元セレソンFWパトがオーランドにフリー加入! 過去には同胞カカが在籍

2021.02.14 07:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するオーランド・シティは13日、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(31)の加入を発表した。契約期間は1年となる。セレソン時代の元同僚であるMFカカ、MFジュリオ・バチスタに続き、クラブ歴代3人目の元ブラジル代表の獲得に成功したオーランドの補強担当のルイス・ムッツィ氏は、百戦錬磨のベテランへの期待を口にしている。


「我々はパトをオーランドに迎えることができて非常に興奮している。彼は世界のトップクラブで活躍し、国際レベルでの実績を持つベテランプレーヤーだ。パトがもたらす経験は、クラブにとって非常に貴重なものになるだろう」

かつてミランで活躍したパトは、コリンチャンスやサンパウロ、チェルシー、ビジャレアル、さらには中国の天津天海足球倶楽部を渡り歩き、2019年5月にサンパウロへ復帰。だが、2020年8月に退団して以降はフリーの状態が続いていた。

また、ブラジル代表では通算27試合に出場し、10ゴールを挙げている。

関連ニュース
thumb

元川崎Fの“レナト”こと、レナチーニョが10年ぶりに母国の古巣へ復帰

かつて川崎フロンターレでプレーしたMFレナチーニョ(32)が古巣であるポンチ・プレッタに加入した。背番号は「29」となり、シーズン終了までの契約となる。 レナチーニョは、コチリーバやロンドリーナ、アトレチコ・ゴイアニエンセなどでプレー。2011年1月から2011年11月までポンチ・プレッタに在籍した経験がある。 2012年1月には川崎Fへと加入。川崎Fでは、“レナト”の登録名でプレーしていた。 その後、2015年7月に中国スーパーリーグの広州富力へと完全移籍すると、天津天海へのレンタル移籍を経験。10年ぶりにポンチ・プレッタへと加入し、母国復帰を果たした。 Jリーグでは104試合で37ゴール27アシストを記録。中国スーパーリーグでは119試合で39ゴール27アシストを記録していた。 コンディション調整のため、すでにポンチ・プレッタでトレーニングを行なっていたレナチーニョだが、正式に契約を結んだとのことだ。 ブラジル『グローボ』によると、ポンチ・プレッタは月給13万レアル(約250万円)を提示したが、最終的にはそれよりも少し高い金額で合意したとのこと。さらに、海外からのオファーに対して契約解除条項を設けようとしたがそれはクラブ側が断念したとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】川崎を離れて6年が経つレナト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">ELE ASSINOU! Não aguentamos a ansiedade e antecipamos a divulgação do vídeo e o recado que o camisa 29 mandou pra nação. Clique no link e aperte o play! <a href="https://t.co/7484CgfYjl">https://t.co/7484CgfYjl</a> <a href="https://t.co/tg6ospPk8i">pic.twitter.com/tg6ospPk8i</a></p>&mdash; A. A. Ponte Preta (de ) (@aapp_oficial) <a href="https://twitter.com/aapp_oficial/status/1382503051274170369?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 11:48 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト退団のボビッチ氏、古巣ヘルタのマネージングディレクター就任

ヘルタ・ベルリンは14日、フランクフルトの取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフレディ・ボビッチ氏(49)が、来季からヘルタのマネージングディレクターに就任することを発表した。 ボビッチ氏は同日、フランクフルトの取締役兼SDを今季限りで退任することが発表されていた。 現役時代の2003~05シーズンの2季過ごしたクラブに帰還する形となるボビッチ氏はマネージングディレクター就任について、「新たな挑戦をしたいと思っていた矢先、ヘルタの社長と説得力ある議論ができた。再びヘルタのファミリーになることを楽しみにしている」とコメントした。 フランクフルトではMF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力を補強し、今季はチャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ナイジェリア代表FWムサが母国の古巣クラブに復帰! 短期契約で好条件のオファー待つ

ナイジェリア代表FWアーメド・ムサ(28)が母国のカノ・ピラーズに短期契約で加入した。ドイツ『transfermarkt』が伝えている。 サウジアラビアのアル・ナスル退団後、約半年に渡ってフリーの状態が続いていたムサに関してはブライトン、WBA、サウサンプトンなどプレミアリーグのクラブ、古巣CSKAモスクワへの3度目の復帰の可能性が伝えられていたが、最終的に移籍は実現せず。 そして今回、2009年から2012年まで在籍していた経験のある古巣カノ・ピラーズへの復帰が決定した。なお、契約期間は今年6月末までの短期となっており、両者の間には他クラブから適切なオファーが届いた場合、契約を解除できる条項が盛り込まれているという。 左右のウイングを主戦場とする快足アタッカーのムサは、2010年10月にVVVフェンロへ移籍。その後、CSKAモスクワ、レスター・シティと渡り歩き、2018年8月から2020年10月までアル・ナスルでプレーしていた。 VVVフェンロでは、吉田麻也とカレン・ロバート、CSKAモスクワでは本田圭佑、レスターでは岡崎慎司と日本人選手とそれぞれのクラブでチームメイトだった。 また、ナイジェリア代表としても87試合に出場し15ゴールを記録している。 2021.04.15 00:52 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト躍進の立役者ボビッチ氏が今季終了後に退団

MF鎌田大地、MF長谷部誠の所属するフランクフルトは14日、取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)のフレディ・ボビッチ氏が今季終了後に退団することを発表した。 2023年6月30日までフランクフルトと契約していたものの、退団を希望していたボビッチ氏は先月、取締役会によって早期契約解消を認めないことが決定されていた。 しかし今回、ボビッチ氏の意向が通り、退団が決まったとのことだ。なお、新天地は現役時代を過ごしたヘルタ・ベルリンが濃厚なようだ。 2016年にフランクフルトのSDに就任したボビッチ氏は、MF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力や、FWアンテ・レビッチ(現ミラン)、MFケビン=プリンス・ボアテング(現モンツァ)、FWセバスティアン・アラー(現アヤックス)といった選手の獲得に尽力。 2017-18シーズンにはニコ・コバチ前監督の下でDFBポカールを制覇。そして今季はここまで4位に付け、チャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、マルセイユからレンタル中のマキシム・ロペスの買取OP行使!

サッスオーロがマルセイユからレンタル移籍中のフランス人MFマキシム・ロペス(23)を完全移籍で買い取った。 マルセイユ生え抜きのマキシム・ロペスは、10代後半から元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを彷彿とさせるテクニカルなプレーメーカーとして注目を集めてきた逸材。 これまでセビージャやトッテナムなどからの関心を集めていた中、昨夏に買い取りオプション付きの1年間のレンタルでサッスオーロに加入していた。 今シーズンここまではセントラルMFを主戦場にセリエA22試合に出場し1ゴールを記録。ロベルト・デ・ゼルビ監督の下、ポゼッション志向が強いアタッキングフットボールに順応し、主力として活躍を続けている。 そのフランス人MFは14日、自身の公式『ツイッター』を通じて、サッスオーロが買い取りオプションを行使し、自身が正式にネロヴェルディの一員となったことを明らかにした。 「公式に僕はサッスオーロのプレーヤーとなった」 「そして、それを勝利で祝えることより素晴らしいことはないよ」 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、マキシム・ロペスは今シーズン終了後にサッスオーロと2025年6月30日までの4年契約にサインする予定だという。 2021.04.14 23:32 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly