高卒でポルトガルへ! ポルティモネンセが高校サッカー選手権優勝の山梨学院高校MF広澤灯喜を獲得

2021.02.07 12:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ポルティモネンセに今冬3人目の日本人選手が加入することとなった。ポルトガル『レコルド』によると、高校サッカー選手権で優勝を果たした山梨学院高校のMF広澤灯喜が、ポルティモネンセに加入することとなった。


広澤は、湘南ベルマーレの下部組織出身で、山梨学院高校へと進学。決勝の青森山田高校戦では、鋭いゴールで先制点を記録していた。

契約期間などは明らかになっていないものの、ポルティモネンセのメインスポンサーである株式会社セレモニーの志賀司 代表取締役社長のインスタグラムにも登場している。

なお、ポルティモネンセは今冬には柏レイソルからGK中村航輔の獲得を発表。また、クラブからは何も公式発表がなされていないものの、自身で発表したボタフォゴを退団したMF本田圭佑に続いて、3人目の日本人選手獲得に。現在はDF安西幸輝と合わせて、4名が在籍することとなる。

関連ニュース
thumb

中村航輔&安西幸輝のポルティモネンセにインビュラが加入

ポルティモネンセは9日、フリーのDRコンゴ代表MFジャネリ・インビュラ(28)を2022年6月までの契約で獲得したことを発表した。 マルセイユの活躍したセントラルMFのインビュラは、ポルトを経て2016年夏に当時のストーク・シティのクラブレコードだった2400万ポンドで移籍。しかしチームにフィットせず、その後はトゥールーズ、ラージョ、レッチェとレンタルに出されていた。そして昨年3月にストークとの契約を解除してロシアのソチに加入するも、9月に退団しフリーとなっていた。 ポルティモネンセには日本代表GK中村航輔とDF安西幸輝が所属し、浦和レッズからレンタル中のFWファブリシオ、DFマウリシオ、そして昨季まで浦和に在籍していたMFエヴェルトンらが在籍。現在、18チーム中11位に付けている。 2021.03.10 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、やっぱり選手登録が間に合わずポルティモネンセ退団へ「人生は思ったようにいかないからおもろい」

先日ポルティモネンセに加入したMF本田圭佑(34)だが、懸念されていた選手登録が間に合わなかったようだ。 ボタフォゴを退団していた本田は、4日に「8ヵ国目はポルトガルでプレーします」と自身のツイッターで言及。さらに、自身が最高経営責任者(CEO)を務める会社が運営するプレミアム音声サービス『NowVoice』を利用して独自に記者会見を行い、ポルティモネンセに加入することを発表していた。 しかし、その後もチームからは公式に発表がなされないまま、7日に入団会見を実施。意気込みを語っていた。 そんな中、ポルトガル『レコルド』が選手登録の期限に間に合わない懸念を報道。それに対し、本田はツイッターで「何も聞いてないけど、事実やったらしゃーない」とツイートしていた。 本田はその後にツイッターを更新。「ガチで登録できなかったみたいです。これからどうしようか議論します」と語り、『NowVoice』でその経緯を語った。 本田は「結論としては認められなかった。タイミングが間に合わなかった」と報告。ポルティモネンセでのリーグ戦出場が不可能となった。 また「2月末には試合に出ているイメージだった。であれば、1週間ぐらいには移籍を決めておきたい」とコメント。ポルティモネンセでのプレーができない以上は退団することを明かした。 ボタフォゴでは東京五輪を見据えてボランチなどを務めてプレーの幅を広げていたが、「チームによります」とこの先のプレーポジションについては決めていないとコメント。「監督、戦術、リーグにおけるチームの状況、選手の特徴と全部総合的に考えてどのポジションでプレーしようか考えようと思っているので、今この段階で決めることはないです」と加わるチームに合わせるとした。 また、「ここに残るつもりで色々準備してやってきたので、部屋や仕事環境も整えていたので、また詰めないといけない」と途方に暮れている様子。「人生はおもろい。思ったようにいかないからおもろいんですけど」と語り、「自分の中では切り替えている」と語った。 この先の移籍先についても語り、ファンからはJリーグ復帰も待望されている中、「日本は日本人なので一番好きです。もちろんです」と語り、「日本に住んで、日本でサッカーするというのは、後悔のない人生を歩もうとした時には、ずっといる場所という意味では性に合わないです」と語り、「ネガティブに捉えて欲しくはない。良い意味で否定するなら、日本は良すぎる。良すぎる環境が性に合っていない」と語り、チャレンジを続けたい意向を明かした。 移籍期間は国によって異なっており、まだ登録が間に合う国は数多くある。果たして本田の新天地はどこになるだろうか。 2021.02.10 23:33 Wed
twitterfacebook
thumb

“韓国のメッシ”と称されたイ・スンウが本田圭佑加入のポルティモネンセへレンタル移籍

シント=トロイデンは8日、韓国代表MFイ・スンウ(23)がポルティモネンセへとレンタル移籍することを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 バルセロナのカンテラ出身のイ・スンウは、順調に昇格を繰り返す。“韓国のメッシ”とも称された逸材だったが、バルセロナBでは外国人登録枠の問題もあり2017年8月にセリエAのエラス・ヴェローナに完全移籍した。 ヴェローナでは在籍2年間で公式戦43試合に出場し2ゴールを記録すると、2019年8月にシント=トロイデンへと完全移籍した。 シント=トロイデンでは、公式戦通算17試合に出場し2ゴール。今シーズンはジュピラー・プロ・リーグで13試合に出場し2ゴールを記録するも、12月12日のシャルルロワ戦以降はメンバー外が続いていた。 ポルティモネンセは今冬に積極補強。先日は、ボタフォゴを退団していたMF本田圭佑を獲得していた。 2021.02.08 20:58 Mon
twitterfacebook
thumb

背番号は「4」、本田圭佑が公式発表なしのままポルティモネンセ入団会見「この難しい挑戦を受け入れよう」

ボタフォゴを退団したMF本田圭佑が、6日にポルティモネンセへの入団会見に臨んだ。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入した本田。しかし、本田が加入してから1年の間に、クラブでは4度の監督交代が起こるなど混沌。さらに、結果も出ない状況が続いており、退団を明言していた。 その本田は、4日に「8ヵ国目はポルトガルでプレーします」と自身のツイッターで言及。さらに、自身が最高経営責任者(CEO)を務める会社が運営するプレミアム音声サービス『NowVoice』を利用して独自に記者会見を行っていた。 未だにポルティモネンセからは何一つ公式発表がなされていない中、本田は6日に入団会見を実施。背番号も「4」をつけることが決定し、日本語で会見に臨んだ。 移籍の決め手については「最初、クラブの監督、チーム、施設全てを見て判断したいとこっちに入ってきたんですけど、正直、(加入を)最後まで悩んでいました」とコメント。「非常に難しい挑戦になるというのを分かっていたので。ブラジルのボタフォゴと状況が似ていて、悩んでいたんですけど、最終的にこの難しい挑戦を受け入れようと、このオファーを受け入れようと覚悟を持って、このチームに移籍することを決めました」と説明した。 これで8カ国、9クラブ目のプレーとなる本田。ヨーロッパでのプレーは1年前のフィテッセ以来となる。その本田は経験が豊富だが「大前提として、非常に難しい挑戦になるのは間違いない。ポルトガルのリーグはレベルが高い。その中で、ポルティモネンセは、強豪ではない。僕が入ってどこまで変えられるのかという挑戦になる」とコメント。またGK中村航輔、DF安西幸輝と日本人選手がいることにも触れ「幸い、日本でプレーしていたブラジル人も何人かいるし、日本人も2人いる。なじむまでは、比較的容易かなとは思います」とチームへ溶け込むことは問題ないと語った。 ポジションについては「まだ、自分がどういったポジションでどういった役割を求められているかの話はしていない」と監督とは細かい話をしていないとコメント。「これから細かいコミュニケーションは取っていきたい。ただ、監督とは1度話していて、ベーシックな戦術、どういったこと好むとか、そういった話を30分ほどさせてもらいました」と、基本的な情報は手にしているようだ。 チームの印象については「すごく仲がよさそうな印象はありましたね。チームの嫌な雰囲気みたいなのは、(施設を利用していた)この1カ月で僕は見ていない」と若手が多いチームについてコメント。「でも、勝負に勝つには、いい意味で、そういう空気を壊さないといけなかったりするんですね。それは、子どものようにわがままを言うということではなく、建設的に、相手の嫌がることも必要あらばしっかり言う。ボタフォゴでも求められていたことだったし、ここでも大事なことだと思っています」と語り、これまでの経験、大舞台での経験を伝えていきたいとした。 コミュニケーションについても「まずは、しっかり選手とコミュニケーションを取ることを第一に。そして僕も選手ですから、いいプレーをしないといけない。他の選手のいいプレーも引き出してあげないといけない。第1ステップとして、選手と会話をする。これがすべての始まりだと思っています」と語った。 ケガが伝えられた本田だが、状態について問われると「早くケガを治して、みんなと一緒にプレーしたいんですけど、あわてて復帰すると誰にとっても得はしない。そこは慎重に、100%戻れると自信がついた時点で、戻りたいと思います」とコメント。早期の復帰は難しいとの見解を示した。 2021.02.07 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ケガが理由で本田圭佑のポルティモネンセ行きが破談、本人は回復に努める

ボタフォゴを退団し、ポルティモネンセへの移籍が近づいていたMF本田圭佑(34)だが交渉は破談に終わったようだ。ポルトガル『BeSoccer』が報じた。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入した本田。しかし、本田が加入してから1年の間に、クラブでは4度の監督交代が起こるなど混沌。さらに、結果も出ない状況が続いていた。 本田は、シーズンが新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて延期されたこともあったが、12月31日に自身のツイッターで「ボタフォゴを離れます」と投稿。チームから去ることを発表していた。 ポルティモネンセへの移籍が近づいていることが度々報じられ、移籍間近だと思わていたが、一転して破談に終わったと報道されていた。 『BeSoccer』によると、本田の移籍が破談に終わった理由はケガの影響とのこと。筋肉の損傷が見られたとのことだ。 なお、スペイン『EFL通信』によれば、本田のケガが回復した際には契約を結ぶ可能性があるとのこと。本田は無所属のため、移籍市場は閉幕したものの加入は可能となる。 本田はポルティモネンセ入りをしており、回復に努めているとのこと。晴れてポルティモネンセの一員になることができるだろうか。 2021.02.03 11:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly