithoutNature がいかに空虚なものであるかを示しています」 「世界的に、私たちは方向性を逆転させ、自然を取り戻すことに着手しなければなりません。世界中の政府が今年のこの機会を重要なものと捉えて行動を起こす必要があります。さすれば自然が永久に消滅するリスクを回避し、自然界が繁栄することができます」 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wolves, Aston Villa and West Brom have removed the animals from their club badges to highlight the increasing loss of wildlife around the world <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldWildlifeDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldWildlifeDay</a> <a href="https://t.co/4Z23bCtZ4P">pic.twitter.com/4Z23bCtZ4P</a></p>&mdash; ESPN UK (@ESPNUK) <a href="https://twitter.com/ESPNUK/status/1367062196946165760?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.03 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがジェズス2発でウルブス撃破! 公式戦21連勝で次節ユナイテッドとのダービー!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第29節、マンチェスター・シティvsウォルバーハンプトンが2日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-1で勝利した。 前節、難敵ウェストハムに競り勝って公式戦20連勝を達成した首位のシティ(勝ち点62)は、今週末に2位のマンチェスター・ユナイテッドとの重要なダービーを控える中、12位のウルブス(勝ち点34)を相手に更なる連勝記録更新を狙った。 ハマーズ戦からは先発6人を変更。最終ラインではストーンズ、ジンチェンコに代わってラポルテ、カンセロが起用され、中盤から前ではギュンドアン、アグエロらに代わってスターリング、ガブリエウ・ジェズス、ベルナルド・シウバらが復帰した。 [5-4-1]の右サイドにフーフェル、ネウソン・セメドを縦に並べる守備的な布陣を採用したウルブスに対して、立ち上がりからシティが攻勢を仕掛けていく。まずは2分、左サイドのカンセロからの斜めのスルーパスに抜け出したスターリングがボックス内でGKと一対一の好機を迎えるが、ここはGKルイ・パトリシオの飛び出しに阻まれる。 以降は80%を超える驚異的なボール支配率で相手を自陣深くに押し込め、スターリングらの動き出しで揺さぶりながら守備ブロック攻略を図る。すると15分、一度左に振った戻しを受けた中央のロドリからボックス右に走り込むマフレズへ絶妙なフィードが通る。これを巧みなボールタッチで収めたアルジェリア代表FWの高速クロスがスターリングの前で戻りながらの対応となったDFデンドンケルのオウンゴールを誘った。 幸先よく先制に成功したシティは以降も試合の主導権を掌握。ビハインドを負ったウルブスも前から激しく圧力をかけるような戦い方の変更を行うことなく、引き続き自陣に引いてペドロ・ネトやアダマ・トラオレの個の力にかけたカウンターに活路を見出そうとする。 そのため、前半半ばから終盤にかけてもホームチームが75%を超えるボール支配率で押し込む状況が続く。 アウェイチームの粘り強い守備もあり、決定機まであと一歩という場面が目立つシティだが、ハーフタイム直前にはセットプレーの二次攻撃からボックス右でマフレズが入れたクロスを中央のジェズスが頭でフリック。これをファーに詰めたラポルテがワンタッチで押し込む。だが、追加点と思われたこのシュートはVARのレビューの結果、オフサイドと判定されて認められず。 さらに、ラストプレーでは波状攻撃からベルナルド・シウバがヘディングと左足の連続シュートでゴールに迫るが、ここはGKルイ・パトリシオのビッグセーブに阻まれた。 結局、1点リードで試合を折り返したシティは後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。まずは51分、スターリングのワンタッチスルーパスに抜け出したデ・ブライネがボックス左から左足のシュートを狙うが、枠の右隅を捉えたグラウンダーのシュートはGKルイ・パトリシオのビッグセーブに遭う。その直後の54分にはボックス右で仕掛けたマフレズが得意の左足を振り抜くが、これもルイ・パトリシオの好守に遭う。 一方、ここまで最少得点差を維持も1本もシュートを打てないウルブスは56分、ジョニーを下げてファビオ・シウバを投入。この交代で最前線にファビオ・シウバ、2シャドーにネト、アダマ・トラオレが並ぶより攻撃的な布陣にシフトした。 すると、この交代によって流れを引き寄せたアウェイチームがこの試合最初のシュートを同点ゴールに結びつけた。61分、相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのモウティーニョがゴール前のスペースへ絶妙なボールを落とすと、これに反応したコーディのダイビングヘッドシュートがゴール右隅に決まった。 追加点こそ奪えなかったものの、ほぼ完ぺきな試合運びを見せていた中、相手のワンチャンスに泣いたシティ。それでも、すぐさま反撃を開始。65分、ベルナルド・シウバのショートスルーパスに反応したジェズスがボックス右から右足のシュートを放つが、これはGKルイ・パトリシオがうまく右足でコースを変えて枠の外にはじき出す。 以降は連戦の疲労から切り替えの部分で徐々に遅れが出てきたウルブスが望むオープンな撃ち合いの展開に持ち込まれる。その中で幾度かピンチを招いた一方、スターリングが右ポスト直撃のシュートを放つなど勝ち越しゴールに迫る。 すると80分、ボックス手前でキープしたマフレズのスルーパスに抜け出したウォーカーがボックス右からグラウンダーの高速クロスを供給。これはゴール前のDFに掻き出されるが、こぼれ球に反応したジェズスが冷静に左足で蹴り込んだ。 ジェズスのゴールで勝ち越したシティはゴール前から準備していたギュンドアンをベルナルド・シウバに代えてピッチへ送り込み、ここから試合を締めにかかる。 そして、前がかる相手の攻撃を撥ね返してカウンターから3点目を狙う。すると、90分には相手ボックス内でオタソウィからロドリがボールを奪い、ギュンドアンの落としをスターリングがダイレクトシュート。これがDFに触られてこぼれたところをマフレズが冷静に蹴り込んで3点目を奪取。さらに、試合終了間際の93分にはロドリのインターセプトからショートカウンターに転じ、ギュンドアンのミドルシュートのこぼれ球をジェズスがタップインし、4点目まで奪って試合を締めくくった。 ウルブス相手に1度は追いつかれるもジェズスの2ゴールなどで押し切ったシティが公式戦21連勝を達成。今週末に控えるユナイテッドとのダービーに向けて大きな弾みを付けた。 2021.03.03 07:21 Wed
twitterfacebook
thumb

頭蓋骨骨折のヒメネスが一部練習に復帰

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが18日、一部練習に復帰したようだ。チームを率いるヌーノ・エスピリト・サント監督が明かしている。 ヒメネスは昨年11月のアーセナル戦でDFダビド・ルイスと頭部を強打し、頭蓋骨骨折の重傷を負った。大ケガを負った中、慎重に復帰を目指しているヒメネスの様子についてヌーノ監督は以下のように述べている。 「彼はトレーニングに参加し幾つかのメニューをこなすことができた。状況は良くなっているし、うまく行っている。とはいえ、我々はプロトコルに従って注意深くある必要がある」 「今後は彼のコンディションを上げつつ、脳外科医と連携を取りながら忍耐強く復帰に向けて取り組んでいく。正しい方向に進んでいると思う」 2021.02.19 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

南野2戦連続スタメンのセインツが泥沼の6連敗…後半失速でウルブスに逆転負け《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第24節、サウサンプトンvsウォルバーハンプトンが14日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのウルブスが1-2で逆転勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は先発出場し62分までプレーした。 現在、12位のセインツ(勝ち点29)は前節、スタメンでのデビューとなった南野に加入後初ゴールが生まれるも、ニューカッスルに2-3で競り負けて泥沼のリーグ5連敗となった。 連敗ストップを目指す今節は3日前にFAカップで2-0の勝利を収めた14位のウルブス(勝ち点27)と対戦した。そのFAカップを登録外で欠場した南野だが、今回の一戦では左サイドハーフで2試合連続のスタメンを飾った。 球際の勝負を強調するチーム同士の一戦は立ち上がりから拮抗した展開となる。その中で南野は10分、最後尾のヴェステルゴーアからの縦パスを受け、一度味方に預けてからボックス左で受け直してフィニッシュまで持ち込むが、ここは最初にボールを受けた場面でオフサイドとなった。 以降はホームのセインツが切り替えの鋭さで勝って優位に試合を進めていく。19分にはイングスとレドモンドのコンビでボックス内までボールを運び、レドモンドがボックス左45度から右足のコントロールシュートをファーポストへ飛ばすが、ここはGKルイ・パトリシオのビッグセーブに阻まれる。 それでも、良い流れを継続するセインツは25分、左サイドに流れたアームストロングがDF2枚を縦への仕掛けで抜き去ってゴールライン際から正確なクロスを入れると、ゴール前でフリーとなったイングスが見事な右足ボレーでゴールネットへ叩き込んだ。 良い時間帯にリードを手にしたホームチームは攻守両面で粗さが目立つウルブスを相手にその後も危なげなくゲームをコントロール。37分には右に流れたイングスからゴール前のレドモンドに決定的なクロスが通るも、レドモンドは右足のボレーをうまくミートできず。前半のうちに2点目を奪い切るまでには至らなかった。 すると、後半は前半と打って変わって攻守両面で強度を高めたウルブスのペースで試合が進んでいく。そして、52分には右サイドでネウソン・セメドが上げたクロスがボックス内のDFバートランドの上げた手に当たってPKが与えられる。これをキッカーのネヴェスが決めて53分の同点ゴールとした。 ここから反発力が試されるサウサンプトンだが、以降もアウェイチームの攻勢に晒される苦しい状況が続く。そして、62分には南野がベンチに下げられてジェネポがピッチに送り込まれた。 だが、66分には自陣でのクリアをウルブスに回収されて繋がれると、ボックス右で仕掛けたペドロ・ネトの深い切り返しにDFヴェステルゴーアが付いていけず、ゴール右角度のないところから見事な左足のシュートをファーのサイドネットに突き刺され、逆転まで持っていかれた。 何とか追いつきたいセインツは切り札のアダムスをピッチへ送り出す。79分にはウォード=プラウズのミドルシュートに反応したアダムスがこぼれ球のタップインを試みるも、ここはオフサイドの判定。さらに84分にはレドモンドの右クロスに再びゴール前のアダムスがダイビングヘッドで合わすが、これはわずかに枠の右へ外れた。 その後はうまく交代枠を使って時計を進めたウルブスがこのまま逃げ切り、敵地で1-2の逆転勝利を飾った。一方、セインツは泥沼の6連敗となった。 2021.02.14 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブスに完勝のセインツが4年ぶりの準々決勝進出!南野は大会規定により出場できず《FAカップ》

FAカップ5回戦のウォルバーハンプトンvsサウサンプトンが11日に行われ、0-2でサウサンプトンが勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実はベンチ外となった。 4回戦でナショナルリーグ・ノース(イングランド6部)のチョーリーFCを下したウルブスは、ゴールレスドローに終わった直近のレスター・シティ戦からスタメンを6人変更。アダマ・トラオレやペドロ・ネト、ウィリアン・ジョゼ、GKパトリシオらに代えてファビオ・シウバ、ギブス=ホワイト、ヴィティーニャ、GKラディらがスタメンで起用された。 一方、4回戦で前回王者アーセナルに勝利したサウサンプトンは、惜敗した直近のニューカッスル戦からスタメンを5人変更。ニューカッスル戦で初ゴールを挙げた南野は、リバプール時代に出場していたために大会規定により起用できず、招集外となった。 今週末のリーグ戦でも対戦する両者の一戦は、前から圧力をかけたサウサンプトンが押し込む入りを見せると、7分にショートコーナーの戻しを受けたレドモンドの折り返しからアームストロングがシュートを放ったが、これはGKラディのセーブに防がれた。 さらにサウサンプトンは、18分にアームストロング、21分にはジェネポがゴールに迫ったが、共にシュートは相手DFの体を張ったブロックに阻まれた。 その後は膠着状態に陥った中、サウサンプトンは41分にチャンス。バートランドの左クロスをファーサイドでフリーでレドモンドが合わせたが、このシュートはGKラディの正面を突いてしまった。 ゴールレスで迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。サウサンプトンは49分、バートランドがボックス左へ走り込むイングスにスルーパスを通すと、イングスがGKとの一対一を制してゴールネットを揺らす。一度はオフサイド判定で取り消されそうになったが、VARの末にオンサイドとなりゴールが認められた。 先制を許したウルブスは54分、敵陣でのハイプレスでボールをパスカットしたフーフェルがボックス右横まで持ち上がり折り返すと、走り込んだファビオ・シウバが合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 その後、ウルブスは63分にファビオ・シウバとギブス=ホワイトを下げてウィリアン・ジョゼとアダマ・トラオレを、69分にヴィティーニャを下げてペドロ・ネトを投入。すると79分、ネヴェスのパスで左サイドを抜け出したペドロ・ネトのクロスからファーサイドのアダマ・トラオレが決定機を迎えたが、シュートはGKフォースターのファインセーブに防がれた。 ピンチを凌いだサウサンプトンは、90分に相手GKのパスミスをゴールエリア左横でカットしたテラがシュート。一度はGKラディに弾かれたが、こぼれ球を再び拾ったテラの落としからアームストロングがコントロールショットをゴール右隅に突き刺した。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。敵地でウルブスを下したサウサンプトンが4年ぶりの準々決勝進出を決めた。 2021.02.12 04:38 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly