ベルカンプの息子ミッチェルがワトフォード加入、先日はポチェッティーノ息子も獲得

2021.02.02 10:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードは1日、オランダ人MFミッチェル・ベルカンプ(22)の獲得を発表した。ベルカンプはU-23チームに所属し、契約期間は6カ月間。契約延長オプションもついている。

ミッチェル・ベルカンプは、かつてアーセナルで活躍した元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏の実の息子。オランダのアルメレ・シティの下部組織に所属していた。


U-17からU-21まで順調に昇格するも、2020年7月に退団。半年間の無所属状態を経て、ワトフォード加入が決定した。

ベルカンプは今回の移籍について「とても嬉しく、自分の将来に興奮している」とコメント。「このチャンスを得られたことは素晴らしいことです。ピッチに立ち、ハードワークを始めるのが待ちきれないよ。僕はトライアルを受け、ハードワークし、自分自身を証明するチャンスを得られて本当に嬉しい」と喜んだ。

ポジションについては「攻撃的なMFで、No.10だ」と語り、「ポゼッションを保ち、チャンスを作り、ゴールを決めることが好きだ」と攻撃に関わりたいと意欲を見せた。

ワトフォードはパリ・サンジェルマンで指揮を執るマウリシオ・ポチェッティーノ監督の息子であるスペイン人FWマウリツィオ・ポチェッティーノ(19)も獲得していた。
関連ニュース
thumb

1年でプレミア昇格を決めたワトフォード、ムニョス監督はサポーターに感謝し、選手にビール5本の大盤振る舞い!?

1年でのプレミアリーグ復帰を決めたワトフォード。シスコ・ムニョス監督が、昇格の喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ワトフォードは24日、チャンピオンシップ(イングランド2部)第44節のミルウォール戦を戦い、イスマイラ・サールのゴールで1-0と勝利。3位のブレントフォードは消化が1試合少ないものの、残り2試合で勝ち点差を「10」に広げ2位以内が確定し、1年でのプレミアリーグ復帰を決めた。 現在首位に立つノリッジに続き、自動昇格枠が決定したチャンピオンシップ。チームを率いるムニョス監督は、昇格をファンに捧げ、感謝の気持ちを述べた。 「まず、皆さんのサポートにいつも感謝している。誰もがクラブとファンのために最善を尽くしてきた。今日は、ファンにとっての1日だと思う。ファンのみんなには、ソーシャルメディアでのサポートに感謝したい」 「ワトフォードのトレーニンググラウンドで私の後ろで働いている全ての人にも感謝する。彼らは我々のためにたくさんのことをしてくれ、毎日とても一生懸命に働いているからだ。今がそれを楽しむ瞬間だ。ここに来るまで、一生懸命に努力した」 この試合も簡単な試合ではなかったが、サールのPKで先制。その1点を守りきり、今季22度目のクリーンシートを達成。ムニョス監督は、経験のある選手たちを称えた。 「我々にはあらゆる状況に対応できる選手が揃っている。全員が同じ方向を向き、同じ野心を持つことが重要だ。これは特別な瞬間であり、まず第一に、我々には優秀な選手が揃っている」 「我々はチャンピオンシップで最高のチームを持っており、全ての試合で最大限の力を発揮した」 しかし、この昇格決定が無観客で行われたことを悲しみ、サポーターも遠くで祝ってくれているだろうと語った。 「ファンがいないのは寂しい。COVID-19のこともあるから、気をつけないといけないが、楽しむことも大切だ。今日は素晴らしい瞬間であり、ファンがいなくて悲しかったが、ホームで大きなサポートをしてくれたことは知っている。プレミアリーグにいるのだから、今は楽しまないといけない」 ムニョス監督はこれまでにも、大きな勝利を収めた後には自分と選手にはビール1本と20分間の祝杯をあげることが許されているということをよく行ってきたが、昇格決定ではもう少し緩めようと考えているようだ。 「今日、彼らはビールを5本以上欲しがっているはずだ。このような状況を迎えるためにハードワークしてきたのだから、今日は重要だ。クラブでも家でも、みんながネクタイを緩めてビールを飲むことができる」 「どうやってお祝いするかはわからないが、この状況をとても嬉しく思っている。第一にファンのため、第二に選手のため、第三に私の家族と子供たちのためにだ。監督をしていると、この状況に到るまでにどれだけの努力をしてきたかがわかる」 「試合終了後のホイッスルが鳴った時、私の頭の中にはたくさんの家族がいた。我々は長い間、家族に会っていない。簡単なことではなかったので感情的になったが、この仕事をした全員をとても誇りに思う」 <span class="paragraph-title">【動画】1年でのプレミアリーグ復帰を決めた瞬間&ロッカールームで歓喜爆発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/50HCy39Zab">pic.twitter.com/50HCy39Zab</a></p>&mdash; Watford Football Club (@WatfordFC) <a href="https://twitter.com/WatfordFC/status/1385991167213510656?ref_src=twsrc%5Etfw">April 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/YmjCD2Mp9B">pic.twitter.com/YmjCD2Mp9B</a></p>&mdash; Watford Football Club (@WatfordFC) <a href="https://twitter.com/WatfordFC/status/1386014826724528132?ref_src=twsrc%5Etfw">April 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.25 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ノリッジに続きワトフォードが1年でプレミア復帰!《チャンピオンシップ》

チャンピオンシップ(イングランド2部)第44節のワトフォードvsミルウォールが24日に行われ、1-0で勝利したワトフォードが2位以内を確定させて1年でのプレミアリーグ復帰を決めた。 昨シーズンのプレミアリーグを19位で終え、2014-15シーズン以来のチャンピオンシップ降格となったワトフォード。 ウラジミール・イビッチ監督の下で1年での1部復帰を目指した今シーズンは、第20節終了時点で9勝4敗7分けの5位に位置も、チームパフォーマンスを鑑みて解任という決断を下した。 その後、昨年12月半ばからシスコ・ムニョス監督を招へいすると、新指揮官の下では16勝4敗3分けと調子を上げ、第37節に自動昇格圏内の2位に浮上。そして、勝利で自力での昇格が決定するミルウォール戦では前半序盤にFWイスマイラ・サールが決めたPKによるゴールを最後まで守り抜き、悲願のプレミア復帰を決めた。 得点力は44試合61ゴールとリーグ4位タイに甘んじているが、リーグ最少の28失点という堅守を武器に粘り強い戦いで昇格を手繰り寄せた。 なお、ノリッジとワトフォードがいずれも1年での復帰を決めた中、残す昇格1枠に関しては、現時点で3位のブレントフォード、ボーンマス(4位)、バーンズリー(5位)、スウォンジー(6位)、レディング(7位)の5チームがプレーオフ争いを繰り広げている。 2021.04.25 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

今季限りでインテル退団濃厚のアシュリー・ヤングに古巣ワトフォードが興味か

チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードが、インテルに所属する元イングランド代表DFアシュリー・ヤング(35)の獲得に動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 1995年にワトフォードのアカデミーに入団したヤングは、2003年にトップチームに昇格。その後、アストン・ビラやマンチェスター・ユナイテッドでのプレーを経て、2020年1月にインテルに移籍。 インテルでは公式戦55試合に出場し4ゴール8アシストを記録。昨夏に1年延長オプションが行使され、今季もここまで公式戦30試合に出場しているが、ヤングはシーズン終了後の退団を望んでいるようだ。 そんな中『デイリー・メール』によれば、今季限りでフリーとなるヤングには、古巣のワトフォードが獲得に動いている模様。なお、ヤングも過去に「ワトフォードで現役を退くチャンスがあるのなら、僕はそれに飛びつくだろうね」と発言しており、14年半ぶりの古巣復帰が実現するのか注目が集まる。 2021.04.22 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、今季後半戦で主力定着のDFドーソンをワトフォードから買い取り!

ウェストハムは6日、ワトフォードからレンタル加入中のイングランド人DFクレイグ・ドーソン(30)を今シーズン終了後に完全移籍で獲得することを発表した。ドーソンはウェストハムと2023年6月30日までの契約にサインしている。 189cmの恵まれた体躯を誇る屈強なセンターバックのドーソンは、WBAとワトフォードでプレミアリーグ180試合以上に出場してきた経験豊富なプレーヤー。 ワトフォードのチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格の影響もあり、昨年10月の国外の移籍市場閉幕後に、1年間のレンタル移籍でウェストハムに加入した。 シーズン途中での加入ということもあり、昨年末までは控えに甘んじていたが、プレミアリーグ第16節のサウサンプトン戦でハマーズデビューを飾ると、以降15試合連続で先発フル出場。3バックと4バックを併用する4位チームの最終ラインに安定感をもたらし、得意のセットプレーから3ゴールを挙げている。 そして、正式にハマーズの一員となったドーソンは、クラブ公式サイトを通じて新たな意気込みを語っている。 「ウェストハムに来たことは僕にとって素晴らしいことであり、このような伝統あるクラブでプレーできることを光栄に思っている」 「チームには本当の意味での一体感、チームスピリット、そして素晴らしいクオリティがある。このクラブでの自分の将来と、クラブが今後達成できる可能性について期待しているよ」 2021.04.07 01:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェスがフリー加入

ワトフォードは4日、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェス(35)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 カルロス・サンチェスは、リーベル・プレートでプロデビュー後、ヴァランシエンヌ、エルチェ、アストン・ビラ、フィオレンティーナ、エスパニョールとヨーロッパ各国のクラブを渡り歩き、2018年にフィオレンティーナからウェストハムに完全移籍で加入。同クラブでは昨シーズン終了時に契約が満了するまで公式戦17試合に出場していた。 また、2007年から2018年までプレーしたにコロンビア代表では通算88試合に出場。2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会と2度のワールドカップにも出場していた実力者だ。 なお、8カ月ぶりに新天地が決定した百戦錬磨の守備的MFは、今月6日に行われるチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレスト戦から出場可能となる。 2021.03.04 22:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly